◆風間監督 松本戦前インタビュー「特長を出すのがうちのサッカー」 、選手コメント  (他 2019.5.24 グランパス関連ニュースまとめ)

関連ニュース試合プレビュー
こりもです
 
「日曜日の松本戦は勝てるでしょう」なんて言っている会社の後輩。この記事内で簡単な現状の比較も書いていますが、全然どうなるかわかりません。順位やこれまでの戦いを見れば グランパス優位であることは間違いありませんが、昨年の長崎戦・湘南戦(昇格チーム)に相性は悪いんですよね。 油断は禁物です。

加えてジョー選手の離脱。。 赤崎選手やマテウス選手、前田選手への期待は増すばかりです。長いシーズン何がおこるかわかりませんので、チーム力を見せ付けてほしい試合です
と、いうことで 監督・選手のコメント、松本選手注目データなどまとめます。
スポンサーリンク

風間監督松本戦前 「チャンスを増やす→仕留める→チャンスが増える」

ジョー選手の負傷がある中、選手起用も含めて何か変えることはあるのか? 何てことはもちろんありません。いつも通り普段通りのコメントです。それには他の選手(マテウス・赤崎選手)のゴールという結果、前田選手の復調等があり、ジョー選手が必要なことを一言入れながらも、「特徴を出してくれたら、誰がでてもいい」とチームへの手応えを感じます。

ただこれもいつも通り「山ほどある」という課題をどう克服していくのか。

「やりつづけることは出来てるようになっている」今から「しっかり勝つ」と段階に来ています。つまり「しっかり多くチャンスをつくって しっかり決める」という凄くシンプルなことを 個の特徴、チームとして形にするかなんです。

ジョー選手の空いたところで、どうなるのか? 選手起用も変わってくるかと思いますが、どの選手を選びまたどのような新しいものが見えてくるのか、あるいは大きな課題が見えてくるのか楽しみです。

Q.チームの状態

いつも通り。特別なこはない

Q.暑くなり選手達のコンディションは上がる?

急に暑いからね(笑)。少し風もあったけど、そんなに急に慣れるわけではないから。よくやっていたと思います。

Q.ジョー選手は練習に参加した?

やっていない。少し時間が必要な感じ。

Q.ジョー選手の代役への期待は?

出た選手が個性を出してやってくれればいい。ジョーにはできるだけ早く帰ってきてもらう。そこまではチームでやっていかないといけない。彼自身(ジョー)もそう。他の選手は自分の特長を出してくれたらいい。全く別のものが出てくると思うので、それはそれで楽しみ。

Q.様々なバリエーションによる攻撃が生まれる?

みんな全然特長が違う。特長を出すのがうちのサッカー。自分の特長を出してくれたら、誰が出てもいい。

Q.マテウス・赤崎選手らの勢いをどの程度見ているか?(どう感じているか?)

勢いというよりも、どれだけチームの中に入れるか。90分間、あるいは今の速い自分たちのテンポの中にどれだけ入れるか。点を取るというのは、チームで取るわけだから。もちろん点を取っている選手たちの最後のフィニッシュはいいと思うんだけど、それだけじゃないところは山ほどある。一番チームの中の流れがスムーズにいくところ。あるいは本当だったらチャンスになってもいいところを潰しているところもある。一つの数字ではなくて、一番はチームの中にどう流れを持ってこられるか。あるいはそこの中に入れるか。そこが一番大事なこと

Q.相手のスタイルからフィニッシュが大事?

ずっとそうだね。フィニッシュをしっかり決めていれば楽になる。決められなければ大変になる。これまで、自分たちの中で決定的なチャンスが何本もできているわけだから。そこをしっかり仕留めきれるかどうか。それがすべて 。

Q.チャンスの作りかたの進歩は?

選手が変われば個性が変わるので。今まで通りでいい。もちろん、チャンスはもっともっと増やす。それはいつも通りのテーマだし。あとはフィニッシュ。しっかり先に入れていれば、ゲームは変わる。仕留めることはすごく大事になると思います。そうすればチャンスも増える

Q.チャンスは(高め?)に安定して作れているか?

ずっとやっているテーマ。チャンスをゴールに変えられればいい話。やり続けることはだいぶできるようになってきているけど。それができれば、ゲームは全く違ったものになる。そうすれば引き分けじゃなくて、3−0で終わるようになるかもしれない。内容はどんどん良くなってくるけども、90分の中でしっかり勝つという意味では、そういうところのポイントはある。選手に期待するしかないし、選手に期待しています。

(参考記事)

◆明治安田生命J1リーグ第13節 松本戦 前々日監督会見(INSIDE GRAMPUS)

◆「みんな個の特徴が全然違うから。そして特徴を出すのがウチのサッカーだから。その中で自分の特徴を出せばいい」風間八宏監督試合前記者会見の様子(赤鯱新報)


スポンサーリンク

松本戦前選手コメント

前田選手:松本への思いと「直輝の爆発」の予感

注目記事

◆5/24(金)トレーニング後コメント

(INSIDE GRAMPUS) 前田・中谷・マテウス選手


(一部公開:前田選手より)

ようやく昨年の前田が戻ってきたようです。前節の川崎戦のドリブルでの仕掛けはフロンターレサポでも話題になるくらキレッキレでした。

前田選手は状況を同思っているのか、またジョー選手の負傷について、古巣松本への思いを語っています

現在の状態

神戸戦でのプレーを振り返り「自分のストロングポイントを出せていた印象」 チーム全体が悪い時間でも自分で違いをつくるという意識を持っています。 相手への仕掛けも良い意味でエゴでてきて、自信を感じます。

「少し半身で受けられれば、後ろ向きでも相手の重心はわかります。少しずつ相手を見えている」という言葉からも状態の良さや自信が伺えます。

他の前線の選手との連携も悪くないようです。その中でも攻撃のキーパーソンであるシャビエル選手とは「ポジションは臨機応変にやろう」とそれぞれの特徴を生かせたプレーが出来始めているのではないでしょうか

ゴールへの想い

あとはゴールという結果です。昨年夏からの快進撃では前田選手のゴールに何度助けられたか。「そこが一番難しい。あとは少しのズレ」と確かに後少しのプレーが増えて来ていますが、「昨年なら」と思ってしまうのも正直なところ。「選択肢を増やしながらプレーしていけば、自ずと得点につながる」と心配はなさそうです。そう思いたいですね。

ジョー離脱について

チームの柱であるジョー選手の離脱については 「シンプルなロングボールは使いづらくなります」「ある程度ハメられた時の逃げ道」と言い、プレーの選択が一つ減るというコメント。だからこそ「足元のクオリティーを上げていかないといけない」と改めて自分達のリズムでつなげることの重要性と「そこに相手が慣れてきたら、今度は背後を取りにいく姿勢」とプレーの幅をしっかり考えているようです。

古巣への想い

古巣松本戦については「楽しみのほうが大きいです」と反町監督やサポータの前でのプレーには思い入れはありそうです。「2015年はソリさん(反町康治監督)がJ1未経験だった自分を使ってくれました。その時は降格してしまいましたけど、使い続けてくれましたし、信じてくれた。僕にとっての恩師だと思っています」「これぐらいできるようになりました」と監督・クラブへの感謝の意を表しています。

だからこその松本相手に「怖さ」「躍動感」を見せつけたいという強い気持ちを感じますし、今の状態ではあればできるんではないでしょうか。そういった姿を見せることで恩返しをして欲しいですね。

※オールバックポーズの永井龍選手とも仲良し対決です

松本戦への意気込み

松本への強い気持ちを持ちながら最後に「いつも通り相手が嫌がるプレーを見せつつ、人を崩すところは強く意識したい」「34試合のうちの1試合です。特別な感情がないと言ったら嘘になりますけど、平常心でやりたい」と冷静な姿勢が見えます

グラサポが心待ちにしている「直輝の爆発」の予感を感じる今日この頃。


◆マテウス「チームに貢献できるのであればすべてのポジションをやりたい」中谷進之介「今まで以上にセットプレーが大事になってくる」【5/24練習後の選手コメント】
(赤鯱新報)

◆シミッチ「日曜日のリーグ戦に向けても良い準備ができました」赤﨑秀平「一番は最終ラインとどれだけ勝負できるか」【5/24練習後の選手コメント】
(赤鯱新報)

スポンサーリンク

名古屋・松本 試合前注目データ

名古屋・松本今季データ比較

【ヘディングでのゴール】

名古屋:ヘディングによる得点は今季リーグ2位(4点)

松本:ディングによる失点が今季リーグ1位(6失点)。

【パス数】

名古屋:敵陣パス数は今季リーグ1位(4816本)

松本:敵陣パス数が今季リーグ最少(2086本)

名古屋グランパス

(GOOD)

7節~12節まで 7節 現在6戦無敗中(3勝3分)

 △ 7節 対横浜(1-1)  ○ 8節 対磐田(1-0)

 ○ 9節 対広島(1-0)  △10節 対湘南(1-1)

 ○11節 対浦和(2-0)  △12節 対川崎(1-1)

(GOOD)

ホーム戦5連勝中。5連続無失点中

(昨年のホームでのクリーンシートは4試合)

(NO GOOD)

昇格クラブとの対戦で現在5試合連続未勝利(3分2敗)。

2018年 湘南(2分) 長崎(2敗)

2019年 湘南(1分)

松本山雅

(GOOD)

パウリーニョ選手のタックル数(46)、タックル成功数(63%)今季リーグ1位

(GOOD)

前田大然選手の1試合でのスプリント回数はリーグ最多の53回(大分戦)

※3位まで同選手(磐田戦45回)(神戸戦44回)

(NO GOOD)

4試合未勝利(1分3敗)。4試合連続無得点。

対戦時、上位(3位以上)のチームとの試合で、通算6試合で未勝利+無得点

(1分5敗、0得点12失点)。

(参考記事)
◆名古屋グランパスvs松本山雅FC 5月26日(サンスポ)


スポンサーリンク

その他 読んでおきたい関連ニュース

◆ジョー、骨に異常なし 右足首MRI検査…靱帯痛め全治未定
(中スポ)

(一言)
神戸戦から気になってヒヤヒヤしているこの頃。ようやく診断結果がでたようです。
・骨に異常なし(少し安心)
・靱帯(じんたい)を痛め、患部の腫れが引いてから再受診(いわゆる捻挫?)
・全治は未定(マジか)

せっかく好き?な季節が来たのにっていう感じですが、今シーズンまだまだ長い。重要な時期には絶対必要な選手ですので、「無理をせず」「早め」の復帰を願うばかりです。

◆名古屋グランパス「ファンクラブ」創設以来、27年間で歴代最多の会員数を更新!
(グランパス公式)

◆名古屋・ランゲラックが豪州代表に選出!6月に韓国と親善試合「大変な名誉」
(サンスポ)

◆楢崎さんと恋チュン大作戦 「鯱の大祭典」26日CM撮影
(中スポ)

◆TEAM SHACHI「鯱の大祭典」広報大使 就任のお知らせ
(グランパス公式)

 

※「inside grampus」「赤鯱新報」は一部を除き会員記事です。(無料記事のみ(ひとこと)を書いています) 興味深い記事がほぼ毎日アップされますので 会員登録してチェックして下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました