【試合レポート】2019.5.17川崎フロンターレ戦 注目のカードはドロー「全員の集中力の高さと 上手くなりたいという望み」

試合レポート
こりもです
1-1  ドロー
非常におもしろい良い試合でした。皆さんはどう感じたでしょうか。確かに勝ちたかったですし、勝てた試合だったかと思いますが、昨年までの川崎戦とは全然違い、まさにがっぷり四つのような試合でした。お互いに中々シュートまで行けない状況でそういった意味では「面白くない」と思う方もいるかと思いますが、狭いスペースでパスを回す、狭いスペースでボール奪取を狙う 両者の攻防は他の対戦相手ではなかなかないですよね。 川崎は敵ながら最終ラインからのパスをつないでのビルドアップ、スピード、ゴール前のアイデアはさすがでしたが、堂々渡りあったグランパスも成長を確信することができました。 なるべくしてなった結果だったのかも知れません。 次回の対戦では更に進化したグランパスで勝ちましょう!
スポンサーリンク

サッカーファン大注目カード

金J それも19:00キックオフ。仕事の都合で結構厳しかったですが、なんとかパソコンの前についていつもの通りDAZNで観戦です。浦和戦から考えて自信はあるのですが、やっぱりドキドキですよね。 本当に今のグランパスの力を試せるカード。 これまでの結果は実力通りのものなのか、勝敗はもちろんですが、内容にこだわって試合を見てみたいです。 川崎はそう思える対戦相手ですね。 スタメンチェックもできずにギリギリでしたが、そろそろキックオフです

ということで 今日の展開・感想・課題を まとめます。

スポンサーリンク

【試合前】              

試合前情報

(スタメン)「StartingEleven」
フォーメーション 4-4-2
(2トップ)ジョー選手、アーリア選手
(中盤)左:マテウス選手 右:シャビエル選手
  ボランチ:米本選手 シミッチ選手
(DF)左:吉田選手 CB丸山選手、丸山選手、右:宮原選手
(GK) ランゲラック選手
(ベンチ)
杉森・前田・相馬・和泉・小林・千葉・武田
※前節とメンバー変わらず。やはりマテウスきましたね。結構風間監督は結果を出した選手を積極的に起用しますね。得意の縦へのドリブルがでれば、面白そうです。あと何より前回の豪快シュート。積極的にシュートを打っていって欲しいです。
ベンチメンバーは前回から赤崎選手から杉森選手に 菅原選手から千葉選手変更されています。今シーズンは交替選手も注目です。予想では ①和泉②相馬③前田の3名ですかね。
(注目点)
対戦成績 6連敗中の相手。連敗阻止なるか
アウェーでの未勝利(4試合継続)を阻止できるか
データでもかなり似たチーム通しの戦い(技術力勝負)
「風間ダービー」
マテウス選手の2試合連続得点
この相手に複数得点+失点ゼロはできるのか。
ボランチ勝負

(スタジアム)
等々力競技場
チケット完売
ベースボールユニ10000名配布
観客数:24,821人
主審:西村 雄一

(相手要注意選手)
中村選手(トップ下でもボランチとしても怖い)
大島選手(自由に持たせると技術を如何なく発揮します)
阿部選手(ゴール感覚、前線での位置取り)
馬渡選手(サイド攻撃。吉田選手の裏)
レアンドロダミアン選手(調子があがってきた?)
小林・家長選手が出場しませんが、実力者多し

【試合前監督コメント】     

風間監督

Q.ボールを握りながら得点力のあるチーム同士。サポーターのみならずサッカーファンが楽しみにしていいる対戦。どういったところを見せたいか
「見せたいというより、いつも通り自分達が自分達のプレーに集中してやることが一番」

Q.浦和戦 前回2-0で勝ったにも関わらず、かなり厳しいコメントだった。「もっと」と求めるところが印象的でしたが、選手達により良いサッカーをするために何を求めるか
 「今までやってきたところを、もっと丁寧にやれるところはやってもらえればいい」

Q.等々力で風間監督は特別なものがお互いあると思うが、
「すごく思い出のたくさんあるスタジアムです。そういった意味では懐かしい。ですけど今日はゲームですからしっかり我々らしく戦いたいと思います」

スポンサーリンク

【試合展開】(前半)

●(GOOD) ●(NG)
グランパスファミリーの声が響き渡っています
(前半)
お互いに中盤でパスを繋ぎながらの探りあい。非常に緊張感のある入りです。
4分 宮原選手へ長いパス。今日も高く位置取りをしてくれそうです。 相手のゴール前のブロックは硬いです
5分 フロンターレの積極的なパスカット、プレスも含め連動して狙ってきます。
グランパスの最終ラインも落ち着きあり
6分 ジョー選手が速い攻撃を見せるが前線のマテウス選手に通らず
7分 シミッチ選手が高い位置でボールを奪い、パスを回して米本選手がミドルシュート。オープニングシュート。
8分 右サイドのスペースをつかれクロスをあげられるがしっかり対応。
9分 相手PA周り細かいパスでボックス内進入の機会を伺うが、まだ隙がない。
10分 シャビエル選手ファールを受け 左サイドからFK。シミッチ選手にあわせるもヒットせず
中盤でのデュエル勝ってます ジョー選手が中盤で奪って攻撃へ
12分 両者狭いスペースでのペースのつかみ合い。
13分 中村選手から右サイドへ良い展開。 クロスをいれられるがゴール前は誰もおらず
中盤でのボールの受けかた、展開を変えるパス上手い。さすがです。
14分 マテウス選手がボールロスト。そのまま前線に運ばれゴール前にスルーパス。かなり危ない場面でしたが宮原選手がしっかりもどりブロック
攻撃に入ったときの全員の切り替え、ゴールへのアイデアはさすが
15分 また左からマテウス選手 吉田選手にシミッチ選手が加わって突破する場面も
16分 左CK シャビエル選手がキッカー 可能性はあまり感じない
アーリア選手 前線から激しくプレスいっています
18分 中盤デュエルで負け 一気に前線に運ばれる。パスミスに助けられる。あぶない
19分 吉田選手の裏を狙われるが吉田選手がしっかり戻って負けず
19分 シャビエルがドリブルで攻めあがるも止められる
マテウス選手・アーリア選手にボールにつめるように監督から指示
21分 シャビエル選手・宮原選手のパスからボールをとられ攻められる。ゴール前に中村選手が絶妙なスルーパス。背後をとられるがオフサイド。しっかり丸山選手もスライディングで対応していました。
最終ラインを高く保ち相手陣内に攻め込むも、アタッキングサードに入るところでボールを奪われる
24分 高い位置でボール奪取。ゴール前までつめよるもシュートうてず。
25分 中村選手からロングスルーパス。 スピード勝負で丸山選手ががスライディングでなんとかゴールラインへクリア。
前線でなかなか余裕を持たせてくれない。
26分 宮原選手がでパス先を探しプレイが止まったところでボールを奪われる。一気にドリブルで攻め込まれる。シミッチ選手がギリギリでストップ。スピードが遅くなるとすぐに狙われます。
29分 前線にパスでつなぐもマテウス選手がパスミス。ボールロストが目立つ。ドリブルでの仕掛けが見たいところ。
パスで翻弄される 自陣からのビルドアップすごい。パススピードと正確さはさすが
31分 押し込まれパスを回されるがなんとかクリア。スペースの見つけ方が上手いです
32分 ボランチとCBの間でドリブルされスルスルっとボールを運ばれる。馬渡選手にシュートを打たれるも、ミッチ正面で難なくキャッチ。
34分 攻めあがってもゴール前に運べない。 マテウス選手のパス(つなぎ)狙われてるような
36分 右サイドから中村選手のFK。しっかりブロックをつくり難なくクリア→CK
ジェジエウ選手とジョー選手の空中戦 迫力あります
38分 センターライン辺りからFK。 ゴール前中谷選手がヘッドで折り返すが惜しくもジョー選手に合わず
和泉がウォーミングアップ
40分 丸山選手も高い位置(センターライン)付近で積極的にボール奪取。攻撃につなげる。
41分 高い位置でパスカット。 ショートカウンターでゴール近くまで攻め込むまだシュートまでもちこめず。
ラインを高く保ちオフサイドもうまくとれています

ゴール マテウス選手
44分 丸山選手のセンターラインあたりからのリスタート。長いボールをゴール前のジョー選手が競り勝ち、セカンドボールをマテウスがトラップからのシュート。ゴール右上にコントロールされたシュート。

(前半終了)

(前半まとめ)

1-0 リードして前半終了。
凄い緊張感のある前半。両チームともに パス、プレス、連動ともにレベルが高く 少しでも隙がでると何がおきるのかという展開です。攻守の切り替えが早く、守備時のブロックも堅く、お互いにシュートを打たせない展開で、それぞれまだシュートの場面は少ない。
拮抗していて非常に面白いです。フロンターレも選手同士の連動、パススピード、一瞬の速さはさすがです。

マテウス選手もいいところがあまり見られなかったが最後の一発はさすがです。のっていますね。
ボール前での対応のはもちろんですが中谷選手が常にインターセプトを狙っていて積極的な守備も見られます。
右サイド(宮原・シャビエル)の攻撃のアイデアが少し物足りない感じです。


(数値)

シュート数は3本(川崎3本)、支配率(46%)パス数では相手のほぼ同数
オフサイドは0本(川崎4本)ファール 6-6


なんとハーフタイムにSHISHAMOのライブ
フロンターレサポの一体感、等々力の一体感いいですね。

スポンサーリンク

【試合展開】(後半)

(ハーフタイム風間監督コメント)
「最終ラインの上げ下げを声でつながろう。続けてやってしっかりしとめろ」

選手交替はなしで後半スタート
変わらず厳しい球際での攻防
46分 パスミスから知念選手にエリア外からシュートを打たれる。
46分 立て続けにPA内に侵入を許しまたもや知念選手にシュートを打たれる。 ミッチ難なくセーブ。
47分 ゴール前のジョー選手とジェジエウ選手 大型マッチアップ 闘っています。
シャビエル選手上手く 相手をかわし アーリア選手からゴール前のジョー選手へスルーパス。惜しくもオフサイド。
48分 左サイドから吉田選手・アーリア選手・ジョー選手と絡み攻めあがる
カウンターを浴びるもブロックを固めシュートを打たせず
49分 カウンターでジョー選手が左サイドをドリブルで駆け上がるが中への最後のパスが合わず
50分 左サイドから シミッチ選手・マテウス選手・吉田選手でチャンスを伺う
中谷積極的な攻撃参加 最前線でジョーとパス交換しゴールへ迫る。
51分 相手コートでのプレーが続く
シミッチ選手からの配球、ボール奪取きいています
52分 米本選手も高い位置でボール奪取から。また攻撃へ
大島選手 相手の剥がし方、ボールの受け方上手い。
53分 中村選手中心にゴール前でパスを繋がれ押し込まれるも守備陣集中しシュート打たせず。
押し込みあいです
54分 ダミアン選手が入ってきました。 中村選手はボランチの位置へ
FKからピンチ ゴール前の競り合いで何とかかきだす
55分 ゴール前からロングカウンター。マテウス選手惜しくもオフサイド。
56分 マテウス選手(OUT)→ 和泉選手(IN)
58分 早速、和泉選手が前線でのハードプレスからてのミスを誘い 左サイドPA付近からFK獲得
59分 キッカーシャビエル選手 ゴール前見方に合わず
斉藤選手が入る スピード・ドリブル注意
60分 丸山選手→シミッチ選手へのパスが乱れダミアン選手に奪われショートカウンターをくらう
接触でシミッチ選手倒れる ひやっとするが大丈夫
63分 右からのCK シャビエル選手 ファーサイドに流れるラインを割る
64分 決定機 ロングボールを前線シャビエル選手が抜け出し GKと1対1 惜しくもセーブされる
66分 リスタートを邪魔しシャビエル イエローカードをもらう。 もったいない
67分 前線ジョー選手のポストから攻撃開始。 左、吉田選手からのラストパスがアーリア選手につながらず

失点 レアンドロダミアン
68分 GKから一本のパスで前線へ。 ダミアン選手がが競ってそのままゴール前に走りこんだところにパスを通され、強烈なシュートをニアに決められる。ランゲラック選手の脇をすり抜けゴールに吸い込まれる。

69分 前線ジョー選手へ PA内では一気に3人に囲まれる
71分 ダミアン選手の前線からの守備はかなり迫力あります。パス回しで焦らないよう注意がいります
72分 ロングパスでDFの裏を狙ってきています
73分 宮原選手 相手陣内でボールロスト。自分で取りに行き後ろからファール イエローカードをもらう。
アーリアの位置にスピード・点の取れる選手が欲しい
74分 押し込まれるDFからの一本の縦パスから押し込まれる シュートはうたせず
75分 相手コートでに押し込んでいくが最後のところが合わない。
狭いスペースでボール取り合う
77分 米本選手がゴール前 狭いところに侵入し ジョー選手シュート。ゴール左に逸れる
79分 CK 知念選手にヘッドをくらう わずかにはずれ助かる
80分 宮原選手(OUT)→ 相馬選手(IN) 和泉選手を右のSBへ
アーリア選手のスピード感とパス精度が気になる
アーリア選手(OUT)→前田選手(IN)
83分 相手ゴール前で波状攻撃。 吉田選手が深く切り込んで中央にクロス。ジョー選手がヘッドで競り勝つがわずかにゴール上。
84分 シャビエル選手→相馬選手・シミッチ選手からゴール前のジョー選手にピンポインクロス。ヒットするがGK正面でキャッチ
レアンドロダミアン選手が負傷。交替枠なく一人少なくなる。押し込んでいます
足をひきづったままダミアン選手 ピッチ内に復帰。
89分 ゴール前でパスを回されるがしっかり守備。少し押し込まれている時間
AT5分
92分 前田選手がゴールマウス右隅までドリブルで切り込んで角度のないところからシュート。惜しい!
93分 前線で前田選手が持ち前のテクニックで勝負を仕掛けています。 キレあります。
最後までゴール前に攻め立てるが
(試合終了)
見所の多い試合。決定機(チャンス)はグランパスが多かった為、決めきれていれば、勝てた試合だった。

(後半まとめ)

支配率:53%(前半から+7ポイント)、シュート:9本(前半から+6本) 枠内4本
被シュート:11本(前半から+8本) 枠内6本
パス数:634ー529(前半同数→1.2倍)、  パス成功率:(82%-78%)
走行距離:112.8km(名)ー110.9km(川)  スプリント:158(名)ー155(川)

※前半と同じく、狭いスペースでリズム・ペースの握り合いが続く。スタッツでも見られるよう中盤でのシミッチ選手がボールを持ち始めパス数や試合率も上がる展開に。前半に比べゴール前での攻防が見られるようになるが、決定機はシャビエル選手の1対1の場面、ジョー選手のヘディング、知念選手のヘディングくらいでしょうか。お互いに前から連動した守備でゴール前はしっかりと固めた試合でした。そういった中で、ダミアン選手に一瞬のスキをつかれ同点にされるも、その後は一進一退の攻防を繰り広げ、五分五分ではなかったでしょうか。最後までお互いに一歩も引かず良いところを出し合う形が見られました。
スポンサーリンク

試合を終えて

インタビュー

風間監督

Q.90分を振り返り
「両方とも最後まで素晴らしいゲームをした。ここに来たお客さんも満足したと思う。我々は満足ではなくて、あれだけチャンスをつくっていながら決め切れなかった。逆に言えばほとんど相手にチャンスを作らせていないだけど失点をしてしまった。こういったところをしっかり変えていかないといけない」

Q.前半にマテウスへの前で勝負しろとの指示 その後結果が生まれたが
「彼のすばらしさ、特別な技術はわかるんですが、なかなかまだまだゲームの中の流れにはいってきていない。ですがチャンスをどんどん与えてこの仲間の中に入ってきてもらうようにしているし、そのの後に出る選手もいる。彼らもしっかり仕事をしてくれる。まだまだこれから競争をしてほしい」

Q.6試合負けなしの手応え
「勝ち点だけではなく自分達がやろうとして思ったことをしっかりとやれているということ。それに向かって自分達がどのくらい質を上げなければいけないか毎回 いい形で課題がでてきているということ。この2つ。これが全員の集中力の高さと 上手くなりたいという望みと そういったところが両方あると思います」

Q.今日の試合でサッカーに魅力を感じる人が増える。監督の今後のサッカーのプランは?
「我々Jリーグというのは素晴らしいリーグ。それだけの力量をもった選手達、それからスピーディーなサッカーができると思いますのでたくさん増やしていきたい」

試合後まとめ

アウェー等々力に乗り込んでの戦い。試合前からお互いのサポーターのみならずサッカーファンが注目したカードでしたが、予想通りの見ごたえのある試合だったのではないでしょうか。これまでの対戦相手ではなかった試合展開。まさに「固唾を呑む」という言葉がぴったりの試合でした。お互いにプレースタイル・目指すところは似ているんですね。お互いに自分達の良いところを出すサッカーをして勝つサッカーを目指しているチーム。上向いて来たチーム状況で、ポイントのネット選手を中村選手に封じ込まれ、完敗を帰した前回対戦に比べるとかなり成長した姿を見せられたと思います。ただ成熟度(連動、スピード感、正確性)ではまだフロンターレが上? なんて思うシーンも正直多くありました。それぞれ全員が闘い高い技術でのぶつかり合いはJリーグでも最高レベルでしょう。 今後の対戦がまた楽しみになってきました。

守備面

惜しくもクリーンシートは逃しましたが、チャンスらしいチャンスは与えなかったのではないでしょうか。前線・中盤・最終ラインでしっかりハードワークをし、勇気をだしラインを高く保ち押し込むための守備はできていたと思います。 またゴール前では粘りつよくブロックし、相手の精度の高いスルーパスに対しても落ち着いて対応し決定機をつくらせなかった。それだけに失点時の一瞬のスキ、ミッチの手をかすめたゴールは悔やまれます。

攻撃面

前半は中々相手ゴール近くまで侵入できず。前線では相手のプレスや連動した守備でうまくパスがつなげず、マテウス選手のゴールを除いてはシュートチャンスがなかなか作れない状況。 そういった中でもジョー選手は果敢に戦っていたと思いますし、自分達のやり方でチャンレンジし続けられたのは評価できるのではないでしょうか。 このような試合だからこそ、「スピード・連動・技術・アイデア・決定力」と、いつも監督が言っていることの重要性が改めて見えたような気がします。全員が果敢に攻撃参加していく姿は前節から変わらず見られたことはグランパスの目指すところに近づいていっていると思ってもいいのではないでしょうか。
あとは「決定力・決めきること」を本当にお願いします!

ベンチワーク

後半 和泉選手、相馬選手、前田選手の投入と 試合前から予想できるメンバー交替でした。宮原選手を途中交代させたのは意外でしたが、監督の冷静な判断であり、メッセージなんでしょう。 アーリア選手からシュートが打てる・スピードある選手 つまり前田選手への交替はよかったと思いますが、アーリア選手が抜けた後 シャビエル選手がジョー選手同様 前線に張り付いてしまい、前線でのパスの受けてが無くなったことに一抹の不安を感じました。

お願い

・セットプレー(CK)からの得点パターンを!(引き続き)
・暑い夏場に向けてコンディションの維持
タイトルとURLをコピーしました