【試合レポート】2019.5.12浦和レッズ戦 「仕留めきれた、良いプレーを継続できた 完勝です」

試合レポート
こりもです

 

2-0  グランパス勝利!

非常に良い試合でした。今シーズンのベストマッチだったんじゃないでしょうか。今日は内容も伴った「複数得点」「クリーンシート」。欲を言えばもう後2点ぐらい欲しかったんですが。。 浦和の状態も良くないように見えましたが、「自分達の距離、リズム」がしっかり見えた試合だったんではないでしょうか。 マテウス選手の目の覚めるようなゴールはそのポテンシャルを感じさせるものでしたし、久しぶりに「日替わりヒーロー」でましたね。 出場した全ての選手が今日はよかったです。

ホーム開幕5連勝! 強いグランパスを見せてもらいました。
スポンサーリンク

ブラジルカルテットでホーム開幕5連勝!

試合前

昨日から仕事でバタバタしていましたが、ギリギリでパソコンの前に。何とか試合直前の記事などを一通り確認し、準備万端。そこでスタメンを確認するとなんと、マテウス選手がスタメン。先日のルヴァンでも前線での動きをつくって目立っていましたので、監督は早速起用したんですね。そういった判断はいつも早い。 ホームの強さや、このごろの浦和試合内容や連戦の状況を考えると、何気に自信もあったりしますが、油断はできません。 複数得点と無失点を願い さぁキックオフです。

ということで 今日の展開・感想・課題を(備忘録の意味でも)まとめます。

 

試合前情報


(スタメン)「StartingEleven」
フォーメーション 4-4-2
(2トップ)ジョー選手、アーリア選手
(中盤)左:マテウス選手 右:シャビエル選手
  ボランチ:米本選手 シミッチ選手
(DF)左:吉田選手 CB丸山選手、丸山選手、右:宮原選手
(GK) ランゲラック選手
(ベンチ)
赤崎・前田・相馬・和泉・小林・菅原・武田
※スターティングメンバーは前節からの変更点は和泉選手に替わってなんとマテウス選手が起用されました。ルヴァンカップでのプレーが評価されたのでしょうか。ブラジルカルテットのコンビネーションとその爆発的なスピードに期待です。
もしかしたらベンチスタートの心配もしていましたが、ジョー選手もしっかりスタメン。
ベンチには前節の金井選手に替わって菅原選手が入っています。菅原選手もルヴァンで安定していましたから。徐々にベンチ入りができるようになってきました。その他はいつも通りの顔ぶれです
(注目点)
ホーム開幕5連勝 クラブ記録をぬりかえれるか
リーグ戦3連勝なるか
連続クリーンシートは?
ジョー選手と前田選手の完全復活
複数得点+失点ゼロ
(スタジアム)
豊田スタジアム
観客数:30839人
天候は晴れ 25.4℃
レッズサポーターも多く入っています。
(相手要注意選手)
興梠選手(勝ちをもぎ取る試合巧者)
武藤選手(前線で動き回ってきます)
山中選手(サイドの駆け上がりからのクロス、フリーキック)

試合前監督コメント

 

Q.マテウス選手のスタメン抜擢に何を期待するか
 「このリズム・トレーニングの中で充分やれることを証明してくれた。今日は思い切ってやってもらいたい」
Q.ホームでの強さについては
 「チームは一歩一歩。集中力。その中で集中力とは何か、そしてその中で何が大事なのか 一人一人が理解している。またピッチ・グランド状態や何より我々ファミリーの後押しがある。 その全てがひとつになってここまできている」

 
スポンサーリンク

試合展開(前半)

●(GOOD) ●(NG)
(前半)
1分 武藤選手右からの突破でクロス。丸山選手がスライディングでクリア。手に当たった? 危ない場面
2分 米本選手→ジョー選手・マテウス・吉田選手がからみアーリア選手のファーストシュート。枠には行かなかったが、自陣からかなり早い攻撃。
3分 レッズのパス回し良い。個のテクニックはあります
6分 FKからゴール前に詰め寄るもシュートまで至らず
ボールをとられても インターセプト、プレスは効いています。カウンタは阻止できています
8分 中盤でマテウス選手のドリブル、ジョー選手とパスをつなぎチャンスをさぐる
9分 シャビエル選手CKをジョー選手が競り勝ちヘッドするが、大きくゴールマウスの上へ。
レッズサポの声はさすがすごい
前からのプレス厳しくかけています。そのことで相手のパスミスを誘っています。
12分 岩波選手からの縦パス一本から攻撃。対応できているが注意です
シャビエル選手が中間で受けれていてボールキープできています
15分 吉田選手がきりこんでシュート。
カウンターでゴール前まで運ばれるがしっかりゴール前固め対応

ゴール マテウス選手
16分 ゴール正面 アーリア選手からジョー選手とつなぎ、落としたところをマテウス選手が凄いミドルシュート。GKの手を弾いてゴールにすいこまれる。とんでもないシュートです

これまでジョー選手の楔の動きもいいです
中谷選手 積極的にインターセプト狙っていますよ
中盤でのボール奪取、パスも早いリズムで押し込めています
22分 シミッチ選手中盤ボール奪取からマテウス選手が裏のスペースへ。シュートはゴール上に
25分 低い位置でシミッチが取られ、ヒヤッとするが しっかり自分でボール奪取。判断が遅くなると危ないです。
オリヴェイラ監督・・裏を狙う指示
中盤での攻防が続く
27分 アーリア選手とのコンビネーションでシャビエル選手が正面からシュート。まいたコントロールシュートは惜しくも相手にあたりゴール左へそれる
29分 シャビエル選手左サイドを切り込んでクロス。ジョー選手ヒットせず。 こぼれ球をマテウス選手がオーバーヘッド。GK正面。
30分 ゴール前の細かいパス交換からPA内でアーリア選手が落としマテウス選手シュート。惜しくもシュートブロックにあう。
米本選手どこでも顔出しています
31分 ロングカウンターをくらうが宮原選手ナイスリトリート。
34分 落ち着いて相手陣内でボールを回しています
欲を言えば宮原選手ワンツーでサイド切り込んでほしい
とられても相手陣内で取り返しています。米本選手きいてる
吉田オフサイド2本目だが、積極性は良し

ゴール ジョー選手
40分 左シャビエルからゴール前に浮き球。宮原選手がヘディングでせり勝ち、折り返しジョー!右足で豪快な一発。

42分 吉田選手の攻め上がりからクロス ジョー選手ヘッドするも、ヒットせず
43分 シャビエル選手・ジョー選手のワンツー。シャビエル選手が自由に動けています。
マテウス選手 前線からの守備も良し
44分 また吉田選手が積極的な攻め上がりチャンスをつくる。
46分 吉田選手→ジョー選手→ゴール前にスルーパス。 アーリア選手シュートを放つが、セーブされる
(前半終了)

前半まとめ

2-0 圧倒的に押し込んだ前半
完全な名古屋ペース
マテウス選手の走力とスピードは試合開始から効果があり。
ジョー選手や他選手とのコンビネーションも良し。 また相手がマテウス選手を見始めたらシャビエル選手が自由に動き前線でかき回す展開。
ジョー選手も前節より動きにキレがありプレースピードも速い気がします。
シミッチ選手もいつも効果的な縦パスあり。
両サイドバックも高く位置取りできている。宮原選手のアシストはかなり嬉しいです。
守備においては攻撃陣の前線からのもプレスも効いていて、シミッチ選手・米本選手でしっかり回収。相手陣内でのボール奪取が出来ていることで早い攻撃の基点になっています。
CBの自陣ボール前で落ち着いて対応できており危なげないプレー。中谷選手がインターセプトを狙っているなど積極的な守備を感じる。

(数値)

シュート数は13本(浦和1本)、支配率(61%)パス数では相手の2.3倍程度。
スポンサーリンク

試合展開(後半)

(ハーフタイム風間監督コメント)
「ボールロストしないこと。自分達の距離とリズムですること。良かった前半をわすれて45分を闘おう」
浦和が前からプレスが強くなるか?
このまま頼む。 選手交替にも期待

46分 吉田選手、宮原選手両サイドから積極的にあがってきています。ジョー選手のトラップ、パスも落ち着いています。最後はマテウス選手のラボーナ。楽しくやってますね。
47分 ゴール正面のFK マテウス選手が立て回転のボールで直接狙うが、GKキャッチ。
48分 相手のカウンター時の米本選手の全力疾走での戻りはすごい。
50分 ゴール正面でファールしFKを与える。少し遠いが要注意。山中選手FK。壁にあたる
53分 センターライン辺りから左前線に中谷選手からロングパス。 ゴール前でスルーパスを送るなど丸山選手も攻撃に参加。
両センターバックの積極性良いです
56分 アーリア選手(OUT)→前田選手(IN) そのままFWの位置へ
58分 自陣ででマテウス選手が奪われ シュートまでもっていかれる危ない場面。何とかブロック。
59分 サイド裏へロングカウンター。 宮原選手も競り合い・スピード勝負にはまけず
宮原選手の守備への貢献大きい
62分 右サイド前田のドリブルでチャレンジが見られました。 
63分 マテウス選手(OUT)→和泉選手(IN)
66分 しっかりパスを繋ぎ、相手陣内でのプレーが続く。
68分 センターライン辺りで中谷選手がボール奪取。 右サイドから前田選手がドリブルで攻め上がり、中に切り込んでシュート。惜しくもGKに弾かれる。前田選手らしいプレーが出てきました。
吉田選手の攻撃・守備と運動量さすが、
相手のプレスもはがしています(あまり厳しくないですが)距離感良くパス回しができている。
74分 前田選手がドリブルで果敢に切り込む。足を掛けられるもプレーにキレを感じます。
75分 和泉選手が左サイド深く侵入しクロス。ゴール前に飛び出した前田選手がフリーでシュートするが、GK正面でセーブされる。 タイミングもばっちりで決定機でした。
78分 自陣でプレスを掛けられ、ボールを取られパスをまわされゴール前まで侵入される
79分 ロングパスをシャビエル選手が前線で受け前田選手へのパス。パスが合わずチャンスをいかせず。
相手のプレスが強くなってきましたが米本選手は負けていません
80分 シミッチ選手の前線でのボール奪取でそのままチャンスへ
83分 ふわりと浮かせたパスに興梠選手ゴール前に抜き出し決定的なシュート。ランゲラック選手が片手で好セーブ。
85分 この時間になっても吉田選手がサイドを全力で駆け上がる。
監督から和泉にバランスをとるように指示
87分 ゴール前のシャビエル選手にシミッチ選手から早い縦パス。
89分 シャビエル選手(OUT)→小林選手(IN)
89分 左サイドを和泉選手と吉田選手で突破。ゴール正面の前田選手に。フリーでシュートを打つもゴール上にそれる
AT4分
勝利!
(最後まで攻め続け 複数得点、失点ゼロで試合終了)

後半まとめ

 
支配率:63%(前半から+2ポイント)、シュート:17本(前半から+6本) 枠内13本、
被シュート:5本(前半から+4本) 枠内3本
パス数:797ー366(前半2.3倍→2.2倍)、  パス成功率:(88%-77%)
走行距離:113.5km(名)ー108.5km(浦)  スプリント:186(名)ー149(浦)
後半の入りから前半と変わらず両サイドも含め積極的な姿勢が見られた。途中浦和のプレスも厳しくなったタイミングもありましたが、落ち着いてパスを回しペースを渡すことはなかった。中盤のシミッチ、米本選手も最後まで運動量を落とすことなく玉際に顔をだし、守備と攻撃の基点として躍動。 
後半出場の前田選手にもチャンレンジする姿勢がみられ、和泉選手も持ち前のボールを失わないプレーを見せてくれた。これまでの前後半で違う姿を危惧しましたが、90分押し込む試合展開を継続できた非常に良い内容で勝利をつかみました。数値(スタッツ)でも圧倒しています。
スポンサーリンク

試合を終えて

インタビュー

風間監督

Q.ホームで開幕5連勝 ホームでの強さ見せ付けた
「立ち上がりから非常にいい入り方をした。決めるところでしっかりきめたというところが大きい。」
Q.前半名古屋ペースですすんだ要因
「自分達が主語でボールをもっていた、一番は後ろ横 考えずにどう相手を崩すかを選手がフォーカスしてくれた」
Q.守備に定評のある浦和をくずした。自信になったのでは?
「元から場所を探して攻撃するチームではない。そういうところを良くだしてくれた」
Q.マテウスが先発起用に応えた
「彼らしいすばらしいシュートでした」
Q.次好調の川崎戦にむけて
「我々らしくしっかり闘っていきたい」

マテウス選手

Q.目の覚めるようなゴールを振り返って
「ジョー選手がしっかりキープしてくれて僕の動きをみてくれてパスをだしてくれてシュートを決めることだけでした
Q.スタメン抜擢に応えられたことについて
「しっかりチームに貢献できて嬉しい。自分だけでなくチーム全員が走りきってやりきった結果が2-0でした」
Q.ホーム開幕5連勝はクラブ新記録 ホームで強いが
「ホームでもアウェーでも同じサッカースタイルを見せているということはすごくいいんですが、ホームの強さはサポータがきてくれて後押ししてくれてそのおかげでチームが強くなっていると思います」
Q.移籍後圧ゴール 自分のストロングポイントと今後の目標について
「ホームで圧スタメンで初ゴールは本当に嬉しい 自分のストロングポイントは皆が判っている通りドリブル。スピードを生かす。シュートを狙えればシュートを狙うし、仲間をみてアシストを出したり。しっかりやっていきたい」

【公式】ゴール動画:マテウス(名古屋)17分 名古屋グランパスvs浦和レッズ 明治安田生命J1リーグ 第11節 2019/5/12

試合後まとめ

【雑感】             
ホーム 豊田スタジアムに浦和を迎えたこの一戦。高いレベルで前後半90分自分達のリズム・距離で押し込み続けた試合だったと思います。見ていても全然ストレスはなかったですね。選手達も躍動していて前線の選手も自由に動いていましたし、ボランチを含めDF陣も積極的な守備で危ない状況をつくられるることはありませんでした。強いグランパスをみることができました。またホーム不敗神話をこのまま続けて行けるよう我々も応援しましょう。

守備面

またもや失点ゼロ。もう偶然でもなんでもありません。「鉄壁の守備陣」です。両センターバックのゴール前安定感と積極守備。両サイドバックの運動量、ランゲラック選手の高い能力、何より両ボランチの献身的な中盤でのボール奪取力はすごいの一言です。前線からのFW・MF陣のハードプレスも加わり全体での一体感を感じる。さらに攻守一体、攻撃の為の守備が体現できている証でしょう。

攻撃面

久しぶりの複数得点。試合開始からマテウス選手のスピードが目立ち、ジョー選手も前節からボールキープ、トラップ、パス精度、プレースピードはあきらかに良い状況になっていました。 他シャビエル選手の自由なアイデアあふれるプレーも随所にみられ、アーリア選手のゴール近くでのパスワーク、シミッチ選手の縦パス、米本選手のボール奪取による高い位置からの攻撃開始、サイドバックの積極的な攻撃参加、両CBのオーバーラップなど、色々な攻撃の形をみることができました。単純に面白かったですね。 特に今後につながる点として、マテウス選手が計算できるようになったこと、ジョー選手が結果を出し復調してきたこと、前田選手の自信を感じるプレーが挙げられます。
攻撃を考える時に全員の名前がでてくるってすごくないですか?

選手起用

後半和泉選手、前田選手の投入と さらに攻撃し続けるという意志を感じ取れる選手交替でした。
 
 

お願い!

 
・セットプレー(CK)からの得点パターンを!(引き続き)
・ジョー選手の更なる爆発
タイトルとURLをコピーしました