◆ルヴァンカップC大阪戦後のコメント・レビュー 「現地での雑感」   (他 2019.5.9 グランパス関連ニュースまとめ)

関連ニュースニュースまとめ・レビュー
こりもです

昨日のルヴァンカップ行ってきました♪ 後輩を誘い7時前にはスタジアムについてスタグルで少し食べ・・・の予定でしたが、出発前にまさかのミーティング。何とか話を早く終わらせ向かったのですが、着いたのはキックオフの7:30。早速「ノー残業」でチケット購入し入ったときには、「1点取られてるー」 ファミリーの盛り上がるゴール裏を抜けバックスタンドへ。 家族連れも含めて座るところなしで、通路で観戦。スタジアムでの観戦はやっぱり、最高です。
リーグ戦で見れない選手達の成長を楽しみに行きましたが、ビルドアップの際のパスミスや、サイドでのパス交換でボックス内への進入ができな状況、裏を狙われてあわてる感じはJ2時代、昨年の連敗中のグランパスを見ているような感じで少し残念でした。
杉森選手は細かいパスで前線でのチャレンジが少なく(消えてた感じでした)
金井選手は相変わらず裏を狙われチャンスの基点にされていた。意外性のある攻撃もあまり見られず
伊藤選手は積極的に色んな所に顔をだしていたが、パスミスが散見。小林選手とのボランチもプレスをかけれず、簡単にゴール前に運ばれる。
ただ見せてくれた選手ももちろんいて、
マテウス選手が運動量、スピードをもって前への推進力がでてきた
菅原選手厳しいところでも身体をはれていた。プレーに落ち着きもでてきた
児玉選手のまだ引っ掛ける場面も多いのですが。。前に向かう意識は感じられました
(大垣選手、秋山選手見たかった・・)
一方で後半は
前田選手の投入、ジョー選手の投入で攻撃面で迫力がでました。1点目の前田選手のこぼれ球の豪快シュート、ジョー選手のゴールは周りは総立ち。 一緒につれていった後輩も大興奮。最後はすっきりして帰れました。
これで前田選手の完全復活、ジョー選手も復調のきっかけに繋がってくれれば最高ですね。
結局目立ったのは相馬選手も含めリーグ戦メンバーで、違いを感じてしまいました。選手達自身が一番感じているでしょうし、まだまだこれからです、引き続き応援していきましょう!
ゴール裏のファミリーも相変わらず最高でしたよ!
そいうことで昨日の試合関連の記事、ピックアップします
スポンサーリンク

ルヴァンカップC大阪戦後 コメント一覧 

(INSIDE GRAMPUS)
※(一部抜粋)
・総括
「自分たちでゲームを壊してしまった前半でした。もちろん後半もピンチがあったところは、チーム全体ではなく個人の質の問題、反省してもらわなければいけない。しっかり追いつけたこと、それから最後までギアを上げ続けてサッカーをできたことはすごく評価できる」
「一人ひとりの力が上がってきていますが、そこで差も広がってきているということを痛感したゲームでした」
・後半開始から相手を押し込んだ状況と得点の予感について
「その前からありましたが、自分たちで壊してしまうのは、なんでもないところでボールを失ってしまったり処理を誤ったりすることが多かった。そこを気にするよりも前へと攻めきってしまえば点が取れるという感じはしていました」
「直輝(前田選手)、ジョーを入れ、その二人が点を取ってくれたのは次につながるゲームだったと思います」

※前田選手のドリブルの切れが出てきましたし、思い切ったシュート、ゴールという結果。 ジョー選手も結果を出して(赤崎選手のダイレクトパスからのドンピシャヘッドをはずしたのは悔しいが。。)素直に嬉しいが、それ以外の選手の名前を聞きたかった。

確かに見ていて感じたところではありますが、「差が広がってきている」「個の質の問題」「自分達で壊してしまう」という言葉をつかって振り返っています。戦前の「やる気に満ちている」のコメントを比べ、非常に厳しい評価になったのではないでしょうか。挽回するのは簡単ではないでしょうが、良いときは見てくれる監督です。期待しています。

C大阪戦後 選手コメント 

※全体的に反省の色が出ているコメントですが、冷静に振り返り、どうすればいいのか各選手はわかっているようです。全員が諦めていません。もう前を向いていますので、成長の肥しにしてくれるでしょう。

(INSIDE GRAMPUS)-会員限定-
※一部公開(前田選手)
前半の試合展開を見ながら 右サイドの杉森選手のプレイに対してトラップをして前を向かないというか、仕掛けていなかったからこそ相手が自信を持って来ていると思っていました」と自分が入ったときを想定し、縦への突破をを意識して試合に入ったようです。
自身の得点に対しも「まだまだだと思います」 勝ち点1に対しても「勝ち点2を失ったという気持ちのほうが大きい」と前田選手の目線は常に高いです。
(INSIDE GRAMPUS)
※一部公開(ジョー選手)
前半のミスの多い状況、2点差で負けている状況からの巻き返しせたことは評価しながらも、ゴールシーン以外でも決めて欲しい決定的なチャンスがあったのは確か。勝利できた状況について「決めきれなかった原因について、ここではっきり述べるのは難しいです。だけど、もしかしたら集中力が欠けていたのかもしれません」と少し気になるコメントも。
ただ「チームに貢献したいという気持ちでいっぱいです。勝ちきるために、集中力を高めてプレーしようと思っています」というチームへの強い気持ちは変わりません。我らの「エースのジョー」ですから、本当頼みます!!
(INSIDE GRAMPUS)
(INSIDE GRAMPUS)
スポンサーリンク

C大阪戦後 レビュー

◆名古屋vsC大阪 試合記録  ※出場選手はこちらを確認
(ゲキサカ)
◆前田、反撃の口火弾
(中スポ)
◆ジョー、同点弾 自力突破消滅の危機救った!! 絶対エースの再出発
(中スポ)
(サッカーダイジェスト)
(赤鯱新報)-会員限定-
スポンサーリンク

5/12 浦和レッズ戦に向けて

(グランパス公式)
(グランパス公式)

2019 名古屋グランパス 1ST レプリカ ユニフォーム 半袖/ユニフォーム

価格:9,936円
(2019/5/11 01:20時点)

スポンサーリンク

その他 関連ニュース 

スポンサーリンク

グランパス公式 Twitter 

スポンサーリンク





※「inside grampus」「赤鯱新報」は一部を除き会員記事です。(無料記事のみ(ひとこと)を書いています) 興味深い記事がほぼ毎日アップされますので 会員登録してチェックして下さいね。
タイトルとURLをコピーしました