◆好調グランパスに「吉田豊」あり。 グランパスは吉田豊に何をもたらし、吉田豊はグランパスに何をもたらしているのか?

Topics
こりもです
先日の湘南戦後の記事で 吉田豊選手について興味深い記事がありましたので、ピックアップして見ます。もうグランパスの左にはなくてはならない存在になりましたね。試合を見ていても悪い波があまり見られず、安心感すら感じています。

さらに攻撃面ではゴール前に侵入したりと意外性も見せ始めてくれています。またインタビューや練習風景からも伝わる、まじめで実直なその人柄からもすっかり人気者になっています。良い選手が来てくれたとつくづく思いますね。グランパスでもっと上を目指してもらいましょう!

スポンサーリンク

”吉田豊とグランパスと風間監督” 最高のマッチング

攻守一体の象徴?

今年のグランパスは何が変わったのか。結果からみて一番明らかのことは、失点数の大幅減少でしょう。だからといって得点が少ないわけではなく まさに攻守一体が具現化されてきているということです。
それを実現させたのは 昨年・今年と加入してきたDFラインとボランチの力は大きいでしょう。 その中でも左サイドを担う吉田豊選手は今シーズン全試合出場と、いち早くマッチしフル回転の活躍をしていることは見逃せません。

以前のコメントにもあった通りグランパスが3年かけて獲得した選手です。当初はそのフィジカル中心のプレースタイルから「グランパスには合わないのでは」と言われたこともありましたが、攻守ともに今の強いグランパスに大きく貢献しています。

攻撃面での進化

攻撃においては同サイドの和泉選手と連動し、持ち前のタフさでライン際、上下運動を繰り返しクロスを上げるというプレイはこれまで通り「さすが」の一言。加えて和泉選手がサイドに張っていると思いきやスルスルと中に入っていく動きも見せたり、ゴール前でスルーパスを受けてシュートに持ち込むプレイも見られてきました。
こういったプレイについて

「湘南戦に限らずですけど、(和泉)竜司は1対1が好きなので、内に入ってプレーするよりも外からゴリゴリいった方がいいんですよ。僕はその逆で、斜めに走ってシャビエルのパスを受けたり、相手の嫌なところでプレーすることを考えています。
もう少しゴールに近いところへ行けると点に絡むプレーができるし、シュートも打てる。個人的には攻撃パターンが増えて楽しいですが、全体としては相手を押し込んだ状態でスイッチの入れどころを意思統一できれば、もっと厚みのある攻撃ができると思います」
それまでの特徴・長所をなくすことなく、グランパスに来てからの進化の部分ではないでしょうか。 加入時に不安視された足元の技術も問題なく他選手ともスピードのあるパス交換もスムーズです。現に、吉田選手のところでのボールロストの場面もあまり見られませんよね。

守備面での進化

一方 守備面においても特徴である対人の強さや球際の強さ、常にゴール前まで下ってくるタフさが、今季の失点の減少に大きく貢献していることは明白です。
守備について本人は

「昨年の名古屋の守備を見て、自分が入ってからどう変えていこうとか、特にそういうことを考えたことはないですね。まずは自分の良さである1対1で負けない、サイドからクロスを上げさせないというのを左サイドに当てはめていきました。それが求められていることでもあったと思うので、わりと早くフィットしたのかなと思います」
全員で押し上げて攻め込むスタイルをとっているチームの為、昨年まではDF、サイドの裏を狙われ一発っていう場面多かったかと思います。もちろん今年も相手チームがそこを狙ってくることは多く、かなりの運動量は求められますが、そこはストロングポイントを如何なく発揮して相手のチャンスを摘み取ってくれています。
ただそれだけではこれまでの吉田選手と変わりないところ。さらにグランパスにきた事で進化しているとのこと
「名古屋に来て、これまで僕が学んできた守備のやり方とは違う守備を教えてもらっています。例えば、体をぶつけないで相手との駆け引きだけで守備をしてボールを奪うとか。頭をすごく使うんですが、新鮮ですし、楽しいです」
得意なフィジカルの部分に駆け引きなど頭脳を加える守備にチャンレンジをしているようですね。「楽しい」の一言にその充実ぶりが伺えます。
 

チームとのマッチング

チームにフィットしたのはプレイだけではないらしい。加入直後のキャンプ中から他選手からイジられる場面も多く見られました。昨年のスキンヘッドで強面の外見からは少々意外だった感じでしたが、信頼されるその人間性もチームにいち早く溶け込めた要因の一つですね。

そういったことでDFリーダーで丸山キャプテンとも信頼関係は早々にできていたようで

「ラインコントロールにおいて、特にこれを注意しなければならないというのはないです。ただ、一番近い丸(丸山)とはいつも声をかけあい、目で会話するようにしています。
 ラインの上下やプレスにいく時の丸の動きを僕はよく見ていますし、丸も僕の動きを見て、どう守備するのかを素早く判断してプレーしている。そういう状況判断の早さ、プレーのスピードは、普段からハーフコートで11対11の練習をしている効果が出ていると思いますね」
とプレイ面での信頼や連携にもつながっているようです。

風間サッカーとのマッチング

移籍の経緯として「もっとうまくなりたい」と風間サッカーの門を叩く選手も多いですが、吉田選手も同様「もっと上手くなるため」にチャレンジをしに加入してきたはずです。

そんな吉田選手から技術を追求する風間サッカーについて

「風間監督のサッカーを楽しむには、それ(止めて蹴る)が大前提じゃないですか。僕は技術的に止めて、蹴るのがまだまだなので練習していかないといけない。日々練習です(笑)」
と自身の成長の為に謙虚に取り組んでいることがわかります。
そいった吉田選手に対して風間監督も「やるべきことをやってくれている」と信頼を寄せているようです

そういった現在の環境について

「僕は名古屋に来てよかった。これまでいろんな指導者の下でプレーしてきましたけど、風間監督のような指導者はいなかった。僕のサッカー人生において、間違いなく大きな財産になっています」
となんとも嬉しい言葉。 本人にとってもチームにとっても双方で良い方向に向いている吉田選手の加入は我々サポーターにとっても嬉しいことですね。

これから

年齢的には29歳で決して若くはないが、多くを吸収し進化中であることと、今までの経験が合わさって一番乗ってきている時期なのかも知れません。どの試合でも守備面では安定感を増してきており、攻撃では意外性も出てきている今、日本を代表する左サイドバックと言っても過言ではないでしょう。

これからも長くグランパスでのプレイを見たい選手。そしてチームの顔として日本代表へもチャレンジして欲しいです。さらに進化していく「吉田豊」を期待します!

 

※記事上部画像はグランパス公式より引用しています
 
タイトルとURLをコピーしました