【試合レポート】2019.5.3 湘南ベルマーレ戦 「明確な色をもった両者の戦いはドローで決着」

試合レポート
こりもです

1-1 ドロー
アウェーでの勝利を信じていましたが、戦前からの予想通り難しいゲームになりました。ただお互いにそれぞれのスタイルを貫いてぶつかり合った試合はおもしろかったのではないでしょうか。 欲を言えば久しぶりの複数失点やクリーンシート継続を期待していましたが、決して下を向く結果ではなく、むしろ状況を変え負けない強さを感じた試合でもありました。
スポンサーリンク

明確なスタイルと持った両者のぶつかりあい

令和最初のグランパスの試合。大型連休ももうすぐ終わり。仕事の準備をしながら連休最後のグランパスのゲームです。暖かくなってきたのでジョーのケチャドバをずっと待っている今日この頃。
湘南と言えばリーグ優勝時、降格時、J2での共闘、昨年の残留争いなどこれまでも節目で係わり合いのあるクラブでが、また今回も令和最初の試合ということで、何かあるんですかね。チョウキジェ監督の下、明確なチームスタイル熟成もされているチームですので、要注意なんです。いつも良い試合ができる相手ですから今回もいい試合をした上で勝利希望です。

さあ進化中の今年のグランパスははこういった相手を圧倒できるようになっているのか。チームのスタイルが一貫していて確率されているチームだからこそ、判りやすい指標になる試合ではないでしょうか。

ということで 今日の展開・感想・課題等をまとめます。

スポンサーリンク

【試合前】              

試合前情報

フォーメーション 4-4-2

(2トップ)ジョー選手、アーリア選手
(中盤)左:和泉選手 右:前田選手
  ボランチ:米本選手 シミッチ選手
(DF)左:吉田選手 CB丸山選手、丸山選手、右:宮原選手
(GK) ランゲラック選手


(ベンチ)

赤崎・相馬・金井・小林・千葉・シャビエル・武田
※前節とスターティングメンバー変わらず。
シャビエル選手はやはりスタメン回避ですね。変わりに前節と同じく前田選手がスタメン入り。
ベンチもほぼ変わらず。前回ベンチ入りの菅原選手にかわってシャビエル選手。
怪我の状況が心配ですが、後半からのシャビエル選手の投入はあるのか? 途中交替のシャビエル選手も興味ありますね。

(注目点)
特徴のあるチーム同士の戦い
リーグ戦3連勝なるか
アウェーで「やり続けられるか」
連続クリーンシートは?
「ジョー選手の覚醒」と「前田選手の完全復活」コンビ復活

(スタジアム)
BMWスタジアム平塚
雨天、雷がなっていり稲妻が光っている中キックオフ
チケット完売
バックスタンドにも1/3くらい赤色が見えます

(相手要注意選手)
武富選手(今季ゴールに絡んでいます)
松田選手(トップ下で動き回ってきます)
サイド(岡本選手、杉岡選手)
秋元選手(どうも好セーブをされている記憶が・・)

【試合前風間監督コメント】     

勝敗を分けるポイントは、「自分達がどれくらい集中してできるか、そこだと思う」
最多得点の中攻撃へのてごたえは「攻撃も守備も攻守一体でやっている。そこのところをやってくれればいい」

【試合前キジェ監督コメント】(対名古屋)

「力のあるチーム。対戦しながら学んできた。選手達も名古屋との対戦を楽しみにしている。自分達らしさを出して闘う」

スポンサーリンク

【試合展開】(前半)

●(GOOD) ●(NG)

(前半)
(ゲームの入り)
1分 湘南が後方から一本で前線山崎選手へ。中谷選手しっかり対応。
両チームボールに集中したしまった入りをしています
3分 細かいパスで序如に進入。 距離感も良さそうです
今日の左サイドのCKのキッカーは和泉選手
左サイド(和泉選手・吉田選手)から積極的に攻撃
5分 中盤和泉選手のパスミスから攻撃を受ける。要注意。
ジョー選手のところが相手の狩りどころになっているか。ボールロストが目立つ。
この頃ジョーのトラップの精度がきになるんですよね
湘南の時間が少し続いています
高い位置で激しいプレスをかけれらボールを失う。後方からスペースに駆け上がってくる。迫力あります。
9分 中央から攻め和泉選手ファーストシュートを放つも 惜しくもオフサイド
12分 低い位置から激しくプレスを受け、なかなかビルドアップができない
13分 フリーキックを遅らせた行為で、アーリア選手にイエローカード。
相手のプレッシャーをかわしきれず。なかなか剥がせません。
14分 シンプルに前線に運ばれシュートを受ける
15分 高い位置で中谷選手がボール奪取。 前田選手が強引に切り込んで折り返し。惜しくもアーリア選手にあわず。
すごい勢いでボールホルダーに寄せてきています
19分 左から組み立てて真ん中へ浮き球のクロス。ジョー選手がしっかりマークを受けている
19分 右からのCK前田選手がキッカー。 ジョー選手の頭にあわせ、こぼれ球を再度前田選手ひろい惜しいシュート。
20分 高くからボール奪取、前田選手がドリブルで切り込んでからジョー選手へ。コントロールシュートは勢いなくGK正面。
押し込む時間が増えてくるか?
23分 シミッチ選手からパスを潰してきているようです。プレスが強い。
24分 右の前田選手を基点にパスをつなぎゴール前まで運ぶが、しっかり守られて団子状態。ボールの奪い合い。
25分 シンプルにカウンターをねらわれるが何とか身体を張ってくいとめている
前線に蹴ってからの全員の押し上げが徹底されています(湘南)
26分 前田選手の仕掛けからファールを誘う。PAの右でフリーキック。いいボールを蹴るがゴール前合わず。
28分 前田がドリブルでチャンスを作るがパスが繋がらず
29分 高いところで中谷選手が積極的にボール奪取。 ジョー選手・吉田選手とつないでクロス。ゴール前の前田選手ヒットせず。決定機。
30分 油断をするとパス2、3本でゴール前に運ばれる
カウンター気味に前線に運ぶも少しでもペースダウンすると湘南の選手の戻りが早くブロックをつくられる。
アーリア選手の前線でのパスの精度が今日はイマイチでしょうか
33分 中盤のこぼれ球から前線前田選手へ。 パスかシュートか中途半端な形に。
36分 和泉選手ドリブルからジョー選手へ。 パスかシュートか中途半端な形に。
38分 なかなかボックス周りでパスを回すが 進入できず。強引なシュートも見たいところ
41分 PA外から前田選手のミドルシュート マウス上にそれる
43分 シミッチ選手がゴール前の処理にもたつき岡本選手を引っ掛けPKを与える

失点 45分

PK。山崎選手にゴール真ん中に蹴り込まれ失点


(前半終了)

(前半まとめ)

0-1 先制をゆるして前半終了。

全体的に湘南の良いところがでていた前半。

シミッチ選手、ジョー選手としっかりとケアをされ、プレスが激しく狙われている。(前線での溜め、縦パスを防がれている)

湘南のボール奪取からの切替と推進力は迫力がある。シンプルなプレーから全員攻撃・全員守備が徹底されていてカウンター注意です。

中谷選手など高い位置でのボール奪取もできているが、パスのテンポも遅くボックス内になかなか進入できず。

前田選手は持ち前のドリブルで積極的に仕掛け勝負できているが最後のところが決まらず。

前線のジョー選手、アーリア選手でもたつくところあり。スピード感がなくゴール正面での怖さがない。

失点もあったが、両CBを含めた守備陣は真ん中をケアしカウンターへも対応できている

相手ペースの中でもチャンスはつくれているので、まさに「しとめる」ところです後半は中央に赤崎選手を投入か、相馬選手を入れて真ん中に前田選手にして前線でのスピード感が欲しい


(数値)

シュート数は8本(湘南5本)、支配率(53%)パス数で相手の1.5倍程度。
※難しい展開でも自分達のスタイルは崩していません。攻守一体でしのいでいます
スポンサーリンク

【試合展開】(後半)

(ハーフタイム風間監督コメント)
「隠れないで受けること。顔を出し続けよう」
雨もあがり太陽もでてきています
選手交替なし。
相手の運動量がおちてくれば・・・

後半開始早々、相変わらず激しいプレスでパス交換をねらわれています。
46分 左サイドに進入した和泉選手からマイナスのパス。 シミッチ選手がシュートを放つが噴かしてしまう。
ミドルシュートが中々枠内に飛ばない
48分 吉田選手から米本選手へのビルドアップのパスをカットをされショートカウンターをくらう。
49分 シミッチ選手がワンツーでゴール前に進入。 PA前で足をかけられ、その後和泉選手がGKをかわしゴールに流しこむも、PA外でのファールを優先され。FKに。相手にレッドではなくイエローカード。
流していればゴールできていたのだが。。。不可解、厳しいジャッジ。
50分 シミッチ選手のゴール正面からのFK。 低いところをねらうが壁に阻止される
54分 相手エリアでのジョー選手の軽い?パスミスからまたカウンターを浴びるが、守備陣集中して対応。
55分 米本選手 PA前からミドルシュート。 わずかに右にそれる。
56分 (なんと)ジョー選手(OUT)→シャビエル選手(IN)  右にシャビエル選手が入り、前に前田選手が移動
58分 シャビエル選手が基点に細かいパスでゴール近くに攻め込む
パスのリズムもできてきてプレースピードもあがって押し込めてきています。
61分 また吉田選手の裏をねらわれシュートまでもちこまれる
62分 ゴール前の団子状態で細かいパスで崩しにかかる。崩しきれないがパスは繋がり始めています。
63分 前田選手 右サイドから再三ドリブル突破をねらっています。ファールを受けてゴール右からFKを獲得。

ゴール 64分

前田選手の仕掛けで得たFK。シャビエル選手から ゴール前のシミッチ選手にピンポイントで入りのドンピシャヘッド!
この同点ゴールで赤碕選手と前田選手の交代予定を取り消し

67分 シャビエル選手中心に前線にリズムよく早くボールを運べることで押し込む時間がつづいている
69分 前田選手(OUT)→赤崎選手(IN)
73分 米本選手 相手ボランチ選手の激しいファールに激怒!
74分 アールア選手から横パス。赤崎選手がシュートをはなつも、ゴール上に
76分 シャビエル選手からゴール前へパス。赤崎選手が直接シュートを放つが惜しくもポスト直撃
ほとんど相手陣内でゲームコントロールできています
78分 シャビエル選手がPA内をパス交換をして横断しゴール左からシュート。GKにセーブされる。
シャビエル選手が自由に動き、その後もボールを保持しながらシュートの機会をうかがう
82分 相手攻撃からのカウンター。 シャビエル選手から左サイド赤碕選手→中央のアーリア選手シュート。ポスト直撃
たまに訪れる相手カウンターにもしっかり戻り対応できています
86分 ゴール正面でFKを与える。 杉岡選手が噴かし大丈夫です。
87分 和泉選手(OUT)→相馬選手(IN)

AT4分

90分 吉田選手から相馬選手 左サイドを突破しクロス。中央の赤崎選手には合わず
91分 ロングカウンターも宮原選手がしっかり対応。攻撃の芽を摘む
(最後まで攻め続けるが追加点がとれずドローで試合終了)

(後半まとめ)

支配率:56%(前半から+2ポイント)、シュート:19本(前半から+11本) 枠内10本、被シュート:10本(前半から+5本) 枠内6本
パス数:624ー350(前半1.5倍→1.8倍)、  パス成功率:(81%-68%)
後半の入りは前半と変わらずボールホルダーへの激しいプレスからカウンターと狙いところを明確に湘南にペースをつかまれるが、シミッチ選手のPAへの進入など前線でのスペースが使え始める。ただ相手の守備も堅くボックスへの進入は難しい状況続く。55分のジョー選手からシャビエル選手への交替を機にパスのリズムが生まれ、早く前線にボールを運べるようになり、シミッチ選手以外のパスの出しどころも増えたことで、ゴール前のアイデアも増え、高い位置からの守備やカウンターへの対応もしっかりとでき、守備面でも危なげない状況をつくり、相手陣内でのワンサイドゲームに持ち込む。FKからの得点で同点に追いついた後も攻撃をし続けることができたが、2点目を決めきれないところは今後の課題ですね。

スポンサーリンク

【試合後を終えて】

【インタビュー】

風間監督

Q.(追いついて引き分け)試合の振り返り
「前半は自分達のボールロスト・ミスが多すぎた。後半は自分達らしく攻めきりましたが仕留めきれなかった。良いところとまだまだという課題が見えた試合だった」

Q.ジョー選手からシャビエル選手、前田選手から赤崎選手の交替の狙いは?
「もちろん点を取ること。シャビエルのところはリズム。リズムをしっかりつくりたかった。点をとってしとめたかったというところで赤崎を入れた」

Q.リーグ戦でここ5試合1ゴールのみの状況については?

「とれているところはとれている。チャンスはたくさんあるので、仕留めきるというところに特化していかないといけない。入るときは入る。選手を攻められないのでしっかりとやり続けたいと思う」

シミッチ選手

Q.同点ゴールについては?
「難しい試合の中シャビエルがいいパスをくれて決められてうれしい」

Q.ゴールはイメージ通り?

「練習通り 悔しいのは勝ち点を持ち帰ることができなかったこと。自分たちがチャンスをつくることができ、チームが最後まで走りきって中で勝ち点を持ち帰ることができなく悔しい」

Q.どんなことを大事にゲームに挑んだか?

「勝利を目指してきましたが、相手も強い相手、守備も固くプレッシャーをすごくしてくるチームなので、その中で、アウェーの中で勝ち点1を持ち帰ることができるのは悪いことではないが、目的は勝ち点3でした」

【試合後まとめ】

前半・後半に分けてまさに両チームの特徴を出したゲームでした。想像通り湘南は狙いも明確で全員が連動する良いサッカーを前半からしてきました。そういった中でどのように剥がしていくのか、ペースをこちらに引き込むかに期待をしていましたが、相手の圧に圧倒され、ミスも多く突破口を見つけられませんでした。「ジョー選手を自由にさせない」「シミッチ選手に縦パスを出させない」というのは明確で、前田選手のドリブルでの仕掛けや和泉・吉田選手のサイド攻撃も見られたものの、決定的な代案がなかったということでしょう。その中でPKでの失点はあったものの慌てることなく守りしのぐことができたのは評価できるところです。

一方後半のベンチワーク(ジョー→シャビエル)でリズムを取り戻し、ゴールへの意識(前田→赤崎)も上がり押し込む展開に。相手のプレスもかいくぐり、多くのチャンスをつくることができた。この交替で相手のマークにもズレがおき、疲れもでてきたことから完全に試合をコントロールでき、2度のポストにあたる不運もありましたが、「決定力」が今節でも課題になりました。
ただ全員で流れを変えられるチームの強さを感じることはできましたので、前が向ける試合ですね。

守備面


クリーンシートが出来なかったことは悔やまれますが、完全に崩された場面もなく最小失点で終えることができた。吉田選手が上がったスペースをロングフィードで狙われることもあったが、カバーリングもしっかりとでき、前節で狙われていた相手ゴールキックからのロングカウンター等にも宮原選手はじめDF陣全員で対応ができ決定機をつくらせなかった。中盤での守備も両ボランチがいつも通り身体を張って激しく闘うことができ、安定感が出てきました。

攻撃面

まずはジョー選手の不調が大変気になるところ。ゴールへの道筋はジョー選手を中心に全員が考えているところですので、ボールキープ、空中戦、パス、フィニッシュ(ゴール)と非常に大切な役割を担っています。相手への脅威という部分ではその存在感は絶大だが、ボールロストやトラップミス、パスミス、ボールへの反応の遅さなど、どうしても目に付いてしまいます。昨シーズンのようなゴール前の怖さが見れない状況です。 また今節はシミッチ選手からの縦パスも警戒され中々押し込むことができず、苦しい状況も見えました。

そういった中でも前田選手の復調(強気な仕掛け)やシャビエル選手のアイデア、和泉・吉田コンビの左サイド、赤崎選手のゴール意欲など良いところも出ていますので、チーム全体として攻撃の形を増やしていくチャンスです。
ただグランパスにはジョー選手は絶対必要です。必ず復調してくれると信じています。

 ベンチワーク

「リズム」「決定力」と明確な狙いをもった選手交替は良くない流れを変えることができた。これまで見られなかったジョー選手の途中交代にはびっくりしたが、監督との信頼関係があってのことでしょう。ジョー選手への影響はないことと信じたい。
逆に変に拘ったものはなくシンプルな考えや姿勢を感じることができて、なぜか「さすが」って思ってしましました。

今後のお願い

・セットプレー(CK)からの得点パターンを!(引き続き)
・シュートへの意識と枠をとらえる精度(ミドルシュート)
・ジョー選手の復調
タイトルとURLをコピーしました