【試合レポート】2019.4.28 サンフレッチェ広島戦  「今年はホーム失点しないんです。最高の盾も手に入れたグランパス」

試合レポート
こりもです

1-0 勝利!

注目の「最強の盾矛」のカードでしたが、結果としてよいゲームとなりました。 やはり複数得点はみたかったのですが、この頃の戦いをみていると「最高の盾」も手にしたような戦いです。なんとホームゲームは無失点なんですね。攻撃的といわれますが、ここまでの順位を保てている要因は失点の少なさも大きく貢献しています。我々としては多くのゴールが見たいのはもちろんですが、勝てるチームになってきたことは非常に嬉しいですね。現在リーグ2位。まだ順位に拘るのは早いかと思いますが、FC東京も中々負けてくれないですから、しっかり追いついていきたいところです。
スポンサーリンク

最強の盾と矛の戦い

平成最後のグランパスの試合。大型の連休の為にとてつもなく仕事が忙しく,ようやく休みの段取りがつき今からグランパスタイムです。
豊田スタジアムでの広島戦。昨年同様前半好調の広島ですが、我々グランパスも負けられません。メディアでは「最強の矛と盾の対決」とも言われていますが、このまま上位をキープできるか非常に大切な一戦ですね。昨年はこれから連敗街道だったような。。昨年とは圧倒的に違うところを証明する試合です。

前節の勝ちは価値のあるものでしたが、私的には試合を重ねるごとに進化を感じていた中での辛勝でしたので、何とも消化不良の感があったんですよね。 しっかりと対策はされてはいましたが、パスミスやゴール前の積極性に少し物足りなさがありましたので、今日はしっかりと守るチームにどこまで積極的に攻めれるか、ゴール前のアイデアを出せるか注目したい。

またシャビエル選手の負傷に対しては誰が出てくるのか。。 「俺の出番だ!」と思っている猛者もいっぱいいると思いますので、シャビエル選手の負傷は厳しいですが、楽しみでもあります。
ゴール前での決定力に注目してぼっちで応援します
宮原選手、千葉選手 成長っ下姿をみせてやれ!

ということで 今日の展開・感想・課題をまとめます。

スポンサーリンク

【試合前】              

試合前情報

(スタメン)「StartingEleven」

フォーメーション 4-4-2
(2トップ)ジョー選手、アーリア選手
(中盤)左:和泉選手 右:前田選手
  ボランチ:米本選手 シミッチ選手
(DF)左:吉田選手 CB丸山選手、丸山選手、右:宮原選手
(GK) ランゲラック選手
(ベンチ)
赤崎・相馬・金井・小林・千葉・菅原・武田
※ランゲラック選手は復帰。やはり前節のシャビエル選手の故障でベンチ外。その代わり前田選手が久しぶりのスタメンで、期待してしまします。個人的にはジョーと前田選手の2TOP、サイドのアタッカーで相馬選手のスタメンなんかを予想していましたが。アーリア選手がスタメンの座を守っていますね。
ベンチではルヴァンでの結果を反映してか久しぶりに金井選手。また菅原選手も入っています。
この頃の傾向では 相馬、赤崎選手あたりが交替で入りそうな予感。

(注目点)
ホーム負けなし+ホーム失点なし
最多得点vs最少失点「盾矛対決」
2位x4位 上位対決
古巣対決(宮原選手、千葉選手)
シャビエル選手不在(前田選手のスタメン復帰)

(スタジアム)
豊田スタジアム
今シーズン3回目
ゴール裏はもちろんみっちり入っています。入場者数なんと4万人

(相手要注意選手)
渡選手(アクロバットシュート一発)
柏選手(前線で機能すると怖いです)
川辺選手(中盤で存在感を出してきています)
※パトリック、ドウグラスの外国人アタッカーは不在

試合前風間監督コメント     

風間監督

試合のポイントは、いかに自分達が敵陣でボールを丁寧に扱えるのか重要。
前田選手の起用については、 調子を上げてきている。実績もあり期待している。

城福監督

勝敗ポイントは、良い守備からの良い攻撃。 個のレベルが高いチーム、ジョーという決定力に注意する。

スポンサーリンク

試合展開(前半)   

●(GOOD) ●(NG)
(前半)
(ゲームの入り)
2分経過 中盤でのパスでお互いに様子を見ながら。広島は磐田同様サイドの裏への狙いが見られる。
4分 シミッチ選手の前線からの積極守備から、和泉選手からゴール前のジョー選手に繋がるがシュートできず。
シミッチ、米本の両ボランチ今日も安定感がある(安心)
6分 相手陣内でパスを回してチャンスをうかがうが守備のブロックは崩せず。
7分 前田選手のいい攻め上がり、ドリブルきれよさそうです
まだ左サイド 和泉選手と吉田選手からの攻撃が目出ち、右サイドはまだ活性していない。
ゴール前の細かいパス。ジョーがマーク厳しく、競り負ける場面が目出つ
ボールは保持しているが、中々決定的なチャンスは作れず。広島の守備ブロック、守備→攻撃へのスイッチには注意です
チャレンジして止められ、中盤でまた回収、組み立ての連続。なかなか突破口がみられない。
20分 前田選手FK後 前線への一本のカウンター。 ランゲラック選手が前にでて難なく処理。
21分 またPAに進入していくが、最後の一本が会わない。パスが少しずつずれている
23分 シミッチ選手からの縦パスが通り始めた。その後の突破のアイデアがまだなし。シュートがほしいところ。
24分 ゴール前混戦から和泉選手が切り込んでマイナスのパス PA外から米本選手がシュートを放つも大きく噴かす。
25分 前田選手 右サイドでドリブルで勝負できています。
相手の攻撃はボランチとCBでしっかりしのいている
アーリア選手とジョー選手のパスや距離感が少し合っていない。
川辺選手に中距離からのシュートを打たれる。相手の前線からのプレスも厳しくなってきた。パスミスは注意したい。
32分 ゴール近くまで攻撃を許すが、体をはってブロックできています。ボランチがはがされた時はどうしてもピンチになります。
35分 前田が右サイドから中央へドリブル ジョーとパス交換しシュート。
35分 センターラインからの前線へのパス 前田選手飛び出すも惜しくも届かず。

37分 ゴール 前田選手
中盤で前田選手が基点となりアーリア選手を経由しジョー選手が右に流れてクロス。和泉選手ががゴール前でつぶれて、こぼれ球を前田選手が押し込む。

38分 丸山選手の高い位置でのインターセプトから攻撃参加もみれます
40分 PA近く右からのFKからの波状攻撃を受けるもランゲラック、他全員でブロック
42分 左サイドの裏をねらわれ一気に攻め込まれるも、真ん中はしっかりケアできています
44分 ジョー選手からゴール前の吉田選手にスルーパスが通るも、惜しくもシュートブロックされる
45分 CKからカウンターを受けピンチになるがランゲラック選手ががクロスをクリアしてピンチを防ぐ。
(前半終了)

(前半まとめ)

1-0のドローで前半終了。

グラパスがしっかりボールを保持し、押し込みながら攻撃の糸口を探すが、広島も守備が堅く、中々PAまで進入させてもらえない状況。
シャビエル選手の替わりに前田選手のドリブルはアクセントになっているが、宮原選手との連携での右サイド突破はあまり見られず。その分、徐々に中央でジョー選手との関係性が見らるようになり、見事ゴールに絡む。

両ボランチは守備、中盤からの組み立ては安定している。
パスミスもあまりないこと、中盤でのボール奪取も出来ていることで、カウンターからのピンチを防いでいる。

左サイドからの攻撃は見られるが、近い位置でのパス交換が中心で中々突破はできず。和泉選手の前へのチャンレンジに期待したい。

ランゲラック選手は2試合ぶりではあるが、プレーは問題なし。

両CBも相手カウンターへ、リトリート、スピードをもって対応できている。高い位置からインターセプトからの攻撃参加も見られる。

(数値)
シュート数は6本、支配率(66%)パス数で相手の2.5倍程度。
走行距離については米本選手、アーリア選手、宮原選など グランパスが上回る
スプリントについても前田選手、アーリア選手、宮原選手、和泉選手とグランパス選手が目立つ
※内容・数値をみてもグランパスが押している試合展開です。
スポンサーリンク

試合展開(後半)   

(後半)
(ハーフタイム風間監督コメント)
「ミドルを打たせないように、シュートを打つために動こう」
選手交替なし。
前田選手がにこやかにピッチに入ってきています。後半も頼むぞ!
後半の選手起用にも注目です。

後半開始から早いパス回し。 いいです。
広島もロングボール以外にしっかりパスをつないで組み立ててきています。
53分 ゴール前広島のパスで完全に崩されサロモンソン選手からのクロス、柏選手がわずかにゴールをはずす。
54分 和泉選手からのパスをゴール前、良い位置でもらい前田選手がシュートを放つがGK正面。
56分 前田選手(OUT)→ 相馬選手(IN)
相手の前線からのプレスが厳しくなってきた
お互い攻守のスピードがあがってきて、アタッキングサードへの展開も速くなってきています。
サロモンソン選手のサイド突破注意です
59分 ゴール前に良い縦パスを通されピンチ 丸山選手が落ち着いて対応。
広島の押し込む時間が続く
後方から前線にパスをつなげず、広島に高い位置からの攻撃を許す。
61分 オフサイドで対応するも、ゴール前のスペースを狙われている。
63分 相馬選手が右サイドから攻め込むも相手の守備ブロックは崩せず。
64分 相馬選手の右サイドからシミッチ選手シュート。 相手ボールになるもすぐにボール回収し和泉選手がシュート。シュートブロックに阻まれる。
68分 ジョー選手から和泉選手へ ゴール前の中谷選手にパスをつなぐが足元に入りシュート打てず。
70分 相馬選手・和泉選手と絡んでゴール前で波状攻撃をしかけるが、決定的チャンスつくれず。ジョー選手の反応が遅いような。。
71分 ジョー選手の決定機 GKと1対1になるが惜しくもセーブされる。72分 カウンターのピンチ。
CBがしっかり対応できているが、簡単に決定的なピンチになるカウンターを許してしまう。パス元を潰したい。グランパスCKからのカウンターを何度か狙われている
73分 広島のシュートを2回ブロックした後に、柏選手のドンピシャのヘディング。 ランゲラック選手のスーパーセーブ!
押し込まれている
アーリア選手もゴール前まで下がって献身的に守備
ジョー選手が前線で中々キープできない。すぐにボールをとられ広島の波状攻撃を招く。ランゲラック選手・丸山選手・中谷選手でなんとかはじき返す
79分 シミッチ選手からゴール前のジョー選手へ。転倒しシュート打てず
スピード・ボールへの反応で押し込まれて続けている。
81分 前線の空いたスペースでジョー選手にボールが渡るがボールコントロール・パスの判断が遅れスピードダウン。チャンスを作れず。
85分 ボックスの外で吉田選手が渡選手を倒し 危険な位置でFKを与える
86分 FKを壁でブロック
86分 和泉選手(OUT)→赤崎選手(IN)
87分 決定的なヘッドを打たれるがポストに助けられる。途中出場のハイネル選手のスピードと突破は要注意えす。
90分 アーリア選手(OUT)→小林選手(IN)

At 5分
小林選手がアーリア選手の位置へ。前線からの守備とパス捌きに期待。
91分 相馬選手からドンピシャクロス。ジョー選手のヘッドがポストに阻まれる。

広島総攻撃を全員で守備ブロック
(試合終了)
良く守った!! ホーム4連勝。 無失点

(後半まとめ)

支配率:54%(前半からー12ポイント)、シュート:13本(前半から+7本) 枠内6本、
被シュート:9本(前半から+6本) 枠内5本
パス数:736ー580(前半2.4倍→1.3倍)、  パス成功率:(85%-78%)

後半は広島が前に重心を置き、点を取りにきた事でピンチの場面も増える。前半の守ってカウンターから、前線からの守備からしっかりとパスを繋ぎ押し込まれるが、体をはって何とかはじき返す展開。ランゲラック選手のスーパーセーブもありしっかり我慢をして無失点に抑える。前線では中々キープが出来ず、後方からのパスの組み立てもできない状況。相馬選手・赤崎選手を投入し幾度かサイドからの攻撃からのチャンスも作るが、ペースを引き戻すまではいかず、広島の勢いを止めることはできなかった。

苦しい時間も続いた中、全員でのボールに厳しくアタックし、最後まで集中し勝ちをもぎ取ったことは評価できる。
スポンサーリンク

試合を終えて  

インタビュー

風間監督

試合を振り返って「自分達のテンポで守っている相手をしっかり崩すことができた前半。悪いときもあるが全員が意志を統一して最後までできた。良い試合だった」
前田選手の起用について「これからもっともっと彼はあがってくると思う。ただうちのチームは全員で闘っているのでそこのところは続けていきたい」
ホーム4試合間封勝利、史上初の快挙については、「選手のがんばり、チームがひとつになっている証」
4万人の観客について、「ファミリーの強さも我々の強さ。感謝しています」
次節にむけて、「大きい試合小さい試合もないので次の試合全力で迎えたい」

前田選手

ゴールを振り返って、「いいところにこぼれて諦めずに走ったことがゴールにつながった」
ゴール後の喜びについて、「一緒に苦しい思いをしていた選手がベンチにいた。その選手達と分かち合いたかった」
スタメン抜擢について、「ゴール以外には期待にこたえられていない。また監督の期待にこたえていきたい」
ホーム4試合間封の立役者として、「ミッチ、DFリーダー丸山選手含め全員が90分走り続けたおかげ。立役者だとは感じない。ここに集まってくれた皆のおかげ」
湘南戦にむけて、「3連勝を目指してがんばるだけ」

試合後まとめ             

監督インタビューにもあるように「しっかり押し込めた前半」「耐える後半」となりました。スタメンに抜擢された前田選手のゴールは非常にうれしいこと。誰が出ても結果を出せるチームは強いです。 ただこれまで数試合の「最後のところのクオリティ」はまだ課題が残りました。前半押し込んだ状況でも中々シュートまで持ち込むことができず、ゴール前のショートパスが合わない場面も多く、「強引さ」「チャレンジ」をもう少し見せて欲しいところ。

ただボランチの2選手、両センターバックを含むDF陣の守備は安定感すらでてきており、勝利を手繰り寄せる大きな要因になっています。厳しい状況でも勝てるチームに進化してきているということです。1-0の勝ちにチームの進化は感じますが、以前までの攻撃力(得点)をどうしても求めてしまいますので、ジョー選手始め攻撃陣の奮起(進化)を期待します。

守備

ランゲラック選手の復帰戦ですが、怪我の後遺症や影響は全くなく、スーパーなプレイを見せてくれました。2-3点は阻止しているでしょう。また最終ラインも高い位置を保ち、ボランチ・DFで積極的なボール奪取、インターセプトは多く見られるようになってきました。そのままオーバーラップ(丸山選手、中谷選手)も1試合に数回はゴール近くまで侵入するプレーが見れます。引き続きボランチの米本選手・シミッチ選手の安定感のある献身的なプレーによって最終ラインまで連動した守備ができていることも重要。カウンター対応も全員で走って身体をはる守備は大きく進化しています。 

攻撃

守備力の高いチームとの戦いで「チャンスを作る」「しとめる」力を発揮しなければいけない試合だったが、期待を上回る状況にはなかったかと思う。ペナ周辺の連動やパスワークは正確に行えるが、その後の「しかけ」「アイデア」が乏しく感じる。アーリア選手の前線でのパスは非常に有効で決定機も作れるが、肝心なジョー選手と合わない場面もあり、全体的に「強引さ」が足りないようにも感じる。パスとシュートの選択でもう少し「シンプルさ」「シュート」に比重を置いては欲しいと感じる。
前田選手は結果も出し、やはり自由に動き始めてからは攻撃のアクセントになったことを考えると、前線での流動性や自由性がもっと出てくると良いのでしょうか。
あとは、これを言うと賛否あるかと思いますが、期待も大きいのでジョー選手の状態が気になります。前節では決定的な仕事をしてくれましたが、ここ数試合はことごとく決定機をはずしています。トラップや相手DFとの駆け引き、スピードや反応が昨年のゴール量産していた時と比べ、物足りなさは否めません。 その存在自体が相手の脅威になっていることはわかるのですが、これまでもっと楽に勝てた試合も多いことも確か。他選手の奮起も必要ですが、エースの活躍がグランパスには絶対必要なんです。

お願い

・セットプレー(CK)からの得点パターンを!(引き続き)
・シュートへの意識
・ジョー選手のゴール
タイトルとURLをコピーしました