◆マリノス戦のレビュー/寸評、 試合後コメント、 ランゲラック選手怪我について  (他 2019.4.14 グランパス関連ニュース)

関連ニュースニュースまとめ・レビュー
こりもです

昨日の試合は他サポの人からみても面白いゲームだったようです。決定機(チャンス)を考えると、私は悔しい試合という感想。確かにマリノスも徹底した戦術で、気持ち・運動量をもってすごい攻撃でしたし、攻撃という言葉が注目されますがDF陣も緊迫した状況でしっかり対応できて1失点に抑えることができたということを考えると、アウェーでの勝ち点1は評価できるかとも思います。同じ攻撃的なチーム同士の攻防として「勝ちたかった」ですね。

ランゲラック選手の怪我も心配・不安ですが、次のジュビロ戦に向けて前向きにいきましょう。
この日にチェックした関連ニュース(試合後)まとめてます。(4/14)

4.14(日)
[練習]
12:00~(移動日)
[イベント]
10:00〜
小西工己、秋山陽介選手、渡邉柊斗選手、グランパスくん「ひびのコイ祭り」

スポンサーリンク

マリノス戦 レビュー・寸評

サッカーダイジェスト採点

※1-1のドローに終わったFマリノス戦。サッカーダイジェストではMAN OF THE MATCHはマリノスのGK朴一圭選手を選出しています。確かに決定的なシュートを何本かと止めていましたので、納得ですかね。
ほぼ互角の評価です。、個人評価(点数)は流れの中でのゴールを奪ったので当然でしょうが、少しマリノスの方が高めになっています。6.5点でマリノスの喜田選手、仲川選手、Mジュニオール選手 6.0点でグランパスではジョー選手、米本選手、アーリア選手、相馬選手、武田選手、ランゲラック選手の評価。

どちらのチームも攻撃に翻弄されたDFの評価は厳しくなっています。攻撃の目立ったゲームでしたのでしょうがないですが、そんな中で失点1に抑えたDFは良く踏ん張ったと思います。あの一発(オフサイド?と思いましたが)が悔やまれます。

気になったところは5.5点のシミッチ選手。ボールキープやパスで違いを見せていましたが、米本選手と共に守備面でなかなかはまらず、苦労していたように見えました。

風間サッカーのはるか遠い完成形

(sportiva)

※興味深い記事です。
筆者は「前半はペースをつかんでシュート数ではも圧倒し押し込んだ。反面後半はマリノスの流動性や圧力にまけてペースを渡してしまった」という感想に対して、風間監督のコメントが間逆だったという内容。

レベルの高いゲームとしながらも、シュート数などの数値やゲームのペースなどの印象とグランパスが目指しているところの違いについて筆者が書いています。我々サポは何となく判ってきた?ような気がしますが、「自分達のサッカー」があくまで基準。ゴールやシュートはもちろん必要だが、それまでの内容が重要なんです。以前言っていた「ゴールまでボールを運ぶ」の「運ぶ」がしっかりできているかです。 一見グランパスペースであっても、ゴール前まで侵入していても「偶然」ではなく「自分達がそうした」という状況を求めています。

筆者はハイレベルな要求と言っていますが、コメントを見ても選手達にもこの考えは浸透しているのがわかります

「前半は相手の攻撃を受けることが多かったけど、後半は自陣からつないでいけるとこともあったので、そこはよくなってきている」(和泉竜司)

「前半よくなかったぶん、後半はボールをつなげて本来の形ができた。それを前半からやらないといけなかった」(丸山祐市)

前半は向こうのペースが速かったので、1−1のスコアだったけど、うちが負けている感じはあった」(中谷進之介

指揮官の求める理想の高さに驚いていますが、この3年風間語録を聞き続けている私達(もちろん素人ですが)もどんどん目線があがっている・揃ってきているんだと実感しますね。

宮原選手 攻撃への手応え

※宮原選手のPA侵入がPKを獲得した。この数試合、サイドでの上下運動だけではなくゴール前に入ってくる宮原選手のプレーをみることができます。攻撃というよりは「ゴール」への意識があがっているように感じます。

本人も「高い位置をとることが徐々にできるようになっている」と手応えを口にするように、近いうちにアシスト、ゴールという結果が見えてくるのではないでしょうか。あとは強引にでも吉田選手のようなゴールラインに向かっていくプレイが見たいですね。

他 マリノス戦 レビュー記事

◆“矛”vs“矛”はドロー決着…名古屋ジョー弾で先制も、横浜FMがM・ジュニオール2戦連発で追いつく
(GOAL.COM)

マリノス戦後 監督コメント     

(INSIDE GRAMPUS)

(一部抜粋)
感想は「決めてほしかった」ということ、以上です
確かにここ数試合は「しとめる」という言葉がキーワードになっています。それだけ、決定的なチャンスをつくれるチームになってきたということ。一番大切な最後のところの精度ですね。

ランゲラック選手について?

「脳震とうだということで病院へ行きました。正式にはまだ聞いておらず、又聞きといいますか、それほど大きなことではないようだと聞いています」

決めるところ以外の手ごたえは?

「まだまだだと思います。特に前半は相手を受け入れてしまった。何人かの選手が受け入れてしまって、いつの間にか頭が相手のパズルのようになっていた。ハーフタイムにそのことを話し変えましたが、それだけ力がついているのだと思います。力がついて押し返す、あるいは伝えたことができるようになっていると思います。ですが、点差をこれからはつけていかなければいけないと。」

フィニッシュの質か工夫の部分か?

「どちらもあると思います。それがシュートそのものなのか、一つ前のパスなのか、(問題は)たくさんあります。たくさんチャンスを作ったところで、もっと点が入っていなければいけないゲームでした」

相手の特長をうまく抑えたのでは?

「もとからなにをどうするかと言えば、自分たちの距離の中に相手を包み込んでしまうこと。これが自分たちの一つの特長だと思います。それからもう一つは、しっかり自分たちで相手を崩すということ、この両方をしなければいけません。何か一つをやればいいというわけではないんで、一人ひとりがしっかりとした自分の判断、いつも言っている自信でプレーしてもらいたいと思います」

試合の全体的な印象は?

「すごく緊迫したいいゲームだったと思います。彼ら(横浜F・マリノス)は彼らのやるべきことをやった。そして我々もやり続けたということで、すごく緊迫感があった。ボールをつなぐということだけではなく、ゴールへと向かうということをお互いにやりました。そういう意味で良いゲームができたと思います」

ノーガードでの攻防?

「ノーガードの打ち合いではなく、どちらもゴールへと向かうということが徹底されていたのではないかと思います。流行りなのか「ボールポゼッション型」という言葉がよく使われますが、我々はもとからそういうことではなくゴールを目指すということ、いかに早くゴールのところまで行けるかということをどのチームも目指していますし、今日はお互いにそういう部分を見せられたのではないかと思います。」

※勝ちきれない、決めきれないところに不満はあるようですが、このゲームに対してはマリノスも含めよい状態で挑め、いい試合をしたとのコメント。このようなゴールを目指すサッカーは面白い。ただまだまだ「自分達」を見失うことへは課題としてあげています。ルヴァンも含めここ3戦は同じようなコメントになっているような気がします。なかなか「受けるな」と言うことは簡単ではないようです。

ただ、質の高い試合をした後でもこのようなコメントがでるということは、ある意味「ようやくここまできた」と受け取ってもいいのではないでしょうか。2年前の「止めて蹴る」「基本技術」といっていた頃からは明らかにレベルはあがっていますよね。

マリノス戦後 選手コメント    

中谷選手

(INSIDE GRAMPUS)

(中谷選手コメント)掲載文のみ
※この試合でJ1 100試合達成した中谷選手。またジョー選手のゴール後のゆりかごパフォーマンスよかったですね。試合については連敗をしなかったことは良しとしながらも「勝ち点3を取って帰りたかった」という気持ちが強かったようです。

DF面においては相手の速い攻撃に対して細心の注意を払い、失点はしたものの悪い感触はなく、コンパクトに闘えたことは評価しています。

また気になる言葉として「負けているような感覚もありました」と言うところ。それほど相手の速さや圧力があったのでしょう。「落ち着こう」今季はチーム全体で状況に応じて修正していこうという姿勢も見られます。

ジョー選手

◆明治安田生命J1リーグ第7節 横浜FM戦後 選手コメント②
(INSIDE GRAMPUS)

(ジョー選手コメント)掲載文のみ

※先制点を守りきれなかったところは残念。ただいいチームが相手であることで勝ち点1はよかったと。
また自身のチャンスを決めきれなかったところは「悔しい」としながらも、相手GKの好プレーで阻まれただけ「焦りはない」としています。我々から見ると「ジョーだから決める」なんて期待値が高いのですが、冷静に自身のプレーを分析してのこの言葉信じましょう。
でもジョー選手ならって期待してしまいますが・・・

武田選手

◆守護神アクシデントで緊急投入…名古屋GK武田「難しかった」
(ゲキサカ)

「早く慣れて、集中した状態に持って行けるようにと思ってやっていた。でも入れていないところがあったので、そこがちょっと、悔しいと言うか、課題と言うか。自分が思っているプレーと違うなと思いながらやっていたので、難しかったです」(武田選手)

※いきなりの出場。常に準備をしているとはいっても、試合に入っていくのは難しかったでしょう。ましてやゴール前での攻防が多い、緊迫した試合ですからね。本人も試合に入れたのは「後半の後半くらい」と話しています。先日のルヴァンカップでのミスもあり、かなり気合は入っていたことは「やってやろうという気持ちは自然と出てきていました。思い切ってたやろうという気持ちが一番強かった」というコメントからもわかります。ただその中でも(PAにつり出されるシーンはドキッとしましたが)しっかりしめてくれました。ランゲラック選手の次節復帰は難しいと思います。武田選手の奮起に期待します。

※まだゴールが少ない状況について「実際に今日、ゴールを奪えました。これからも自分のスタイルを変えずに落ち着いて仕事をすることが大事です」とジョー選手。ようやく待望の今季3点目をPKを決めてくれました。

さらにその後ゆりかごパフォーマンス「先日、シン(中谷進之介)に子どもが生まれて、試合前にゴールを決めたらやってほしいと頼まれていたんです。だから実際にやることができて良かったです。グランパスは本当のファミリーのように仲が良くて、雰囲気も非常に素晴らしいんです。だからチームメイトであるシンの喜びを僕も一緒に分かち合いたかったんです」

非常に良い状態ですね。選手同士の信頼関係・絆を感じます。これから結果を出す為には大事なことですね。

吉田選手

※試合を通して仲川選手に裏を狙われ対応に追われていました。非常に疲れたゲームだったのではないかと思います。そういった中で粘り強く闘えたことは前向きに捉えているようですが、完全にスピードで振り切られ失点につながった場面について「悔しさ」「反省」のコメント。

「オフサイドだと思いましたけど『一本取られたな』という感覚がありました。顔を上げた瞬間には体をぶつけられる位置にいなかったので、上手く突かれてしまったというか、まんまとハマってしまいました。僕がボールホルダーにプレスを掛けるフリをしたりだとか、あえて裏に出させたりだとか、そういう駆け引きをもっとできたと思います。そこは悔しいですね」
「どめられないというのが自分の力」「自信をもってプレーできなかった」と分析し修正を誓っています。

※いやぁ 心配しました。頭と首に足が入ったように見えたので「まずい」っていう感じでした。その後すぐにタンカの要求をしたところもドキッとしましたが、診断結果は脳震盪、全治1週間の診断。命の危険を伴う脳震とうについては、日本サッカー協会(JFA)は2016年から「Jリーグにおける脳震とうに対する指針」を取り決めており、ステージ1~6のプログラムを踏みながら経過観察を行う仕組みとなっているので、少し時間はかかるかも知れません。ただ首に言っていなくて不幸中の幸いです。昨年からのフルタイム出場も途絶えましたが、しっかりと直して復帰してほしいです。
その間、ランゲラック選手の為にも武田選手頼みますよ。これまで試合に出れなかった悔しさも思いっきり晴らしてください

スポンサーリンク

その他 関連ニュース   

スポンサーリンク

グランパス公式 Twittter 


※「inside grampus」「赤鯱新報」は一部を除き会員記事です。(無料記事のみ(ひとこと)を書いています) 興味深い記事がほぼ毎日アップされますので 会員登録してチェックして下さいね。
タイトルとURLをコピーしました