【試合レポート】2019.4.13 横浜Fマリノス戦  ゴール前の攻防戦 「熱望!ジョーの復活」

試合レポート
こりもです

1-1 ドロー

リーグ前節(鹿島戦) ルヴァンカップ(C大阪戦)での敗戦から何とか勝利、勝ち点3が欲しかった試合でしたが、(私は残念ながらです)ドローに終わりました。試合としてはゴール前の攻防戦や、めまぐるしく変わる攻守面白い試合ではありました。戦前の予想通りまさに攻めあうゲームでしたね。 ピンチ・チャンスも紙一重でハラハラ・ドキドキの試合。そこでこの頃監督の言葉に多くでる「しとめる」ことができていれば・・です。ただそういった中でも昨年前半までと比べ物にならないほど集中してゴールを守りましたし、数多くのチャンスを作ることはできています。もう少し! こういう試合でも勝ちきれるチームになって欲しいです。

試合前

今日のJ1は 2試合のみ。(他セレッソvsコンサドーレ)。今日のマリノス戦は両チームの特徴からJリーグファンからみるとかなり興味深いカードではないでしょうか。
まずはDAZNでプレビューショー、今節の内容としては、短かったですがアーリア選手に注目した内容。ここ2戦のアーリア選手のプレイでキープレイヤーとして注目されているのがわかります。
懇切私個人的にグランパス以外の注目カードで言えばこんなところでしょうか。
・鹿島vs東京(名古屋を撃破した2チームの戦い)
・松本vs湘南(監督の師弟対決)
・清水vs磐田(静岡ダービー)
ちなみにプレビューでも明日の静岡ダービーの煽り、2チームとも今季は苦労しているチーム同士。どっちが意地を見せるかJリーグファンからみると何気に興味ありますね。
3戦連続のアウェー戦。それぞれ疲れはあるかと思いますが、ルヴァンの試合はターンオーバーできていますので、今日のメンバーはリフレッシュはできていると思います。
改めて”STARTING ELEVEN“から、過去(札幌戦)の試合を見てといいイメージを持ってDAZNの前で臨戦態勢バッチリ。
ということで 今日の展開・感想・課題を(備忘録の意味でも)まとめます。

試合前情報

(スタメン)「StartingEleven」
フォーメーション 4-4-2
(2トップ)ジョー選手、アーリア選手
(中盤)左:和泉選手 右:シャビエル選手
  ボランチ:米本選手 シミッチ選手
(DF)左:吉田選手 CB丸山選手、丸山選手、右:宮原選手
(GK) ランゲラック選手
(ベンチ)
杉森・相馬・榎本・小林・千葉・前田・武田
※スタメンは前回と同じスターティングイレブン。前節は惜しくも敗戦となりましたが前線でもチャンスを作れていましたし、守備のバランスも悪くなかったと思いますのでそのまま固定は納得です。
アーリア選手のFW起用監督も手ごたえがあるのでしょうか、3戦連続になります。
前回からの変化としてはベンチにマテウス選手・赤崎選手→杉森選手・榎本選手に替わっています。前回のルヴァンの評価が反映しているのでしょうか。期待の若手が入ってくるのは期待がもてます。前田選手も含めだれが途中出場するのか、選手交替も楽しみの一つになってきました。
(注目点)
攻撃的なチームの戦い「決定力」
ジョー選手のゴール
裏への飛び出し⇔DF陣の裏への反応
米本選手・シミッチ選手での中盤制圧

(スタジアム)

日産スタジアム
試合前セレモニー 照明を消し個々がライトをつけ歌う。金Jだけだと思っていましたが、ナイトゲームではいつもやるんですね。
その中で花道に照明があたり選手入場。 Jリーグの開幕の時みたいで、すごい演出ですね
試合前選手名コールもバッチリ
(マリノス要注意選手)
マルコス・ジュニオール選手(点も取り調子よさそうです)
仲川選手(裏に抜けるスピード)
三好選手(ドリブル・パス・シュート全て要注意)

試合前監督コメント

風間監督

前節からのトレーニング:継続・チャンスはつくれている「しとめること」しとめられなければ「チャンスをつくること」
攻撃的なチーム同士のゲーム:自分達のリズムでできるか。距離も含めて自分達のテンポでできるかが大切
よい距離感の重要性について:それが自分達のリズム


ポステコグルー監督

両チーム攻撃的なチームだがいい試合をしているので負けない。
マルコスジュニオール選手はいつもと違うポジションだが自分達のサッカーをするだけ

スポンサーリンク

試合展開(前半)

●(GOOD) ●(NG)

(ゲームの入り)
ボールに対して厳しく言っています。序如にパスをつなぎながらPA外で様子を伺ういつも通りの入り
(前半)
3分 中盤でするするとドリブルをゆるし攻められるもゴール前ブロックをすくって問題なし
そのカウンターで前線深くジョー選手→アーリア選手とワンツーでジョー選手がシュート。惜しくも片手で防がれる。惜しい
お互いPA付近までいけるが激しく攻守がいれかわります
6分 前線でのボール奪取よし。センターラインより前から攻撃へ。
ゴール前での細かなパス交換の際PA内で宮原選手がファールをうけPK
7分 ゴール ジョー選手
PKを冷静にゴール左隅に蹴りこみゴール。ジョー選手今季3点目。
その後中谷選手へのゆりかごパフォ
9分 丸山選手のロングフィード 効果あります
9分 マリノスの攻撃をうけゴール前での混戦 毀れだま怖い
その中で松原選手の巻いたシュートを浴びるがポストに救われる。プレスがあまかった
11分 ロングフィードから一揆にゴール前まで運ばれクロス。はじき返すも展開が早い。対応注意
13分 相手の前線からのプレスも激しくなってきて ビルドアップ時のパスミスに注意。受けにならないように
15分 オフサイドにはなったがジョー選手が裏を狙って抜け出し。
ポゼッション・パスの数値はマリノスが高い
うまく間でパスを受けられ、インターセプト、ボール奪取がうめくできない
18分 高い位置でインターセプト。いい形でシャビエル選手がシュートを放つもセーブ
19分 失点
シャビエル選手のシュートからはじかれたボールをセンターサークルあたりの三好選手に縦パスを入れられ、早い前線へのスルーパスパス、仲川選手がワンタッチでゴール正面マルコス・ジュニオール選手に、残念ながら決められる
吉田選手・丸山選手・中谷選手がいて3対2の状況だったがスピードについていけず。
マルコスジュニオール選手のゴールパフォ。悔しい。
20分 アーリア選手からジョー選手がごる前での決定機。トラップが大きくなってGKにはじかれる
22分 和泉選手が完全に裏に抜け出し1対1 惜しくもゴール左にはずす
23分 グラの押し込む時間。あとはゴール前での精度
攻守がはげしく
26分 Cフラッグ近くでFKを与えるも DF集中。問題なくはじき返す
27分 またサイドから早い攻撃。クロスがはいるがランゲラックがしっかりよみキャッチ。飛び込んだ相手FWとの接触で倒れる
頭をうっているようでピッチ外へ。復帰できず
30分 ランゲラック(OUT)→武田選手(IN) で試合再開。
マリノスの前線への狙いが明確です。そのスピードと勢いは注意です。
相手が完全に守った時は多くの選手がゴール前でブロック、取ったら前線へという狙い
早い段階で裏を狙える選手(スピードで仕掛けられる選手)が有効かも知れません
34分 左サイドでシミッチから和泉が受けシュート わずかにゴールはずれる
35分 高い位置でとられゴール前まで攻められる
37分 右サイドから宮原選手が積極的にドリブルで攻めあがる。ファールで止められるが、ナイストライ
38分 高い位置でシミッチ選手がインターセプト。 ゴール前のジョー選手へ→シャビエル選手がシュートを放つもはずれる
決定機は作れているのですが・・
シミッチ選手のボールの持ち方上手いです。
42分 ジョー選手のヘディング 競り合いの中ヒットせず
天野選手・三好選手が中盤で自由に動いています。パスの受け方とスルーパスは注意です。
45分 前線でパスを回しチャンスをうかがうがゴール前にスペースがなく攻め倦む。そのさいにパスミスをしてのピンチ
両サイドの裏を完全に狙われる

(前半終了)

前半まとめ

1-1のドローで前半終了。

お互いゴール前での攻防があり最後の「決めきる」ところが勝負の分かれ目

決定的なチャンスは作れています
サイドの裏を完全に狙われている。ボールを奪われたあとの早い攻撃への対応に追われる
アーリア選手も深い位置でのパスの受け、や最後のパスをアクセントになりシャビエル選手やジョー選手へ有効なパスは出せて。
相手ゴール前ではしっかりブロックを作られるのでスペースはあまりない状態をつくられている。
ランゲラック選手の怪我の状況心配 → 急遽交替(武田選手)でバランスはくずれないか。
裏へのロングパス(和泉選手)でチャンスができている。最終ラインも高く裏を狙う動きが有効。
両ボランチがポジションの問題か、いつものようなボール奪取ができない状況。
シュート数はグランパス、支配率、パス数ではマリノスが上回っている。
運動量・スプリントについてはのきなみマリノスの選手が名前を連ねている。
スポンサーリンク

試合展開(後半)

(ハーフタイム風間監督コメント)
「自分達がボールをもつこと自信をもってボールを受けよう。声をだしてつなげよう」

選手交替なし。 キックオフ

前半とかわらず両サイドの裏をねらわれ決定機をつくられる
47分 グラも前半と変わらずゴール前でのアーリア選手とジョー選手のワンツーで惜しい場面をつくる
48分 シャビエルのCK ゴール前するする抜けるが誰もさわれず。
49分 天野選手・三好選手が自由に動いてうまくボールをまわされ仲川選手の決定機をつくられる。
50分 またもセンターラインでアーリア選手がボールを奪われすぐにゴール前に展開されピンチ
52分 アーリアから和泉へ効果的なパス ジョー選手にパスするもヒットせず
前半同様 お互いにゴール前での展開多い
53分 相手のロングフィードに武田選手がPA外に飛び出し決定的なピンチ。なんとかボールマウスは守る
56分 吉田選手イエローカード。 またも左サイドへロングパス対応でファールで何とか止める
パスの出しどころを潰したいのですが。。。深い位置からのロングフィードを前線のプレスを防ぎたい
60分 ゴール前から2本の立てパスを通されて一気にゴール前 宮原選手がなんとかファールで止めるがいい位置でFkを与える
61分 わずかにゴールはずすが、FKで危ないシュートを打たれる場面。
62分 PA前からシミッチ選手のシュート
63分 ジョー選手が果敢にプレスからボール奪取。 ゴール左 いい位置でFKを得る。
64分 シャビエル選手のFK シミッチ選手をねらうもヘディングしたボールはゴール上へ。
66分 カウンターからマルコスジュニオール選手に 一瞬(パス2本)ででピンチの場面をつくられる
69分 和泉選手(OUT)→相馬選手(IN)
ルーズボール、セカンドボールが取れない 相手のスプリントや運動量、ポジショニングが上回っているのか
70分 相馬が早速右からの突破を見せるがクロスの合わず
75分 またも決定機 相馬選手の折り返しをジョー選手 宮原選手あわせに飛び込むがボールに触れず
76分 マルコス選手のミドルシュート武田選手の好セーブ
77分 果敢に相馬選手がスピードでサイドの突破を試みる
78分 2本続けてCK
80分 ボール奪取ができ初めている。押し込め始めました。
82分 三好選手を基点にゴール前にスルーパス 丸山選手が足をひっかけたように見えるがノーファール。 助かった。
83分 またも相馬選手がドリブル突破。 アーリア選手からジョー選手。 また1対1の決定機を決めきれず。
相手もつかれてきています。カウンターの怖さは少し減ってきた。 ゴール前あと少しです。
88分 シャビエル選手 のコントロールシュート惜しいが入らず
90分 ゴール前にボールがこぼれて アーリア選手からジョー選手。ギリギリで相手DFにせり負けシュート打てず。
92分 武田選手のフィードをインターセプト 何とかクロスに武田選手が反応するもピンチを招く
94分 カウンターでピンチを招くもしっかり対応
(試合終了)

後半まとめ

支配率:44%-56%でマリノスが上回る、シュート:17-11(枠内(9-7)でグランパス、パス数:467ー594でマリノス、パス成功率:(77%-82%)
走行距離、スプリント上位でもマリノスの選手多くを占める
ゴール前での攻防だらけ、まさに攻めあいの試合になりました。
DFもゴール前でのギリギリの攻防に良く耐えた。危機をなんとか集中して守ってくれました。
決定力の勝負になったかと思います。「決めきるところ」にまた課題が残ってしまった。さすがに今のジョー選手の状況は心配になってきます。昨年の好調期に比べ明らかに競り合いに勝てない、シュートもはずすかセーブされる。もちろん絶対的な信頼や、ジョー選手がいるからこその効果もあるのですが、ここまでくると・・・
マリノス選手のデュエル・運動量・戦術理解(明確)は手ごわかった。めまぐるしい試合展開は面白いものではありましたが、勝ちたかった。
スポンサーリンク

試合を終えて

インタビュー

風間監督

前半は、何人かは受け入れすぎて悪いリズムがあったがチャンスはあり、しっかり取って欲しかった。
後半選手交替で押しこめる状況ができたが:前後半を分けて考えるものではない。 しっかりボールをもって相手を受け入れずにやればそうなる。ただしとめきれなかった。
守備については水を漏らさないでやってほしい。 自分達が安定するためにはボールをもって決めきること。今日はそこだけ。

試合後まとめ

このドローという結果をどう見るかですね。あれだけ攻められてドローでよかったと思うか、決定機をしっかりと決めていれば勝てた試合と見るか。私個人としては後者の「勝てた試合」だったと思いたい。確かにマリノスのサッカーはスピードや運動量も多く、狙いも明確で意思統一がされており脅威ではありました。ただDF陣も集中して跳ね返していましたし、チャンスはしっかり作れていたと思いますので、あとは「決めきる」ところが目立ってしまいました。

守備面

確かに1失点した場面は人数では有利にも関わらずスピードで完全に負けてしまった印象ですが、相手のしつこい裏を狙った攻撃に何とか集中して対応できたのではないでしょうか。ギリギリの攻防で1失点で抑えることができたことは、守備において確実に成長していると感じます。ランゲラック選手も心配ですが、急遽出た武田選手も危ないところもありましたが、好セーブも見せバランスが崩れることは無かく踏ん張ってくれました。
ただ前線・中盤での取りどころが決まらず、パスコースの限定ができていなかったのか、決定的なパスや状況を作られ受身になってバタバタしてしまったことは課題です。

攻撃面

今日もアーリア選手のプレイは前線でのアクセントになっていましたし、ジョー選手との関係性にも磨きがかかってきたように感じます。他の前線の選手もゴール前のスペースの無い中でも決定的なチャンスもつくれていました。ただ相手のハイラインをつく動きがもっと欲しかった。現に和泉選手の飛び出しから決定的なチャンスもつくれていましたし、後半の相馬選手の深くまで切り込んでいくドリブルは有効でした。もう少し速い攻撃を交えての攻撃が見たかったです。選手の積極性や正確なパス回し、シミッチ選手の決定的なスルーパスは変わらず見ることはできていまので、やはり最後の「決定力」が今は最大の課題になってきたように思います。ジョー選手の状態も心配になってきます。

選手起用

予想外のアクシデントでGKで交替枠を使うことに。後半には和泉選手に替えて相馬選手をいれることでスピード(速さ)で仕掛けることはできました。緊迫した状況でバランスを崩すことを考えるともう一人の交替は難しかったのでしょうか。前田選手のゴールを目指す強引なプレイを期待していたのですが。。

お願い!

・セットプレー(CK)からの得点パターンを!(引き続き)
タイトルとURLをコピーしました