◆マリノス戦前の監督コメント「叩きのめす準備」、吉田選手「すごく楽しい!」、監督賞受賞「ファミリーに応えられるサッカーを」  (他 2019.4.11 グランパス関連ニュース)

関連ニュースニュースまとめ・レビュー
こりもです

監督の前々日コメントがでました。ルヴァンカップの試合後のコメントから厳しい言葉をつかってマリノス戦へのコメントをだしています。充分選手達には伝わっていることと思いますので、これをきっかけとして奮起してほしいところです。
ということで この日にチェックした関連ニュース(試合前)まとめてます。(4/11)
スポンサーリンク

マリノス戦に向けて

風間監督 インタビュー

(赤鯱新報)
(INSIDE GRAMPUS)

対戦相手の対策について
いつも言っている通り、決めるところを決める。それから水を漏らさない。
自分たちが確実に決めることを覚えていく。その段階だと思います。

昨日(ルヴァンカップ)からの修正点
一つは個人のことを見ること。それからあの中で何人かができなければダメだということもわかるわけで。そういうところでみんながグッと目線を変えてくれたらいい。

「叩きのめす準備」
昨日の話になってしまうけど、例えばボールを受けようとしない選手が非常に多かった。半分いたね。それではサッカーにならないということ
「お前らがやれる最上級をやれ」5人が隠れて逃げてしまえば、そうならない。それは当たり前であって、その先に仕留めるとか、水を漏らさないという話がある。

PA内でイメージについて
ペナ(ルティーエリア)に入った時、あるいはペナの周りに入った時に、技術がものすごく正確に行われている
そこで仕留めきれていないところは、技術が変わってしまった
どこの場所でも、彼らの技術があればプレッシャーを感じないはずなのでね。それを勝手に感じて技術がブレてしまうと点にはなりにくくなる。
もっともっとおもしろいものができると思います

選手が言う距離感について
一人が下がりすぎるとか、判断をしていないところだけ。
一人ずつが当たり前のことをやれば、なんでもないこと
実際に他のチームより走っているわけではない。スピードを上げているだけ
スピードがなにかと言うと、プレーの判断のスピードなので。そこに何回か若干の遅れが出てしまう選手が、まだちょっといる。これもなくなってくれば、もっと落ち着いてサッカーができる

運動量は多くない
自分たちの距離とはそういうこと
ハイラインは関係ない。どれだけのテンポの中で判断して、相手を巻き込めるかという話
その中で冷静に、常に常に正しい判断ができれば、なんの問題もなくやり続けられる
ほとんどできている。そこを今度は仕留めるとか、そこの中の判断で頭がついていかない時があるから。そこはどんどんやりながら覚えていくもの
そうしたら、もっともっとそういうことがなくなる
※いつも通り自分達のサッカー、めざしているものを「冷静」に行うことができるかがポイント。「テンポ」「水を漏らさない」「決めきる」はこの頃多く語られている言葉ですが、ルヴァンの例で「ボールを受けようとしない選手が非常に多かった。半分いたね」は結構びっくりしました。このようなことはあまり言わないイメージなのと、リーグ戦をみるとそうは感じないので、ルヴァンメンバーとの差を感じてしましました。兎に角直近2試合の結果を振り払うためには、勝利のみです。

丸山選手 コメント

公開文から

守備陣としてこれまでの良い結果
について
「攻撃陣の守備意識が高いことで狙い所を限定できている結果。距離感のいいときは失点がない」とまた「距離感」と言う言葉をだして説明しています
昨シーズンからの変化の中でも「距離感」への意識。そのことで攻守一体の試合運びにつながってり結果に現れているようです。
状況に応じて(攻撃時、守備時)の距離感への対応も工夫・調整によってできているという手応えもあるとのこと。

前節鹿島戦の失点に見える課題
(1)距離感が悪くなり全員がボールを受けたがらない印象があったこと。
(2)後ろの選手がカウンターを怖がったこと などをあげています

次節 マリノス戦に対し
相手が前線のスピードを武器に裏を狙ってくる怖さはあるとしながらも、蹴られた時に戻る意識において、相手より先手を取りそれさえ押さえてしまえば問題はないと自信も伺える。

90分間のマネージメントについて
ゾーンによって距離感を整えラインをコントロールしていけば試合中の建て直しも可能。疲れが出てきて難しくはなっても90分を通して抑えたい。
鹿島戦を反省材料として全員で共有し戦い方の共有をしていきたい。

※チーム全体で出来ていることなのでしょうが、昨年までのバタバタした受けの守備ではなく、インターセプトやオフサイド、オーバーラップなど頭を使ったプレイが増えてきました。その中心として丸山選手のキャプテンシーが発揮されてきている印象です。インタビュー内でも風間監督の求めるものをしっかりと理解していることも伺えます。
前線も含めて今まで通りやれば、このまま崩れるえいくことはないと思います。この失点数はこの3年を見ると劇的な進化ですよね。

データで見る マリノス戦ポイント

対横浜戦 56試合中 21勝14分21敗とまったくの互角
直近では4試合連続負けなし(2勝2分) またアウェーでも直近8試合で5勝2分1敗と大きく勝ち越している
今季マリノスはホームで勝ち無し
風間監督VSマリノスでは直近4試合で負けなし(3勝1分)
名古屋は今季、試合時間後半の得点がリーグ最多(9点)。対する横浜FMは今季、試合時間前半の得点がリーグ最多(7点)
米本拓司はデュエル勝利数が今季リーグトップ(51/89回)。80回以上のデュエルを記録した選手の中では、リーグベストのデュエル勝率を記録している(57.3%)
(注意)マルコス・ジュニオールは、横浜FMが挙げた直近5得点のうち4点に直接関与している(3ゴール、1アシスト)
(注意)アウェイ戦で現在連敗中
※あくまでデータですが、有利な感じ?ということですね。いいデータはそれを信じて楽しみましょう。

スポンサーリンク

風間監督 月間優秀監督賞

◆風間 八宏監督 2-3月度「明治安田生命J1リーグ月間優秀監督賞」受賞のお知らせ

(グランパス公式)

風間監督コメント
「みんなが楽しめるサッカーを目指している中で、このような賞を受賞でき、とても光栄です。名古屋グランパスらしいサッカーを表現してくれている選手、サポートしてくれているスタッフ、またそのサッカーを引き出すような雰囲気を作ってくれているファミリーのみなさんのおかげだと思います。これからも選手が個性を発揮し、のびのびとプレーする姿をお見せしたいと思います。一緒に楽しもうとしてくれているファミリーに応えられるサッカーを目指していきます」
勝利の後のコメントでもそうですが、絶対にファミリーという言葉を入れてくれます。これに関してもぶれませんね。
非常に嬉しいニュースです。これまで何を言われても一切ぶれず、理想を追ってきた結果です。ただまだ前半が終わっただけで道半ばですが、選手・クラブ・ファミリーが力を合わせて、年間最優秀監督賞を受賞できるようがんばりましょう。
月間優秀監督賞に選定された監督は、12月に開催予定の2019Jリーグアウォーズで表彰される「優秀監督賞(J1・J2・J3)」にノミネートされるとのこと。優勝すれば間違いないですよね。

スポンサーリンク

吉田豊選手 月間グランインタビュー

(グランパス公式)

※覚悟をもって移籍をした結果、この言葉非常に嬉しい限りです。今のスタメン定着と攻撃・守備での躍動はまさにこの言葉に現われています。

楽しいです。すごく、すごく楽しい。以前いたチームがつまらなかったわけじゃないですけど、本当に楽しい。毎日が充実しています。
風間監督に変わってからの3年間グランパスがオファーを出していた吉田選手。。その間、グランパスのサッカーを意識・注目してきて、「風間サッカーのぶれなさ」「自分もこういうサッカーがしたい」「新しいチャレンジをしたい」とシンプルで前向き感情が生まれた結果の移籍決断だったようです。

これまでのサッカー人生においては名門静岡高校 U-17ワールドカップ出場など年代別でもしっかり活躍。そのワールドカップで日本代表チームメイトは 柿谷、水沼、齊藤(学)、グランパスの選手では米本・金井の2選手と豪華な面々。そんな選手達と共に国際試合で世界のレベルも経験したことが、プロへの決意や意欲をわかせ今の吉田選手をつくりあげました。

守備では体をはり対人の強さは証明済み。攻撃においても何度も何度も相手陣内深くまで進入して、アシストという結果を出しています。今や替えの聞かない選手になっています。またキャラクターも予想外?に面白くすっかりチームにも馴染むことができています。
今後のグランパスの進化になくてはならない選手になるでしょう。

非常に興味深い記事です。続きは是非月刊グランでチェックしましょう。
(他内容)
・新連載 秋山陽介 Chapter 02
・吉岡麗のまるっと!直撃 第1回 杉森考起
・新連載 チバディーに聞け! 第1回
・綴じ込みミニカレンダー:杉森考起、ジョアン シミッチ
スポンサーリンク

伊藤・菅原 U-20代表トレーニングキャンプ

(グランパス公式)

(サッカーキング)
※もうこの2人は常連ですね。グランパス内の競争と併せて代表での競争も経験できる。伊藤選手はルヴァンのセレッソ戦で悔しい思いをしたと思います。それも経験。どんどん逞しく育って上のカテゴリーでも選ばれる選手になってほしいです。
同チームには安部(鹿島)郷家(神戸)橋岡(浦和)などJリーグで名前を出してきている選手もいます。年齢関係なく2人にはガツガツいって欲しいですね。

スポンサーリンク

C大阪 風間監督おかんむり

(中スポ)
※この記事を読むとスコアが納得できる ボロボロの出来だったようです。パスはカットされ、ボールは簡単に奪われる内容に、これまでと様子の違う試合後コメント(昨日のブログに掲載)になったようです。
これまではコメントに必ず評価できるポイントや収穫を入れる監督が、今回は一言もなかったということですから、相当なんでしょう。試合に出た選手は危機です。自信をなくさず、しっかり立て直しをお願いします
※榎本選手への期待や能力は 風間監督からの「しかけていけ」という指示からわかりますね。囲まれても自信をもって抜きにかかる選手で、特徴を出してきている選手の一人です。シーズン前キャンプ中に負傷をしたのは痛かったですが、それがなければリーグ戦での活躍も?と思えるほどワクワクさせる見ていて楽しい選手です。
リーグ戦ベンチ入りはしていますので充分「日替わりヒーロー」の候補です。

(中スポ)
サッカーというのは全員がミスをする訳ではない。成功する時というのは本当は全員でする。できなかった選手は個人個人が気付いているはず。ちゃんとやってくれればいい
(中スポ)
スポンサーリンク

グランパス公式 Twitter


※「inside grampus」「赤鯱新報」は一部を除き会員記事です。(無料記事のみ(ひとこと)を書いています) 興味深い記事がほぼ毎日アップされますので 会員登録してチェックして下さいね。
タイトルとURLをコピーしました