◆ルヴァンカップ3節 セレッソ戦に向けての監督コメント グランパスのシステムは「11」   他 2019.4.8 グランパス関連ニュース

関連ニュースニュースまとめ・レビュー
こりもです

先日のリーグ戦の敗戦は残念でしたが、ルヴァンカップが明後日となりました。これまでリーグ戦でなかなか出られない選手の活躍期待ですね。 これまでのルヴァンカップでは相馬選手が元気で目だっていますが個人的には前田選手注目です。何かのきっかけで自信をつけてリーグ戦につなげて欲しいです。 他は進化中の櫛引選手や、若手の菅原選手、榎本選手、秋山選手、杉森選手がここぞとばかり目立ってほしいところです。今期のチーム内競争の結果が現れればいいですね

ということで この日にチェックした関連ニュース、まとめてます。(4/8)

4.8(月)
[練習]
14:00~(非公開)

前節を振り返っての試合前コメントになっちますが、風間監督自体 更なる高見を目指していることはもちろんですが、今のチームの成長具合には以下の通り一定の評価をしているようです

特にペナルティーエリアのところでもっと落ち着いてやれば、もっと楽にできるはず。そこでミスが出たりね
すぐに敵陣に持っていくだけの力はついたので。それから敵陣の中でフリーになる力もついている。そこを正確にやりきる
またDFの攻撃参加(得点に絡む)動きについては、サッカーがうまくなってきているとしながらも、また面白い表現でこういっています
自分たちのシステムはなんのためにあるのか。それは全部攻撃のためにある。それはやっぱり誰が出ていっても大丈夫。自分たちのシステムは3つに分けるのではなく、「11」だということ

システム「11」
って表現すごくないですか。なるほど風間監督が常々言っていることを言葉にするとおうなるんですね。
ルヴァンカップの選手起用については
全員で闘っている。その中で今はしっかり競争してもらっている。人数もいるし、みんながやる気に満ちている
また新しい形もできてくる。それから新しい力にもなると思うので、そこのあたりを期待しています
我々も気になるマテウス選手や前田選手の現状についてもインタビュアーが聞いてくれています。全員への期待や期待値が大きい中で、
まだまだ自分の持っている能力を、そのまま出せていない選手もいる
全力で持っている能力を出してもらいたい

相馬選手のサイドバック起用
については やはり「前」「後」なんて事は風間監督には関係なし!
すべてのところで、すべてのボールに絡まなければいけないという意味で、やはりポジションの概念はないようです。
和泉選手の成長の為に前回のインタビューで色々なポジションを経験したことが結果として「目が開く」ことに繋がったと語っていましたが、相馬選手のサイドバック起用は今のチームにおいては同じ意味ではなく、「単純に攻めるため」の選択のようです
ゴールのないジョー選手については気にしていないとのこと。ジョー選手の能力は充分にわかって信頼をしているのでしょう。メディアや周りの声は全く意に介さずという感じです。ジョー本人も同じ意識であれば、本来の力はある訳ですから、このまま落ちていくことはなく心配はいらないですかね。
試合と練習での経験値や成長度については 「一体」だと言っています。
試合への意識⇔良いトレーニング  どう描きながらトレーニング・試合をリンクさせていくかが重要であることですね

「勝ち癖」については、ただの言葉としてよう言う「目に見えないもの」なのでしょう
勝ちグセなんてあるわけがない
といっています。勝つ確率を上げるのがサッカーだと。
自分たちの形を、みんなの絵はこういうものだと、みんなが描けているはず。その中で出てくるものに慣れてくる。それから出てくるものを超えていく。それではじめて、しっかり勝てるチームになる
とあくまで一貫して言い続けている、自分達の思い描くサッカーを追及していくこと。その中で皆が「勝つこと」を覚えていくという考えです。

※就任から特に変わらない内容ですが、「成長」や「進化」はできているという自信は言葉の中に見えてきています。一つの試合ですが、何か新しいものが発見できる試合になればと期待します

◆赤崎、小笠原魂を受け継ぐ 首位奪回へ日本人FW最年長が引っ張る
(中スポ)

※赤崎選手がチームを引っ張る宣言です。チーム内の最多得点という結果から自信をもってその経験を伝えひっぱる存在になって欲しい。そのきっかけは元同僚の鹿島の小笠原選手の存在。その厳しさや責任感が赤崎選手の中に刻まれているとのこと。その赤崎選手を見てグランパスの若手も学ぶことができれば良いです。一匹狼的な雰囲気のある赤崎選手ですが、是非お願いします!

◆マテウス「すごく期待していますし、楽しみにしています」櫛引一紀「本当に高いレベルを要求されるのは選手としても嬉しいです。それを表現したい」【4/8練習後の選手コメント】
(赤鯱新報)

※リーグ戦で出場機会も増えてきたマテウス選手ですが、まだ特徴を発揮できていないように思えます。怪我で出遅れもあったかと思いますが、遠慮なく暴れまわって欲しいです。大宮時代はやんちゃにドリブル突破してましたし、FKも上手いんですよね。

◆菅原由勢「試合に出られたら、チャレンジをして試行錯誤をしていきたい」相馬勇紀「ルヴァンも優勝したいというのは自分だけでなくみんながそうだと思います」【4/8練習後の選手コメント】
(赤鯱新報)

◆【期間限定公開】楢﨑正剛「今選手が考えること」(『月刊グラン』2000年1月号〜3月号)
(INSIDE GRAMPUS)

※「ナラ1プロジェクト」って? 月刊グラン編集部が名古屋グランパス 楢﨑正剛20年間を詰め込んだ一冊の発刊を目指し進めているクラウドファンディングがあるようですね。その参画締め切りにあわせて今までの月刊グランでのインタビュー記事をを(INSIDE GRAMPUS)に掲載するようです(~5/8)

さすがレジェンド。まだまだ色々動きいていますね。

グランパス公式 Twitter     


※「inside grampus」「赤鯱新報」は一部を除き会員記事です。(無料記事のみ(ひとこと)を書いています) 興味深い記事がほぼ毎日アップされますので 会員登録してチェックして下さいね。
タイトルとURLをコピーしました