【試合レポート】2019.4.5 鹿島アントラーズ戦  悔しい敗戦 「しとめるところの技術」を!

試合レポート
こりもです

2-1 敗戦

前節の良いイメージをもって鹿島敵地に乗り込むが惜しくも敗戦。 内容は決して悪くない(特に前半)と思っていましたが、最後の「決めきる」ところと後半得点後の相手の勢い(勝負への執念?)に押された感がありました。ただ全体的に悪い試合ではなかったと思います。自分達のミスや、抑えるべきところでポカンとあいてしまった(集中力の問題でしょうか)ところでの失点。その分 惜しい!悔しいところですが、今後の修正は難しくないでしょう。よし次です!

試合前

ここまで”堂々”の1位。 さらにこれから連勝街道を突き進む上で難しい鹿島アントラーズ(鹿島スタジアム)との戦い。
難しいからこそこれからのリーグで自信をもって突き進めるかの大事な試合です。
今シーズンの戦力としてこちらは新加入選手と既存選手の融合でうまくいっています。鹿島も新加入の伊藤翔選手が存在感を示しますが、怪我人を多く抱えている状況。ただ何より鹿島は勝負に対して強い気持ち(DNA)をもったチームですから、気持ちの部分でも負けないようにして欲しいです。
開幕からの日替わりヒーローは今節も非常にワクワクするところですが、そろそろ名古屋のエース ジョーの爆発が見られれば嬉しいですね

戦前相手どうこうではなく監督コメントにもあるように、あくまでもこちらがどういうサッカーするかにかかってきています。
前回躍動のアーリア選手、和泉選手、ゴール前まで走りぬく宮原選手と新戦力はもちろん、今までいた選手も動きが変わってきています。
試合毎に「進化」を感じさせてくれるグランパス最高です

前節では新たな攻撃パターン(アーリア選手)もできましたし、交替選手も含め状況に合わせた戦いもできますし、必ず勝ち点3を勝ち取って首位を守る!

ということで 今日の展開・感想・課題を(備忘録の意味でも)まとめます。

試合前情報

(スタメン)「StartingEleven」
フォーメーション 4-4-2
(2トップ)ジョー選手、アーリア選手
(中盤)左:和泉選手 右:シャビエル選手
  ボランチ:米本選手 シミッチ選手
(DF)左:吉田選手 CB丸山選手、丸山選手、右:宮原選手
(ベンチ)
赤崎・相馬・マテウス・小林・千葉・前田・武田
※スタメンは前回と変わらず。スコアとしての結果のみならず、非常に良いゲームコントロールができましたのでそのまま固定は納得です。FWアーリア選手で続けて結果につながるか興味ありです。前回からの変化としてはベンチに櫛引選手に替わり前田選手が入っています。昨年の活躍から前田選手の復活を望む声も大きいですね。途中出場なるか?もちろん進化中のクッシーも見たいのですが・・・
(注目点)
苦手?鹿島スタジアムで勝ち点3 首位を守れるか
久々ジョー選手のゴール
前節に続くアーリア選手のFW起用
前節2得点 キレがましてきたシャビエル選手
日替わりヒーロー
(スタジアム)
鹿島スタジアム 
ファミリーもしっかり入っています。グランパスファミリーの声量に負けないようにと意識してくると思います。
さすが鹿島の声すごいですが、今やグランパスファミリーの「声」はどこにも負けていません
金Jだからなのかゴール裏以外は結構空いてますね
来場者数 14163人
(鹿島要注意選手)
伊藤選手(ストライカーとして結果だしてきています)
レオシルバ選手(中盤のペース争い、前節ゴールも決めています)
安西選手 (マッチアップはシャビエル選手、宮原選手 オーバーラップ、クロスに注意)

試合前監督コメント

風間監督

チームの手ごたえ:皆が一緒に動ける、自分達のリズムがイメージできている。ただ一試合一試合、過去より今日の試合をしっかりできるか注目する。
前節の4得点(さらなる得点力):自分達でもっとっチャンスをつくること、しとめるところの技術を磨く。特別変わってはいない
風が強い状況:点から点へつなぐサッカー。調整はできる。


大岩監督 対名古屋

前半の立ち上がり。ホームなので積極的にボールを奪いにいく。ボールをもって浅いラインをついていく
シミッチ選手については、ジョーへのフィードや再度へ質の高いのボール。出所を押さえる。

 
 
スポンサーリンク

試合展開(前半)

●(GOOD) ●(NG)

(ゲームの入り)

早速和泉選手の積極プレー。ゴール前仕掛けて2人を抜いてシュート。前への意識が感じる入りです
今日もアーリア選手とジョー選手の距離は良さそうです。
まだ決定機まではいかないが、まずはグランパスが長短のパスでゲームコントロール。
7分 鹿島の攻撃。タイトな守備でゴール前の侵入もさせず。宮原選手も体はってます
前線からのプレスも聞いています
10分 鹿島カウンター。全員がプレイスバックで対応。問題ないです
11分 ジョー選手がワンツーでゴール前に侵入。しっかりマークにつかれシュートできず
米本選手・シミッチ選手もボール奪取、パスだしと中盤をまとめています
13分 吉田選手からシミッチ選手 少し遠めからのシュート。相手にあたってゴールマウスからはずれる
コーナーキックからの可能性はまだかんじないな~
16分 シャビエル選手がボールを受け アーリア選手、ジョー選手もそれに絡み、前線に動きがあってゴールの臭いもします
19分 攻められるもゴール前までは行かせず。ピンチにはなっていない
21分 ボールは取られるも 和泉選手かなり積極的に攻めあがっていきます
21分 安西選手からのゴール前にくグラウンダーのクロス。初めてゴール前まで侵入されピンチの場面、しっかり対応。
23分 アーリア選手ヘディングで競り勝ちシャビエル選手がが前線に少し再度にずれてシュートにもちこめないがスピードのある攻め
25分 アーリアのスローインから米本選手が前線深くまで走りこむがあわず。惜しい
グランパスの優勢でチャントも響きわたる
29分 アーリア選手から前線にスルーパス。最後はゴール前のジョー選手に。バックヒールで狙うがゴールマウスをはずす。惜しい
31分 アーリア選手のヒールパスでジョー選手左足でシュート。惜しくもポスト
32分 和泉選手のループシュートと波状攻撃
34分 安西選手のミドルシート。問題なし
35分 伊藤翔選手へのロングパス。シュートを打たれるもらゲラック選手キャッチ。 一発の怖さはあり要注意
36分 左サイド和泉選手が相手をはがしゴール前に。ゴール前のパスの精度がほしいところ
40分 リズム、距離がよくテンポの良いパス交換。 
44分 右サイドからのフリーキック シミッチ選手が競り勝つがゴールをそれる
(前半終了)

前半まとめ

スコアレスで前半終了。

運動量多く米本選手、シミッチ選手で中盤でボール奪取とパスの組み立てができ中盤では優勢の状態をつくっている。
アーリア選手もアクセントになりシャビエル選手やジョー選手へ有効なパス

シャビエル選手も前節同様自由に躍動しています
ゴール前まではボールを運べているが最後(しとめる)のところですね
グランパスが攻め、アントラーズが最後のところでしっかりと守っている前半
シュート、支配率、パスで上回り グランパスペース
ただ優勢な展開からみてシュート6本は少ない感じがします
スポンサーリンク

試合展開(後半)

選手交替なし。 新チャント響く中キックオフ

激しく鹿島が入ってきました

(46分)GOAL! 
46分 冷静にゴール前でパスを回し 中谷選手が攻撃参加し右サイドからクロス。シャビエル選手が右足でシュート。GK反応するも後ろにこぼしゴール!
47分 カウンターからまたシャビエル選手が深い位置からジョー選手にパス。絶好機でトラップミスで惜しくも
48分 ゴール前 伊藤選手に送られるがタイミング合わず。早い攻撃を意識していきた感じです
お互いにゴール前での展開が出てきました
51分 サイドから深くまで攻められゴール前、シュートまで運ばれる。鹿島の迫力でてきました
中盤のプレスも激しく押し込まれてきました
54分 カウンターから落ち着いて相手陣内に攻められています。まだペースは渡していません。大丈夫
55分 シャビエル FK惜しくもクロスバー
56分 和泉選手 ゴール前でボールを受けるもオフサイド。惜しいプレーです
59分 土居選手中心に攻めあがってきています。ブロックは作っています
スルーパスも狙ってきてます。レオシルバが前向きにプレーしてくると怖いんですよね
62分 一転 相手陣地でプレー。ペースは握るが、決定機まではなかなか行けないが、攻めのプレーを続ければ行ける!
米本選手、シミッチ選手が中盤でのボール奪取から早い攻めはできています。もう一点でしとめたい。ラストパスの質だけです
70分 CB中心にシュートブロックもできており決定機をつくらせていません
(71分)失点 
71分 ゴール前からの宮原選手のパスをカットされ左、右と振られゴール前の土居選手にあわせられ失点
球際相当激しくなってきました。 圧力を受けず攻めてほしいところ
米本選手 PA前スライディングで対応 イエローカード
75分 2枚替え?
 宮原(OUT)→相馬選手(IN)
 アーリア(OUT)→赤崎選手(IN) 古巣サポーターから大ブーイング(見返してやれ!)
76分 伊藤選手との競り合いで丸山選手イエロー
(80分)失点 

80分 パスが繋がらずピンチが増えてきている中、レオシルバ選手にセンターラインあたりからゴール前までドリブルで侵入を許し失点。
何人かで囲んでいたが誰もアタックできず。するすると抜かれる。シミッチ選手にPA前に潰して欲しかった。

前線からプレッシャースゴイ。体当たりしてきています。勢いに押されている感じ。パスミス注意
三竿が入ってプレスが厳しくなった感じです
83分 吉田選手(OUT)→マテウス選手(IN) 相馬選手が左サイドバックへ。
さあ攻撃だ!まだ行ける!
86分 丸山選手も攻撃参加。前線めがけてパスを狙うもブロックされる
87分 中盤で和泉選手がハイプレスをかわし攻撃へ。赤崎選手・ジョー選手で狙うもブロックで固められる
鹿島が守備的選手と投入してきました。
ロスタイム5分 まだ行ける
92分 左 PA前から相馬選手のFK 早い低空のクロス。惜しくもジョー選手のファール
したたかにファールを誘い時間を使っていています
マテウス選手も負けずにボール奪取を狙うが惜しくもファールで イエローカード
 
(試合終了) 惜しくも逆転負け

後半まとめ

支配率59-41で優位、シュート3本少ない、枠内シュート3少ない、パス数は役1.5倍 
後半でシュート、走行距離、スプリントで相手の勢いに負けてしまった感じがします。前半からの勢いで先制といい流れだったが、相手が明らかにペースを上げ、勢いにおされ受けになった時間あり、選手の距離やテンポがくるってしまった。 ただ全体的に決して悲観的な内容ではなく、押し込みチャンスは多く作っていた。後半の選手交替も残念ながら効果的ではなかったが、やはりこの結果の原因はゴール前の精度と決定力だったように思います。
スポンサーリンク

試合を終えて

インタビュー

風間監督

よくやったが1-0になってからやり方を変えてしまった。テンポを落としてしましまった。
まだ勉強する余地がある。これだけの相手を完全に押し込みましたのでこれは続けていきたい。
選手交替の狙いは、もちろん点をとりにいくというところ、うちにはやる気に満ちた選手がいるので疲れた選手が居ればどんどん前にいこうと。
修正点として、自分達のやるべきこと距離ができた時は完全に押し込んだ、テンポを落としたときに受けてしまったところを学んでいってほしい。

試合後まとめ

結果として負けてしまったが試合全体としては、評価できるのではないでしょうか。引き続き前線での自由性のある動きつっかけていく姿勢もありましたし決定機もつくっていました。相手の時間もしっかりと集中し対応できていました。決して不安定・後退をしているイメージはなかったのではないでしょうか。ただ疲れが出てきた後半、相手のペースアップ(これも狙いだったのでしょうが)に少しあわててしまったところは惜しいところです。 それより前半からの決定機、CK・FKで一点でも決めきれていれば楽な試合になったのでしょう。

守備面

トップへのロングフィードへの対応も問題なくできていた。またシュートに対しても体を張ってブロック。中盤で支配できていたこともあり、特に前半は危なげない状況。 後半 相手の高い位置からのプレッシャーにもDF陣も集中して跳ね返していたが、失点の場面は宮原選手のパスをインターセプトされた1点目、”どうして?”っていう感じの何か不思議な状況の2点目。 やられたって感じではないですが、こういったミスちょっとした隙間が命取りとなることを実感しました。

攻撃面

今日もアーリア選手の前線でのアクセント。シャビエル選手も前節同様自由にポジション移動をしながら、アイデアのあるプレーで攻撃できており、また和泉選手も試合を重ねるごとに積極性のあるプレーをみせてくれています。ボランチからの縦パス、両サイドバックに加えCBの攻撃参加も見られてきています。相手陣内深くまではしっかりと押し込むことができているのですが、相手がしっかり固めたゴール前でのパスの精度プレーの精度が課題でしょう。また、これまでジョー選手が決定機をはずす場面が増えてきています。ゴール以外でも前線でのジョー選手の存在がこれまでの勝利に貢献できていることはわかりますが、そろそろゴールという結果がチームの為にも必要になってきます。昨年も夏から爆発していますので、そろそろ「しとめる」ジョー選手が必要です。

選手起用

今回の追いつかれてから相馬選手、赤崎選手  逆転されてからのマテウス選手を投入するも、相手の前線への勢いで見せ場(変化)を見せることはできず。 前へ前への3選手を入れゴールを目指したものだったかと思いますが、有効なパスや突破もできず、アーリア選手をはずすと前線でのパスの受けてがなくなり、コンビネーションも見ることができなかった

(サポーター):今回も鹿島サポの勢いに負けてなかったです。

お願い!

・セットプレー(CK)からの得点パターンを!(引き続き)

タイトルとURLをコピーしました