◆鹿島戦に向けての監督コメント 「ボールを持って、ゴールまで行く」 ◆シミッチとジーコ  ◆他 2019.4.3 グランパス関連ニュース

関連ニュースニュースまとめ・レビュー
こりもです

近づいてきました、今年初の「金J」それも天敵?鹿島のアウェーゲームです。前節はファミリーにとっても満足な試合でしたので、我々としては同じ展開を期待してしますのですが、監督や各選手は落ち着いて準備を進めているようです。
前々日の監督コメントがでて盛り上がってきました。

ということで この日にチェックした関連ニュース、まとめてます。(4/3)

4.3(水)
[練習]
14:00~(非公開)

※前節の戦いについては一定の評価はしているようです。ただ決して満足しないのが風間監督。まだまだ変わり続け成長し続けていくことを毎回のことですがコメントしています。
印象的なコメントとして「攻守の切り替えや連続性について」

自分たちがボールを持つのではなくて、ゴールまでいっているということ
俺たちはボールをつなぐチームではない。ボールを持って、ゴールまで行くというチーム
よくポゼッションサッカー、パスサッカーと風間監督のサッカーは言われがちですが、そこが目的ではないことを明確に言ってくれています。それを実現するのが日頃から言っている”技術”なのでしょう。
選手のハードワークや選手の自主的な動きについては「連続性」という言葉を使い

自分たちのリズム、スピードがどんどん上がっているので、その中に全員が入ってこないといけない。連続ということは、考えている暇もないから。その連続をずっと続けられた時に、初めてチームになる
この部分が今は精度が上がり結果に結びついているのが前節なのでしょう。
また「スピード」と「正確性」の関係性については

正確性が出てくれば、実際に今でもそうだけど、パススピードが上がってくる。だんだん点が見えてきているので
言い続けている質のところだよね。見えるものが点で見えるか、面で見えるか、線で見えるかで全然違う。そういうものを見えるようになってくれば、もっとおもしろくなると思う。
相手チームに対してはいつも通り「自分達のサッカー・やるべきこと」が中心ですから特別な意識はなく、あくまで自分達次第という考え方です。
和泉選手についてコメント。風間監督からどのように見えていりのか非常に関心があります。
周りが見られるようになった。いろいろなものが見られるようになった。特に相手が見えるようになった。
これまでの色々なポジションでの経験がそうさせたとのことです。1対1の強さを評価してそのような起用をしてきたということです。決して都合よく使っていた訳ではなく、和泉選手の成長と能力を評価しての起用だったんだと知れます。本当の意味で「ミスターグランパス」への階段を上がっていっているように感じ非常に嬉しく思います。

◆4/5(金)アウェイ・鹿島アントラーズ戦試合情報のお知らせ
(グランパス公式)

※4/5 第6節  今期初めての「金J」ですね。金曜日のアウェーだとさすがに現地に行けるファミリーも少ないのでしょうか。私は速攻で仕事を切り上げてDAZN観戦予定。残業が無い様に事前に段取り中です。現地行かれる方と共に熱い思いで観戦します!

◆シミッチ、ジーコより風間監督 母国の英雄にも勝ちは譲らん
(中スポ)

※今年入団したシミッチにとっては ”母国の英雄ジーコ”の前でプレーするのは始めて。Jリーグ発足の功労者であるジーコさんに対しては日本人もリスペクトの年を抱いていますが、それ以上にブラジル選手からすると偉大な存在。

ブラジル人はサッカーを始めてから歴代の選手の話を聞き憧れと尊敬の念をもって成長いくらしい。もちろんその筆頭と言ってもいい選手は「ZICO」

そのことについてシミッチ選手は

「ジーコは自分だけでなく、ブラジル人全選手へ多大な影響を与えている。尊敬する人物です。目の前でプレーできるのは光栄なこと。だけど、勝ち点3は譲れない。風間監督の笑顔のほうが、僕はうれしい」
グランパスの選手としては当然かも知れませんが 「ジーコより風間監督」というコメントを発しています。完全にグランパスファミリーになってくれていて嬉しいと共に非常に逞しいです
ただ鹿島戦それも鹿島スタジアムって何かいいイメージがないのが正直なところ。よくジーコのプレーでJ創世記にボコボコにされたの映像でもでますね。今でも2017年を除いて2015年から3連敗中ですから、苦手なイメージもそろそろ一掃したいところです
今年のグラは違うぞっていう「宣言」になる試合を期待します。

◆<グラ番記者>千葉が指揮官からの…(川本光憲)
(中スポ)

※札幌戦のアーリア選手のゴールの裏話です。 2年9ヶ月ぶりのゴールということもあってベンチに駆け喜びを爆発させていたシーンはとても印象的でしたね。 実はそこで千葉選手とパフォーマンスをして時間が長く 「千葉選手が」風間監督にお叱りを受けたようです。

アーリア選手も千葉選手からのパフォーマンスの提案を喜んで受けていたみたいです。ということ聞くとまだ出場機会が得られない千葉選手ですが、チームの為にしっかりと貢献してくれているんだと感じます。もちろんプレーでの貢献が一番ですが、1つのゴールの裏にもこういった働きがあったんだと思うと、いいチームになってきたと実感します

◆4/3(水)トレーニング後コメント
(INSIDE GRAMPUS)

※(無料箇所)
中谷選手のコメント。昨年からのプレーを見ても能力がある、さらに成長する選手だということはわかっていますが、今年の前線からの守備、中盤の守備力アップでチーム全体がレベルアップしている中で本来のDFとしての仕事・役割をより深く突き詰めれる状況にあるのでしょう。インターセプト・ビルドアップ・ラインコントロール・連携などさらに磨きをかけていける段階になってきていると感じます。

◆シャビエル「自分たちが今進んでいる道が間違っていないと信じること。そして常に上を上をと目指していく強さが必要」ランゲラック「まずは自分たちのやり方を何も変えないこと」【4/3練習後の選手コメント】
(赤鯱新報)

※それぞれの選手は前節の出来には手ごたえを感じているようですが、誰も満足せず逆に「だからこそ」危機感をもって次を見据えて動いています。チーム内競争もありますし、全然ウカウカしてない姿勢は頼もしいです

◆吉田豊「試合中に良くも悪くも修正をしていくことが一番大事」中谷進之介「コンパクトにして戦うというところはすごく良いところ」【4/3練習後の選手コメント】
(赤鯱新報)

◆「皆さん、ただいま!」初出場&先発の佐藤寿人が決勝点。18年ぶりに決めた!
(サカノワ)

※やっと寿人選手がゴールをきめてくれました。これまで監督の構想外と言う情報もありました。ベンチにも入れない状況が続いていましたが、監督も変わり早速起用に答え結果をだしました。2017年、グランパスできめたJ2レノファ戦以来のゴール。
辛いとき、厳しい時にグランパスを支えてくれた寿人選手をこれからも応援したいです。

グランパス公式Twitter        


※「inside grampus」「赤鯱新報」は一部を除き会員記事です。(無料記事のみ(ひとこと)を書いています) 興味深い記事がほぼ毎日アップされますので 会員登録してチェックして下さいね。
タイトルとURLをコピーしました