【試合レポート】2019.3.30 コンサドーレ札幌戦! 昨年流れを変えた中断期間 今年は「進化」

試合レポート
こりもです

4-0 勝利!

前節の負けを引きずらず勝利。スコア同様 内容も「完勝」と呼べるものでした。昨年の開幕好調~連敗の心配はしていませんでしたが、少しのドキドキとワクワク感をもって観戦。 これまでの課題や心配もしっかりと改善されていて、単純に「強い」と思えるゲームでした。

スポンサーリンク

今季発の豊スタで連敗阻止!

試合前

前節のFC東京戦では今シーズンの初敗戦。かなりのハイプレッシャーで球際でも負けていました。守備のブロックも築かれて攻撃の最後のアイデアも見られなかったこともあり、この課題はこの2週間で何か対策はされたのだろうか?非常に興味のある一戦です。相手としても昨年から勢いのある、曲者指揮官率いるチームであることでもこの先を占う試合になりそうです。事前情報では3バックになる?吉田選手が怪我?などの情報もあり、フォーメーション・スタメンはどうなるのかも非常に気になるところ。

ということで 今日の展開・感想・課題を(備忘録の意味でも)まとめます。

試合前情報

(スタメン)「StartingEleven」

フォーメーション 4-4-2
(2トップ)ジョー選手、アーリア選手
(中盤)左:和泉選手 右:シャビエル選手
 ボランチ:米本選手 シミッチ選手
(DF)左:吉田選手 CB丸山選手、丸山選手、右:宮原選手
(ベンチ)
赤崎・相馬・マテウス・小林・千葉・櫛引・武田
※なんとアーリア選手がFWでスタメン。確かに前線でのパス受けで変化をつけられていたし期待はできるが、とは言っても本職の赤崎選手じゃなくていい?なんて一抹の不安もあり。。。
サブ含む変更は特になしですか。引き続き 前田選手がんばれ!っていう感じです
(注目選手)
ジョー選手(得点してないのできっかけが欲しい)
アーリア選手(風間監督が選ぶくらいなのでどこまで機能するか)
吉田選手(事前に故障の情報があったような)
CB+GK(乗ってる相手FWをどう封じるか)
(注目ポイント)
連敗阻止
風間監督 Jリーグ通算100勝
日替わりヒーロー
(スタジアム)
豊田スタジアム
今季初のゲーム。雨予報にも関わらずみっちり入っています。ゴール裏はさすがの迫力です
(札幌要注意選手)
アンデルソンロペス選手(一試合4点の爆発力はすごい)
鈴木武蔵選手(昨年の長崎在籍時にやられました)
チャナティップ選手(強力2TOPの下でチョコチョコ動きますからね)
福森選手(ロングフィード、FK注意)

試合前監督コメント

【試合前風間監督コメント】

2週間の確認・修正点は? 内容は悪くない「しとめるところ」「水を漏らさないところ」に注意・準備
アーリア選手起用について、どこでもボールをうけてリズムをつくっている。


【試合前ミシャ監督コメント】対名古屋

名古屋は個の能力の優れた選手がそろっている。
名古屋のよさである攻撃攻撃をニュートラルにすることと「走る」闘う、規律を守ること、グループとしてコレクティブに闘う

スポンサーリンク

試合展開(前半)

●(GOOD) ●(NG)

(ゲームの入り)
パス回しをして落ち着きを図るが、相手のはハイプレッシャーで中々相手陣内に入れず。
(前半)
2分 アーリア選手とジョー選手のコンビネーションでゴール前。惜しくもシュート打てず
4分 ゴール前でパスをつなぎ。米本オープニングシュート。
ゴール前のパスの受けてとしてアーリア選手 雰囲気良いです。
6分 フリーキックを丸山選手にあわせるが惜しくもあわず。 その延長でゴール前でパスでつなぐが決定機にはならず
7分 カウンターでアンデルソンルソンロペス選手が突進。丸山選手はじめDF陣でシュートをうたせず。迫力あり要注意です。
10分 パス交換。なかなかセンターラインを越えられず。プレスをかけられパスカットからのカウンターをくらっています。
11分 和泉選手のサイド突破からジョー選手。 惜しい。和泉選手の積極性が見れます
12分 シンプルにゴール前のアンデルソンロペス選手を使ってきます。意外性のあるトラップで決定機。中谷選手が足にあてなんとかブロック
前線からのハイプレスとセカンドボールも相手にとられ、連続攻撃をあびるも集中して守れています
14分 吉田選手→ジョー シミッチ選手→シャビエル選手と 連続攻撃。相手ゴールに迫る
ボール奪取やパスミスなどで攻守がめまぐるしく変わる展開
守備面 今日も米本選手、シミッチ選手がきいています。しっかり中盤で闘っています。
(17分)GOAL! 
シャビエル選手ゴール!
自陣でシャビエル選手・シミッチ選手のボール奪取から前線のアーリア選手へパス。

数的優位(3対2)の中で 和泉選手が積極的にシュートを放ちGKのはじいたこぼれ球をシャビエル選手がなんなくゴール。

ボール奪取から全力でゴール前に駆け上がってのすばらしいゴールです。
19分 アンデルソンロペス選手へシンプルにロングパスを放り込まれるが、吉田選手フィジカルで負けてないです。
アーリア選手 かなり前線でのリズム作っていて機能しています。 ボランチや後方からのパスの受け手になって前線でのアクセントになっています。これは嬉しい発見です。
21分 アーリア選手うまく相手選手をかわして前線のジョー選手へ上手いパス
ペースは完全にグランパスへ。ただアンデルソンロペス選手へのロングパスは要注意。
まだ相手の前線からのプレスは激しいのでパスミスには注意が必要。
25分 中盤での主導権の奪い合い。球際でも決して負けていません
(32分)GOAL! 
オウンゴール!
序如に相手陣内にパスで進入。 またアーリア選手と和泉選手のコンビネーションで深くまで進入し早いクロス。相手の選手(最後は福森選手)にあたりオウンゴール。
宮原選手が最後しっかり詰めて足もだしていたので当たっていれば宮原選手のゴールだったのに。惜しい!
得点後も同様パスをつないで攻め立てる。流れはグランパスです
36分 ゴール前まで攻め込まれるシーンでもしっかり集中して守れています。全然大丈夫。
(39分)GOAL! 
なんと FWアーリア選手ゴール!
丸山選手の攻め上がりから ジョー選手→アーリア選手→丸山選手→アーリア選手と綺麗にダイレクトパスをつないで 最後はGKをしっかり見てシュート。完全に崩してのゴール。すばらしい。 アーリア選手もベンチへ駆け寄り喜び爆発。赤崎選手の喜びにグッっとしました。
44分 ジョー選手へのロングパス。 そこにアーリア選手・シャビエル選手もからみ決定機。 惜しくもジョー選手のファールにはなったが ゴール前の迫力はすごい。
(前半終了)

前半まとめ

※なんと前半で3得点とかなり有利な展開。

1.5列の場所でパスの受け手として、またジョー選手からの落としへの対応、空中線競り合いでアーリア選手が機能している
吉田選手も攻守において強さを発揮している
シミッチ選手、米本選手が中盤でしっかりと闘い、攻撃の基点になっている
和泉選手が積極的なプレーを見せている
シャビエル選手もいきいきと持ち味の自由さ・意外性のあるプレーを出せている
FC東京戦と比べ玉際での競り合いなど力強さが見える
走行距離やシュート、支配率、パスなど数値でも上回り グランパスペースであることは明確。
スポンサーリンク

試合展開(後半)

(風間監督ハーフタイムコメント)

「前半は距離が良かった。 ミス無く丁寧に自分達のサッカーをしよう」

選手交替なし。 風チャント響き渡る中後半開始。

前半の流れのまま攻撃的に入れています。
47分 競り合いから一気にゴール前まで運ばれピンチを招くがDF陣が冷静に対応
48分 PA外からシミッチ選手の強烈シュート。惜しくもセーブされるが、すぐに丸山選手がインターセプト。 またシミッチ選手がシュートを放つなど攻撃の連続性が見られる

(49分)GOAL! 
シャビエル選手ゴール! 2ゴール目
センターラインでボール奪取してアーリア選手、ジョー選手がパスをつないでシャビエル選手へ。シュートブロックに合うもこぼれ球をゴール前混戦の中で思いっきりトーキック。GKの股をぬいてゴールへ
52分 ゴール前でアーリア選手がインターセプト。決定機を迎えるが惜しくもゴールにつながらず

53分 アンデルソンロペス選手のドンピシャのヘッド。ランゲラック選手がナイスセーブ。一点ものでした。危ない。
54分 ランゲラック選手のセーブからのカウンターでシャビエル選手が絶妙なコントロールシュートを放つが惜しくもポスト直撃。

オープンな展開でゴール前まで侵入を許すがオフサイド、ブロックでしっかり対応。
57分 少しパスで落ち着かせながらグランパスのペースにもっていく。早速相手がじれてファール
パスもしっかりとつながり、距離感とパスを受けるポジションがいいように感じる
シャビエルも本来の意外性のあるプレイ多く、前線でコントロールできています
62分 札幌の時間。ゴール前まで再三攻められるが、しっかりと体をはってブロック。枠内に飛ばさせない。
65分 相手ゴール前細かなパス交換で 米本選手からの縦パスから和泉選手が抜け出してクロス。ジョー選手決定機。惜しい!!
米本選手の運動量すごい。 カウンターに対してもしっかりとゴール前の危ない所をケアしています。
ゴール前で細かいパスをつなぎ、シュートの機会を探す。 とられても 米本選手、シミッチ選手、丸山選手、中谷選手ですぐに回収。連続攻撃につなげる
70分 和泉選手 積極的に自分で切り込みシュート。
71分 ジョー選手 GKと1対1の決定機。惜しくもセーブされる。「これは決めないと ジョー!」
中谷選手 完全に武蔵選手を押さえ続けています
74分 米本選手が足をつった模様。かなり走ってますから仕方ないでしょう。
76分 札幌は途中交替の岩崎選手にスルーパスを集めるが しっかりとランゲラック選手がセーブ。
77分 米本選手(OUT)→ 小林(IN)
78分 アンデルソンロペス選手がスルーパスに抜け出し、ランゲラック選手が飛び出し交錯。 勇気あるナイスプレーです
FW岩崎選手めがけてスルーパス狙い続く
81分 宮原選手(OUT)→相馬選手(IN) 和泉選手が右サイドに入り相馬選手が左の前線。
米本選手の交替でパスの出し手へのプレッシャーが足りない? いいパスが出され始めた。
84分 シャビエル選手(OUT)→マテウス選手(IN)
86分 パス回しで落ち着かせ、再度ペースをグランパスへ
相馬選手・マテウス選手が積極的にサイドから攻め込む。その為相手のカウンターの勢いを削いでいます。
(試合終了) 内容も良く今日は「完勝」といってもいいでしょう

後半まとめ

※高い攻撃力を誇る札幌を相手にし、攻めあう試合展開が予想できたが、しっかりと攻め勝った。ただまた完封での勝利。打ち合いではなく、攻守総合での完勝と言えるのではないでしょうか。また恒例の日替わりヒーローとしては「アーリア選手」が躍り出てきて非常に嬉しいです。新たな攻撃パターンが増え、さらに良質なチーム内競争が生まれてきそうです。

兎に角今日は前節での課題をしっかりと克服して「強い」グランパスへの進化を感じる試合でした。
スポンサーリンク

試合を終えて

インタビュー

シャビエル選手

最初のゴールは今期 豊田スタジアム初ゲームで決められて嬉しい
2点目はジョー選手からパスをもらって集中力をきらせずゴールを奪えた
手ごたえとしては、今年で一番言い試合。
鹿島戦に向けて、集中してこのままやり続ける
風間監督

選手が集中して「やるべきこと」「自分達の距離」で90分やり続けたことが勝利に結びついた
自身の100勝については あまり気にしなかった
守備攻撃について手ごたえとして、前節が一点もとれなかったので、「もっとチャンスをつくること」「しっかりとしとめること」「水を漏らさないところ」を選手が意識してしっかりとやってくれた。
しかしもっと点がとれましたし・自分達のミスを減らすことができると思うのでしっかりとやっていきたい
今日もファミリーの後押しがあった。鹿島戦も彼らの為に彼らと共に勝ちに行きたい。

試合後まとめ

試合全体としては非常に満足のできる内容でした。相手の時間もしっかりと集中し、オープンになった状態でもパス回しで落ち着き流れを取り戻すなど、それぞれの選手が考えてゲームコントロールはできていたのではないでしょうか。前回苦しめられた相手のハイプレッシャーもかわし、しっかりと球際でも闘えていました。それぞれの選手の積極性や特徴・気持ちが伝わるプレーが随所で出てきており、さらなるチームの「進化」を感じます。またスタメンに起用されたアーリア選手も躍動し、交代選手もしっかりと役割を果たしてくれ選手層の厚さとレベルアップも進んでいます。
風間監督の求めるサッカーが見えたような気がします

守備面

0封 攻撃好調のチーム相手に完全に崩されることはなかった。中盤で激しく戦えていることもあり、両CBは強力FW陣をしっかりマークをし、決定的な仕事をさせなかった。数少ない相手決定機も最後の砦のランゲラック選手がその能力を発揮し、クリーンシート。

ゴール前での混戦についてもCB以外の選手もしっかりとリトリートして体をはってのブロックなどゴールに鍵をかけた。

攻撃面

まずはアーリア選手の活躍が一番の収穫。「前線(ジョー選手)」と「ボランチを含む後方」「サイド」からの繋ぎ役として機能していました。それにより和泉選手・シャビエル選手・ジョー選手の動きに積極性自由性のあるプレープレースピードの向上を生んだだのではないでしょうか。実際、中盤でのボール奪取から早い攻撃の場面を多くみることができました。ジョー選手が徹底マークにあっている中で、今節もジョー選手がノーゴールになったことは気になるところですが、他選手がゴールできる状況は非常によい状況。そういった中でもジョー選手にも決定機はありますので後は決めきるだけです。相馬選手・マテウス選手とスピードで振り切れる選手もベンチにおり、攻撃のバリエーションはさらに増え、強度もましているように思います。

選手起用

後半の名古屋のスピードコンビ(相馬・マテウス)の投入が今後もこのパターンで使われそうです。今日もこの選手交替で、相手の流れになりそうなところを前線に押し込むことで流れをこちらに戻すことができています。

お願い!

タイトルとURLをコピーしました