【試合レポート】2019年 FC東京戦! 「堅守カウンター」の突破口は?

試合レポート
こりもです

0-1 敗戦

開幕4連勝をかけたFC東京戦。 まだ3戦ですが調子の良い2チームの戦い。シーズン開始前の沖縄でも好きにやられましたし、サイドストーリも多くあったリーグ4戦目。勝ちたかったですが、残念ながら今季初黒星

リーグ4連勝をかけたFC東京戦。まだ3戦を終えただけですが首位攻防戦です。
また米本選手、丸山選手、アーリア選手にとっても古巣対決。グランパスにしても永井選手が古巣ですね。
先日のDAZNのプレビューショーの米本選手の古巣対決に向けての想い、熱いものがありましたし、いかにチームメイトやサポーターからも愛されていたた選手だったというがひしひしと伝わりました
それだけに双方気持ちの入った試合になるでしょう。

また今日の日替わりヒーローはだれなのかワクワクしますね。
そろそろジョー選手「爆発」かなり期待しているのですが。。。

FC東京といえば 堅守速攻。ガチガチに守ってカウンターでしとめにくるチーム。ポゼッションするチームには強いイメージがあります。
こういった相手にしっかりと勝ちきれば今後のシーズンにもかなり期待できることになります。
さーいくぞ!
ということで 今日の展開・感想・課題を(備忘録の意味でも)まとめます。

試合前情報

(スタメン)「StartingEleven」

フォーメーション 4-4-2
(2トップ)赤崎選手、ジョー選手
(中盤)左:和泉選手 右:シャビエル選手
 ボランチ:米本選手 シミッチ選手
(DF)左:吉田選手 CB丸山選手、丸山選手、右:宮原選手
※スタメンは前回と同じ。これまでの結果を反映したメンバー。少し固まりずつあるのでしょうか?
サブ含む前回からの変化としてはベンチにマテウス選手が入っています。やっとですねドリブルモンスター早く見たいです。その代わり前田選手がベンチ外。杉森選手も中々ベンチ入りできませんが、その能力は皆わかっています。必ずや這い上がってくれることでしょう。
(注目ポイント)
開幕4連勝・・・クラブタイ記録
古巣対決・・・米本選手古巣相手にその存在を見せつけられるか
相馬選手・・・不敗伝説をもった相馬選手。負けないグランパスの象徴になってきました
マテウス・・・これまでの攻撃陣にどういった効果を生み出してくれるか。 それよりどういう選手か?見てみたい
(スタジアム)
味の素スタジアム
ファミリーもしっかり入っています。グランパスファミリーの声量に負けないようにと意識してくると思います。
試合前 「声」で戦いは始まっています
(相手要注意選手)
チャンヒョンス・森重CB守備
オリベイラ、永井選手のスピードカウンター
注目株 久保選手

試合前監督コメント

試合前風間監督コメント 

FC東京はハードワークする強豪チーム
相手を軸に考えない。自分達がどれだけできるかが重要

※いつも通りの試合前コメントです
スポンサーリンク

試合展開(前半)

●(GOOD) ●(NG)

(ゲームの入り)

キックオフからまずは東京のロングボール
早速 ゴールキックから前線へジョーのファーストシュート
まだ少しパスのズレもあり、落ち着かない状況
(前半)
4分 そういった状況から永井のフリー。危ない場面。早くパス回しからいつものペースに落ち着いてほしいところ。
シンプルにボールをつながれてゴール前まで運ばれる場面多い。東京の守備(前線からのプレス、最終ラインブロック)良く中々ボール保持できず
8分 東京ペース 自由にパスもまわせず我慢の時間
10分 玉際厳しく来られてかわしきれず負けてます。それからゴール前に一本のパスでピンチのパターン。
13分 徐々にグランパスのパスが回ってきたが、まだPAには進入できず。
16分 ゴール前でのチャンス。 和泉選手が侵入しジョー選手にクロス。競った後ろでシャビエル選手シュート。惜しいシーン
17分 ジョー選手に楔がはり赤崎選手が遠めからシュート。楔がうまくおさまると可能性を感じる。
19分 予想していた通り プレスが厳しくパスミスから展開早くゴール前まで運ばれる展開。
22分 プレースピードを落としパスコースを探すところでことごとく狙われボールをとられる。
ここkまでは東京のいいところがを出されています。まだ踏ん張っているが隙がうまれ一発くらいそう。

赤崎相手は相手CBに競り勝てず。ジョーは徹底的にマークされ前線の溜めができない。またプレーにスピード感も感じない。
30分 シミッチ選手からジョー選手に縦パス。シャビエル選手も絡むが崩せず。セカンドボールもほぼとられ厳しい状況。

ボールの反応や寄せ 全て負けている。組み立てが出来ない。厳しい
38分 また前線でシャビエル選手が2人に囲まれゴール前に決定機作られる。
40分 前線に蹴りだすルーズなボールも玉際で永井選手に負けてゴールに。決定的なシュートを浴びる
44分 シミッチ選手からから裏を狙ってジョー選手へのの決定機演出。 GKの好セーブに阻まれる。
47分 米本選手イエローカード

前半まとめ

相手プレスでプレーを制限されている。反応・玉際で負けているためカウンターを浴びる展開。
それをかわす中盤からの飛び出しやスペースへの展開も見られず。

FC東京が明確な狙いと戦い方を打ち出してきている。
セカンドボールはほぼとられ、危ない場面も多いがなんとか踏ん張る
走行距離はかわらず
スプリントは印象通り東京の選手上位を占める
スポンサーリンク

試合展開(後半)

赤崎選手(OUT)→マテウス選手(IN) 今季初出場

森保監督も観戦。グラ選手は今だ見せ場やアピールはできていない状況
46分 和泉基点でまずはシュートまでいく。まずは攻める姿勢を見せる
52分 少し遠いがゴール正面からのFK。シャビエル選手ではなくマテウス選手がFK。 GK正面ではじかれるが直接無回転気味のいいシュート。シャビエル選手とは違う質のキックがみれました。
徐々に相手陣内でのプレーが増えてきた
(54分)失点! 
宮原選手が右サイドで囲まれてボール取られそのまま前線の永井選手へ。丸山選手とのスピード勝負で決められる。
55分 立て続けにまたもFC東京決定機。
62分 またカウンターで3対3の状況を作られ、永井選手のシュートをミッチがナイスセーブ。ミッチの好セーブで切り抜けるがこぼれだまも久保選手に拾われてシュートを浴びる
64分 宮原選手(OUT)→相馬選手(IN) 和泉選手が右のSBの位置に。
シャビエルのプレースタイルだと思いますがプレースピードがスピードが気になる。 流れが一旦止まり守りが固められる。
69分 丸山選手にイエローカード
70分 マテウス選手、シャビエル選手 からジョー選手がゴール前。 シュートヒットせず
ジョー選手をターゲットにPA内に進入を図るもしっかりと抑えられる

78分 和泉が深くまで進入しシャビエル選手にクロス。シュートを放つも大きくふかす
80分 ミッチから和泉選手へのビルドアップのパスをカットされ、オリベイラ選手の侵入を許し、玉際で負けてピンチを招く

84分 米本選手(OUT)→ アーリア選手(IN) 前線でのアイデアに期待したい
マテウス選手の積極的なドリブルはいいがパスの選択が遅い
93分 シミッチ選手からジョー選手へのクロス。ドンピシャで競り勝つがゴール左にはずれる
(試合終了)

後半まとめ

※4連勝をかけたアウェー戦、グランパスの良いところをことごとく潰された感じがします。逆にFC東京の狙い通りにされた結果無得点での敗戦。試合中の「独り言」も青(NG)が多かったです。しっかりと引かれた場合、肉弾戦で玉際プレスの強いチーム、運動量で走りまわるチームに苦戦することはJ2でも充分に学びましたし。。。 今後さらに上に行くための課題の見える試合でした。
スポンサーリンク

試合を終えて

インタビュー

風間監督

一点が遠かった。
チャンスはあったきめ切れないといけない。
またチャンスをもっと作らないといけない
マテウス選手は復帰後それほどやっていないので試す意味でも起用した。これからもっと力になってくれる。
修正点として、一つのミスで負けるのは仕方がない、もっと決めきれるように質を上げたい

※永井選手のインタビューで「1点決めれば勝てると思った」とは、今日のグランパスは点を取れないと思われたのでしょうか
ちなみに「名古屋戦 3戦3発」については笑いながら「気まずい」とのコメント

試合後まとめ

【雑感】             

試合全体としては完全に相手思うような試合展開にされたように思います。
・高い能力のCBを中心にしっかり守られたこと。
・ジョー選手を徹底マークされたこと
・中盤と飛ばしてロングカウンターを受けたこと
・玉際を厳しくされたこと
まさにFC東京の狙いだったと思いますが、それを打破する策が最後まで見られずでした。
ただそういった中でもシミッチ選手からの性格なパスでチャンスをつくることはできていましたし、ジョー選手の決定機が1つでも決まっていたら違う展開にもなっていたと思います。今後、強くなればなるほどこのような相手の戦略にぶち当たるでしょうから、さらに(技術)連携やスピード、正確性を高めてことかと思います。

守備面

完全に崩されることはなかったですが再三徹底されたカウンター対応で疲労と緊張は積もる展開。ランゲラック選手を中心に再三のピンチにもなんとか対応するも永井選手の一発のスピードに泣く。ただこのような試合展開の中でも1点に抑えられたのは評価ができるのではないでしょうか。

攻撃面

堅守に対してのアイデアもなく非常に苦労をした試合内容。ジョー選手をターゲットにした攻撃は完全に潰された場合のパスの受け手が見られない。個人的にはこの役割にシャビエル選手を期待するが、前線で張り付き動きのないシャビエル選手に怖さは感じなかった。前線からのプレスも以前より運動量も少ない感じがしています。意外性のあるプレーで前線をかき回して欲しいと思います。
しっかりと守られスペースも無いなかでは前田選手や杉森選手などボールを受けに来るタイプの選手の起用を望んでしまします。

また初出場のマテウス選手のプレーに関しては「スピード・うまさ」より「強引さ」が印象に残る。連携面の熟成が必要だろう。

選手起用

共に裏に飛び出す、スピードを特徴とした相馬選手、マテウス選手を途中からピッチに入れたが、スペースの無い状況で効果的な働きができず。変化を生み出せる選手として期待をしての起用だとは思いますが、相手や状況を好転させることはできなかった

お願い!

・ジョー選手へのフォロー

・プレースピードの向上
・シミッチ選手のプレースキックが見たい
タイトルとURLをコピーしました