◆(サポーター)→(ファミリー)、開幕前のチーム査定は?、鳥栖戦勝利!「大胆に」 (2019.2.23 グランパス関連ニュース)

関連ニュースニュースまとめ・レビュー
こりもです

とうとうこの日が来ました。待ちに待った2019年シーズンの開幕です。昨年の選手の退団・補強から始まり 新体制でのチームの始動。いつも気にしながら情報のチェックをしてきましたが、一旦の答えは今日でました。

見事勝利。それも敵地で完封で、さらに4得点、さらに期待通りのジョー選手、交替選手(和泉・相馬・杉森)3選手の躍動。結果としてはいいここずくめな一日でした

チェックした関連ニュースを試合前試合後としてまとめてます。(2/23)

2.23(土)
[練習]
■10:00~(非公開)
■14:00 KICK OFF サガン鳥栖戦

【第一節 鳥栖戦前】

2019シーズン開幕を前に、皆さまへ社長小西工己からメッセージ
(グランパス公式)

※昨シーズン最終戦「皆さんは、もうファン・サポーターを超えた存在です」→「ファミリー」

どう呼ぶかを今シーズンの新体制発表会でもまだ決まっていなかったのですが、クラブとの関係性、存在の重要さなどシンプルな言葉に集約されました。

どんな時も私たちは”一体”です。
我々サポーターにとっては嬉しい言葉です。しっかりとサポート(応援)してクラブの発展の為に共に戦いましょう!

◆2019「J1全18クラブ戦力ランキング」 監督、FW、MF、DF、GKの5部門から査定
(YahooNews from FOOTBALL ZOONE)

FW・MF・DF・GK・監督の部門ごとに サッカーライターの河治良幸氏の査定をポイント化してのランキング・評価です。

我がグランパスは

・FW部門:第1位 10/10点
ジョーの存在がかなりポイントに反映されているかと思いますがFWというより前線といったほうがいいのでしょう。フロンターレ(ダミアン・小林)や神戸(ポドルスキー・ビジャ・イニエスタ)を差し置いての堂々1位です。ジョーを軸にシャビエル、前田、マテウス、赤崎、杉森とまさにリーグトップの顔ぶれ。さらに前目のMFを入れると相当分厚い攻撃陣で前評判としては嬉しく納得。

・MF部門:第4位 8/10点

今年も川崎の中盤は強いですね。神戸・鹿島に続いての4位です。前出の攻撃的なMF陣に加えて相馬、和泉、(青木がんばれ)というタレントも揃い、何と言ってもボランチの層、質が上がったことが大きいですよ。それまでのネット、小林選手に加えて 実績充分の米本、シミッチ、伊藤の3選手の加入はデカイ! それぞれの特徴出してフィットすれば神戸・鹿島よりは確実に上でしょう。

・DF部門:   7/10点

最低ポイント6点なので最低点ではなくほぼ平均ですか。上位は9点で川崎、浦和、G大阪(例年の堅守鹿島の7点)。それ以降はほぼ同じポイントで並ぶ。攻撃陣に比べると物足りなさはありますが、丸山・中谷のCBの安定に加えて実績充分な千葉選手、左サイドには対人に強い吉田選手が加わった訳ですから確実に守備面の改善は期待でき、前途のボランチの強化と併せて失点数(減)という結果に現れるはずです。

・GK部門:第1位 9/10点

同率1位ではありますが、ミッチの優秀さは昨シーズンで周知の通り。誰もが認める存在になっていますのでこの評価は当然でしょう。

FW・ジョー副主将、あす23日初陣 2桁得点カルテットの結成へ
(中スポ)

※明日に控えた2019年シーズン開幕。 キャプテン丸山選手に加えて副キャプテンとしてジョー選手が選出され、チーム内でも発言力が増した立場へ。ジョー選手はこの立場についてチーム・監督からの信頼を意気に感じているようですので、個人成績ももちろんですが、チームの勝利の為に力を使ってくれるものと思います。

過去のチームシーズン最多得点(川崎)の時は4選手が2桁勝利をしたという実績から、ジョー選手も

「それを達成できればベスト。今グランパスにいる選手はそれができる。自分ももちろん(4人に)加わりたいし、皆で責任を分配すれば、チームはもっと成長できる」
と力強いコメント。ジョー選手は昨年から青木選手から始まり前田選手、相馬選手、今年は米本選手や伊藤選手など能力を認めるコメントをだしていますし、チーム内での信頼関係も深くなってきているのでしょう。

シャビエル語った、ブラジル4人衆のトリセツ さあ今季初戦 上位進出へ燃える
(中スポ)

※シャビエルによるブラジリアンチームの選手紹介(珍しい) おもしろいです

シミッチ選手
「真面目で面白い。けど、特徴がある。たまに突然怒り出す(笑)。いつ怒るか分からない。仲間も『いきなり怒る』と言っていた。そこも面白いんだけどね」

ネット選手
「『バイーア出身者は普通にしていて面白い』と言われる。ネットに『ジョアンが突然怒っても気にしないで』と予備知識を入れた方がいいかも」

ジョー選手
「(代表歴など)存在感は大きい。周囲を心配できるいい男」

マテウス
「いつも明るい」弟分でしょうか

ネット選手とシミッチ選手大丈夫? 昨年の中谷選手への激高もありましたし、ポジションを争うライバルでもありますしね。少し心配・・

【赤鯱短信】楽しみしかない古巣との開幕戦。吉田豊が浴びるのは、拍手か歓声か、それとも…?
(赤鯱新報)

※昨年までの吉田選手の鳥栖での存在感を考えると、確実にブーイングでしょう。ただそれだけ愛され力が認められてたという証。思う存分走り回ってほしいですね。

森山泰行が3度目の現役復帰を果たす/六川亨の日本サッカーの歩み
(超サッカー)

「名古屋のスーパーサブ」と言えば今でも名前があがるのが森山選手。地元岐阜出身に生粋のストライカーで、途中から出てきてゴールをかっさらう姿から「スーパーサブ」の異名がつきました。J1では通算215試合で66ゴール中なんと23ゴールは途中出場での得点なんです。(名古屋では148試合で51ゴール) 今でも記録・記憶に残る選手です。

そんな森山選手 地元 岐阜FCのJ参入の礎を築いて2004年に38歳で現役引退し、その後はグランパス関係の新聞のコラムやメディアでの解説として、また浦和学院高校サッカー部の監督としてセカンドキャリアで活躍されていましたが、何と今年50歳で現役復帰!?

「カズさん(三浦知良)も51歳だから、負けていられませんよ」
ゴールに突進していくそのプレイスタイルもそうでしたが、そのバイタリティは今も健在です。応援しています

【動画】ジョーが語るトーレスとの思い出「イングランドで対戦した時は2ゴール決められた」/DAZNスパイ大作戦
(GOAL.COM)

【第一節 鳥栖戦後】

神セーブ連発の名古屋GKランゲラック…開幕4発大勝に喜び「チームを助けることができた」
(GOAL.COM)

※今年もランゲラック選手は健在です。鳥栖戦でもその存在感を見せつけグランパスのゴールを死守。完封で試合を制しました。

「素晴らしい。本当に幸せです。本当に他のメンバーにも感謝したいです。プロとしての資質というか、そういうものがしっかり出たゲームだと思いますし、そういう選手が私の周りにいるので本当にリラックスしたゲーム状態で臨むことができました」
チーム全体での結果としての完封ですが、最後の砦のランゲラック選手 今年も頼もしい存在になってくれそうですね。

赤崎秀平「(先制点の)前にミッチが2本止めてくれましたし、それで間違いなくチームが乗った」和泉竜司「(ゴールシーンは)考起に声をかけて入っていったら、考起も『声かけてくれたから気づいた』と言っていました」【鳥栖vs名古屋】試合後の選手コメント
(赤鯱新報)

吉田豊「ここに戻ってこれて良かった」ジョー「しっかりとチームが戦いきれたからこその勝利だと思う」シミッチ「すごく緊張していた」【鳥栖vs名古屋】試合後の選手コメント
(赤鯱新報)

※(無料一文から)

Q:激しいブーイングから始まったゲームでした。
「そうですね(苦笑)。まあ、愛のあるブーイングだと思っているので。その上で勝敗もありましたが、しっかりプレーできたというのは一番だったかなと思っています。2ヵ月ぶりくらいでしたが、ここに戻ってこれて良かったなと思います」
やはり予想通り 吉田選手がボールを持つたびにブーイング。鳥栖でアシストも含めて躍動する姿を見せれたことは「これからグランパスの選手」ということを示せたいい機会になったのでしょう。もちろん我々グランパスファミリーにも今後の期待感を与えてくれましたし。

【鳥栖vs名古屋】レビュー:3年目の開幕で見たのは良くも悪くも“名古屋の試合”。そこに見えるは着実な成長。
(赤鯱新報)

明治安田生命J1リーグ第1節 鳥栖戦後 相馬選手コメント動画

「前半は少し硬さがありました。これは仕方のないことだと思います。それから、やはりペナルティーエリアの中へ入っていくところで大胆さが欠けていた。ハーフタイムに選手に伝えると、それからはいつも通りやりだしてくれた。徐々にではありますが、一歩一歩チーム力を高めていきたいと思う試合でした」
一定の手ごたえはあったかと思います。また選手への現段階での評価もしているようですが、更なる高みを目指すうえで道半ばで まだまだ満足には程遠いのでしょう。

「丁寧になることで速さはまだまだ増すと思います。これからもっと正確に、スピーディーに、それが高まっていけば、もっと彼らの力も上がると思います。そうすれば、チーム自体も面白くなるんじゃないかと思います」
選手の奮闘についての評価は口にしていましたが、技術面での指摘も多かった昨年と比べると コメントの内容のレベル(微妙ですが)が変わっているような。勝ったからってこともあるでしょうが。。
杉森選手起用についてはやはりキャンプ中の結果を見てのことだったんですね。こういった起用は「我も」と刺激になっているでしょう。

明治安田生命J1リーグ第1節 鳥栖戦後 ジョー選手コメント動画
(INSIDE GRAMPUS)

グランパス公式 Twitter


※「inside grampus」「赤鯱新報」は一部を除き会員記事です。(無料記事のみ(ひとこと)を書いています) 興味深い記事がほぼ毎日アップされますので 会員登録してチェックして下さいね。
タイトルとURLをコピーしました