◆シミッチ 風間イズム注入! J最強のユニットはブラジリアンカルテット (2019.2.20 グランパス関連ニュース)

関連ニュースニュースまとめ・レビュー
こりもです

この日にチェックした関連ニュース、まとめてます。(2/20)

2/20(水)
[練習]
■10:00~

シミッチ:「味方だけではなく、敵を見ること。敵のいる場所、体重移動を考えながら、味方のどこへどのタイミングでパスを出すのか。分かっていることだけど、僕たちアスリートは満足しちゃいけない。細かい練習だけど、必要な練習だった」
実戦に向けて風間イズムの落とし込み。デコ氏との退団でもシミッチ選手の技術の高さは認めていましたがら、更なる成長の為に風間塾が開かれたということでしょうか。外国人選手をうまく使う事はできても、しっかりと技術指導ができる監督って他にいるんでしょうか。

組み合わせでは米本選手がボール奪取し、シミッチ選手がパスの配給元になると思われます。プレイ集でも長短パスの精度は高いことはわかりますが、更にパスの精度を追求して得点につながる仕事を期待します

◆J1今季最強ユニットはこの5組? 神戸の“VIP”トリオ、王者の中盤カルテットも【編集部フォーカス】
(フットボールチャンネル)

※なるほど、選手単位ではなくて”ユニット”での比較ですか。面白いです。グランパスからは(ジョー・シャビエル)のブラジルコンビが選出

(1)サガン鳥栖

(トレース・イバルボ・クエンカ):トーレス選手は言わずもがな、イバルボ選手は元コロンビア代表、カリアリやローマで活躍、クエンカ選手はバルサにも在籍したサイドアタッカー。イバルボ選手の怪我もありますが、この3人が前線でそろったら破壊力抜群です。

(2)ビッセル神戸
(ビジャ、イニエスタ、ポドルスキ):説明はいりませんね。3人の世界チャンピオンですよ。

(3)川崎フロンターレ
(中村憲剛、家長昭博、大島僚太、守田英正):このカルテットはJでは無敵じゃないですか? 連携面でも円熟味を増してますし「J最強の中盤」でしょう

(3)FC東京
(森重真人、チャン・ヒョンス):守備面でJ屈指なんでしょうか。FC東京の堅守速攻を体現できるのはこの2人の鉄壁があってこそです。

結論)確かに他も怖いユニットですが、今シーズンのグランパスはこのブラジルコンビにシミッチ選手とマテウス選手が加わって更に強力なブラジリアンカルテットになり、最強になる予定です。

◆名古屋、補強は文句なしのA評価も…。残留争いの昨季から一転、食い込みたい優勝争い【2019年Jリーグ補強診断】
(フットボールチャンネル)

※フットボールチャンネル版の開幕前チーム採点ですが記事ですが

他メディアと同様、「期待はできるが一抹の不安が」って感じですね
補強については評価「A」と高く、「経験」「実績」「実力」「将来性」いう理由からの高評価
総合評価は「D」と低い。昨年のゲームの内容や結果を見ると守備面の脆さへの不安はやはり消えないですし、高評価は難しいのは判ります。ただ米本・シミッチ・伊藤選手(特に米本選手)が守備面で機能すれば必ず改善されるはずです。開幕戦でわかるでしょう。

ポドルスキとビジャがまさかのトップ10外! J1選手の市場価値ランキング
(theWORLD)

※イニエスタの市場価値1位は納得ですが(ポドルスキの11位、ビジャの41位は少し以外)我らジョーは堂々の2位、前評判の高いダミアン選手は7位ですから、まだまだジョー選手へは・・・ていう感じですかね。上位5名は以下の通りです

市場価値「年齢」「実績」「能力」「将来性」で決まるよう。それを知って選手起用 EX)市場価値が高いけど怪我で稼動しないとか、活躍で市場価値が急高騰するとか。少し意識して見てみるのもおもしろそうです。

1位 アンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸) 675万ユーロ(約8億5000万円)
2位 ジョー(名古屋グランパス) 450万ユーロ(約5億7000万円)
3位 ファブリシオ(浦和レッズ) 375万ユーロ(約4億7000万円)
4位 フェルナンド・トーレス(サガン鳥栖) 350万ユーロ(約4億4000万円)
5位 清武 弘嗣(セレッソ大阪) 300万ユーロ(約3億8000万円)

Jリーグ試合運営管理規程改訂に伴う名古屋グランパス試合規定管理規定改訂のお知らせ
(グランパス公式)

※何の件だろうということで調べて見ましたが、試合の主催者の幅を広げたということでしょうか。他の改定も一部文言や規定適応範囲が変わっているだけ?ってかんじでしたが、また時間のある時に調べてみます

◆2019明治安田生命J1リーグ第6節アウェイ鹿島アントラーズ戦 日程確定のお知らせ
(グランパス公式)

※ACL出場クラブとなると日程組むことも大変ですね。

全日程では27節から31節までの5試合が未定ですが、9月下旬~11月上旬なのでまだ予定立てるのは大丈夫ですか。この時期リーグ後半ですがどうなっているのでしょうかね。

◆「豊田合成リンク」コラボイベント DAZN presents名古屋グランパス開幕戦 2/23(土)オアシス21でパブリックビューイング開催!
(グランパス公式)

※豊田駅前に続きやはりオアシスでやってくれますね。少し寄ってみようかと思いますが、結構集まるんでしょうか。豊田駅前は青木選手が参加しますが(選手2名予定)とは誰でしょう。当日のお楽しみですね。

◆ジョーの華麗なバトントワリング/「いや、負けてないから。むしろ勝ったから」と強がる金井/櫛引の『走り方改造計画』【無料掲載】2/20練習の様子(写真16枚)
(赤鯱新報)

※練習風景で道具(トレーニングボールやバー、ゴムチューブなど)を使った様子はお馴染みになってきましたね。実は昨年までのゲームを見ていたときにフィジカルの弱さ(当たられると負ける)が気になっていました。もちろん技術があればそれも避けられるのでしょうが、現実的にはどのチームもガツガツきますからね。こういったトレーニングで強さ的なものも身につくものなのでしょうか。そこのところも今シーズンは注目したいポイントです。

長谷川アーリアジャスール「好きな感じにプレーさせてもらっています」千葉和彦「どんな状況下でも自分の力を出せる準備をしておきたい」【2/20練習後の選手コメント】
(赤鯱新報)

◆相馬勇紀「自分の力を最低限出せるくらいにやっと上がってきたなと感じている」【2/20練習後の選手コメント】
(赤鯱新報)

◆上がり続けるチームの強度と意欲を見た、開幕前最後の公開練習。「移籍して最初の試合になりますが、あまり硬くならずにやりたい。しっかり飯食って寝れば、大丈夫(笑)」(千葉和彦)【2/20練習レポート】
(赤鯱新報)

◆【インタビュー】赤﨑秀平「“今”を生きるストライカー」
(INSIDE GRAMPUS)

※外見ではとっつき難く見えますが、すんなりチームにも馴染めたようです。大垣選手へアドバイスをするなど若手との関係性も見えます。記事詳細は会員になっってチェックして下さい。

◆「デジっちが行く!」未公開映像集
(INSIDE GRAMPUS)

※やべっちFCでの「デジッち」出来はよかったですね。ということで未公開映像30分超の動画です。おもしろいのは間違いない!必見です。

グランパス公式 Twitter      


※「inside grampus」「赤鯱新報」は一部を除き会員記事です。(無料記事のみ(ひとこと)を書いています) 興味深い記事がほぼ毎日アップされますので 会員登録してチェックして下さいね。
タイトルとURLをコピーしました