【試合レポート】2020.10.18 第23節 川崎フロンターレ戦 0-3 完敗! まだスペシャルなチームではない それだけのこと

試合レポート
こりもです 

Jリーグ第23節 川崎フロンターレ戦 0-3 完敗

ダメでしたね。前半は期待できのですが、前半終了間際の失点から後半はまったく歯が立たず。最後はここまで差を見せつけられたら、「あの期待はなんだったんだ」「大一番って・・・」もう感情も言葉も湧いてこない状態でした。
 
シャビエル・相馬・吉田選手の負傷はあったものの 後半のレポートにも書きましたが、チーム戦術とその浸透度、選手層、個の力、プレーの継続性、連動性 他もろもろ。 川崎には程遠い現在位置を思い知らされました。
ただ前半はしっかり押し込み渡り合えていましたし、非常に良いゲームをみせてくれましたし 切り替えるしかないですね。 グランパスは弱くない!  ただ今はまだスペシャルなチームではないというだけのこと。 これからの残りシーズンで強いことを証明して、選手たちも更に成長し、チームとしても これからもっと熟成させてグランパスのサッカーをつくり上げていって欲しいと強く思う試合でした。
この敗戦が「強いグランパス」のスタートになってくれれば。。
スポンサーリンク

川崎フロンターレ札幌戦 「ストップ・ザ・フロンターレ」アゲイン

【試合前の独り言】
とうとうきましたこの大一番。 またも川崎の11連勝を止める試合が・・ スゴイ巡り合わせですね。ここを止めるのは我がグランパスしかないということで、なんと今日は仕事ですが、絶対にリアルタイムで観戦したいということで、朝から大忙しの日曜日です。
前節の札幌戦はかなり良い内容と結果で完勝し、3連勝と乗ってきた感があります。安定した守備に加え攻守の切り替え、ゴール(縦・前)への意識が非常によく、選手の距離感も非常によかった 安心してみていられる、楽しいゲームとなりました。どこと当たってもなんて・・・思ってしまうほど期待が大きくなった試合です。 吉田選手に続いて シャビエル・相馬選手の負傷(全治3週間)は非常に痛いのですが、代わりに入る選手にとってもチャンス。 チーム力を見せる時だ!

前節の札幌戦 対戦レポート↓

【試合レポート】2020.10.14 第22節 コンサドーレ札幌戦 3-0 完勝! 3発・3連勝・3連続クリーンシート 良い形で首位撃破へ
こりもです Jリーグ第22節 コンサドーレ札幌戦 3-0 勝利今日もやってくれました! 連勝・クリーンシート・ホーム戦勝利 は継続しました。順位も4位と1つあげましたし 結果・内容と良かったのではないでしょうか 何か攻撃陣の動きや連携・ポ...

ということで、前節の快勝、フロンターレの連勝記録と大勝負として完璧な舞台が整えられました。川崎の選手も名古屋にダブルを食らうのは非常に嫌がっているようですし、ホームで前回対戦のリベンジで気持ちを強くもって戦ってくると思いますが、絶対もう一度8月の「ストップ・ザ・フロンターレ」を再現してほしい。今回は阿部ちゃんも出場できそうですし、古巣恩返し弾を期待! 楽しみで仕方がないですね。

どこが「無双」川崎を止めるのか? ストップ・ザ・フロンターレ グランパスの秘策とは
こりもですこの夏最大の注目カード(大袈裟ですか?) CL決勝 バイエルンvsパリSG もそうですが・・・  名古屋vs川崎との試合が近づいてきました。言えば今夏の「鯱の大祭典」ですよ。いやぁ 川崎 強い! どんな相手でも複数得点、出てく...

前回のフロンターレ戦 対戦レポート↓

【試合レポート】2020.8.23 第12節 川崎フロンターレ戦 1-0 勝利! 「勇気と自信を与えてくれる勝利」 
こりもです Jリーグ第12節 川崎フロンターレ戦 1-0 勝利得点者:金崎夢生勝ちましたー!!! 完璧なウノゼロ 最高です川崎に今季初黒星をつけたのは、連勝 無双状態のフロンターレを止めたのは我がグランパスでした。 ただ苦しかったですね。...

試合前監督インタビュー↓

インサイド・グランパス
「INSIDE GRAMPUS (インサイド・グランパス)」は、名古屋グランパス自らの手で、クラブのINSIDEからチームや選手、クラブの情報を、ファン・サポーターの皆さんへ届けます。


この川崎フロンターレ戦 事前データとしては

・名古屋グランパス:5位(勝点42) ・川崎フロンターレ:1位(勝点62)

■対戦成績:名古屋グランパス(川崎戦)8勝8分19敗        
(過去5試合) 2勝2分1敗
■名古屋グランパス:クラブ史上初となる同一シーズン内では2度目の3試合連続無失点での3連勝中
■名古屋グランパス:今季リーグで唯一、対戦時首位のクラブを相手に2戦全勝(第4節C大阪戦:2-0、第12節川崎戦:1-0)
■川崎フロンターレ:同一シーズン内ではJ1史上初となる2度目の10連勝中
■川崎フロンターレ:名古屋に対して3試合連続未勝利(1分2敗)。現在進行中の連続未勝利としては、クラブワースト

試合前情報

(スタメン)
フォーメーション 4-2-3-1  
(FW)        金崎
(MF)マテウス  阿部  前田  
        米本 稲垣
(DF)  オジェソク  中谷 丸山  成瀬
(GK)     ランゲラック

【スタメン】
前節スタメン からの変更は1名
1TOPは前節良い働きをした山﨑選手に代え金崎選手がスタメン復帰
他は変更なし 良かった前節から変える必要はないでしょう

(ベンチ)
山﨑 石田 宮原 シミッチ 太田 藤井 武田

【ベンチ入りメンバー】 
前節のスタメン の山﨑選手はベンチスタート。 また負傷のシャビエル・相馬選手に代わって石田・宮原 両選手がベンチ入りです。 青木・秋山・渡邊選手など 中々ベンチに入れませんね。少し心配ですが。

(今節注目点・気になるポイント)
■4連勝
■フロンターレの11連勝阻止
■選手交替(戦況・疲労・時間帯・負傷) 
■4連続クリーンシート

※何より勝利という「結果」

(スタジアム)
等々力陸上競技場
天候:曇 (16.6℃) 
観客数:10161人 
審判:高山 啓義

(相手要注意)
・山根選手:ハードワーク・守備・攻撃参加とチーム好調の象徴になってきている
・三苫選手:ルーキーで2桁得点。 テクニック・決定力すごいの一言
・中村選手:ピッチ内の監督として名古屋対策をしっかり考えてるでしょう
他 全員です 登里選手のサイド攻撃、守田選手の堅守、ジェジエウ・谷口・ソンリョン選手の安定した最後尾の守備陣、家長選手の支配力、田中・旗手選手の若い力、ダミアン選手の決定力・・・ 他大島、脇坂、長谷川、齋藤、宮代、山村、車屋ってすごいメンバー
負傷で不在の小林選手がいたら とんでもないですよね・・・

【試合前監督コメント】

マッシモ・フィッカデンティ監督
 Q.今日はどんなゲームプラン?
「どういう相手とやるかという事を私が語る必要ありませんし ただ我々も負けている訳ではないので準備の段階としてまずこの日程なので回復という所に力を入れざるを得ないということはそうなんですが、その中でもすごく高いレベルのプレーをしたチームが勝利に近づくんじゃないかと。 そういうようなゲームを想定した上で そういったゲームになるように我々が出来るものを準備してきた」
(インタビュー訳 そのまま)
スポンサーリンク

【試合中の独り言】(前半)


キックオフ
0分 早速三苫選手のドリブル 成瀬選手 前回のリベンジしてやれ
オジェソク選手 今日も調子良さそう
2分 ダミアン・三苫選手で右サイドを突破され 中央の田中選手がシュート 早速強烈だな。どう対応する?
金崎選手 前線で身体はって戦ってくれてる
お互い固く しっかりゲームに入れた感じ
右サイドで川崎の攻撃を何とかしのぐ。川崎巧い! しっかり守って(まだ前に運べないけど) これから これから
7分 また右サイドから攻められ中央ダミアン選手にヘッディングシュートはは丸山選手がブロック
川崎 パスと動き(連動)でスペース作れるって やっぱりうまい
ブロック組んで ほぼしのぐ時間。 大丈夫! 中央は強く当たれてる
10分 川崎CK ジェジエウ選手のヘッドはゴール左に 助かった
川崎 前線からの寄せが強い。 名古屋も中々かわせず前に運べない
12分 左サイド マテウス選手のカウンターから 金崎選手が中央に落とし こぼれ球を前田選手シュート。 得意な角度だったがわずかゴール左へそれる。決定機 少ないチャンスは生かしたい
また4分ほど 名古屋はブロックを組んで しのぐ
川崎 3人はボールに関わる 全員がやることを分かってるように連動する スゴイ
16分 名古屋やっとボール保持 ビルドアップして川崎陣内に
18分 相手陣内で前向きに圧力かけ ジェソク・稲垣選手とインターセプトで押し込めてる
19分 川崎GKへの金崎選手プレス 前からはめて 米本選手がシュート
成瀬選手も冷静に相手かわしてつなげている。何かさらに巧くなったような
サイドからのクロス中心だけどチャンスは作れてる

22分 飲水タイム ダミアン選手との接触で丸山選手 立ち上がれず ヤバい!大丈夫か?

流れ渡さず 攻守切り替え速くできている 川崎のカウンターも許していない
27分 CKも取れてるし押せてる時間続いてる 
CKからゴール前の攻防 金崎・マテウス選手と何度もゴールに詰め寄るがブロック。川崎も最後の所強い
川崎のビルドアップ時 センターラインで奪取 マテウス選手が左サイドからループ気味のシュート
30分 川崎が名古屋ゴール正面で細かいパスでスキを作るもしっかり対応
ジェソク選手の出足良い また名古屋ペースに。 なんとかこの時間帯に得点がほしい
33分 川崎ゴール正面での細かい連携からシュートへ。 ちゃんと枠行くんだよな
連続攻撃許さずまた名古屋の攻撃 相手陣内でのプレー 
阿部選手が中盤パルの受け手になってくれてる
36分 川崎の時間に 細かいパスで強引に中央こじあけてくる 人数かけて中央締めるも 田中選手がシュート ゴール前のスゴイ攻防
名古屋 ボランチ・CBと縦パスへの出だしよし 前向いての守備できてる
稲垣選手のワンタッチでの散らし 効果的
40分 名古屋の遅攻時 ボールロストから川崎の速い攻撃 山根選手の強烈シュートはランゲラック選手が好セーブ  川崎 本当にシュートの質が高い
川崎が前への強さグッと増してきた

43分  失点  三苫選手
CKから 谷口選手がヘッドで逸らしたボールをファーサイドに詰めた三苫選手が反応して押し込む
うー 残念! 川崎に勢いが出たと思った矢先の失点 ちょっと疲れたか? 
46分 あぶな! 右サイドからのボールでピンチに

(前半終了)

================

(前半まとめ)

0-1で折り返し

(展開)お互いオープンな展開をしっかりした守備で固くゲームが始まる。 予想通り川崎が15分ほどボールを保持しグランパス陣内でゲームを組み立て ダミアン選手 三苫選手を中心にゴール前のチャンスをつくる。 ブロックをつくりしっかりしのいだグランパスも 徐々にカウンター・ビルドアップと相手陣内に押し返す15分 その後は激しく攻守が切り替わり 激しく五分の攻防を繰り返す。 最後の5分で川崎が一気にペースが上がりサイド・中央と攻め上がり押し込んだところで CKから先制点 そのまま前半終了となる

さすが川崎という攻撃は見せられたが、対する名古屋も負けて無かったのではないでしょうか。攻守の切り替え、出足もよし、ブロックを組み最後の所の固さもあってしっかり渡り合えた前半でした。ただラスト5分での川崎の勢いから生まれたセットプレーからの失点は痛かった。
ゴール前での精度は川崎が上であることを認めざるを得ない。シュートは威力がありしっかり枠に飛ばす 決め所の集中・連動はしっかり出来上がっている。チャンスがくるのではなく、しっかり自分たちでチャンスを作れるチーム。スゴイ
名古屋も決して負けてなかったが 疲れからか終盤すこし間延びしてしまったような。そうなると前田選手のフリーでのシュートは悔やまれる。数少ないチャンスを決めきれないと厳しい

前半スタッツ(グランパス-川崎)
シュート:7-9 (枠内3-6)
支配率:48%-52%
パス: 265-339
CK:2-4
ファール:2-5
※何とか5分での戦いが出来ているが 枠内シュート率違いがゴール前の精度を表しているような

アタッキングイド
(名古屋)
左:47  中央:19 右:34
(川崎)
左:55  中央:22 右:23

スプリント
マテウス 稲垣 田中 三苫 前田 登里 山根 家長 ダミアン 成瀬

スポンサーリンク

【試合中の独り言】(後半)

(後半開始) 

中盤の攻防 お互い集中した入り
川崎の前線からの狙い・動きが サボる選手いないし徹底されてる
5分ほど 名古屋陣内で川崎がボールを回す 
CK 谷口選手のヘッド ゴール上に逸れる。前半のジェジエウ選手、先制点とセットプレーヤバない?
50分 川崎陣内で球際厳しく攻防 最後はマテウス選手が右足でミドル 
名古屋ボール持ってるけど 時間かけすぎると川崎が準備・整理して対応される
54分 相手のバックパスを金崎選手がカット 最後は阿部選手がシュート放つがブロック
名古屋疲れか? 前半と比べスピード・圧が下がってきた これからをどうするか?
それに比べ川崎は同じペースでやり続けられている 

56分  失点  ジェジエウ選手
ペナ外 右より中村選手のFKをファーのジェジエウが頭で合わせ 丸山選手にあたり軌道が変わったボールはゴールに吸い込まれる
またセットプレーか。この展開で2点差は厳しいゾ

58分 名古屋自陣での横パスを田中選手に狙われシュート
明らかに精度・強さが落ちてきた。集中も大丈夫か? 何か修正しないと まずいぞ
名古屋が最終ライン跳ね返しても囲まれてロスト 
完全に川崎のゲームに 好きにやられてきた 選手交代って言ってもなー。 ピッチ内で修正してほしい
62分 マテウス選手がドルブルでカウンター。個で仕掛けるも相手の戻る選手が多く止められる
三苫・ダミアン選手に右サイドを奇麗に突破されシュートまでもっていかれる
63分 前田選手(OUT)→石田選手(IN)、阿部選手(OUT)→山﨑選手(IN)
残念だが選手交代だけで流れを変えられる気がしない

64分  失点  ジェジエウ選手
CKから変化をつけ中村選手からファーサイドのジェジエウ選手へ。さがりながらヘッドは弧を描いてゴールに吸い込まれる。
セットプレーで3点目って さすがにもうだめだ 

66分 久しぶりに相手ゴール前にいくも 最後のところの質が・・・
川崎のゴール前に近づいていくも 相手のブロックも強く崩すアイデア・最後の精度がない⤵

67分 飲水

71分 左サイドからカウンターをしかけ 右裏を狙ったマテウス選手がシュート
72分 左サイドのオジェソク選手からのグランウンダーのクロスに石田選手が中央で合わせるがゴールわずか左に
川崎 一発カウンターの精度も高い
77分 名古屋のカウンター マテウス選手一人で勝負しすぎ。CBに囲まれてロストを今日何回見たか? 焦りか? 他選手のフォローの問題か? これまでこれで結果を出してきたけど・・
80分 三苫選手トラップ 超巧い 
81分 米本選手(OUT)→シミッチ選手(IN)、オジェソク選手(OUT)→太田選手(IN)
相手陣内でボール回すも ゴールの期待は・・・
84分 前節と同じような所からマテウスFK。もうこれぐらいしか期待できないが、シュートは落ち切らず バーの上
85分 シミッチ選手からゴール前のマテウス選手に ダイレクトでシュート
名古屋が攻めあぐんだ中で川崎のカウンターはしっかりシュートまでもってくる。ランゲラック選手がセーブするも しっかり枠内に飛ばしてくる川崎スゴイ
89分 金崎選手イエロー ルーズボールへのスライディングが相手にあたりファール
91分 シミッチ選手 不用意なバックパスがカットされピンチ。 バック・横パスへ相手の狙いわからいのかな 

(後半終了)

(後半まとめ)

0-3で試合終了 
(展開)
両者 集中高く後半に入るが前半の流れそのまま 川崎が名古屋陣内に攻め入る 前線からの守備もつよく 15分はほぼ受けるが セットプレーから追加点。
この追加点でさらに勢いをました川崎が 前線でのゴールに近づくプレーを増やし 名古屋のカウンターをゆるさず 高い位置からの連動でカウンターも許さず
流れを変えるべく選手交代をするも直後にまたもセットプレーからジェジエウ選手に決められ3点差
飲水タイムから5分間程度 グランパスも相手陣内に入るが、しっかり守った川崎の守備を崩すことはなく決定機をつくれない
川崎は交代で入った選手が勢いをもってボールに関わり 最後まで強度がおちることなく試合終了

残念ながら後半 名古屋の見せ場はほぼなし。内容は悲しくなるほどの差を感じるもの。 後半入りから徐々に勢いがなくなる名古屋に対して川崎のペースは全く落ちず。強さ・速さ・連動・個の力で質の高いサッカーを続けられるチームの強さをまさに見せつけられた後半だった。
個ではテクニック・強さ・反応・連動・役割の遂行・継続性・状況把握 全て負け。なすすべなし。
また前半に押し込まれる状況から試合中に修正する力も川崎の方が上。 交代で入ってくる選手が同じクオリティのプレーができる所でも大きな差を感じた。
これまであまり見られなかったセットプレーからの失点。それも3本も。 これは川崎の狙いだったのか? であれば戦術レベルでも完敗ということか。


スタッツ 90分(名古屋-川崎)
シュート:15-18 (枠内6-12)
支配率:52%-48%
パス: 587-577
CK: 2-6
ファール:8-12
※シュート数+枠内シュート、CK数がこの結果を物語っています

走行距離
(名古屋)112.3㎞ (川崎)109.7㎞
※走りの質について考えさせられた

スプリント
(名古屋)141 (川崎)122
マテウス 稲垣 登里 三苫 田中 山根 前田 オジェソク ジェジエウ 石田

スポンサーリンク

試合を終えて

インタビュー (フィッカデンティ監督)

フィッカデンティ監督
Q.試合の振り返り
「前半すごく良いゲームができた どちらにもチャンスがあり 我々がよかったという訳ではなく 素晴らしい前半というものを両チームが提供できた その中で最後の失点の所で、後半はバランスが前半とは違った形で始まらないといけなかった
2失点目も 3失点目もタイミングとしても(どのタイミングでも取られてはいけませんが)すごく嫌な所でとられて ただどちらも後半の入りも良かったですし失点した後も常にそれを受けすぎてしまって、プレーの内容がかなり悪くなるということもなく まず2-1。 点をとられても3-1するんだという そういうプレーを選手たちは冷静にやり続けてくれたという所で そういった姿勢というのは今後に大きくつながると思う。
ただセットプレーでああいうやられ方をしてしまうと川崎相手にあれだけ内容が良くても こういう負け方もあるんだと そういう所も選手たちは理解をしないといけないと思います」

Q.次の試合に向けて
「山﨑の最初のゴールが兎に角 一番美しいかといったらもしかしたら一番簡単かもしれないのですが、ある意味チームにとって一番大事だったかなと もちろん試合の中でも先制点ですし あれだけチームの為にと気持ちをもった選手が だんだんチームのやり方に慣れてきてゴールもついてきたという所で皆幸せに思っていますので さらにあとはマテウス 稲垣と2人が素晴らしい見ごたえのあるプロらしいゴールを決めてくれましたので 本当に素晴らしい3つのゴールでした」

Q.無失点の3連勝 守備力への手応えは?
「これだけ良いプレーをしても結果を見たら大差で負けたというのは数字の通りですので セットプレーでこれだけ失点するということも予想していなかったですし これまでもなかったですし こういうサッカーもあるんだという所で次以降につなげないと意味がなくなってしまうと思います」

(インタビュー訳のまま)


(お願い)
・更なる連携強化
・更なる戦術の浸透と意思統一
・コンディション調整(ケガ注意)
・選手層の拡充と底上げ(積極起用)
・グランパス対策への対策
・攻撃パターン・得点力 



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました