【試合レポート】2020.10.10 第21節 セレッソ大阪戦 1-0 勝利 堅守同士の上位対決!「かっぷり四つ」で劇的勝利!

試合レポート
こりもです 

Jリーグ第21節 セレッソ大阪戦 1-0 勝利

やりました! 堅守同士の戦いらしく「ウノゼロ」で勝利しました。
「連勝」+「2試合連続クリーンシート」+「ホーム4連勝」+「終了間際の劇的弾」とかなり嬉しい結果です

内容としても両チームとも守備から入るのは同じですが、それぞれ良い所を存分に出し、共にミスも無く、集中した緊張感のある試合で かなり見応えがありました。 前節はセレッソの完成度の高さに驚き少ないチャンスを仕留め勝利しましたが、今日は攻撃面でも堂々と渡り合い この緊迫した試合を制することができたのではないでしょうか

嬉しかったのは新たな発見と選手の変化。 相馬選手は中への意識がこれまでより強くプレーに幅が、前田選手も中央で変化をつける動き(後半)も見られましたが、阿部選手・シャビエル選手の同時起用でかなり変わったこと。2人ともサイドにも流れ中央にも入れるテクニック・アイデアをもったプレーができ、それがサイドの活性化、チャンスの創出、ハイプレスを生み出したのは 非常によかった

また一番の収穫はオジェソク選手の能力と成瀬選手との組み合わせは非常によかった。吉田選手の負傷で左サイドに変わった後は 相手のストロングサイドをしっかり消して、これでもかのオーバーラップ。 対人(守備)の強さは解っていたが、両チームで一番のスプリント数での攻撃能力は正直びっくり。吉田選手のケガは心配だが、再発見ではあった。

今日の試合は見応えもあり、これまでとの違い・強さも見られ非常によかった試合だったと感じています!
スポンサーリンク

セレッソ大阪戦リーグ屈指の「堅守」チーム同士の上位対決

【試合前の独り言】
前節の浦和戦勝利で「オセロ状態」は続きました。今のグランパスの戦績についてこの「オセロ」と言う言葉良く使われますよね。今日はこのオセロを崩す番です。
前節は ミッチとマテウスのおかげででしぶりのクリーンシート・1点差で勝ち取った戦いでした。内容的には中々難しいもので一言でいえば「我慢」というゲーム。 他サポの友人からも、オセロ状態や5位という順位からも 「強いのか弱いのかよくわからない」なんて言われる状態ですね。

https://corimo.net/2342/

今日のセレッソ戦はどうなるか。 前回対戦は負けていなかったセレッソに黒星を付け(阿部選手のスゴイシュート)でかなり満足なものでしたが、今のセレッソも3位とその好調さは今も保っています。 この頃は堅守と言われたセレッソも失点が多いようですが、チーム力は高いはず。難しい試合になると思いますが、この1戦を制すれば上位に食い込めますので、何とか勝利をつかんでほしいところです。

前回のセレッソ大阪戦 対戦レポート↓

【試合レポート】2020.7.12 セレッソ大阪戦 2-0 勝利! 「どういうサッカーがしたいのか」 光が見えた最高の結果
こりもです Jリーグ第4節 セレッソ大阪戦 2-0 勝利水曜日から中3日で第4節が行われました。いやーよかったですよね。今日の試合。試合の入りこそセレッソの整理されたサッカーに大丈夫かと思わされましたが、しっかり耐え抜いて待望の先制点...

試合前監督インタビュー↓

インサイド・グランパス
「INSIDE GRAMPUS (インサイド・グランパス)」は、名古屋グランパス自らの手で、クラブのINSIDEからチームや選手、クラブの情報を、ファン・サポーターの皆さんへ届けます。


さてこのセレッソ大阪戦 事前データとしては

・名古屋グランパス:5位(勝点36) ・セレッソ大阪:3位(勝点42)

■対戦成績:名古屋グランパス(セレッソ大阪戦)24勝9分16敗        
(過去5試合) 2勝1分2敗
■名古屋グランパス:ホーム3連勝中
■セレッソ大阪:4試合連続 複数失点

試合前情報

(スタメン)
フォーメーション 4-2-3-1  
(FW)      金崎
(MF)相馬   前田  マテウス
       米本 稲垣
(DF)  吉田、  中谷、 丸山、 オジェソク
(GK)     ランゲラック

【スタメン】
前節スタメン からの変更はなし。
攻撃陣・守備陣全て同じって 確かに1週間ありましたが、どうなんでしょう。前節の戦いを評価してのものなのか? 今のベストの布陣なのか? よくわかりませんが、ねーー。
前節も気になりましたが サイドアタッカーを2列目に3人揃えるのって 全員が外に流れて見ていてどうかと思うのですが、スピードを生かしたいのでしょうか。

(ベンチ)
阿部 山﨑 シャビエルシミッチ 成瀬 藤井 武田

【ベンチ入りメンバー】 
ベンチスタートも全て前節と同じ。 宮原選手・他若い選手の起用はどうなんでしょう。将来の期待も感じたいのですが・・・

(今節注目点・気になるポイント)
■連勝(8/23 川崎戦以来の連勝を!)
■ホーム 連勝保持
■選手交替(戦況・疲労・時間帯) 
■先制点

(スタジアム)
パロマ瑞穂スタジアム
天候:雨のち曇 (19.9℃) 
観客数:7861人 
審判:家本 政明

(相手要注意)
・坂元選手:評価も高い、ドリブル・切り返しと突破能力は凄い
・清武選手:アシスト・得点とゴールに絡んできて調子を上げてきています 
・デサバト選手:藤田選手と共に堅守の要
他 攻撃陣はチーム得点王 ブルーノメンデス選手の強さ、柿谷選手のテクニック、職人肌の奥埜選手とタレントは揃っています
またGKジンヒョン選手をはじめヨニッチ選手・ボランチコンビなど堅守を支える守備能力は高い

【試合前監督コメント】

マッシモ・フィッカデンティ監督
 Q.上位対決 セレッソに対して何を一番重視して戦いたいか?
「もちろん上位対決になりますので順位にこだっわって行く中で勝つことを目指して準備してきましたが、こういう天候なので 全てを読み切った上で 試合中にも状況は変わることがあると思います、止んでほしいですが どちらにしても良い状態同士のチームだと思います その(ような)試合になると思いますので好ゲームが期待できると思う」
(インタビュー訳 そのまま)
スポンサーリンク

【試合中の独り言】(前半)

台風の影響はどうでしょうか? 何とか雨も弱まり大丈夫そう ただ雨風は止まず どう影響するか?

キックオフ
前田選手がトップの位置に 金崎選手と2トップで4-4-2の形
今日もマテウス選手 左右サイド 顔出して元気そうです
入りは前向きのプレー・早い攻撃 が見られる 入りとしては良し
右マテウス選手が今のところ攻撃の起点に
セレッソのプレスは 今のところそんなに強くない
マテウス・前田選手の2人でのカウンターの形見える 2人のスピードは武器になりそう
7分 左サイド切り込まれるとペナまで侵入。 セレッソ攻撃時の集中・迫力はコワイ
8分 左サイド相馬選手を使った速い攻撃から 中央に落としたボールを稲垣選手がミドルシュート。鋭いシュートはGK正面。相手の守備の固さを考えると積極ミドルはドンドン狙ってほしい
9分 マテウス選手 またドリブルで3人相手にペナへの突破を試みるがさすがに
しっかり守って速い攻撃が出来ている ただサイドでから中には入れない
11分 ランゲラック選手スーパーセーブ! ゴール前に飛び出した柿谷選手にスルーパスが通るがランゲラック選手が飛び出し体を張ってはじき出す。 フウーー 1点救われた
グランパスも落ち着いて守れている。今日は取った後も前への意識が全員高い
やっぱり左サイド 深く来られるな。 松田・坂元選手の質は高そうだ 
17分 セレッソ しっかりつないでグランパス陣内に攻め込むが グランパスのブロック崩れない
20分 セレッソの10分ほどのポゼッション・攻撃耐えた これからだ!
前田選手の受ける・引き出す動きがまだ見られず。ボールに触れてない。やっぱりサイドの選手なんだろうか

(飲水)雨が強くなってきた

25分 攻守速く切り替わる お互い守備は固くミスもなく緊張感あり
26分 左サイド 相馬選手が中央切り込んで2人かわしてシュート。良いプレーもっともっと中に入ってプレーの幅を!
27分 吉田選手 12分の相手CK時 メンデス選手との接触の痛みか 倒れこんで立ち上がれず。一人で歩けず 大丈夫か? 豊!
28分 吉田選手(OUT)→成瀬選手(IN) ジェソク選手が左サイドに移動
30分 米本選手のの鋭い縦パスから前線前田選手がペナ内で粘り マテウス・金崎選手とゴールに迫る 惜しい
セレッソ 柿谷選手の飛び出し注意 やっぱり攻守のメリハリ効いていて整理されたサッカーをしてくる
34分 成瀬選手のクロスを金崎選手がヘッド ゴール左下に叩きつけるもGK好セーブ 惜しい!
攻守切り替え速く このまま押し込めるぞ! 
40分 相手の攻撃しのぎ 速いサイド攻撃 左ペナ近くで相馬選手FK獲得。マテウス選手ミスキック。 この展開では丁寧にセットプレー生かしたい 
後方からのロングパス 金崎選手の収まりもこれまでより良い感じがする
ジェソク選手 守備強い。これまでの左サイドの攻撃しっかり対応。ここを抑えることでセレッソのチャンス減ったような
AT3分 サイドから入れさせない 固く守れてる

(前半終了)

================

(前半まとめ)

0-0で折り返し

(展開)序盤からグランパスが前から圧力をかけ押し込む。徐々に固い守備からポゼッションしながらセレッソも分厚い攻撃を仕掛けてくる。 セレッソがボールを保持する時間も続くが グランパスのカウンターも効果的で、終盤は徐々にグランパスが攻め込む時間が増え 攻守の切り替えが速い展開に。両チームともに守備・攻撃とメリハリが効いて 守備面では危ない所でミスなくしっかり固めて 攻撃に移った時にはセレッソはパスを繋ぎ徐々にゴール前に押し込むスタイル 一方グランパスは前線(サイド)へのロングパス・ドリブルで速い攻撃と お互いゴール前の決定機を作り出すが両GKの好セーブでスコアレスで前半終了

共に特徴を見えせた前半だった。 非常に引き締まった緊張感のある良いゲームになっていた。共に相手のスキを狙い、逆にスキを作らず落ち着いた固い緊迫した試合内容。 後半どちらが先制点を奪えるのか非常に重要。 お互い固い守備ができている状況では個での突破やセットプレーが大きなポイントになりそうだ。

前半スタッツ(グランパス-セレッソ)
シュート:3-1 (枠内2-1)
支配率:47%-53%
パス: 253-289
CK:0-1
ファール:3-5
※ほぼ五分五分の内容通りですが、結果セレッソのシュートを1に抑えてたんですね

アタッキングサイド
名古屋
左:45  中央:14 右:41
セレッソ
左:40  中央:18 右:42
※この比率も似通っています

走行距離

米本 稲垣 デサバト 藤田 メンデス 前田 清武 片山 金崎 坂元
※ボランチ走力対決 面白い

スプリント
前田 片山 ジェソク マテウス 柿谷 メンデス 相馬 松田 中谷 坂元

スポンサーリンク

【試合中の独り言】(後半)

(後半開始) 

45分 中盤でボール奪取 金崎選手が後半ファーストシュート
セレッソもポゼッションしながらグランパスのスキを狙う。 グランパスもブロックの中に入れさせず クロスもはじき返せてる。今日の中央どっしりしてて安心感ある
49分 セレッソの時間続く 奪っても左サイド相馬選手がことごとくロストで前に運べず。相馬選手も剥がすテクニックがもうすこし欲しいなぁ
50分 ようやくセレッソ陣内での時間
セレッソも中央固くクロス対応も強い サイドから中に入れず突破口見つけれない 
個人の仕掛け スピードで相手守備陣のバランス崩したい
55分 前田選手 上下・左右の動きで顔出して前線で変化つけてる 
セレッソの速い攻撃も注意 柿谷・メンデス選手2人でも決める力あるぞ。 マル・シンでしっかり対応できているが
前田選手(OUT)→阿部選手(IN) 相馬選手(OUT)→シャビエル選手(IN)
58分 相手パスミスから高い位置でシャビエル選手がゴール前までドリブルで仕掛ける。3人に囲まれ 惜しい
59分 阿部・ジェソク選手の左サイドから中央に マテウス選手シュートは相手にあたり CKに
攻撃の雰囲気でてきたぞ 
セレッソの攻撃はしっかり抑えられてるが、こぼれ球・セカンドボール・パスミスには注意したい
オジェソク選手もかなり高いところまで上がれてきた 阿部選手が相手動かしてくれてるんだろう
63分 左CK 右と連続CK 

(飲水) 後半 攻守の割合は五分 ゴール前のチャンスはグランパス

70分 金崎選手ナイスポストから ゴール前に侵入するが。あとは最後の所だけ
71分 坂元選手のカウンター機会を 阿部選手ファールで止め イエローカード
72分 かなりテンポ良く ワンタッチでの攻撃 阿部選手のサイドチェンジも効果的
ただ中央への放り込みだけでは中々難しい
左サイド オジェソク選手が高く攻めあがる回数増える。スペースもあり深くまで侵入できるようになってきた
74分 右サイド 成瀬選手のオーバーラップからゴール前の阿部選手 絶好機だが 上手く当てれず 
76分 丸山選手 競り合いからペナ近くでFK与える シュートは外れるも セットプレーは何があるか・・・
79分 左ジェソク選手の駆け上がりから 最後は米本選手のシュート
オジェソク選手 一対一強い ほぼ抜かれず 攻守においてかなり目立ってる
83分 稲垣選手ミドル また左サイド オジェソク選手からの展開
左サイド ジェソクの上り かなり目立つ シャビエル・阿部選手が中にも入っていくので上がるスペースを作れてる
15分ほどグランパスのペース セレッソはカウンターの形。チャンスはグランパスの方に
87分 阿部選手からゴール前に抜け出したシャビエル選手へ シュートはサイドネットで惜しい場面。 阿部・シャビエル選手のテクニックの連携良し あとちょっとだ
89分 ボールを失っても 集中して流れは渡さない セレッソ陣内で進める

90分  ゴール  マテウス選手
オジェソク選手 左サイド高い位置で 相手DFからボール奪取 シャビエル選手から中央 マテウス選手に折り返し 落ち着いてトラップしゴール右隅に突き刺した

ペナ近くでFKを与えるも 直接シュートはゴール上にはずれる

あと3分 集中 

(後半終了)

(後半まとめ)

1-0で試合終了 
(展開)
前半同様 両者堅い守備から速く前に向かうグランパス ポゼッションして押し込みたいセレッソ。 そんな中 序盤はセレッソのほうがボールを握る時間を多い展開であったが 徐々にグランパスも流れを引き寄せ 選手交代(阿部・シャビエル選手)を機に セレッソ陣内でボールを握り相手ゴールに近づいていく。セレッソも選手交代で対抗するも流れはグランパスに傾く。飲水タイム後は両サイドを起点に相手深く起点をつくり相手陣内でポゼッションするのがグランパス。逆にブロックを組んでカウンターを狙うのはセレッソと 形勢逆転。 グランパスは押し込み決めてを欠いていた中 アディショナルタイムに入った所でマテウスの先制弾。 残り少ない時間を集中し守り切ったグランパス 勝利で試合終了

後半から前田選手が金崎選手と中央で起点となり形をつくってい割いてき、相馬選手も中への切り込みでこれまでと違った動きをみせチャンスがを作るがセレッソの固い守備を崩せず。そこで交代した阿部・シャビエル選手で一気に拍車をかけた感じです。 それぞれ中央でもプレーができる選手。中央の攻撃の厚みがでて、SBの攻撃参加のスペースもでき徐々に相手ゴール近くでのプレーが増え、その中での得点。

また今節 特に目立ったのはオジェソク選手。それまで崩されていた左サイドに入ると一切突破を許さず、こんなに攻撃参加するのか?というぐらい 最前線までオーバーラップをしてチャンスを作る。この攻守の活躍があっての先制点とクリーンシートと言ってもいいのでは?
マテウス選手と共に 得点前の相手DFからのボール奪取がこの勝利を引き寄せた。
スゴイ! ジェソク!


スタッツ 90分(名古屋-セレッソ)
シュート:11-4 (枠内4-2)
支配率:55%-45%
パス: 576-446
CK: 4-1
ファール:8-12
※スタッツを見ても支配率も前半から完全に逆転しています。ゴール前のチャンス・ボール保持と後半は支配ができたといっていいのでは

アタッキングイド
(名古屋)
左:43  中央:21 右:36
(セレッソ)
左:39  中央:19 右:42
※この所の中央 一桁%から大幅に増えています。シャビエル・阿部選手の同時起用の結果でしょうか

走行距離
(名古屋)114.8㎞ (セレッソ)113.5㎞
米本 稲垣 デサバト メンデス 藤田 片山 金崎 マテウス 清武 オジェソク
※ボランチ 走力勝負はグランパスに軍配

スプリント
(名古屋)121 (セレッソ)111
オジェソク メンデス 片山 前田 柿谷 松田 マテウス 米本 瀬古 相馬
※オジェソク選手 スゴイの一言 マテウス選手は後半少し疲れたかな

スポンサーリンク

試合を終えて

インタビュー (フィッカデンティ監督)(マテウス選手)

フィッカデンティ監督
Q.上位対決を制した今の思いは?
「予想通りすごく厳しい戦いになったのですが 我々も逆に言うと簡単なサッカーはさせずに 素晴らしいセレッソの 戦術に基づいたサッカー 組織のサッカーに対して我々も同じレベルのものをしっかりぶつけられたと思いますので その中でしっかり勝ち切ったというのは本当に素晴らしいと思う」

Q.緊張感のある試合 どのような思いで試合を見ていた?
「どういう所でレベルが高かったかという所でも お互いにその場で常にいろんなものを考えながらプレーしていたと思いますので。 簡単にボールを失わないということもそうですし 攻めたい所もあえて我慢するという所もあったり 本当に戦術的なぶつかり合いというものが。 だからこそプレーに出なかったというお互いの駆け引きもあったと思いますので そういった緊張感がずっと続いたゲームだったと思います」

Q.4-4-2の布陣 この意味は?
「前からしっかりぶつけに行くという時は違った形だったのですが、ベースとして受けるという時は4-4-2でやる中で その4-4-2の守り方で良かったというよりは 前からぶつける 受ける それぞれの守り方をしっかりとどちらもできたのかなと思う」

Q.8月ぶりの連勝 ACLへの思いは?
「結果その試合その試合でそれぞれのストーリーがありますので どういうふうにその試合を勝つことができるかというものを引き出すために、逆に何でもできるチームでなければいけないと思いますので そういう感覚で次も何としても勝つんだという風に徹底的に準備をしてやりたいと思う」

Q.次節に向けて
「最近の試合を見ても札幌も良いサッカーをやっていると思いますので そのあたり今日は結果しか見ていないのですがしっかり勝っていますし縦に速いサッカーをするといイメージを基に準備をしたいと思います。
準備も大事ですが今日のようなスピリットをグランドの中でもった上でプレーすればどんなチームとやっても負けることはないと思いますのでこのまま続けたい」

(インタビュー訳のまま)

マテウス選手
Q.試合を振り返って
「凄く嬉しい 難しい試合になると予測していたので 上位のチームと戦うのは簡単な試合はなくて チームが粘り強いサッカーをして最後の最後に決めることができてすごく嬉しい」

Q.ゴールシーンを振り返って
「シャビエルがしっかりスペースに持ち運んで 僕の方を見てくれたということに気づいて その後も声をだしてそのボールをもらって 最後の最後に決められることができてすごく嬉しい」

Q.アシスト・パス目立つが 連携面は
「僕だけではなく相馬選手がセットプレーを蹴ることがあるので とりあえず自分が蹴る時になるべく自分のチームメイトに合わせていいパスが出せるように。 気持ちを込めてパスをだすのですが プレー中にも中々アシストは難しいのですが 僕がアシスト出している中では決めてくれている選手のおかげだと思っていて これからもチームに貢献して引き続きやっていきたい」

Q.ファンサポーターへの思いを
「コロナの状況で無観客という状態でプレーするというのは皆にとってつらかったのですが 少しずつサポーターがスタジアムに入ることができるということが我々にとってすごく大きな力になる。今日のラスト1点は サポータの力 サポーターの後押しがあったからこそ「力」が生まれて勝利することができたと思います」

Q.次もホーム札幌戦 次節に向けて
「難しい試合になると思いますし アウェー戦のところで引き分けと言う形で終わったのですが今度はホームでしっかり勝ち点3を取ってチームに大きな勝ち点3を与えられたらいいと思います」

 


(お願い)
・更なる連携強化
・更なる戦術の浸透と意思統一
・コンディション調整(ケガ注意)
・選手層の拡充と底上げ(積極起用)
・グランパス対策への対策
・攻撃パターン・得点力 



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました