◆Jリーグ 2019年シーズン外国人枠廃止でどこに向かっていく? 変更点や効果と課題について

Topics
こりもです
2018年シーズンも全ての日程が終わります。そこで気になるのがやはり”ストーブリーグ”ですね。 我がグランパスも風間監督の契約更新もされた一報 話題になっている退団の発表があったりと2019年シーズンは動き始めています。(神戸もすごいですし。。。)
次シーズンの体制(メンバー)はやはり気になるところ。そこで次シーズンから”外国人枠”のjリーグの規定が変わるんです。 どのクラブもこの規定を如何に有効に活用するのか、どのように対応するのか非常に大きなテーマになってきます。

そこで今回はこのレギュレーション変更についてまとめてみます。

【目的と効果】            
・有能な外国籍選手数が増えれば、リーグのレベルは上がる→日本人の成長を促す。
・海外リーグのシーズンにあわせた時期に選手獲得に動ける。より活発な選手交流を図れる。
・J1で限られたポジションを争い、優秀な日本人選手がJ2やJ3のクラブにプレー機会を求めることで、Jリーグ全体的なレベルの底上げにつながる
・世界的選手の獲得で海外からの注目も集まりJリーグの価値があがる(人気(他国での放映など)・スポンサー収入・新規サポーターの獲得)
・高いレベルのプレイを間近でみることができる。

【課題】               

・日本人の若手選手の出場機会を奪い育成の障害になる→日本代表の発展への阻害となる。
・ヨーロッパのリーグに比べ資金力がなく、高レベルの選手の獲得は難しい。
・資金力のばらつきで戦力・人気の格差が大きくなる

【規定内容 現状と変更点】      

=2018年シーズン 外国人登録枠 規定(変更前)=
J1、J2、J3リーグ
(登録人数)
・外国籍選手枠(外国人枠)の登録は1チーム5名まで
・Jリーグ提携国の国籍を有する選手は外国籍選手ではないものとみなす
 ※グランパスの場合(ジョー、シャビエル、ネット、ランゲック、ホーシャ) 提携国の国籍の選手はゼロです

(試合出場人数)

・Jリーグ・ルヴァン杯・天皇杯でも同様のルールが適用。
・【外国籍選手3名+AFC枠1名 計4名】 + 連携国籍選手

(選手登録可能人数)

1.外国籍選手枠(外国人枠)の登録は1チーム3名まで
2.アジアサッカー連盟(AFC)加盟国の国籍を有する選手は1名に限り追加可能
3.Jリーグ提携国の国籍を有する選手は外国籍選手ではないものとみなす
 ※1.グランパスでは ジョー、シャビエル、ネットが主に対象でした
 ※2.グランパスでは ランゲラック対象です。他クラブでは韓国選手を多く起用。
 ※3.グランパスでは該当なしですが、札幌のチャナティップやテーィーラシン・ティーラトンらタイ選手が活躍しましたね。

(Jリーグ提携国一覧)

 タイ王国、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、マレーシア、カタールの8カ国。
 オーストラリアとスペインは選手登録の提携国枠には含まれない。


※★赤文字が変更点
=2019年シーズン 外国人登録枠 規定(変更後)= 【★=変更点】
★J1リーグのみ
(登録人数)
★プロA契約の25名枠内であれば登録上は人数に制限なし
★Jリーグ提携国の国籍を有する選手は外国籍選手ではないものとみなす

(試合出場人数)

★J2 J3との試合についてはそれぞれの所属リーグの外国籍選手枠を適用。
★・J1参入プレーオフはベンチ入り・出場の上限は4名。
★・外国籍選手5名+AFC枠1名 計6名】 + 連携国籍選手

(選手登録可能人数)

★1.外国籍選手枠(外国人枠)の登録は1チーム5名まで
2.アジアサッカー連盟(AFC)加盟国の国籍を有する選手は1名に限り追加可能
3.Jリーグ提携国の国籍を有する選手は外国籍選手ではないものとみなす

(Jリーグ提携国一覧)

 タイ王国、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、マレーシア、カタールの8カ国。
 オーストラリアとスペインは選手登録の提携国枠には含まれない。
はたして この事実上外国人枠撤廃の決断は各クラブにまたJリーグにとのような影響を及ぼすのか。



【規定変更の効果・影響は】      

※クラブによって資金力力や方向性も違います。そういった中で
・海外クラブとのつながりと資金力を生かし(神戸はバルサ、マリノスはマンC)有名選手を獲得を進めていくクラブ
・あくまで日本人選手に拘るクラブ
・無名の南米(ブラジル)選手を多く獲得し育成し価値をあげる(シャフタールのウィリアンとか、フェルナンジーニョなど)クラブ
など クラブ運営の選択枠はひろがりクラブごとの特徴が今以上に出てくることが予想されます。
そういった状況を不公平ととるか、多様化と見るか、どういった状態になるのかは非常に注目です。
※この影響で、はたして世界と渡り合える日本にビッグクラブは生まれるのか?
 我がグランパスもご存知 世界的企業がスポンサーになっており、どのような方向に進むのか?
 実は非常に楽しみなんですが、やっぱり日本人選手にも思い入れは強いんですよね。特に生え抜きの選手にはね。

【規定変更の解決すべき課題と解決策は】

※解決すべき課題の中で一番危惧されているのは 「若手の出場機会の減少」で育成との矛盾点です。
ヨーロッパリーグの「代表よりクラブ」といったサッカー文化や歴史をもった状況とも違い、日本はまだ歴史・サッカー文化の浸透の為に代表強化はをしなければいけない時期であるともよく言われる状況ですね。なのでまだヨーロッパと同様に考えるべきではないとの意見もあります。 この課題をクリアする案がなければ反対の意見少なくないでしょう。

★そこで 同時に「ホームグロウン制度の導入」なんです。

【内容】
ホームグロウン選手をトップチームに登録しないといけない。
※ホームグロウン選手の提議とは?
「12歳から21歳の間、3シーズンまたは36か月以上、自クラブで登録していた選手」
「満12歳の誕生日を含むシーズンから、満21歳の誕生日を含むシーズンまでを対象とする」
「期間は連続していなくてよい」
「21歳以下の期限付き移籍選手の育成期間は、移籍元クラブでカウントする」
「選手を国籍、またはプロ/アマの別、または年齢で区別しない」
「JFA・Jリーグ特別指定選手はホームグロウン選手と見なさない」

・2019年はまずJ1クラブのみに導入。

・1クラブ2人以上在籍していないといけない。
・2021年は3名以上、2022年からは4名以上となる。
・J2、およびJ3クラブは2022年より導入。

罰則はホームグロウン選手登録が満たされない場合は、翌シーズンのA契約25名枠から不足同数分が減ぜられる。AFCチャンピオンズリーグ出場クラブの場合はA契約27名枠から減ずる。なお、自クラブ第3種または第2種チームで3年以上育成したA契約選手を、A契約25名枠外で登録する制度は存続。当該選手はホームグロウン選手と見なされる。 JFAから引用

という事でクラブへ育成の義務を課したわけです。

これらのレギュレーション変更での2019年各クラブ(私はもちろんグランパスを最注目ですが)がどうなるのか、2018年オフのストーブリーグに注目していきたいですね。
併せて日本人の選手にも希望の持てる、もちろん日本代表のレベルアップにつながるリーグであることを願います。
タイトルとURLをコピーしました