【試合レポート】2020.10.4 第20節 浦和レッズ 1-0 勝利 「アウェー連敗ストップ、久しぶりのクリーンシート」 見せた! マテウス・ミッチの「個」の力 

試合レポート
こりもです 

Jリーグ第20節 浦和レッズ戦 1-0 勝利

ようやくアウェーで勝てました。に加えて久しぶりのクリーンシートでの勝利は結果として良かったのではないでしょうか。「オセロ」も継続しましたし。。。 次は「オセロ」やめましょう。

内容としてはどうでしょうかね。浦和もまだ調子が上がっていないように見えましたが、グランパスも攻撃面では中々改善されずでしょうか。 まずはアタッキングサイドをみて2試合連続で中央が1桁パーセントが気になるところ。 2列目にサイドアタッカーを3人並べるスタメンにはどうかと思ってしまいますし、金崎選手にあてる、サイド攻撃だけじゃ もう対応されてますって。
チームもこの状況はわかっていると思いますので 「勝ちながら」どう成長していくのか期待しましょう。

ただその中で勝利を引き寄せてくれた 一人で打開してくれたマテウス選手はさすが。今年は完全にマテウス選手のチームになってますね。前節は少し元気なく心配しましたが。
あとはミッチ(ランゲラック選手)でしょう。 もちろんCBも含め全員で守った結果でもありますが、今日もヤバいところ2点防いでくれましたし、クリーンシートの立役者ではないでしょうか。

苦しい試合であったことは間違いありませんが、勝利という結果はよかった。まさに「勝って兜の緒を締めよ」でさらなるチームの成熟を期待しましょう!
スポンサーリンク

浦和レッズ戦インパクトの強かった前回対戦。だからこそのコワさ

【試合前の独り言】
前節の神戸戦の敗戦でまだ「オセロ状態」は続いています。中々連勝できないですね。
逆に今日は 連敗は避けたいです。オセロ状態を絶対に続けないといけない試合です。
前節はほぼ何もやれずにまさに「完敗」 レポートにも書いたように「個」に翻弄されチームとしてそれに対応できなかったゲームでした。 逆にあそこまで何も出来ないと 前を向くしかないのであまり私自身も引きずることなく、今節を迎えられていますが・・・

【試合レポート】2020.9.30 第29節 ヴィッセル神戸 0-1 完敗 「何もできなかった90分 思い知らされた個の力」 
こりもです Jリーグ第29節 ヴィッセル神戸戦 0-1 敗戦アウェーではなかなか勝てず、またも連勝はお預けとなりました。オセロは継続のようです。疲れやグランドコンディションの問題もあったかと思いますが、内容はスコア以上に完敗。前半後半と何...

今日の浦和戦はどうでしょう。 前回対戦は話題になった 6-2で完勝したゲーム。金崎選手が前線でしっかり働き マテウス・シャビエル・前田選手の高速攻撃でグランパスの攻撃力を見せつけた試合でした。その反面この試合の快勝から 前線の金崎選手やサイド攻撃に対してそれ以降の試合ではしっかり対策されてしまったきっかけにもなった試合です。
一方浦和も直近かなり苦しい(2試合無失点)状況のようですが、グランパスとの前回対戦は浦和にとって非常に屈辱的な敗戦だったはず。だからこそ 浦和は今節に対しては強い「復讐心」をもって挑んでくると思いますし、難しい試合になるのは間違いないです。

前回の浦和レッズ戦 対戦レポート↓

【試合レポート】2020.8.8  第9節 浦和レッズ戦 6-2 快勝! 前田直輝 4ゴール爆発! 「やるべきことをやった結果」
こりもです Jリーグ第9節 浦和レッズ戦 6-2 大勝!得点者:前田選手(4得点)、シミッチ選手、シャビエル選手、レオナルド選手(2得点)第9節 なんてことでしょう。想像以上の結果で正直びっくりしています。選手起用や疲労などの懸念事項が結...


良い時間・悪い時間・良い試合・悪い試合 勝敗表のように「オセロ」状態で まだ浮き沈みの多いハラハラするシーズンですが、この中で何かきっかけをつかみ、今後の肥やしになると信じてグランパスの成長を見守りましょう。 もちろん 「勝利」は何よりうれしいですが。

試合前監督インタビュー↓

インサイド・グランパス
「INSIDE GRAMPUS (インサイド・グランパス)」は、名古屋グランパス自らの手で、クラブのINSIDEからチームや選手、クラブの情報を、ファン・サポーターの皆さんへ届けます。

※神戸戦の米本選手に対するサンペール選手のプレーに対して、「メディアが取り上げない」「今後も言い続ける」と かなりお怒りです。 確かに骨折でもしていたらとおもうとぞっとします。大きなケガに泣かされ続けた米本選手だから一層ですよね。

さてこの浦和レッズ戦 事前データとしては

・名古屋グランパス:7位(勝点33) ・浦和レッズ:9位(勝点30)

■対戦成績:名古屋グランパス(浦和レッズ戦)34勝6分27敗        
(過去5試合) 3勝1分1敗
■名古屋グランパス:アウェー3連敗中
■浦和レッズ:直近2試合 無得点

試合前情報

(スタメン)
フォーメーション 4-2-3-1  
(FW)       金崎
(MF)相馬  前田  マテウス
       米本 稲垣
(DF)  吉田、  中谷、 丸山、  オジェソク
(GK)     ランゲラック

【スタメン】
前節スタメン からは2名変更。
阿部選手に代わり相馬選手がスタメン復帰。(阿部選手の代わりならタイプ的にシャビエル選手のほうがいような気がするが・・・)
前節復帰した右サイド宮原選手に代わりオジェソク選手がスタメン起用です。
他は前節と同じメンバー。ボランチは米本・稲垣選手のコンビ(ヨネよかった。前節のプレーで大きなケガにならず)
両CB・GKは不動の3人(疲れてないのか?ケガだけ心配)本当に心配です

(ベンチ)
阿部 山﨑 シャビエル シミッチ 成瀬 藤井 武田

【ベンチ入りメンバー】 
前節スタメンの阿部選手がベンチスタート。 前節スタメンの宮原選手がベンチ入りせず、かわりに成瀬選手がベンチスタートになります。

(今節注目点・気になるポイント)
■連敗阻止
■アウェー戦 連敗阻止
■選手交替(戦況・疲労・時間帯) 
■複数失点阻止(8/29から8試合ぶりのクリーンシートを!)

(スタジアム)
埼玉スタジアム2002
天候:曇 (23.1℃) 
観客数:9357人 
審判:荒木 友輔

(相手要注意)
・興梠選手:困った時にはこの選手が
・関根選手:この選手のスピードで過去 かき回された印象が 
・橋岡選手:相馬選手との同世代のマッチアップ
他 前回対戦2得点されたレオナルド選手(今回はベンチスタート)や 前線でリズムをつくれる武藤選手には途中出場時には注意をしたい。
あとベンチには 一発ズドンがある山中選手も控えており、相手交代への対応も注意

【試合前監督コメント】

マッシモ・フィッカデンティ監督
 Q.前節から中3日 今日の浦和戦に向けて
「それぞれのアイデアを整理しすることでチームとして戦うという所をフォーカスしてやった。 あとはこの日程ですので必ずシーズン通してやらなきゃいけないコンディションをなるべく上げるという作業をやった上で 浦和はクオリティが高いチームなのでなるべくベストに近い状態でチームを組めるようにということを 限られた時間の中でやってきたつもりです」

(インタビュー訳 そのまま)
スポンサーリンク

【試合中の独り言】(前半)


キックオフ
グランパス ゲームの入り 球際強くいけてる
相馬選手のサイド攻撃 今日は速い攻撃使えそう
3分 相馬選手からDF裏に抜けた金崎選手に。マイナスのパスに米本選手が ゴール前に抜け出した前田選手にパス。 シュートはわずか右にはずれる
※多くの選手が絡んだ良い攻撃。今日は期待できる?
これまでは グランパスのプレス・セカンドボール反応・攻撃連携 悪くない
相馬・橋岡選手のマッチアップは見どころ。相馬負けるな!
左CK ショートコーナー マテウス選手のクロスに金崎選手ヘッドはブロックされる
セカンドボール 米本・稲垣選手でしっかり拾えてる
9分 左サイド マルティノス選手に吉田選手が完全に剥がされ 中央の興梠選手に。上手い!反転しての技ありシュートはランゲラック選手が何とか距離を詰めて足にあててセーブ。1点もの ミッチに救われたよ
それにしても興梠選手上手い。 前線で自由にさせると 展開・得点と必ずチャンスに
12分 さっきのチャンスから浦和リズムでてきた
割り切ってブロック築け! 中央だけは許すな
18分 長い時間 センターライン付近で浦和にボールを回させる。これなら大丈夫。取りどころ集中してほしい
20分 クロスの対応も大丈夫
(飲水)
相手攻撃が続く中 全く前に運べなくなってきた
奪ってからの アイデアが乏しい(当てる先が金崎選手だけでは・・・)
興梠選手の巧さ マルティノス選手の速さが目立ってきてる
24分 またセンターライン当たりで浦和がパス回し 前線にはいれさせず
グランパスの奪ってからの裏へのパスは精度低く 前線も簡単にロスト
25分 長澤選手からゴール前に飛び出した興梠選手にロングパスが通る 危ない!
右サイドマルティノス選手に 吉田選手負けてるぞ 切り返しで思いっきり抜かれた
3分ぐらい ブロック組んで蹴り返す展開 時間だけが過ぎる
あんまりボール触らせると 相手のアイデア・精度上がってくるぞ
守備・攻撃のスイッチほしい。 メリハリがない試合展開。正直見どころ無い
33分 左サイド 深い位置のFKから ニアで 米本選手がダイビングヘッド。西川選手のナイスセーブ。丸山選手も詰めて押し込むも 惜しい!
浦和前に速いボールを入れ始めた。 逆にチャンスつくれるぞ
39分 よし! 早く運べるようになってきた ペナ外から金崎選手シュート
40分 丸山選手 ナイスインターセプト 前への勢い出てきた?
41分 前掛りになった所を 興梠選手から左マルティノス選手にロングパス。 ペナまで侵入したところを 吉田選手がスライディングで止めるがPKにはならず。マルティノス選手のPK狙いの動きに助けられたか。心臓止まるわ
45分 AT 3分 相手陣内に攻め入るもブロック組んだ相手には相変わらず難しい

(前半終了)

================

(前半まとめ)

0-0で折り返し

(展開)序盤からグランパスが セカンドボールへの反応・球際の強さで 高い位置でプレーし 前から強く押し込み、左サイド中心にスペースをつかって速い攻撃を仕掛けゴール前まで攻め入いる展開。 その中から決定機を生み出す。その後 レッズも10分でチャンスを作りそこからは ボールを握る時間が増えるが グランパスも危ない所をしっかり〆て 決め手を欠き 時間が過ぎていく。グランパスも良い守備からの攻撃につなぐことができず、レッズがグランパス陣内で徐々に攻撃の起点を興梠選手・マルティノス選手の速さでゴール前へ攻めこみ決定機をつくるも決め切れず。最後はグランパスも相手陣内に攻め込むが そのまま両者決定機を欠き 前半終了

速攻はそれぞれ決定機をつくれるが、遅攻になると中々良い攻撃ができず、何か同じようなチームのように見えてきました。 グランパスも序盤10分までは 相手陣内で連携よく・強く前に押し込む力がみられたが、相手の決定機を境にまったくボール奪取・攻撃へ切り替えることができなくなり、レッズは攻めあぐね、グランパスは守り一辺倒 と 正直見どころはあまりない前半だった。
両チームの数少ない決定機を防いだ ランゲラック・西川 両GKが一番めだったような気がする。

前半スタッツ(グランパス-レッズ)
シュート:5-3 (枠内4-1)
支配率:42%-58%
パス: 197-325
CK:2-2
ファール:3-4
※ボールを握っていたのはほぼレッズでもゴール前の数値はグランパスでした。 グランパスは序盤の攻撃、レッズはグランパスの守備が良かったのか、攻めあぐねたのか? という数値です

アタッキングサイド
名古屋
左:57  中央:12 右:31
浦和
左:47  中央:17 右:36

走行距離

米本 稲垣 長澤 金崎 マテウス 関根 エヴェルトン 前田 オジェソク 杉本

スプリント
マルティノス マテウス 関根 橋岡 相馬 興梠 前田 杉本 宇賀神 長澤

スポンサーリンク

【試合中の独り言】(後半)


フィッカデンティ監督 ハーフタイムコメント
「気持ちと気持ちがぶつかっているゲーム 最後まで勝利を目指して」

(後半開始) 

お互い 遅い攻撃では チャンス作れず。オープンになってからの勝負か?
グランパスはロングボールで前線に起点を作る狙い? ビルドアップしない(できない)
48分 マテウス選手 右サイドからのクロスは良いボールだが 相手DFデン選手にクリア
49分 左CKのこぼれ球をマテウス選手がダイレクトシュート。ゴール枠内右隅のボールは西川選手キャッチ
マテウス選手 かなり勢い出てきた
マルティノス選手に相変わらず吉田選手苦労してる

53分  ゴール  金崎選手
左サイドに流れた マテウス選手が個人技(ドリブル)で相手DF2~3人抜いてペナ内に侵入。折り返しにファーの金崎選手がヘッドで叩き込む。 後半からのマテウス選手の動きで期待はできたけど、やっぱりこういう前向きの仕掛けだよ。 前田・相馬選手も頼むよ

58分 レッズ選手交代(関根→柏木 杉本→レオナルド) レオナルド選手でてきたか。この頃は点決められてないらしいが、前回対戦の強引なプレーを思い出す
59分 マテウス選手 右サイドゴールライン際でもあきらめない。相手DFに仕掛けるプレー
前田選手がなー 攻守ともに存在が見えない 
柏木選手入ってのリズムの変化に気を付けたい
63分 レッズ選手交代(長澤 →伊藤)
マルティノス選手 サイドチェンジで助かった。オジェソク選手が守ってくれる
グランパス 前線でかき回すの マテウス選手だけかー。 前田・相馬選手 自分の場所・プレーに固執しすぎ。はまればいいけど相手もわかってるって
(飲水)
68分 前田選手(OUT)→シャビエル選手(IN)
オジェソク選手 強い まさにファイター!
ゴール前の守備でもマテウス選手登場。カウンターの起点に
73分 柏木選手から吉田選手の裏に通される。いつもここ。なんとかならんかな。吉田選手のポジショニング? 相馬選手のフォロー? 前線のプレス?
我慢の時間 しっかり守れ 
77分 マテウス選手 イエローカード。宇賀神選手とのマッチアップで後ろからのスライディング
ランゲラック選手も浦和のゴール前への放り込みのボールをナイス飛び出し+パンチングで何本もしのいでる
80分 レッズ選手交代(マルティノス→武藤、宇賀神→山中)
レッズの攻撃の形変わるぞ クロス・CB前での細かな動きに注意!
レオナルド選手が強引に中央突破を試みるが、しっかり絞って守れてる
グランパス 自陣深くで両ボランチのパスミスからショートカウンター 危ない
84分 シャビエル選手がカウンター。スピードにのって右サイドからゴールに向かってドリブル。 デン選手がファールが決定機阻止でレッドカード 退場
この展開で数的有利は助かるか
ペナ手前からのFK マテウス選手の強烈シュートは壁に直撃
中央こじ開けてくる。なんとかして興梠選手の動き止めたい
88分 金崎選手(OUT)→山﨑選手(IN)
90分 レッズ柏木選手がFKからゴール前に放り込み。こぼれ球にランゲラック選手反応 連続シュート浴びるもランゲラック選手が連続ブロック 何とかかき出す 
セットプレー人数関係なく何があるかわからないので最後まで集中!
AT5分
浦和 レオナルド狙いのパワープレーに
最後までマテウス選手が相手陣内まで走りゴールライン近くでシャビエルと時間使う

(後半終了)

(後半まとめ)

1-0で試合終了 
(展開)
前半と同じバランスで後半に入るが 一人際立ったのがマテウス選手の動き。攻撃・守備においてスピード・強さでグランパスに流れを引き寄せる。その中やはり個人技(ドリブル突破)でペナに侵入し 金崎の先制点を導く働きをしたのはマテウス選手だった。その後 浦和も選手交代で攻撃に変化をつけてくるが、ブロックをしっかり築いて守るグランパスの中央は崩せず。終盤には交代で入ったシャビエル選手のカウンター(ドリブル)に対してのファールで浦和に退場者がでてグランパスが数的優位に立つ。 最後までレッズも前線に速い攻撃・セットプレーから得点を狙い 決定機を作るもランゲラック選手がたちはだかり 試合終了となる

前線で闘い続けた金崎選手が結果をだしました。ただやっぱり何と言ってもマテウス選手でしょう。前半はあまり絡めなかった印象はあったが、後半早々からのギアの入れ方がすごかった。まさにマテウス選手が「個」で呼び込んだ勝利と言ってもよいのではないでしょうか。他の攻撃陣にもこの積極性や強引さがあるともっとコワイものになると思うのだが・・・
守備面では両ボランチ・CB・SB(オジェソク選手戦ってたなぁ)で久しぶりのクリーンシート。何とか我慢してしのいでくれたが、守備のMVPはランゲラック選手だろう。 相手の決定機 2回は防ぎ、クロス対応もナイスパンチグで全て跳ね返したプレーは非常によかった。
マテウス・ミッチに感謝です


スタッツ 90分(名古屋-レッズ)
シュート:10-7 (枠内7-4)
支配率:41%-59%
パス: 340-583
CK: 2-1
ファール:13-14

アタッキングイド
(名古屋)
左:55  中央:9 右:36
(浦和)
左:30  中央:25 右:45
※もうちょっと中央の展開ほしい。中央も薄いし、いつもサイド一辺倒では相手も楽だよ 

走行距離
(名古屋)110.9㎞ (浦和)104.7㎞
米本 稲垣 金崎 マテウス 相馬 オジェソク エヴェルトン 橋岡 興梠 丸山


スプリント

(名古屋)133 (浦和)137
マルティノス 橋岡 マテウス 相馬 吉田 宇賀神 関根 前田 丸山 金崎

スポンサーリンク

試合を終えて

インタビュー (フィッカデンティ監督)(金崎選手)

フィッカデンティ監督
Q.90分 振り返り
「前半の入りがすごく良かったかなとと思うのですが、内容に対して得点が取れなかったのは惜しかったのですが すごくチャンスは作れてるなという手応えがあった中で 後半マテウスが個人的に素晴らしいチャンスを作ってくれまして それをしっかり形にできて素晴らしいゴールを決められてよかった。結果 最後までオープンな試合になってしまったと思いますが 浦和相手に何もやらせないというゲーム展開は無理だと思うので それをしっかり受けて守り切るというところを全選手が最後までやってくれましたので そういった結果だと思います」

Q.5連戦メンバーをあまり変えない中 89分まで交代カード1枚 思惑は?
「この後久々に次の試合までに空きますので そういった中で今日グランドの中で選手たちが交代しなかったのですが、グランドの中でプレーしている選手たちの状態はどうかというと最後まで走れていましたので 今日は最後までやりきってもらうと 流れが良かったので代える必要ないと思いました」

Q.今後に向けて大きな一勝では?
「ホームで良くてアウェーで悪くてと 我々自身も外から言われて そこは感じていましたので その流れを変えることができて いくつかの良くない流れを全部良い方向にひっくりかえせれましたのでこのまま流れを上手くひきよせていきたいと思います」

(インタビュー訳のまま)

金崎選手
Q.ゴールシーン振り返って
「マテウスから素晴らしいボールがきて合わせるだけだった」

Q.マテウスとの信頼関係は?
「彼から良いボールがくるのはわかっている 信じて中で待っていました」

Q.苦手としていたアウェーの勝利 90分の振り返って
「堅くプレーできたんじゃないかと思いますし 少ないチャンスでしたが、それをしっかりものにできて しっかりアウェーで勝てたので良かったと思います」

Q.中々金崎選手にボールが入らない展開。どのような所意識・周りに声掛け?
「ああいう時間帯は必ず90分の中であるので皆で我慢して必ず流れがこっちに来た時にしっかり仕留めれるように準備するだけだったので ああいう時間帯でしっかり我慢できたのも大きかったんじゃないかと思います」

Q.アウェーでの久しぶりの勝利 チームとして今後に向け大きな勝利では?
「また次の試合が大事になってくるのでしっかり次に向けて準備をしたと思います」

Q.次のセレッソ戦に向けて
「まずはしっかり疲れを取ってもっと良くできる部分があると思うので もっといいサッカーできるようにがんばりたい」



(お願い)
・更なる連携強化
・更なる戦術の浸透と意思統一
・コンディション調整(ケガ注意)
・選手層の拡充と底上げ(積極起用)
・グランパス対策への対策
・攻撃パターン・得点力 



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました