【試合レポート】2020.9.26 第19節 清水エスパルス 3-1 勝利 「パーフェクトな80分 と 課題を残した10分間」 

試合レポート
こりもです 

Jリーグ第19節 清水エスパルス 3-1 勝利

連敗阻止。今日はしっかり勝って勝ち点3を積み上げることができました。
阿部選手の開始1分の技あり復活弾、 山﨑選手アシストの前田選手抜け出し弾、 丸山キャプテンのコーナーからのヘッド弾 と3発快勝と言いたかったですが、惜しくもクリーンシートは達成できずでした。

勝ちは勝ち素直に喜びたいのですが、両チームの選手交代後 後半35分から10分間は前節の後半のような・・・ なんともすっきりはしていないんですよね。
ガンバ同様 清水も交代選手が躍動 ゲームに変化を与えていましたが、一方でグランパスの交代はどうだったのでしょうか?
前半から後半35分までは監督のいう「パーフェクト」といっても良いかも(もう少し点が取れるチャンスはあったので欲を言えば・・・)しれませんが、最後の10分で一気に良い気分はふっとんでしまいました。

勝ったのに 変化・進化が見たい! と思うのは贅沢でしょうか? 
選手たちは精いっぱいやってくれたし、勝ったので今日は一旦喜んで、すぐにやってくる次節 神戸戦を楽しみ(不安?)待ちましょう。
スポンサーリンク

清水エスパルス戦「△●○●○●」オセロ状態 次は〇でお願いします

【試合前の独り言】
前節の大阪戦から早くも次節の清水戦がやってきます。ガンバ戦後の仲間内の意見はほぼ同じ「米本頼り」「いつも同じスタメン、交代で大丈夫か?」「後半は見ていられなかった」「壁を割られるって」など かなり不満たっぷりの話になってしましました。
神戸戦では面白いサッカー(今思うと相手がつかれてたからかなぁ)と感じ 次節ガンバ戦の前半はワクワク 後半・・・ と 今シーズンもジェットコースターのような展開を見せられていますよね。

【試合レポート】2020.9.23 第18節 ガンバ大阪戦 1-2 敗戦 「逆転負け! 1つのピースで全く変わってしまうチームって」 
こりもです Jリーグ第18節 ガンバ大阪戦 1-2 敗戦負けてしまいましたね。1カ月ぶりの連勝ならず。順位も暫定ではありますが4位→6位と下げてしまいました。 残念です。  負けたことは確かに悔しく、決して一喜一憂している訳ではなく もち...


前途したジェットコースターはいいのですが、チャレンジしているか? が今後のチームとて大事なような気がします。 勝つ可能性を考えれば選手の固定になるのはわかりますが、その形にこだわって負傷したり、負けたりしていたら何が残るのでしょう。
今日の清水はシーズン初めからチャレンジングな取り組みをしています。一昨年のマリノス同様 中々勝ち点は拾えていませんが、瞬間的にかなり可能性を感じるプレーも見せてきます。どうなるかわかりません。 「決めれるときに決める」ことが絶対に必要ですし、疲れの中どのような采配を見せるか、選手たちが踏ん張れるか 期待を込めて応援したい。
※この試合でマズイ内容であれば・・・ねぇ

シミッチ第2子誕生おめでとう! 今日は頼むよ!!

前回のエスパルス対戦絵ポート↓

【試合レポート】2020.7.4 清水エスパルス戦 2-1 勝利! 2020年シーズン再開 J1通算400勝達成!
お久しぶりです こりもです Jリーグ第2節 清水エスパルス戦  2-1 勝利!ようやく待ちに待ったJリーグ再開ですコロナ禍でいきなり開幕戦からサッカーがある日常がなくなり、再開日程も何度変更になったか。まだまだ予断の許さない状況で、何と...


試合前監督インタビュー↓

インサイド・グランパス
「INSIDE GRAMPUS (インサイド・グランパス)」は、名古屋グランパス自らの手で、クラブのINSIDEからチームや選手、クラブの情報を、ファン・サポーターの皆さんへ届けます。

※成瀬・宮原選手も健在そうで安心しました。

試合前情報

(スタメン)
フォーメーション 4-2-3-1  
(FW)       山崎
(MF)マテウス   阿部  前田
       米本 稲垣
(DF)  吉田、  中谷、 丸山、  成瀬
(GK)     ランゲラック

【スタメン】
前節スタメン からは3名変更。
阿部選手がスタメンに返り咲き。ケガからの回復は大丈夫でしょうか? 中央に阿部選手は期待できます。 
金崎選手(前節打撲、疲労?)に代わり山崎選手。結果がね。ゴールはもちろんアシストでもいいので結果が欲しいポジションですよね。
オジェソク選手に代わり 久しぶりに成瀬選手が復帰していきました。ケガ?かと心配していましたのでよかったです。今や名古屋の若手筆頭ですから
ボランチは米本・稲垣選手のコンビ(ヨネよかった。前節でその存在の大きさ痛感です)
両CB・GKは不動の3人(疲れてないのか?ケガだけ心配)

(ベンチ)
シャビエル 相馬 金崎 太田 シミッチ 藤井 武田

【ベンチ入りメンバー】 
前節スタメンの相馬選手と金崎選手がベンチスタートに。若い選手も見たいんですが。。 ここまでベンチ入りさせて全く出れない藤井選手 そろそろ出してほしい 

(今節注目点・気になるポイント)
■連敗阻止
■選手交替(戦況・疲労・時間帯) 
■複数失点阻止(8/29から6試合ぶりのクリーンシートを!)

(スタジアム)
豊田スタジアム
天候:曇 (26.4℃) 
観客数:11002人 
審判:東城 穣

(相手要注意)
・カルリーニョス選手
・エウシーニョ選手
・西澤選手 
カルニーニョス・ドュトラ選手が2トップになった時にかなり連携も深まってきているようで 破壊力はすごいらしい。要注意です。
中盤でタクトをふるう中村慶太選手や 前線の飛び出しと決定力の金子選手、サイドのエウシーニョ選手の経験や能力はいわずもがなです。
守備の要のヴァウド選手の出場停止はグランパスにとって朗報か?

【試合前監督コメント】

マッシモ・フィッカデンティ監督
 Q.チームとして共有したこと
「(中2日)の日程なのでこの2日間はしっかり回復させること 幸い大きなケガもなく前節の試合中にできたことは全て打撲ですみましたので そのうち何人かはスタートから行けますし そうでないメンバーもベンチには入っているという状況なので そこでさらにそういった入れ替えもある中で久しぶりにでる選手もいて 回しながらやっていくということはこれから先ずっとやっていかないといけないと思いますので 今日はその回し方が良い方向に向くことを願っています」
(インタビュー訳 そのまま)
スポンサーリンク

【試合中の独り言】(前半)

■丸山選手 前々節神戸戦で 200試合出場(J1J2合わせて)セレモニー

キックオフ
成瀬選手いいぞ! いきなり高い位置にいる

1分  ゴール  阿部選手
高く攻め上がった成瀬選手が攻守の切り替え速く 相手陣内深くで相手パスをインターセプト。 中央 マテウス選手を経由して 左に流れた阿部選手に。ペナに入った所からエウシーニョ選手をかわして ゴール右上ギリギリにコントールシュート 
※素晴らしい! 成瀬選手の積極的な攻守から生まれたゴール。阿部ちゃんのシュートテクは流石
※ゆりかごダンス シミッチおめでとう!

3分 西澤選手 ペナ外からグラウンダー鋭いシュートはランゲラック選手のナイスセーブ
CKの流れで 中村選手のクロスをヘナトアウグスト選手がヘッド ゴール右に逸れる。得点直後は絶対注意!
清水はかなりハイプレス 中盤スペース空くタイミングあり そこ使いたい
吉田・阿部・マテウス選手と左で良い繋ぎ。さすが阿部選手が良い所にいる
清水 球際含め前向く強さはある 中盤負けるな
清水のハイプレスに最終ライン前への運びでと困ってる。 慎重にいこう!
グランパスの攻撃 両ボランチからの縦パスは良し
今日もマテウス選手のプレー 自信満々だ 高速カウンター
危ない 吉田選手の裏を エウシーニョ選手が狙ってる
2分ほど グランパスゴール前でのプレーが続く
13分 成瀬選手から前田選手に右サイド縦パス 裏へ請け出せるも中へのパスはGK直接キャッチ。かなりチャンスなんだけどね
マテウス選手からゴール前 山﨑選手へのクロスは惜しくもエウシーニョ選手にインターセプト18分 ゴール中央 30Mの FK キッカーはマテウス選手 
無回転のボールはギリギリGKにはじかれクロスバー 
19分 右サイドのマテウス選手からのクロスは中央の山﨑選手にドンピシャ。 至近距離のシュートもGKスゴイ反応ではじく 惜しすぎる!!
21分 相手陣内での時間が続く 相手陣内で攻守切り替え速く守備時もしっかり囲んで奪えてる
清水に簡単にアタッキングサードに入れさせない。積極的にパスカットできてる 
成瀬選手 前より落ち着いてプレーできてるような

24分  ゴール  前田選手
成瀬選手から山﨑選手が相手を背負ってボールキープ。反転してール前に抜け出した前田選手にスルーパス。前田選手が落ち着いてGKをかわして 無人のボールに思いっきりシュート。
※前田選手の抜け出しはもちろん 山﨑選手アシスト。いい仕事した

阿部選手の攻守ともにポジショニング・味方へのコーチングよし
27分 右サイド深いスペースにマテウス選手が侵入。ゴール前へのクロスは 正面に詰めた前田選手にわずか合わず 決定機 2点取れてるからいいものの・・・
山﨑選手プレースバックの強い守備もあり、しっかりボランチの所で潰して攻撃の形をつくらせない
30分 やっぱり米本選手がブロックで中央にいると固いよ
清水がパスを繋いでペナ内を狙ってきてるが シュート打たせず 
吉田選手の裏が少し気になる 左サイドでペナ角使われた。豊 揺さぶられるな!
グランパス 守備メリハリある。センターラインまで強くプレス。越えてきたらしっかり引く
山﨑選手 今日はしっかりつなげてるぞ。前目で起点つくれてる。背負ってキープ+間で受けるプレー良し!
サイドの局面でもサポート多く相手陣深くまで攻め込める。さらに相手に渡っても直ぐにプレスでカウンター許していない
中谷選手から右サイド裏のスペースにロングパス。これも有効に使えてる
攻守切り替えもいいゾ ハーフラインを簡単に越えさない 
清水 ハイプレスだけど強度が低いかな? 後ろでも落ち着いて回せている
39分 清水の速いパスワークでペナ内にスルーパスを連続2本入れられるも 丸山・中谷選手がしっかり対応。 けど危ないぞ  中村・河井選手あたりしっかりつぶさないと
マテウス選手 攻守ともにスゴイ運動量 あとは決めきる所だけ
阿部選手って守備(寄せ)上手いんだよね。取りどころよくかわかってる
今日のグランパス 縦への意識高い。裏へのロングパス・スルーパスでマテウス選手の前へのスピード生きてる
45分 阿部選手から裏へ飛び出す山﨑選手に 惜しくもオフサイド
AT 2分 しっかり前半を閉めろ

(前半終了)

================

(前半まとめ)

2-0で折り返し
試合開始間もない阿部選手の先制点はかなり楽にしてくれた。得点後は清水も前に人数をかけハイプレス ハイラインで押し込みチャンスをうかがう。ただグランパスの速い攻撃に分があり、決定機はほぼグランパスに。 多くのチャンス決めきれないところ山﨑選手のアシストで前田選手が追加点で2点差とする。 その後も攻守の切り替えが速くメリハリのある守備、ゴール前の決定機を演出するグランパスが終始ゲームを支配する形に。 前半終了

この頃の良い形は出ていました
・球離れ速くリズム感のあるパスワーク
・前線から強いプレス
・横パス/バックパス少なくシンプルで速い前へのボール運び
・球際の強さ
・ゴールへの意識
と見ていて面白く先制点も必然の流れ。欲を言えば得点の他にも何度かの決定機をしっかりと決めることでしょうか。
(ここの部分前節の前半の使いまわしの文章です)

ゴールの阿部選手・前田選手の他にも 久しぶりの成瀬選手は積極性も先取点の起点となりましたし、山﨑選手もアシストという結果を残しました(ゴールのチャンスも結構あったので残念) 両ボランチ(特に米本選手)の強さ、マテウス選手の速さ・強さ  CB・GKの最後の粘り 全体として良かった前半でした。果たして後半どうなるか?

前半スタッツ(グランパス-エスパルス)
シュート:5-2 (枠内4-1)
支配率:56%-44%
パス: 341-248
CK:2-1
ファール:5-5
※スコア通り ゴール前のチャンスも多く しっかり支配できたことがわかります

走行距離
前田 阿部 米本 稲垣 山崎 カルリーニョス 河井 西澤 マテウス 後藤
※前線の選手がんばってます。しっかり走り勝ってる 前田選手の走行距離でのトップってあまり見たことないような。。。

スプリント
マテウス 前田 カルリーニョス 山崎 ヘナト 立田 エウシーニョ 西澤 吉田 稲垣
※マテウス・前田選手に合わせる形で相手守備陣が走らさせているのでしょう

スポンサーリンク

【試合中の独り言】(後半)


(後半開始) 

フィッカデンティ監督 ハーフタイムコメント
「前半はパーフェクト しっかり勝利しよう」

46分 左サイド裏へのロングパスはコワイ。エウシーニョ選手からカルリーニョス選手に渡り 正面でシュートを許す
3分 清水がリズム良くパスをつないできた エウシーニョ選手からの展開が生きている シュートチャンスも作られてるが 立ち上がりしっかり落ち着いて守れば 勢い止められるはず
49分 右サイド前田選手の深い所からのクロスは 中央の山﨑選手にドンピシャ ヘディングシュートは大きくゴール上に 決定機 これは決めないと・・・ 
マテウス選手も連続してゴール前に圧をかける
3本連続CK マテウス選手のコーナーって 完全に武器になってる
1本2本 いつも通り速いボールをニアに  3本目がファーの阿部選手に。ダイレクトシュートは惜しくもゴール左にそれるも意外性あるプレーだった
前田選手も高い位置のボール奪取から積極的にシュート
良し! 流れは戻した
53分 吉田選手のアーリークロスに山﨑選手飛び込むがあと少し。ゴールのお膳立てはできてる。絶対今日決めてくれ!
相手のパスミスも出てる 早い時間で仕留めたい
清水の攻撃はペナの中に入れてない 大丈夫! 良い形でシュート打させてない
60分 山崎選手(OUT)→金崎選手(IN) 前田選手(OUT)→相馬選手(IN)
左サイド 清水の途中交代で入った鈴木・ドュトラ選手でペナに侵入。マーク確認
マテウス選手バックパスでミス。奪われてドュトラ選手にドリブルでカウンター浴びるも米本選手球際強く対応 
そこからのカウンターは相馬選手に チャンス生かせず
またマテウス選手のバックパスミス 気をつけてほしい。疲れてきたか
危ない所 全部米本選手がカバーしてくれるからいいものの。全体的に集中力が気になる所?
左CKから 中谷選手のヘディングシュート 惜しい
グランパス相手陣内でも落ち着いてリズム・距離感よく 横・縦とパスを繋げている

68分(飲水タイム)
69分 稲垣選手ダイレクトでゴール前の相馬選手にロングスルーパス 相手GKの飛び出しで阻止
清水はドュトラ選手入って前線迫力でてきたが 阿部選手はじめしっかり囲んで奪取できてる
稲垣選手のセカンドボール回収から 左サイド相馬が縦に仕掛けクロス CKに

73分  ゴール  丸山選手
左CK マテウス選手からゴールから離れていくボールを丸山選手下がりながらヘッド ゴール左上に吸い込まれる
※失点したらまだまだわからなかったので、だいぶ楽になった。こうなったらクリーンシートだ
裏への狙う動き出し 縦パスへの意識は前半と変わらず良し
相手ゴール前のこぼれ球を相馬・阿部選手でボールを奪う マテウス選手のシュートは枠外に
78分 吉田選手(OUT)→太田選手(IN) 阿部選手(OUT)→シャビエル選手(IN)
成瀬選手 守備もがんばってるぞ
81分 清水 河井選手のコースを狙うミドルシュートを ランゲラック選手ナイスセーブ
清水 前線の強さがでてきた。ドュトラ・カルリーニョス選手のコンビ強烈だな。最初からいなくてよかった。鈴木選手も効いてるし ちょっとマズイ
右サイド 攻められてる。 西澤選手も活性化してきた
グランパスも相手陣内に押し込んで強く戦うが、清水のほうが攻撃の強さ・質があがってきた
中谷選手 最後方からのドリブルを奪われる危ないシーン。頼む集中
マテウス選手も きつそう 足を気にしてる。完全に相手の流れだし早く交代しないと

87分  失点  カルリーニョス選手
自陣で稲垣選手の不用意なパスミスを起点に 右サイド西澤選手からクロスに後ろから飛び込んだカルリーニョス選手に豪快ヘッドを決められる

89分 マテウス選手(OUT)→シミッチ選手(IN)
89分 ペナ前 ドュトラ選手の強さ カルリーニョス選手の抜け出しで大ピンチ 
その後のCKもゴール前まで流されて危ない
選手交替で完全に ゲームがかわった。 ドュトラ・鈴木選手躍動してるよ
あー 清水のリズムよいパスが面白いようにつなげられてる。選手交替でバランスが変わった 
結局 これなんだよな
右サイドかなり 攻め込まれてる。 頼む!最小失点で

(後半終了)

(後半まとめ)

3-1で試合終了 
序盤は清水がサイドを軸に何度かシュートチャンスを生み出す。5分間はグランパス陣内でリズム良くパスを回しシュートまで持ち込む展開に。清水の攻撃をしっかり耐えた後はまた前半と同じグランパスが清水ゴール近くまで侵入し決定機をつくる展開に。 前半同様 攻守切り替え速く 清水陣内でゲームをすすめていく。15分ぐらいから共に選手交替。 清水の攻撃に強さが増し、グランパスにも簡単なミスが出始め押し込まれる展開もグランパスもしっかり守りカウンターでしのぐ。ただ攻撃の質は清水が上に。 そんな中コーナーキックから丸山選手の追加点で3-0とし試合を楽にしたが、選手交代の効果で完全に相手に勢いを流れをもっていかれ、ミスも絡み失点で3-1とされる。その後も交代した選手の勢いに大きな差もあり、終了まで10分間 清水の猛攻を許すが、なんとか最少失点で 試合終了を迎える

後半も35分までは攻守ともにメリハリをきかせ、清水の攻撃もしのぎ相手陣内でゲームを支配できていたが、また選手交代のタイミングでまったく変わってしまった。前節のガンバ戦を見ているようで3-0,3-1でも最後まで油断ができない展開になってしまった。

相手は流れを変えるために交代選手のフレッシュさを存分にいかし動き回る。 グランパスは前節同様 何とかしのぎきることが目的かのような 毎回変わらない選手交代。

3-1の快勝ですが、最後の10分をみると、守り抜くわけでもなく、押し込める力もなく 非常に曖昧な形で終わってしまったのは なんとも複雑な・・・ 


スタッツ 90分(名古屋-エスパルス)
シュート:11-11 (枠内5-8)
支配率:55%-45%
パス: 602-514
CK: 7-5
ファール:9-9
※前半に比べシュート数 グランパス+6 清水+9 枠内も逆転されてる。最後の10分でどれだけやられたんだよ

アタッキングイド
(名古屋) 43% – 16% -41% 
(清水)   42% -32%- 27%

走行距離
(名古屋)118.7㎞ (清水)113.7㎞
米本 稲垣 カルリーニョス 後藤 河井 ヘナト 成瀬 西澤 丸山 マテウス

スプリント

(名古屋)137 (清水)131
ヘナト カルリーニョス マテウス 前田 西澤 山﨑 稲垣 エウシーニョ 相馬 立田

スポンサーリンク

試合を終えて

インタビュー (フィッカデンティ監督)

フィッカデンティ監督
Q.見事な勝利 振り返って
「今日は最後一点入れらたことを長く話すよりは その前の所で素晴らしいゲームをやってくれたと名古屋の選手には言ってあげたい それぐらいほぼパーフェクトだったと ただ「ほぼ」と言わないといけない所も忘れずに 清水も最後まで諦めずに自分たちの武器をもっててそれを信じてすごくいい雰囲気サッカーをやっているので スコアがどうなるか試合前にはわからなかったので最後の最後まで絶対気を抜いちゃいけないと そういう試合をしようと言ってきましたが 実際に3-1という(スコア)でしたが そういう強さがあるんだというところを見せられてしまったと思いますので 清水もまだ全然もっと良くなるだろうなというサッカーをしていましたし、そういうものを感じたゲームでした」

Q.パーフェクト どんな所がうまくいっていた?

「色んな面において攻撃だけではなく守備もボールの奪い方も ボールの運び方も いろんな崩し方 色んな所から見てもあまり今日この部分が物足りなかったというのはなかったと思いますので、総合的にゲームを支配できたのはよかった。相手のGKをほめないといけないシーンも多くありましたし 裏を返すとそれだけ決定的なチャンスを作れたと思いますので特にというより全体的によかったと思います」

Q.攻撃が好調な要因は
「攻める時には 4人FWを並べているようなそれぐらい前掛りな戦い方をしていますし、なるべく押し込んでボランチの2人も支えますし DFラインも高くというように 攻撃の時にチーム全体でそれに関わろうというやり方をしていますので 逆にこれだけ毎回チャンスをつくれないといけないという位置づけをしたいと思う。あとは だからと言って失点をして言い訳ではないので そういったところのバランスがうまく取れてくると良いゲームが続けられると思う」

Q.次節に向けて
「対戦したばかりですし 対戦後にもすごいクオリティの高いチームだということは言いましたので どこのチームと対戦するのが楽とかではなくて 神戸とやる時にはほかのチームは持っていないものすごいクオリティを試合の中で感じることがありますので かなり手強い相手とやるんだということでまた準備をしたい」
(インタビュー訳のまま)


阿部選手
Q.先制ゴールをふり返って
「そんなに場面は覚えていないのですが誰かが上手くオーバーラップしてくれましたし 試合が始まってすぐっていうものあって自分の形になったので思い切ってシュートを打っていい結果につながってよかった」

Q.あの時間にきまるとチームも勢いつく
「チームを助けるゴールになりましたし それがさらに勢いづけたと思うのでよかったと思います」

Q.ゴールごゆりかごダンスは
「ジョアンが昨日うまれた もし取ったらやるよと言ってあったのでたまたま 実現できてよかった」

Q.チャンスが多かった 攻撃の手応え
「まだまだゴールも取らないといけないですし チャンスもつくらないといけないですし 守備に関して言えば失点したらダメだったと思うので ゲームのトータルを考えればまだまだかなと思います」

Q.守備の所は?
「自分たちの形で奪える時はいいのですが 相手のクオリティが上回って攻められたときに どういう守り方をするかという所がまだまだ足りないかなと思います」

Q.自信のコンディションは
「まだ万全ではないですけどやれる範囲でやっていますし まだまだ調子をあげていきたいと思う」

Q.次節神戸戦に向けて
「どの試合も勝ち点3を目指していますしそういう勝ち点3を取るためにいいプレーが出来ればと思います」


 
(お願い)
・更なる連携強化
・更なる戦術の浸透と意思統一
・コンディション調整(ケガ注意)
・選手層の拡充と底上げ(積極起用)
・グランパス対策への対策
・攻撃パターン・得点力 



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました