◆2018年 最終節湘南戦 残留条件と注目ポイント

試合プレビュー
こりもです

前々日監督会見とかがでてくるとさすがにもりあがってきますね~。 気持ちが上がって 今日も会社で如何に次の試合が大事なのか熱弁をしていましたが、反応してくれる人が回りにいなく、せつない感じになってました。 ただその中で全然興味を示さない後輩が「新しいユニフォームでやるんですよね」と言ってくれてびっくり。「ネットニュースでみましたよ」とのこと。 グランパスの話題性すごいですね。改めてうれしく思いました。

2018年シーズン 大一番の最終戦にむけて・・ 残留争い。

結局どうなれば どうなるの? って少しややこしいので ここで確認をしていきます

【対象チーム】

勝ち点 41・40 の計5チーム
※マリノスは得失点差(+1)で大きく有利の為 現実的には 13位から16位の4チームが残留争いの対象

【残留条件】

◎13位・磐田  ・勝ち点 41 ・得失点差 -12 ・対戦相手 川崎F(1位)
〇勝ち → 残留決定
△引き分け → 残留決定
X負け → (名古屋vs湘南が△以外)or(鳥栖が×)or(横浜FM×で横浜FMを得失点差で上回る)どれかの場合で残留決定

◎14位・湘南  ・勝ち点 40 ・得失点差- 5  ・対戦相手 名古屋(16位)

〇勝ち → 残留決定
△引き分け → 残留決定
X負け → ・鳥栖× で得失点差を上回ると残留決定

◎15位・鳥栖  ・勝ち点 40 ・得失点差-5  ・対戦相手 鹿島(3位)

〇勝ち → 残留決定
△引き分け → 残留決定
X → (名古屋vs湘南が△以外)+ 名古屋vs湘南の負けチームと得失点差で上回ると残留決定

◎16位・名古屋 ・勝ち点 40 ・得失点差 -7 ・対戦相手 湘南(14位)

〇勝ち → 残留決定
△引き分け → 鳥栖が× or (磐田、横浜FMのいずれか×で得失点差で上回る)のどちらかで残留決定
X → 鳥栖× 得失点差を上回ると残留決定

結論 シンプルに勝てばいいんです。 ですが色んなパターンが想定できます。

対戦相手(磐田・鳥栖の相手が強い)。。 得失点差を考えると。。  引きわけだと。。 いろいろシミュレーションをしておもしろいですが、 結局何があるかわからないんです。(特に今シーズンは)
稀に見る残留争い! 最終節でのこの盛り上がりはJリーグ最高ですね。 該当サポーターはヒヤヒヤですが。

【注目点】

「技術で勝負する」「丁寧に自分たちのやるべきことをできるか、ボールを丁寧にゴールまで運べるか」「試合に大きい小さいはない」
といつもとおりの監督コメント。
広島戦の後半の守備一辺倒の状況にはやっぱり自分たちのサッカーが出来なかったと認識なんでしょう。納得していないみたいですね。
前回の試合後の選手コメントでも割り切って守備に専念したことがでていました。

① 絶対残留 勝ち点3を取りきれるか。

② 勝負最後までぶれない戦い方をするのか。
 勝利に割り切った戦術でいくのか相手に合わせた戦術でいくのか(ロングカウンター・守備・フォーメーションなど)
③ 相馬選手が出た試合は全て勝っています。 この不敗神話を守れるか。
④ 玉田選手のJ1通算 100ゴールまであと「1」 最終戦で決めることはできるか。
⑤ ジョー選手の得点王 このままパトリックを引き離し獲得できるか
⑥ 新ユニフォーム

いろいろ注目点ありますが、とにかくクラブの成長や発展・来シーズンからのことを考えると 絶対勝利!残留残留!しか無いんです!

全力で応援しましょう。

タイトルとURLをコピーしました