【試合レポート】2020.9.19 第17節 ヴィッセル神戸戦 2-1 勝利 「逆転勝利! 前向くプレーを続けたチームの強さ」 

試合レポート
こりもです 

Jリーグ第17節 ヴィッセル神戸 2-1 勝利

今日の逆転勝利 非常によかったです。結果ももちろんですが内容としても私としては今シーズンでもかなり上位の出来だったのではと思います。 これまでどこか消極的で、良くないスパイラルにはまるのでは? と心配していた中なので余計なのかもしれませんが、個人的には久しぶりに楽しめるゲームでした。 
 
守備的なチームと言われても やはり相手ゴールを目指していくサッカー、常に前を向いていこうとするサッカーは面白いですよ。今日の試合でそんなグランパスを見る事ができてすごくよかった。 守備してとったら皆が相手ゴール目指して走り出す姿、前で走る選手をしっかりと見たパス、前に運ぶためのインターセプト、ハイプレス。 もちろんそれと これまで進めてきた強い守備戦術があいまって メリハリのきいた試合を見せてもらったような気がします。 (もちろんゴール前のプレーの質、決定力に「もっと」という思いはありますが、、、 追々ですね)

ただ少しだけ不安な面も。前から感じている「ボールを持ちハイラインで押し込むサッカーをするチームには強い?」問題。 今日のスタッツを見てもまさしくそうでしたね。 これから しっかり守ってカウンターを得意とするチームにどう戦うか? 課題は残っています。今日の速さ、シンプルさ、ゴールに向かっていく勇気をもってすれば 期待はもてますよね。
次はガンバ。 ガンバも調子がイマイチのようですが、過密日程で疲れがある中 今日のようなゲームができるか? 楽しみにしています

スポンサーリンク

ヴィッセル神戸戦「ミスをしなかったほうが勝つ」

【試合前の独り言】
前節の横浜FC戦は皆さんはどう感じたでしょうか。 私は前回のレポート通り、ヤバさを感じた試合でした(久しぶりに試合を見て大声を出ししまったほど)。 攻守ともに全く形が作れなかった前半。 得点後間もない失点。失点後すぐに失点。 一番大事にしないといけないタイミングでことごとく3失点はかなり心配なんですよね。 特に足につかない・踏ん張りがきいていない守備陣の疲労は相当ではないかと思ってしまいます。 あとは米本選手の復調でしょうか。期待の高い選手ですから少しまだ物足りなさを感じてしまうんですよね。 プレスの迫力(速さ・スピード)お願いします! あと心配なのは 相馬選手ですね。 なんか運も無いような気かするんですが・・・

【試合レポート】2020.9.13 第16節 横浜FC戦 2-3 敗戦    「集中力の欠如? 疲れ?油断? あまりに酷かった前半」 
こりもです Jリーグ第16節 横浜FC戦 2-3 敗戦また 3失点とは・・・  先制して直後に失点 直後に失点  追いついて 直後に失点 このスコアが動いた直後の失点って どうなんでしょう。一番油断をしてはいけない時間帯にことごとくやられ...


今日の神戸戦はどうでしょう。少なくとも1週間空いての試合。前節のような疲労感は多少解消されているのでしょうが、複数失点が続けば今後の不安要素がふえますし、何としても勝ってほしい一戦。 相手 神戸も連戦に加え 11位と勝ち切れないところで苦しんでいるチームですが、タレントはJ屈指。 しっかり叩いて連敗は避けたいです。
今週は仕事の関係で、あまり事前リサーチもできておらず、今日も試合ギリギリに帰宅。グラの試合は忙しい中の最高の楽しみ。 今日はおいしいビールを飲むぞ!!

試合前監督インタビュー↓

インサイド・グランパス
「INSIDE GRAMPUS (インサイド・グランパス)」は、名古屋グランパス自らの手で、クラブのINSIDEからチームや選手、クラブの情報を、ファン・サポーターの皆さんへ届けます。

 

さてこのヴィッセル神戸戦 事前データとしては

■グランパス:ホームでの直近6試合で4勝(2敗)
■グランパス:関西のクラブとの対戦で現在4試合連続無敗(2勝2分)
■ヴェッセル神戸:現在6試合連続未勝利(4分2敗)
■ヴィッセル神戸:アウェイ戦直近9試合でわずか1敗(4勝4分)

※ヴィッセル苦しんでいますね。イニエスタが勝てないことで謝罪したっていう記事もありましたし。 苦しむチームに勝ち点を挙げがちなグランパスですが、今日はしっかり勝ちましょう!

試合前情報

(スタメン)
フォーメーション 4-2-3-1  
(FW)       金崎
(MF)マテウス  シャビエル  前田
       米本 稲垣
(DF)  吉田、  中谷、 丸山、  オジェソク
(GK)     ランゲラック

【スタメン】
前節スタメン からは3名変更。前節ケガから復帰した阿部選手に替わり こちらもケガの状態が心配された前田選手がスタメン復帰。 また相馬選手に替わりマテウス選手。 SBで前節の太田選手に替わりオジェソク選手がスタメン起用です。
ボランチは米本・稲垣選手のコンビ
SBは吉田選手は左。オジェソク選手が右に入る感じでしょう。両CB・GKは不動の3人

(ベンチ)
相馬 山崎 阿部 太田 シミッチ 藤井 武田

【ベンチ入りメンバー】 
前節スタメンの相馬・阿部・太田選手がベンチスタート。他は変わらずですが、またも成瀬選手がベンチ外(何かあった?)

(今節注目点・気になるポイント)
■先制点
■選手交替(戦況・疲労・時間帯) 
■複数失点阻止

(スタジアム)
豊田スタジアム
天候:晴のち曇 (25.7℃) 
観客数:11854人 (5000人から緩和されました) 
審判:村上 伸次

(相手要注意)
・イニエスタ選手:いわずもがなですね
・古橋選手:イニエスタ選手との連携、スピード、決定力
・山口選手:ボール奪取に加えて前線での得点への関与
他にも 経験豊富な酒井選手とテクニシャンの西選手 両サイド。 ドウグラス選手の前線での強さと得点力といった所でしょうか

【試合前監督コメント】

マッシモ・フィッカデンティ監督
 Q.神戸のどの部分を一番警戒しているか?
「今日のメンバーを見ますとしっかり良いメンバーで来たなと。 タレントと言う意味でもそうですし スピードもパワーも色んな戦い方ができる。 ある意味、どうやってやってくるかと警戒するより、何でもやってくるという準備をしたほうがいいのかなと。最近の試合の中でなかなか苦しんで見えるかと思いますが 逆に対戦相手が良い状態だったという所もあると思いますので 今日は強いチームとやるんだというようなイメージで戦いたいと思います」

(インタビュー訳 そのまま)
スポンサーリンク

【試合中の独り言】(前半)


キックオフ
やっぱり神戸ポゼッションしたがる展開。それに対しグランパスはがっちりブロックで受ける
1分 高い位置で稲垣選手のプレスから ゴール前の金崎選手へ
2分 裏に走りこむ前田選手もケガの心配はなさそう
3分 イニエスタ選手から古橋選手へ。この2人の走りだしと正確なボールは流石のレベル。要注意です
5分 右サイドで良いプレー。オジェソク・前田選手 2人の連携で裏に抜ける
6分 マテウス選手 センターラインあたりでプレスから ゴール前に走りこむ金崎選手へ。 うー遅い! シュート打てず。 決定的なシーンだよ。金崎選手のこういうシーン多いような
7分 今日の自陣からのカウンター結構 速いソ。シャビエル選手もかなり狙っている姿勢をみせてくれる
攻守にわたって今日はメリハリある。前線からのプレス からのブロックと結構いいぞ
グランパス 守から攻の場面 前にかなり速い。前を向いたプレーはいい感じ
8分 マテウスすごい! センターラインあたりから ペナ内まで2人3人とかわして侵入、最後は倒されたように見えたが この頃特にスゴイな
9分 あぶない! ドウグラス・古橋選手でゴール前にぬけ出され シュートをあびる
12分 金崎選手が高い位置でボール奪取 右の前田選手と繋ぎ最後は稲垣選手のミドル 
守だけではなく攻撃でも関与する選手が多いような。前へのパスが今日は目立つ

15分  失点  山口蛍選手
サイド西選手から 吉田選手の裏 抜け出した山口選手へロングパスがピンポイントで通り GKをしっかり見てループシュート
また左サイド裏か。 流れがよかっただけにもったいない。今日の出来から見ると切り替えれば絶対大丈夫!

また左 吉田選手の裏を狙ってきてるよ
うー 神戸が流れをつかんできた。 ブロックの外で大丈夫だけどリズムに乗らせたくない
19分 よし! カウンターだ! マテウス選手 右サイド速い! 神戸もしっかりもどって ゴール前でちょっと遅れた
左サイドから ドウグラス選手狙いのシンプルなクロスもコワイ。先制点の西選手のパスじゃないけど センターラインあたりでもあまり余裕を与えると危ないよ

(飲水タイム)
24分 いい形つくった! 吉田選手のオーバラップから金崎選手を経由、マテウス・シャビエル選手の ペナ内 狭い所ワンツーで抜け出しシュート。この一連かなり速かく相手を振り切れた。マテウス・シャビエル選手この形がこの頃増えてきた
守りは速く戻ってブロック組めてる。相手のパスミスも結構多くねらい目
30分 膠着状態に
オジェソク選手って 対人強いなぁ
じりじり神戸が押し込みつつあるか。 じれるな!はっきりしたプレー! 耐える時間!
32分 シャビエル選手が右サイドでつぶれて時間作り 前田選手中心に相手ゴール前に攻め入る
こぼれたセカンドボールも直ぐに回収。ゴール前の前田選手がこぼれ球に反応して ゴール左を狙ったシュートはGKのナイスセーブによってはじき出される
グランパス 1回の攻撃に可能性と迫力あり
今日は米本選手も目立ってきてる 
35分 米本選手から右サイドの裏をついたマテウス選手にロングパス。フリーでうけるも クロス?シュート? シュートで良かった
37分 大きな展開 右サイドマテウス選手にロングパス。オジェソク選手との連携で抜け出し。 あとは最後の所の質だけ
ゴールに向かっていくプレーが目立つのがいい
米本選手が一瞬の速さで相手のフィードボールに反応し奪取。 左に流れた金崎選手がシンプルにゴール前のシャビエル選手に。ポストで落としたボールをマテウス選手がシュート。 シュートブロックにはいった大崎選手が ハンドの判定でPK奪取

41分  ゴール  金崎選手
PK  ゴール右に落ち着いて決める。よし!ここまでしっかり相手ゴールに詰め寄ってきた結果だ。金崎2ゴール目

45分 オジェソク選手ナイスカット。なんとそのままドリブルでゴール前まで運ぶ。他選手もしっかり追随し前線攻撃厚く、連続攻撃 に繋がる。最後はシャビエル選手のゴール上狙ったコントロールシュートは惜しくもはじかれる

(前半終了)

================

(前半まとめ)

1-1で折り返し
神戸が時間をかけパスを繋いで攻撃を組み立てるも ブロックを組んだ守備から攻撃に移ったグランパスが 速いカウンターをしかけ、ゴール前のチャンスを多くつくりだした。 ハイプレスも機能し相手陣内でゲームを支配しかけた所 神戸が西選手から山口選手一本のパスで先制。 その後は神戸が流れをつかみ、リズム良くパスを回し 前線ドウグラス選手の強さ・古橋選手の速さを生かした攻撃で追加点を狙うが、しっかりブロックを組んで我慢強く守備をしたグランパスがカウンターから徐々に流れを変え、速く分厚い攻撃を繰り返し 多くチャンスを作る中 PKを獲得。 金崎選手がおちついて決めて同点に。その後も名古屋は攻撃の手をゆるめず。 前半終了

かなり良い内容でしたので、独り言も多く長くなってしましました。 攻守の切り替えも速く、ボールを奪った後の前への展開が非常に速い。 またそれを全員が同じ狙いをもっているかのように複数選手が連動し、常に前を向く、ゴールに向かうプレーが見られた。 チャンスの数を考えるとゴール前のラストパス、フィニッシュの所の質は挙げてほしいところだが、シャビエル・前田・マテウス選手の中央へのプレー、ボランチ含め全員の押し上げがこれまでより目立って良かった。

守備面では相手のパスワークにもじれずしっかり守れたのではないでしょうか。ハイプレスもメリハリをきせて後ろの選手と連動し、状況によって素早く戻り守備を固めて、じれずしっかり守れた。 失点シーンの左サイドの裏 ハイボールでそこを狙われた場面はこれまでと同じ課題ではあるが、その後はしっかりと吉田選手が対応し狙われはしたが改善できた。
両ボランチも攻撃に繋がるインターセプト、高い位置での積極的なプレーで存在感を示し、特に米本選手が「らしい」プレーを連発。復調が見えた。
またオジェソク選手が対人のつよさ(守備力)を感じさせてくれるプレーは逞しく 右サイドを安定させたのは非常によかった

前半スタッツ(グランパス-ヴィッセル)
シュート:8-4 (枠内6-4)
支配率:43%-57%
パス: 251-323
CK:1-3
ファール:4-5
※ボールを持たれながらも ゴール前でしっかりプレーできていたのはグランパスという感じでしょう

走行距離
米本 稲垣 サンペール 前田 金崎 シャビエル オジェソク 山口 酒井 古橋
※しっかり走れてる

スポンサーリンク

【試合中の独り言】(後半)

フィッカデンティ監督 ハーフタイム指示
「神戸は底力がある 警戒して挑もう 勝って終わろう」

両チームハーフタイムでの選手交替なし
(後半開始) 

46分 左サイド シャビエル選手のFK ゴール前の混戦で金崎選手が合わせたボールが相手大崎選手の手をかすめるがハンドの判定ならず
47分 相手ゴールライン沿いでマテウス選手がテクニック(エラシコ)で仕掛ける
あぶない 相手ゴール前からのロングカウンター ドウグラス選手に振り切られ 逆サイド走りこんだ西選手にシュート打たれる
サンペール選手に稲垣・米本 2人で囲んで狙う
神戸もボール握って名古屋陣内で進めるも 決定機をつくれず
51分 中盤でマテウス選手がキープ 左を走るシャビエル選手が抜け出し クロスは惜しくもクリア
53分 左CK 最後はこぼれ球をオジェソク選手シュート。大きく逸れるもシュートで終われるのは良し!
54分 稲垣選手から相手ゴールライン際の前田選手に。個人技で仕掛けた所を相手が思わずファールの判定 PK獲得

55分  ゴール  金崎選手
落ちついて1点目と同じゴール右へしっかり決める
※失点直後は絶対注意! 前節との違いを見せてほしい!

57分 早速 嫌な所からイニエスタFK
自陣から金崎・マテウス・前田選手と絡み 速くシンプルに前のスペースに運ぶ
両CBで古橋の動き出し、ドウグラス選手の中央はしっかりカバーできている
左サイド シャビエル選手からまたも速い攻撃。チャンスは作れる。あとは最後の質だけ
65分 上手い! イニエスタ選手が絡んで 古橋選手が前向くとスゴイ速さでゴール前に抜け出せる 危ない
67分 自陣PAから吉田選手がしっかりと前田選手を狙ったフィード。前田選手が剥がしてスピード勝負は 相手のファールを誘う。抜け出せば決定機だった。前田選手この時間までスピード落ちてない
68分 攻撃かなり分厚い マテウス・前田選手が仕掛け 中央でシャビエル選手がコントロール。 前からプレッシャー与えて、後ろはしっかりインターセプト・セカンドボールを狙えている
74分  シャビエル選手(OUT)→阿部選手(IN)  前田選手(OUT)→相馬選手(IN)
77分 イニエスタ選手がペナ内を狙ってきてる。 中央への侵入は絶対注意
5分ぐらい 神戸が名古屋陣内でボールを回す。グランパスはブロック組んで我慢の時間
相手も選手交替もあり 攻守の切り替えも速く 強く前から押し込んできた
80分 金崎選手(OUT)→ 山崎選手(IN)
82分 阿部選手の抜け出し 折返し引っかかる
83分 2回のCKで相手陣内でプレー 
85分 また我慢の時間に 真ん中は集中して閉めてるゾ
前線で阿部選手がキープ 中央に走りこんだマテウス選手がシュート。これも惜しい!
高い位置で相手にボール渡さず連続攻撃からCK。相手の前に行きたい勢いを断ってる 
山崎選手 がんばれ 落ち着いてしっかりつないで
米本選手 イニエスタ選手に徹底マーク 最後までしっかりいけてる

最後まで闘いぬけ! 勝ち切れ!
よし勝った! 最後まで前を向けた

終了

(後半終了)

(後半まとめ)

2-1で試合終了 
前半の勢いそのままに序盤からグランパスが相手ゴール近くでチャンスを作り出すが、決めることができず。神戸がボールを握りゆっくりと名古屋陣内で攻撃の糸口をさぐるも、グランパスもしっかり全員が下がって守備の形をつくり、決定的な場面をつくらせない。神戸のパスワークのミスも散見され、その都度 前線の選手は相手ゴールに向かって走り出し、後ろからでも速いタイミングで前線に当ててゴール前への展開を続ける。その中で全体の押し上げと前田選手の個人技でファールを誘いまたもPK獲得。金崎選手が落ち着いて決めて逆転。その後神戸も選手交替も含め ボールを握りながら徐々に押し込んでくるが、グランパスがしっかり守りぬき、最後まで相手陣内でのプレーを目指し、試合終了のホイッスルを迎える

前半同様、攻守の切り替え、前への意識が全体的にみられた。序盤からシュート機会も含め相手ゴールに再三迫るプレーをみせる。相手陣内での強さ、ボールを奪われた時の帰陣の速さにはメリハリを感じた。 攻撃陣 マテウス選手を除いて全員交代した時間帯からは 勝っている状況でセーフティな攻撃になったような気がするが、最後までチーム全体で相手陣内・相手ゴールに向かったプレーが見られたのは非常によかった。

守備の所でも固めたときの強さはしっかりと見せられた。特に今日感じたところは球際。ギリギリの競り合いの所・ルーズボールの所で全員が諦めず足を出せていた。ボールに向かっていたのを感じた。集中を欠いたプレーは最後まで見る事なく ゲームをしめてくれた。
 


スタッツ 90分(名古屋-ヴィッセル)
シュート:13-9 (枠内9-5)
支配率:41%-59%
パス: 406-586
CK: 1-1
ファール:11-11

アタッキングイド
(名古屋) 46% – 17% -37% 
(神戸)   44% -22%- 34%

走行距離
(名古屋)112.1㎞ (神戸)104.5㎞
米本 稲垣 酒井 山口 オジェソク マテウス 金崎 ドウグラス 吉田 丸山
※完全に走り勝てた

スプリント

(名古屋)164 (神戸)16

スポンサーリンク

試合を終えて

インタビュー (フィッカデンティ監督)(金崎選手)

フィッカデンティ監督
Q.この試合を振り返って
「PKの得点でしたが、PKをもらえて無ければ全く勝ち目がないゲームという訳ではなかったので。 他の形でもゴールを決めることが出来ればそれを実際にグラウンド上で表現できたのですが、どちらにしてもそれ以外のチャンスもいっぱいつくりましたので。 神戸は中々日程が厳しい中で疲れはあったのでしょうが、やはりすごく素晴らしいゲームをするチームだということは皆さん見たと思いますので、そういったチームにしっかり勝てたということ素晴らしかったと思います」

Q.前線の連携がよかったことについて

「なるべく相手の陣地でプレーしたいというサッカーをやっている中では ずっとボールを回しているだけではなく チャンスをつくらないといけないと思うのですが そういうサッカーがしっかりできているんじゃないかなと。 他のチームをみても我々はチャンスを多く作るチームに数えられると思いますので。 その中でディフェンスもしっかりと、それだけ相手の方に押し込んでいるので、後ろのスペースをカバーする走りというものをスピード感をもってやってくれてると思いますので このやり方をベースに今後も闘っていかないといけないと思っています」

Q.両ボランチの良い守備からの攻撃だったが
「今日みたいな戦い方ができたらどのチームにとっても難しいチームとして名古屋は戦えるんじゃないかと思うのですが、今日もすごくボールを回す技術が高い選手 きれいに回せる選手がいる中であれだけ ボランチの2人を中心に なるべく高い位置 前からボールを奪いに行って奪えたというところ、そういシーンがたくさんありましたので そこでゲームのリズムが作れたかなと思います」

Q.次節ガンバ戦に向けて意気込み
「また強いチームですしパワーも力強さもあった上で 技術もしっかりとあってなかなかスキのないチームですが、しっかり準備すると言ったうえで今夜は勝利にひたらせてもらいたい」

(インタビュー訳のまま)

金崎選手

Q.この試合を振り返って
「先に失点してしまったが その後選手皆でそれに対してリアクションとれて 結果的にチーム皆で逆転できたのでよかったと思う」

Q.2点ともPK 2本とも右を狙った その狙いは?
「PKはうちに良いキーパーがいるのでいつも良い練習ができていますし 最後の所を決めただけで マテウスだったり直輝だったり ああいう選手がたくさんチャンスメークしてくれたので最後決めるだけでしたね」

Q.前線の選手連携非常に良く見えるが
「良いシーンはつくれていたので 最後のゴールのところは中々決めきれてなかったシーンはあったのですが、結果的にしっかり勝てたのでよかったと思います」

Q.前線からの守備 前節からの改善点は
「悪い流れの時に選手同士話して もう一度立て直すということが出来ていると思いますし そういうところは試合中のコミュニケーションだと思うので お互い話あって修正できてる所は今日の試合に関してはよかったと思う」

Q.12000人のサポーターがかけつけた 影響は
「5000人とは違う雰囲気がありましたし、少しでも多く入ってもらえると勇気づけられますし こういう中でしっかり勝てたのでそこはよかったと思う」

Q.次節に向けて
「今日の勝ちを大事にして次もしっかりがんばりたい」

 


(お願い)
・更なる連携強化
・更なる戦術の浸透と意思統一
・コンディション調整(ケガ注意)
・選手層の拡充と底上げ(積極起用)
・グランパス対策への対策
・攻撃パターン・得点力 



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました