【試合レポート】2020.8.19 第11節 湘南ベルマーレ戦 1-0 勝利 真夏の我慢比べ、汗かき 掴み取った勝ち点3

試合レポート
こりもです 

Jリーグ第11節 湘南ベルマーレ戦 1-0 勝利
得点者:オウンゴール

いやー疲れました。 選手たちもかなり疲れていたようでしたが、見てる私も今日は疲れました。どういった試合だったか? 何とも書きようがないんですよね。 兎に角 勝ち点3取れたことがこの試合の全てとしか書きようがありません。というぐらい今季一番見どころのない試合に感じてしまいました。

前節のFC東京戦が終わってからこの湘南戦まで、さてどうなるだろう。と決してポジティブなものではなかったのは事実。 ケガ人もある中ではありますが、メンバー固定をしすぎの状態や昨年の失速や 対策を取られて何もできなかった東京戦 と 個人的には大注目のこの湘南戦でした。

内容には残念な印象はありましたが(もちろん全力で戦った選手達には拍手です)その中でも勝ち点3を取ったということは大きい。湘南も良さを出して強かった。考えようでは、このような状況でも、このようなタフな相手からも勝利をもぎ取れたということはポジティブに考えても良いのでしょう。
1試合少なくて3位ですからね。胸をはりましょう。

さぁ 今日も首位川崎は勝ちました。どこが川崎を止めるか問題 次はわれらグランパスの番です。 自信をもって やってやりましょう! 
スポンサーリンク

湘南ベルマーレ戦「順位通りのサッカーはしていない」全く油断できな相手

【試合前の独り言】
平日 水曜日のリーグ戦。会議がありキックオフに間に合うか微妙なところですが、DAZN観戦できるように何とか調整中です。(結構大変・・・)

前節のFC東京戦から何かすっきりしない感じが続いています。プレビュー記事にもリンクをしておきましたが、「本当にグランパスは強いのか?」という疑問。 シーズン始まりから新しい試みをしているチームがそろそろ勝ちという結果をだしてきています。 またこういったシーズンを見込おしてターンオーバーを積極的に行い 若手が目立ってきているチームもあり、 これまである程度メンバー固定をし結果をだしてきたグランパスは今後どのような闘いができるのか・・・? 
上位に位置すれば東京にさえたように分析・対策はしっかりされてくるでしょう。これから「本当の強さ」を示せるか 正念場になります

◆Jリーグ第11節 湘南戦前 展望・データ・記事「順位通りのサッカーはしていない」油断できな相手
こりもですうら8月19日 2020年シーズン第11節 対 湘南ベルマーレ戦を迎えます。現在グランパスは 8節終了時点で5勝2分2敗(勝ち点17) 得失点差「9」まだ上位に位置はしているものの前節の戦いで何となく嫌な雰囲気がただよい こ...

と心配ばかりしていても面白くありません。個々の能力も高く浦和戦のように面白いサッカーはできるチームであることは間違いないですよね。また離脱していた選手たちも続々ともどってくるでしょう。そうなれば戦力は他チームと比べても決して劣るものではないですし、少し休ませれることはできる?のでは。 若手も成長してきて一年通して「強いグランパス」が見れるといいですね。 暑い中ですが踏ん張ってくれ!

試合前情報

(スタメン)
フォーメーション 4-2-3-1  
(FW)   金崎  山崎
(MF)相馬       マテウス
      シミッチ 稲垣
(DF)  太田、  中谷、 丸山、  吉田
(GK)     ランゲラック

【スタメン】
前節スタメン からは3名変更。前節の後半のような布陣になっています。
山崎選手がスタメンで2トップでしょうか? 累積で出場停止の成瀬選手の代わりは太田選手が左サイドにはいり、吉田選手が右サイドに入る形です。
また前田選手から前節ベンチスタートの相馬選手にスタメンが代わっています

(ベンチ)
シャビエル 石田 前田 秋山 オジェソク 藤井 武田

【ベンチ入りメンバー】 
ベンチ入りメンバーは前節からスタメン・ベンチの入れ替えでシャビエル・前田選手がベンチスタート。 また攻撃面ではかなり評価をあげているのでしょう石田選手がしっかり入っていますね。
ボランチのバックアップは秋山選手。CB・GKで藤井・武田選手はほぼ不動になりました。
と、なんとオジェソク選手の名前が。 監督試合前インタビューで、「まだかかるかなぁ」と思っているオジェソク選手がいるとはビックリ&非常に嬉しい! はやくグランパスの一員となったオジェソク選手のプレーが見たい!

中3日とFC東京戦よりは1日ましですが、猛暑の中 今日も交代枠5人をどう使うか注目です。

(今節注目点・気になるポイント)
■2トップ布陣
■コンディション:コロナストレス、準備不足、暑さ、連戦の疲労 
■選手交替:交代選手の活躍 
■走力対決(リーグ3位vs4位)

(スタジアム)
Shonan BMWスタジアム平塚
天候:晴 (28.1℃) 
観客数:2976人 
審判:村上 伸次

(相手要注意)
・石原選手:やっぱり出ると点を取れる選手
・山田選手:前からグランパス戦で決めてくるイメージあり
・齋藤 選手:運動量とボール奪取
前節横浜FCに 4-2で敗北。前半での4失点は”守備が崩壊した”と言われていましたが、大岩選手を中心とした守備陣が立て直してくるか?
この暑さの中、湘南魂で動かれるとかなりやっかいです。吉田選手も言うように 走り負けることのないように戦いたいです。 
クロス・セットプレーは要注意です(石原選手合わせるの巧い)
鈴木冬一選手がでないのは助かる

【試合前監督コメント】

マッシモ・フィッカデンティ監督
 Q.今日の試合 対湘南 勝利のポイントは?
「通常 当たり前ですが相手より良いサッカーをするというのが勝利に一番つんがることだと思いますが、しっかりと高いクオリティのプレーをすることという中では、湘南が決して順位通りのプレをしているとは全く思わないので、すごくアグレッシブで良いサッカーをしていると思いますので、その中で我々がどういった風な形でサッカーをやり続けることができるかというところを準備の中で意識してやってきた。
最近の試合の中では少しこの日程の疲れいうものがゲームに影響している部分があったと思うのですが、今回やっとそういう疲れもとれて、かなり良い状態でコンディションとしても 良いゲームをする準備はできていると思いますので、それを全部しっかりと実際に試合の中で出し切りたいと思います」
(インタビュー訳 そのまま)

浮嶋監督(湘南) 

対名古屋:堅い守備からカウンターで点を取る。前線にスピード・高さあるチーム。守備の面でしっかりやりたい

スポンサーリンク

【試合中の独り言】(前半)


キックオフ
金崎選手しっかりポストプレー マテウス選手の前への突破が見られる。雰囲気よさそうだ。
結構 金崎選手に収まる。 早速右サイド吉田選手の深い位置からのクロス
1分 マテウス選手CKにシミッチ選手ヘッド。惜しい。ヘッド強い
左サイド 結構簡単にペナまで持ってかれた ん? ちょっと心配
セカンドボールが結構拾われてる。湘南 岩崎選手 前線元気だ
5分 太田選手 左サイド背後の山崎選手に 折り返し 金崎選手シュート。いい形
金崎選手がポストプレー。山崎選手が背後への狙い。結構いいかも
太田選手 低い位置で齋藤選手に奪いとられショートカウンター 危ない。簡単に倒れちゃ・・・
お互い前に速く運び 激しく攻守が入れ替わる
8分 サイド結構崩されてるぞ。ゴール前は固めているものの 危ない
かなり速いミドルパスが金崎選手に入る。連動してスムーズにスピード感をもって攻撃に入れる 
長いパスも結構多用。 相手ゴールに速く運ぶ狙いか? 太田選手のキック精度を生かせ
マテウス選手持ちすぎ。狭いところでボールが足についてこない
太田選手がマテウス選手との連携からの抜け出し折り返し。 金崎選手シュート
金崎選手ってシュート力もっとあったような・・・
カウンターで ペナ内に岩崎選手に侵入され が中谷選手 (ファールくさい)がなんとか阻止。PKとれれてもっていう場面。ふぅ~。 結構簡単にもってかれた。
相手CKからカウンター。今日は山崎選手 積極的にゴールに向かう姿勢がみえる
マテウス選手のCK 直接狙うような ニア、ギリギリの所蹴ってる
スペースもあり、グランパス選手 やりやすそうに動いている。ただボール持って攻めれる分 カウンターへの対応は注意したい
序盤は危ないところもあったが CKの数も多く 相手ゴールに圧力はかける事はできている
攻める時間が多いからこその スキには気を付けたい 早く先制点がとれないと・・・ 何か嫌な予感がする
シミッチ選手のプレスゆるい! するするゴール前にドリブルされてピンチに
今日って守備はらしくない場面多いような。ボールを握っている場合の試合運びにちょっと疑問?28分 金崎・マテウス・山崎選手が繋ぎ 折り返し ゴール前 相馬選手飛び込むもゴールならず裏のスペース使えるといいのですが。 引いて守られ、スペース消されると崩しのアイデアが・・・
結構いい位置でボール拾えるんだけど、前線のパスの精度もイマイチ。ちょっと雑な感じする
金崎選手、ゴール前のルーズボールをあきらめずクロス。相馬選手中央飛び込むが当たらず。うーん 決めきれない
左マテウス選手から ゴール前にスルーパス。山崎選手合わせるがゴール左にそれる。決めきれない
ほぼ相手陣内で ゲームは進む 
相手にボールが渡ってもゆっくり繋いでくれる分 助かる(怖さはあまりない)
金崎選手に速いクサビが入ると、やっぱりシュートまで行ける良い形がつくれる
攻めあぐねている。最後のところの精度が
 
(前半終了)
================

(前半まとめ)

0-0で折り返し
序盤から共に速くゴール前にボールを運び ボール前のシーンが見られる守激しく入れ替わる 試合の入りとなった。お互いにゴール前 チャンスをつくるも、決めきるところまではいかない。 徐々にグランパスに流れが向き、ほぼグランパスが相手陣内でボールを握りゲームをすすめる展開に。相手もしっかり守ってスペースを埋め、中央をしっかり固め後のところでは許してくれない。
グランパスにとっては決めきれない。湘南にとっては耐えた 前半だったのでないでしょうか。

攻撃陣は2TOPにしたことで金崎選手への有効なクサビ、山崎選手の裏(サイド)への抜け出しもあり前線のポイントは増えたような気がした。サイド攻撃も序盤は裏にスペースがあり抜け出す場面もあったが、徐々にサイドを引いて守られ、マテウス・相馬選手のスピードは消され、固い中央を崩し切ることができなかった。 こうなると一人で仕掛ける前田選手・シャビエル選手の意外性のあるプレーが欲しくなる

守備面ではいつもより簡単にゴール前に侵入を許す場面があった。両サイドの脇を通されクロスを入れられる、ロングボールで岩崎選手にペナ内にドリブルで侵入と これまでの試合からは「らしくない」場面も。 ただ最後の危ない所はしっかりカギをしめる。
シミッチ選手の動きが鈍く感じる場面が気になった。

湘南のこれまで失点が多い前半に仕留めきれなかったのは厳しい。嫌な予感が・・・

前半スタッツ(グランパス-ベルマーレ)
シュート:7-3 (枠内3-2)
支配率:58%-42%
パス: 303-188
CK:6-2
ファール:4-3

※スタッツ通りグランパスが多くの時間 ゲームをコントロールしていた印象の前半

アタッキングイド
(名古屋) 52% – 12% – 36% 
  ※太田・マテウス選手サイド 山崎選手も流れて左サイドで展開が多かった
(湘南)   56% -15%- 29% 

走行距離
岩崎 シミッチ 山田 金子 稲垣 山崎 斎藤 大野 石原 相馬

スポンサーリンク

【試合中の独り言】(後半)

グランパス選手交替なし

(後半開始) 

マテウス選手が左、相馬選手が右にポジションチェンジ
中央金崎選手が強引に遠目からシュート。後半も攻めれるか?
相手が走力で前に圧力をかけてきてる。息を吹き返した感じ
湘南 攻撃もゴール前にシンプルに入れてくる。処理を間違えると何があるかわからない
53分 ここまでは 湘南かなり走ってボールに速くプレス。押し込んできている。最後はシンプルにゴール前に。 完全に相手ペースになっちゃってる
54分 相馬選手(OUT)→前田選手(IN)  山崎選手(OUT)→シャビエル選手(IN)
今日の相馬選手少し残念だった。 スペースがないと・・・武器が少なすぎるような・・
シミッチ選手 ボール受けない(狙われてるのかな?) ボールへの反応もイマイチ。かなり疲れてるように見えるが
前線から圧をかけられて、ビルドアップで苦労している。低い位置でのロストは注意したい
シミッチ選手変えたほうがいいのでは? 横に走ってるだけ、ボールを受ける動きや、攻守切り替え時にカバーにもいけない。 稲垣選手は相変わらずハードワーク。稲垣選手だけではきついよ
球際全然勝てないじゃん
中盤で闘ってるの 稲垣選手だけ 
65分 吉田選手(OUT)→オジェソク選手(IN)
3選手 かわって全然流れをかえれない
後ろでかなりプレスをかけられて前に運べない。前に入ってっも球際厳しく相手中盤でつぶされる。 前線は金崎選手も勝てなくなってきた。キープできず 簡単に相手ボールに
70分 ほぼ相手ボールでゲームは進む
グランパスの選手たちの運動量 完全に落ちてる。途中交代 前田・シャビエル選手に期待してるけど・・・
これまでの割り切って守っている感じでもなく、相手の運動量に完全に押し込まれ、攻撃ができないといったほうが良い展開
まったく前に運べない。全く動けない。棒立ちしてると、これ一発きめられるぞ
78分 久しぶりに 相手ゴール前に侵入 太田選手のシュート マテウス選手の裏への飛び出しと 良いところは見えたが 決めきれない
グランパスのコーナーキックから見事にカウンターをあてられる。タリク・松田選手で高速カウンター。たまらずマテウス選手がスライディングで止めるも イエローカード
まだ3枚しか替えていない。 バランス崩したくないのはわかるが、受け続ける選手かなり疲れてる。秋山・石田選手あたりを入れてほしい。それも監督にとってリスクなのか?
完全に無策。まさにガマン大会の様相
生き吹き返した湘南 イキイキ プレーしだしたよ

92分  ゴール  オウンゴール
シャビエル選手とつないだカウンターで金崎選手が強引にシュート。コーナーキックを獲得し、 右CK マテウス選手の速いニアへのボールに 相手 齋藤選手にあったボールがゴールへ

(後半終了)

(後半まとめ)

1-0で試合終了
後半序盤 前半同様の攻撃から入るも5分後には湘南の走力・強さが増して防戦一方に。攻撃陣にボールもわたらない状況を 選手交替で流れを戻しにかかるも、湘南の勢いは落ちず、徐々にグランパスの選手の消耗がみられる。しっかり守って決定的な場面を作らせることもなかったが、守って・クリア・ボールロストの繰り返しに。まさに消耗戦の様相。湘南も攻め手を欠きこのまま同点で試合終了という雰囲気の中 ロスタイムにカウンターから生まれた1本のCKが相手オウンゴールを誘い 辛くも勝利をつかむ

攻撃陣は全く形をすくれず。前田選手の個人技での突破、シャビエル選手のパスワークも全て止められる。金崎選手も前半のような強度はなくなり、両サイドバックも全く上がる機会がつくれず、ボランチを経由する形もつくれず、センターラインを越えられない時間が多すぎた。最後尾にプレスを掛けられロングボールをけらされ繋がらない。良い場面は1度か2度という感じ。
最後 ロスタイムにあきらめずに攻め込んだ結果が得点につながったのは何よりの救い。 

守備面では中盤から前がスピード・強さで潰すことはできなかった。稲垣選手がフル回転で危ない局面をつぶしにいくが、ボランチより前で連動した守備は見られなかった。守備陣は長く守りの時間が続くことで、また前線に運べない事で連続した守備の場面に徐々に集中力が。 中谷選手がいつも以上に目立つ試合になった。 

後半守り一辺倒の汗にまみれたグランパスの選手を見ると辛かったですね。選手交替も結局3人。あくまでリスクを取らない監督なんだと感じた。 一つこの試合の発見としてオジェソク選手のプレー。ゴール前で体を投げ出したヘッドクリアは強さの片りんを見せてくれ、今後の戦力としての期待をもたせてくれた(攻撃は・・・)ことでしょうか

DAZN解説は戸田さん 個人的にかなり好きな解説者なので「名古屋強い」と言わせたかったのですが、試合の感想や総括も 珍しく 何とも言いようが無いような「もごもご」はっきりしない感じでしたね。。。


スタッツ 90分
シュート:12-6 (枠内7-3)
支配率:54%-46%
パス: 500-378
CK: 9-4
ファール:9-8

※このスタッツ あくまで90分のもので、こんなに優勢な試合内容ではなかったです。

アタッキングイド
(名古屋) 38% – 13% – 49% 
(湘南)   45% -12%- 43%

走行距離
(名古屋)108.3㎞ (湘南)110.8㎞
シミッチ 稲垣 金子 馬渡 斎藤 石原 大野 岡本 マテウス 金崎

スプリント
(名古屋)156 (湘南)166
マテウス 馬渡 岩崎 相馬 金子 山崎 大野 斎藤 金崎 石原

スポンサーリンク

試合を終えて

インタビュー (フィッカデンティ監督)(マテウス選手)

フィッカデンティ監督
Q.簡単な試合ではなかったが、最後の最後歓喜が待っていた 振り返って
「試合前からすごく難しいゲームになると、すごく湘南はいいサッカーをやっているんだと、 すごく頑張るチームだと 言った通りのゲームになったと思うのですが、そういった感覚は選手たちが自分たちで意識した状態で気を付けながら試合に入って、それを90分間続けたということで。 結果勝って終われたことは、終われないときもこういう闘いはありますけれども 兎に角 結果が全て。結果から逆算してもよかったという風に あれで引き分けで終わるのと、勝ちで終わるのでは凄く違うので。皆で思いっきり喜びあって また次にむけて頑張ろうとしめました」

Q.ハーフタイム 「我慢強く じれずに 行こう」 後半に向けて具体的な指示は?

「どちらのチームも0-0の間に、まず絶対にに点はやらないぞということですごく粘り合った 素晴らしいゲームをしたと思いますし、その中で前半終わった時に 縦のスペースということで 右利きは右サイドに左利きは左サイドと置いたのですが、盾をしっかり引いて守ってきたので今度は中に入ってチャンスを作るようにと左右を入れ替えたのですが 色んな手を尽くす中でしっかりと向こうも対応してきて 我慢比べだったかなと そういうゲームだったと思います」

Q.次の首位フロンターレとの試合 に向けて

「今日の他会場の結果を見た中で川崎の結果も見ましたし、やはりぶっちぎってるな という印象があるんですが、私の役目としてはどれだけ良いコンディションで選手たちが当日迎えられるかという所にも力を注ぐことが大事だと思いますで、まずそこをしっかりとやって良い状態でのチームを披露できたらと思います」

(インタビュー訳のまま)

マテウス選手
Q.ゴールシーンを振り返って
「セットプレーのトレーニングからずっとそういうボールを練習していたので 監督がそういうふうなボールを求めていたので 予想通りに蹴ることができたのでよかったです」

Q.難し試合だったが、ゴールの後 喜び合った どんな思いだった
「すごく嬉しいです。厳しいゲームの中でとりあえず湘南は凄く走り切るチームという情報をもらっていたので 我々もあきらめずにずっと走り続けることができたので この勝利は皆の勝利だと思います」


(お願い)
・更なる連携強化
・更なる戦術の浸透と意思統一
・コンディション調整(ケガ注意)
・選手層の拡充と底上げ(積極起用)
・グランパス対策への対策

【ターンオーバー】は大きな課題 



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました