◆ようこそオ ジェソク選手! 入団情報まとめ

入団・移籍・引退
こりもです

このタイミングできましたねピンポイント補強。

7/9 オ ジェソク選手の移籍加入がオフィシャルで発表されました!

グランパスのSBといえば吉田選手、宮原選手、太田選手、成瀬選手、吉田(晃)選手、秋山選手、石田選手
人数で言えばSBできる選手結構いますが、宮原選手がケガ、太田選手もケガ明けでコンディション上がってない? 石田・吉田選手は成長中。 成瀬・秋山選手は本職ではない? ということを考えて近々のSBの強化が期待される加入ですね。
※個人的にはCBの補強も・・・って感じですが

守備力が高いSBを主戦場とするオジェソク選手の加入は、今のこれら状況とグランパスの状況に加えてオ ジェソク選手のガンバの3バック化や出場機会の状況もあって時期的にもピッタリはまったのでしょう。
これまでのガンバを長年に渡って支えてきたといってもいい素晴らしい選手です。
その経験値と力をこれからは我がグランパスで存分にみせてほしいです!

(7/11紙面から)
「必ずチームのプレスになる」
韓国クラブからのオファーもあるなかグランパスを選択した理由
「もっと長く日本でプレーしたかった、韓国に帰る2日前名古屋がオファーを出してくれた」
自身の特徴(強味)は
「守備での1対1の強さや、相手の特徴を分析しての対応」
再開後2試合ベンチ外だったが?
「コンディションに問題はない」
ガンバ時代の阿部選手と再びチームメイトに
「また一緒にタイトルをとりたい」
フィッカデンティ監督からの期待
「チームに経験値をもたらすだけではなく、すぐに試合で戦えるメンバーとして貢献してほしい」

◆名古屋加入のDFオ・ジェソクが初練習「必ずチームのプラスになると思う」(サッカーキング)


チーム合流日
 2020年7月10日
出場可能日
 2020年8月1日以降
背番号
 「34」

入団コメント

「このたび、名古屋グランパスに移籍することになって非常に嬉しく思いますし、感謝の気持ちを持っています。
特に新型コロナウイルス感染症の影響もあり、この時期にこのタイミングで移籍するのは難しい状況の中で僕の手を掴んでくれたことだけでも、言葉にできないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。
グランパスに移籍して、良いプレーで恩返しをしたいです。
名古屋グランパスファミリーの皆さま、よろしくお願いします。」
※オジェソク選手の人柄の良さがでていますね。グランパスに来ることに対しての喜びや感謝が伝わるこのコメント嬉しくないですか? 「僕の手を掴んでくれた」って表現はステキです。 一気に応援したくなりましたよ!

退団コメント(G大阪)

「リーグ戦が再開されたこのタイミングで、チームを離れることになりました。いろいろキャンプから大変な時間もありましたが、ここにいるみんなと開幕戦も一緒にできて幸せだったし、今年だけではなく7年半近くチームにお世話になったし、感謝の気持ちしかないです。この時期に離れるのは寂しくて悲しいですが、また日本でみんなに会えて、それだけでも十分幸せだし、良いことだけ記憶してチームを離れたいと思います。今まで有難うございました」

※ネットのコメントでもガンバサポから
「名古屋に行っても頑張って欲しい」「どこに行っても忘れません」「ずっと応援してます」など多くの惜しみコメントあります。愛された選手なんですね

スポンサーリンク

オジェソク選手情報        

基本情報と経歴

 

生年月日身長・体重利き足
1990年1月4日
(30歳)
178cm / 74kg右足
出身
ポジション
 
大韓民国
京畿道議政府市
DF (SB) 
(経歴概要)
2010年~2011年 
水原三星ブルーウィングス(2011年 (レンタル)江原FC →   2012年江原FC  →  2013年~2020年 ガンバ大阪(2016年 ガンバ大阪U-23、2019年 (レンタル)FC東京)

 

 

・水原三星ブルーウィングス(2010~2011)
背番号17
高校時代から世代別の韓国代表に選出され国際大会にも多く出場。期待されての入団だったが、結果をのこせずリーグ戦は7試合カップ戦5試合にとどます。翌年には江原FCにレンタル移籍しレギュラーの座をつかみリーグ戦24試合1得点と頭角を現す

・江原FC (2012)
背番号4
前年レンタル加入しレギュラーの座をつかみ完全移籍。リーグ戦31試合出場2得点と主力として活躍

・ガンバ大阪 (2013~2020)
背番号2、22
リーグ戦【出場119試合】【得点なし】
カップ戦【出場34試合】【得点なし】
2013年にJ2に降格したガンバ大阪に完全移籍で加入。1年目はケガの影響もあり5試合と出場機会には恵まれなかったが、2年目以降は背番号も「2」→「22」と変更し元日本代表 加地選手の負傷を機会に右SB出場機会を増やし、その後もその能力を評価され左SBとしてチームの主力してガンバの3冠制覇に主力として大きく貢献する。
※チームに溶け込めないジェソクをサポートして支え続けた「一生忘れられない人」といまも敬愛している加地選手の背番号「21」に1を足した「22」をつけていたとも。

 

2015年には2度の左太ももの故障から、頭角をあらわしてきた藤春・米倉選手にSBのポジションを奪われるが、2017年からは再度ポジションを取り返し2シーズンを主力として活躍。
ガンバ大阪としては7年にも及ぶ在籍と通算出場試合(カップ戦をいれて)200試合とクラブの歴史に名を残す選手となった

2016年にはガンバ大阪U-23 でJ3リーグで2戦出場
2019年にはFC東京にレンタル移籍し長らく共闘した長谷川健太監督に使われる形で12試合に出場する
2020年にガンバに復帰ふるが、7月9日に名古屋グランパスへの完全移籍を発表

(参照:wikipedia)

※7年もの時間を日本で過ごし、今となっては日本語もペラペラ、ガンバサポーターからも愛されたオジェソク選手ですが、日本(ガンバ大阪)からのオファーに本人は決して乗り気ではなかったがようで、クラブの金銭事情でのもだったようです。色々な面でうまくいかなった移籍1年目は「何で自分がみんなのために移籍しなくてはいけなかったのか」とも。万事に後ろ向きな態度で素行不良だった時期もあったとか。

スポンサーリンク

代表歴               

U-16韓国代表
U-17韓国代表
 2007年 – 2007 FIFA U-17ワールドカップ
U-19韓国代表
U-20韓国代表
 2009年 – 2009 FIFA U-20ワールドカップ
U-21韓国代表
 2010年 – 2010年アジア競技大会
U-22韓国代表
U-23韓国代表
 2012年 – ロンドンオリンピック
韓国代表
 2015年 – 2018 FIFAワールドカップ・アジア2次予選

人柄                 

2017年、肺の難病の治療のため、来日し、大阪府吹田市の国立循環器病研究センターで治療を受けた韓国人の女性を、「自分も来日した当時は言葉や文化の違いで苦労した。病気ならなおさら。力になりたい」と入院手続きを通訳し、キムチなどの食材や、韓国の映画やドラマを入れたタブレット端末を差し入れ等、支援していた
 

プレースタイル・能力          

スピード
スピードは標準的で、ディフェンス時にはスピードのある選手にも対応できる。
ドリブルテクニック
ドリブル能力が特段高いわけではないため、突破にさほど期待はできない。
得点能力
あくまでもチャンスメイクが仕事になる。
空中戦
空中戦の強さは標準的。
展開力
ビルドアップやサイドチェンジは期待できない。
クロス・アシスト
クロスの精度が低いため攻撃時の期待は薄い
ディフェンス
ディフェンス力が高いため、ディフェンスラインやアンカーでディフェンス力を生かせる。
(参照:football analyticx)

※上記あくまでも参考ですが、他のデータサイトにおいては「ビルドアップ」「クロス」の数値は高く記されています。ただどちらかというと攻撃というよりは守備力を特徴にする選手だということがわかります。
左右のサイドバックを高いレベルでこなし、豊富な運動量と守備力には定評がある選手です

移籍関連ニュース           

◆オ ジェソク選手、移籍加入のお知らせ
(グランパス公式)

◆J1名古屋がG大阪のDFオ・ジェソクを獲得「僕の手をつかんでくれたこと…感謝の気持ちでいっぱいです」
(中スポ)

◆【名古屋】G大阪からDFオ・ジェソクを完全移籍で獲得! クラブへは「感謝の気持ちでいっぱい」
(サッカーダイジェスト)

◆名古屋グランパス、ガンバ大阪からDFオ・ジェソクを完全移籍で獲得。「良いプレーで恩返しを」
(FOOTBAL CHANNEL)

2020/6/26
◆G大阪の韓国代表DFオ・ジェソク、母国が去就報道「名古屋、まだ確定ではない」
(FOOTBALL ZONE)

2020/6/25
◆名古屋 G大阪DF呉宰碩獲りへ すでに正式オファーを提示
(スポニチ)

過去の関連ニュース           

 

 

※他尊敬する加地さんとの対談動画も多数です
CAZI散歩 第六話 等


※グランパス公式より画像引用
タイトルとURLをコピーしました