J2再開! 『名古屋の宝』杉森 考起の今は?

試合レポート
こりもです 

とうとうJ1再開まであと一週間になりましたね
待ち遠しくて仕方がないところ、今日先んじて【J2の再開・J3開幕】でJリーグが始まりました。

無観客やら交代枠5名とか、過密日程とか、コンディション不足とか、どうなるんだろうと気になることはいっぱいで、サッカー関係のYOUTUBEをチェックしている毎日なんですよね。

そこでよく見る「サッカーキング」の配信で『再開直前 週刊J2』を見たら無性にサッカーが見たくなって 夕方自宅待機にしてDAZN観戦です。

グランパスがJ2にいるとき以来見ていなかったカテゴリーですが、やっぱりせっかく見るのであれば グラからのレンタル組の試合でしょうということで、思い入れの強い 皆さん期待の『名古屋の宝』 杉森選手と榎本選手がいる徳島ヴォルティスでしょうということで、今回は個人的な雑感を書いていきます。
スポンサーリンク

Jリーグ再開 久しぶりのサッカー観戦とJ2リーグ

まずこのカードは
J2第2節の四国ダービー 徳島ヴォルティス vs 愛媛FC

結果からいうと、すごい試合になりました。
徳島3-0リードから 後半 3-1 → 3-3
なんと ロスタイムに逆転 3-4 で愛媛FCの勝利という結果
3-3までの6ゴールは全部セットプレーから・・・(こわッ)

思い出しました。セットプレーの恐怖とこの展開。
我々グランパスも直面したJ2の怖さ。相手に合わせての闘い方・すごい走力・プレスの強さ・がむしゃらさ・セットプレーへの集中 を、久しぶりに思い出したような試合でした。

我グランパスも苦労しましたよね。 改めて1年で上がれなかったことを考えるとぞっとします。 

展開としては2017年の町田ゼルビア戦を思い出しました。その試合は勝ちましたけど、かなりスリリングな試合でした。。。しびれましたよね。
スポンサーリンク

『名古屋の宝』杉森選手への期待とプレーを見て

ということで今回の目的は杉森選手の今が見たいというのもありますので、プレーの勝手な感想を書いていきます。

杉森選手といえば、グランパス下部組織育ち 17歳でFIFAワールドカップ日本代表のトレーニングパートナーにも選ばれたこともある、クラブ史上最年少でプロ契約をした まさしく『名古屋の宝』なのは言うまでもないですよね。(五輪代表は確実な選手だと思われていたのですが、、、)

そんな杉森選手。2017年のJ2時は出場機会は少なくなかったのですが、結果でアピールできず。翌年2018年は町田ゼルビアにレンタル移籍して、2019年のグランパス復帰後も出場機会が無く、と、周りの大きすぎる期待になかなか応えられないシーズンを送ってしまっているんですよね。
23歳となった杉森選手の今後を決める大事なシーズン。大きくなって帰ってこい。

やっぱり上手い 違いを見せるプレー

ということで
前節はシャドウ気味 右に位置をしたところで先発をして、ゴール前で得点に絡む動きをし、「杉森復活か?」なんて言われているほど評価はよかったようです。
得点はチームメートの若手がハットトリック。 だからーそれをやってーーー

今節は2列目 左サイドハーフですね。 結構サイドにはってのプレーでした。
プレーとしては前半左サイドの攻撃の中心は担っていたのではないでしょうか。
ゲームの入りから積極的に積極的にシュートを打っていたり、左サイドを個人技でキープ ワンツーで突破してクロス。これが先制点の口火となったりと存在感は見せてくれました。

時折見せるパスも上手い 自分が生きるプレー
裏を狙う動き・抜け出しはかなり意識をしていました。

前線からの守備もチームプレーに徹してしっかりとできていたような気がします

J2においてはやはり技術においては抜きんでた存在なんだと思います

でも・・・ もっと!

ただ・・・・・・
 一瞬の違いは見せれるが、その回数はまだ少ない。
 ゴール・アシストという結果
 町田の時も感じた 無難なプレー

我々が望むものはそんな程度じゃないんです。
J2で通用する・上手い選手ではなく、グランパス・日本を代表する選手になってほしい選手なんです。
今後J2でやることを考えればいいのでしょうが。。。 絶対戻ってきてほしい!

杉森選手しか見ていないので勝手な意見ですが・・
チーム状況や戦術・役割はあることは承知の上で、
「常に仕掛けていく姿を見たい!」「圧倒的な違いを見せてほしい!」「ゴール・アシストという結果」
チームメイトに生かされるよりことは期待せず、自分を生かすプレーをしてほしい。

でないと・・・

※マリノスの仲川選手なんかは2017年レンタル先の福岡ではやっぱり違いを見せていましたしね。

どこで勝負していくのか? そろそろ、何かで圧倒的にアピールをしていかないと、グランパスでの役割も見えてこない。選手としての特徴も「上手かった」だけで終わってしまうのはもったいない。

スピード(スプリント)、決定力、シュート力、パスセンス
ポジショニング、キープ力、ロングパス、フィジカル、守備力
戦術眼、ドリブル、ヘディング、キック精度、スタミナ
走行距離、球際(デュエル)、テクニック、闘争心(強引さ)
連携、キャプテンシー、結果(ゴール・アシスト)

杉森はこういう選手だ! というものをしっかりこの1年で見せてくれることを切に願っています。

『ドリブルモンスター』榎本選手 もちろん期待!


榎本選手は 75分 交代で途中出場
髪が伸びて、ベテラン選手みたいになっている。体もごつくなっているような。
プレーは防戦一方で良さが出せる状況でもなく。。。
前線でしっかり追いかけているが中々さわれず、さわってナンボの選手ですので、もっと長い時間つかってほしい。

最後 カウンターからゴール前に飛び出してシュート。わずかに触られてゴールは阻止。 絶好のチャンス。いうのが決めていくことが大事なんだよね。
引き続き 榎本選手も応援していきます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました