【試合レポート】2020.3.28 トレーニングマッチ 横浜FC戦 1-0 無観客での豊スタで 現在のグランパスの姿を見せる 

試合レポート
こりもです 

2020年 3月28日 トレーニングマッチ 横浜FC戦  1-0 勝利

いやー 久しぶりのグランパスの試合。 トレーニングマッチがDAZNで放映。
前の鹿島・札幌のトレーニングマッチDAZN放映をかなりうらやましく思っていましたので、非常に嬉しかったです。
さて試合結果としては 1-0の勝利でしたが、結果ではないところで多くのことを期待していたのですが、どうでしょう。 見られた方はどういう印象でしたでしょうか?
トレーニングマッチということを除いても正直少し期待はずれのところもありましたが、何はともあれ試合が見れたことは凄くうれしかったです。
普段聞こえない選手同士の声などが聞こえて(ジョアン!ジョアン!など)新鮮でしたし。。。

いつも通り試合の雑感をまとめます。 
スポンサーリンク

トレーニングマッチ 横浜FC戦リーグ再開に向けて今のチーム状態は?新たな発見はある?

【試合前の独り言】

いやぁ どれだけ名古屋の試合を待ち望んだか。何度開幕戦の試合を見たか。
こういった状況なんで仕方ないのですが、2019年シーズンのハイライトやら、Jリーグチャンネルやら何とか開幕したリーグのワクワク感をわすれないようにしていましたが、グランパスの試合が見れない寂しさははハンパないです。

3/28(土)練習試合「名古屋グランパス vs 横浜FC」DAZNでライブ配信決定!|ニュース|名古屋グランパス公式サイト
3/28(土)練習試合「名古屋グランパス vs 横浜FC」DAZNでライブ配信決定!。ニュースのページです。日本の愛知県名古屋市を本拠地とする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)加盟のプロサッカークラブ「名古屋グランパス」の公式サイトです。

そいいった中 無観客の豊田スタジアムでトレーニングマッチのDAZN放映。決まった時から楽しみで、もちろん今日の最優先事項にして観戦です。
(リーグ戦再開にあわせてDAZN一時休止しようとしていましたが・・・)
無観客の豊田スタジアム異様な雰囲気ですね。

握手の変わりに肘と肘でタッチなんていう光景も今の状況の厳しさを感じます
でもこの企画非常にありがたいです。

そろそろ試合開始。

試合前情報

(スタメン)
フォーメーション 4-2-3-1 ゼロトップ(開幕戦と同じです)
(FW)    前田
(MF)相馬   阿部  マテウス
     シミッチ 稲垣
(DF)  秋山、中谷、丸山、成瀬
(GK)   ランゲラック

(ベンチ)
山崎、シャビエル、甲田、石田、渡邉、青木、吉田(晃)、藤井、千葉、三井、武田、渋谷

スタメン
開幕戦からはシステムは変わらずゼロトップみたいな感じでしょう。
攻撃陣前4人は変更なし。ボランチは米本選手に替わってシミッチ選手。米本選手怪我ですか?
サイドDFは秋山選手と成瀬選手。成瀬選手は開幕戦でもテクニックをみせてくれましたから、秋山選手ですね。昨年ジュビロにレンタル時にもSBで出ていましたからその成長ぶりに期待です。
CB・GKは不動の3人。

ベンチ入りメンバー 
主力組では宮原選手・ジョー選手・米本選手・吉田選手はベンチ外です
このトレーニングマッチ 選手交替なんにでもOK 一度交替しても再度入ることも可能みたいですので、多くの選手が入っています。 その中でも”若手”出てくるのでしょうか 非常に楽しみ
せっかくなので、多くの選手見て見たいですね。個人的には 青木、石田、渡邊の出場期待です。

(注目点)
開幕戦から連携・戦術の浸透具合はどうでしょう
シミッチ・稲垣 ボランチコンビ
若手選手の起用(プレーレベル)

(スタジアム)
豊田スタジアム観客数:0人
天候:曇 (16.8℃) 

スポンサーリンク

【試合展開】(前半)

 ●(名古屋) ●(横浜FC)

(前半開始)

2分 まずは両チームバックラインから大きく前線へのフィードで様子見の入り
2分 マテウス選手のペナ侵入からCKゲット
 右CK キッカーはマテウス選手 ゴール前に強いボールを放り込む
3分 成瀬選手のオーバーラップ 積極的です。阿部・前田・成瀬とつなぎゴールライン深くからクロス

 ゴール 
4分 相手のゴール前からのビルドアップを成瀬選手が高い位置でボール奪取。シミッチ選手を経由して ペナ外中央から阿部が左足シュート。グラウンダーのシュートでゴール右隅に突き刺す!
※成瀬選手の攻め上がり・細かなパスのつなぎ・攻守の切り替え・スピード感・阿部選手のシュートの巧さが全てそろったすばらしいゴールでした。

6分 横浜の前線からのプレスに対してセンターラインあたりで様子をみる状況続く
7分 横浜のプレスきつくボランチから前へのつなげず、サイドでも強いあたり
8分 最終ラインからマテウス選手へ。 スルーで右サイドを攻めあがった成瀬選手がクロス。逆サイドまでながれたボールがフリーの相馬選手へ。左45度からのコントロールしたシュートは惜しくもクロスバー。
※成瀬選手非常に目立っています。 相馬選手決定機 惜しいシュート!
※前田選手があまりボールをさわれていないのが気になります

10分 相手陣内でボールを回すもパスミスからカウンターを受けるも、アタッキングサードには入れさせない。深く放り込んでくるボールをしっかり回収する形はできている
※シミッチ選手も強さより読みでインターセプト狙っています

12分 成瀬選手イエローカード。右サイド裏へのロングパスにユニをひっぱってプレーを阻止
13分 俊輔選手のFK。ゴール前中央へのボールは稲垣選手がクリア。こぼれ球でシュートを放たれるも枠外へ
※稲垣選手 さすが運動量目立つ 

15分 中央でもらった阿部選手からマテウス選手へ。ミドルシュートはゴールマウス上に
※左サイドでの崩しが少ない。ミスも多い感じはする

17分 相手最終ラインでボールを回させる 前線からのプレスはしっかりできている ミドルレンジのパスを厳しく 回収
18分 左サイド 秋山・相馬コンビ。 秋山選手のところでのボールロストが目立つような・・・
21分 ペナライン近辺で、横パスをつながれ前線 一美選手に早い縦パス。コーナーに逃げるも、横から縦への変化でゴール前スペースがぽっかり空いた感じ。 注意です
22分 CK キッカー俊輔選手。 変化をつけたボールはゴール前でクリア
23分 左サイド マテウス選手がマークにつくも中山選手に深くえぐられてクロス。ランゲラック選手はじき出しクリア
24分 左サイド前田選手から阿部・成瀬とつないで相手陣内へ。丸山選手からの縦パスはインターセプト。カウンターの危ない場面は稲垣選手が潰し遅らせる
26分 中央でのマテウス選手の個人技。左から相馬選手の侵入で攻め込むもシュート機会はつくれず
28分 低い位置で稲垣選手のボール奪取からカウンター。サイドから攻めあがるも中央への展開はつくれず  ※中央の攻め上がり、ゴール前への詰め、飛び出しが少なく、中央が薄い感じがする
33分 相手プレスを シミッチ・丸山・中谷・稲垣選手で リズムよくワンタッチパスでしっかりはがす。 ただその後のパス精度が・・・
35分 右サイド 成瀬選手が深い位置でボールロスト。プレスをかわされロングカウンターをくらう
36分 俊輔CK からファーへながれたボールをダイレクトシュート。 ヒットせず枠外へ
37分 相手最終ラインにに阿部選手が強く寄せる。その中でDFからGKへのバックパスを前田選手がゴール前中央でインターセプト。一対一の場面でゴール左をねらうもわずかにはずれる
※絶好機!GKが目の前に詰めてきたが決めないといけない場面でした
※マテウス選手がアタックというより前線でのタメになる場面が多い
※ボランチは米本・稲垣コンビに比べると囲んでという場面はやはり少ない。その分シミッチ選手の展開力やラストパス・スルーパスに期待!

43分 マテウス選手が自陣から迫力あるプレスでボール奪取。カウンターは阻止される
右CK 相馬選手  ※このサイドはマテウス選手だったのですが、キッカーかえるんですね
45分 マテウス選手 個人技で中央に仕掛けるもブロックされ、左サイド深くにカウンターをくらう

前半終了
================

(前半まとめ)

攻撃は先制でも見えた右サイドからの攻撃に強みが見えた。成瀬選手の質の高い攻め上がり・攻守の切り替え・マテウスの個人技に阿部が関係をし非常によい形でのゴールが見えた。
細かなパス交換・カウンターにおいても深くまで侵入する機会が多く崩せていた印象です。

逆に相馬・秋山選手の左サイドが少し物足りない印象。 秋山選手の攻め上がり、相馬・前田との連携での崩しや相馬選手の縦への突破がもう少しみれれば。。。

前田選手は前線 左右・中央と動きを見せるが、パスの受け手としてはあまり目立たず。やはりサイドアタッカーなのか? そういった中で最大の決定機のGK一対一の場面は決めきりたかった。

シミッチ選手にはもっと前線へのスルーパスや裏へのパスなどでゴールに直結するプレーを期待していたが、中盤で散らすプレーはできていたものの、チャンスを作り出す展開をつくりだせなかった。加入当初のパスセンスをもう一度見たい。

守備面では、前線からのプレスは昨年よりは強くなった感じはするが、相馬・前田選手も動いてはいるものの 強さ・速さで目立つのはマテウス・阿部選手でしょうか。
ボランチコンビは攻撃とのバランスを考えてシミッチ選手とのコンビにはすごく期待をしていましたが、稲垣・米本コンビのようにすばやいプレスで囲い込んで「刈り取る」イメージが弱くはなった感じ否めない。 ただポジショニングからのインターセプト、DF陣とはよい連携で決定機は作らせることはなかったは及第点でしょうか。

最終ラインは両センターバック中心に終始落ち着いたおり危なげないプレーという印象。 カバーリングなどもGK含め連携面でも不安な場面はなかった。
サイドバックは開幕戦同様 成瀬選手は戻りも速くしっかり対応できていた印象はあったが、左の秋山選手から攻め込まれる場面は比較的多く、ポジショニングや中盤選手との連携に左サイドに弱さを感じた。
プレースキックへの対応も集中も高く しっかりと跳ね返せている。 昨年のようなCKになるたびに不安になる状況からは大きく変わっていて、安心感は増していますね。

スポンサーリンク

【試合展開】(後半)

●(名古屋) ●(横浜FC)

(FW)     山崎
(MF)マテウス   阿部  シャビエル
      シミッチ 稲垣
(DF)  秋山、中谷、丸山、成瀬
(GK)   ランゲラック

※中央の点を取る機能・タメを作る機能は生み出せるのか?
※シミッチ・シャビエル選手のコンビネーションで違いをみせれるか?
  
(後半開始)

46分 シミッチ選手のパスミスからカウンターをくらいクロス
47分 マテウスからアーリークロス 山崎折り返しシャビエルがゴール前に侵入を狙う
49分 ボランチとCBの間スペースをうまく使われ左サイド深くまで展開・折り返し・サイドチェンジを許し一美選手にシュートを浴びる。危ない場面
※ボランチのバランス(シミッチ選手の戻り)でCBとの間のスペースを使われた。要注意です 

51分 俊輔選手のFK 中央であわせられるもヒットせずシュートはゴール上に
52分 中々前につなげない為センターライン付近の横パスが多い。横パスのインターセプトで相手ボールになる危ない場面も
55分 自陣でボールを回されゴール前まで運ばれる場面増えてきている。前線・中盤で奪いきれない
56分 右サイドをうまくつかわれてグランダーのクロス。ランゲラック選手がしっかりキャッチ
57分 攻撃ではうまくつなげず 守備でも奪えなくなっている
※相手の球際の強度がました。スピード・強さで押し込まれている感じ

58分 マテウス選手(OUT) → 前田選手(IN) 前田選手再度投入
※せっかくなので青木選手見たかった

63分 阿部選手を基点に左サイドから攻撃するが、シャビエル・秋山選手間の連携が見られず。 パスを受ける動きが見られないのが気になる。止まってパスを待っている印象
65分 最終ラインからリズムよくパスが回り 左シャビエル選手から中央の阿部選手へ。最後は右サイド駆け上がってきた成瀬選手のミドルシュート。惜しくもシュートは大きくゴール上へ
67分 少しずつリズムができてきた 相手のプレスをはがせてきた
69分 左サイド 秋山・シャビエルの連携ミスからゴール前に速いカウンターを浴びる
71分 阿部選手へ縦パスからボールロスト。またもロングカウンターを浴びる。中谷選手のスピード・強度で何とか対応
73分 相手陣内でボールを回すが相手のブロックが崩せない。昨年の中盤戦のようです
74分 ようやく右サイド裏へ成瀬選手が抜け出しチャンスメーク
※中央突破は相手ブロックに跳ね返され厳しい 
※サイドの突破から中央の山崎選手の高さ(空中戦)も見たい

77分 前田・阿部選手のワンツーでゴール前のスペースへ。前田選手のシュートは惜しくもサイドネット
81分 ともに攻めあぐねていて膠着状態が続く
※秋山選手もっと積極的に突破してほしい。成瀬選手の攻め上がりも少なくなってきたのでサイドの勢いが低下。シャビエル選手も以前のアイデア・テクニックみられず。 走力・スピードでも目立たずこの出来では厳しいかな
※スピード感が一気になくなった感じは否めない
※この状態であればトレーニングマッチだしもっと多くの選手を試して欲しい。青木・渡邉・石田あたりみたい!!

90分 カウンター シャビエルのクロスは全員を超えてファーに
(後半終了)

(後半まとめ)

後半の出来だけ見ると一言 非常に不安でした。
期待していた選手起用については出ている選手のスタミナを試したいのか?なぜもっと選手を試さないのか少し残念でした。そこのところは試合前からかなり楽しみにしていたので・・・

守備面での最後のところではしっかりと守れており決定機は多くつくらせることなく、ランゲラック選手があせる場面も少なく無失点は評価できるが、終始主導権が相手にあった後半戦は気になる試合展開でした。

攻撃面ではスピード感もへり前への推進力や意外性のあるプレーが見れなかったのは非常に残念。
前半と比べるとマテウス選手がゲームのポイントになっているような気がしてきました。
山崎選手も空中戦の競り合いやポストプレーで前線でのタメのところではその役割をこなしていたが、中央前線で点を取るプレーを見る事ができず、少し残念でした。

また右サイドの成瀬選手と比べても秋山選手は厳しい印象。縦に仕掛けていくプレーがほとんど見られず、特別指定(2年前)の時の積極性が見られなかったのは残念。パスの精度も通して低かった。
シミッチ選手に期待していた攻撃のスイッチの役割も期待を下回った。開幕戦ではシミッチ選手の起用を強く望んでいたが、以前のようなスルーパス・背後へのパスを見る事ができず残念。

シャビエル選手でサイドのスピード感はなくなったが、その分テクニックやポジショニングに期待をしたがあまりよいプレーはみられず

後半は総じて 期待はずれ感は強かったですかね。ゲーム中の修正(采配)もトレーニングマッチの自由な中見て見たかったですしね。

後半の展開をみると・・・ という感想でした。

 


(お願い)
・更なる連携強化
・決定力
・新戦力の起用
・セットプレーからの得点

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました