【試合レポート】2019.11.23 サガン鳥栖戦 0-0 ドロー 「残留決定」は次節に持ち越し 負けないサッカーもつらいよ  

試合レポート
こりもです

Jリーグ第32節 サガン鳥栖戦    0-0 ドロー!!   

思い切って言います。正直な感想。「つまらなかった」・・・
最低限の勝ち点1を獲得。自動降格は逃れることができましたが、湘南が引き分けたことで まだ「残留決定」には至りませんでした。ただ残留に向けては大きな一歩。 吉田選手も負傷しながらも最後までピッチの上で踏ん張ってくれました。 相手PK失敗など救われた部分もありますが、まだ運もあると思って、どんなサッカーでも勝ち点が重要な状況では及第点としましょう。

あとは自分達次第です。次節以降勝ち点を積めば自分達で残留が決められるんです。 とは言っても今日の磐田の勝利への執念は怖いものがあります。またシミッチ・和泉両選手がイエロー累積で出場停止、吉田選手も負傷とここに来てまたまえた試練が。。決して簡単ではありませんが、最終節鹿島戦に持ち越さないよう絶対次節で決めないといけないんです。

今回も試合の雑感をまとめます。 
スポンサーリンク

サガン鳥栖戦 残留争い直接対決 豊スタで「残留」決めろ!鳥栖を知り尽くすフィッカデンティ監督の策は? 

32節泣いても笑ってもあと3節。 
16位の湘南に勝ち点6のをつければ残留決定。
 湘南が負けて名古屋が引き分け以上 湘南が引き分けて名古屋が勝利 と言うわけですね。

前節の神戸戦 久しぶりにスキッとしました。 残留に一歩近づいた大きなものになりましたね。
試合内容は、神戸のサッカーが以前のグランパスに見えて複雑な感じで見えてしまいましたが、全員の走る、体を投げ出す、ボールに向かう姿勢が見えたことは非常によかったです。
改めて やっぱりサッカーは「技術」の他に 「気持ち」「フィジカル」「頭脳(戦術)」「連携」 どれかが圧倒的に欠けると勝てないもんなんだぁとつくづく思いました。

ただ今節負けようものなら、また予断を許さない状況になります。対戦相手の鳥栖にとっても残留をかけた重要な一戦であることは間違いなく、この頃「名古屋からレンタル」の NSK金井選手の活躍もあり、粘り強く気持ち入れて闘っていますので、決して楽な相手ではないです。
6ポイントゲーム 勝ったほうが笑う試合になりますので、早く残留を手中に収めて来期の妄想に入っていきたいです。 

正直ドキドキですが、前節で自信を取り戻した選手達を信じます!
そろそろ試合開始。

 

試合前情報

(スタメン)「StartingEleven」
フォーメーション 4-4-2
(FW)  アーリアジョー
(MF)和泉 ネット、米本、前田
(DF)  吉田
、中谷、丸山、宮原
(GK)   ランゲラック

(ベンチ)
赤崎 シャビエル 伊藤 シミッチ 太田 千葉 武田

スタメン
前節出場停止の吉田選手が太田選手に替わってスタメンに入りました。
前節でも対人強く非常によかったですから、宮原選手 右サイド勝ち取りましたかね。フィッカデンティ監督から評価を勝ち取ったことは個人的には嬉しいです。
他は前節と変わらずの布陣。アーリア選手が攻守に走り回り攻撃の中心はやはり「和泉・前田」でしょう!

ベンチは前節先発の太田選手がベンチスタート。ここ数試合ベンチ入りしていた成瀬選手がはずれています。他はかわらずですが、伊藤選手がここ数試合コンスタントにベンチに入ってきています。
シャビエル・シミッチ選手はベンチスタート また途中交替で出場してくるでしょう。
交替としては これも前節と同じくトラブルなければ後半途中から 赤崎・シャビエル・シミッチ選手になるのではないでしょうか。

(注目点)
ホームで勝ち点3(豊スタ 今季6勝1分1敗)
闘う気持ち(走力・デュエル)
フィッカデンティ監督 古巣対決(鳥栖対策)
ジョー選手 いいかげんゴール(毎試合のお願い)
吉田選手(PK勘弁)
連続クリーンシート
前田・和泉選手 連続得点

(スタジアム)
豊田スタジアム
観客数:26,124人
 ※残留決める試合で少なくなってきてる・・・
天候:晴 (20.0℃) 
審判:佐藤隆治

(相手要注意選手)
クエンカ選手(得点へ関与特にアウェー戦強いみたいです)
原川選手(フリーキック 一発あります)
豊田選手(厳しい状況ほど存在感を発揮)
小野選手(前線でのテクニシャン、いやらしいプレー)

【試合前監督コメント】

マッシモフィッカデンティ監督
Q.前節は先制点から完封勝利。今節は立ち上がりからどこを意識していく?
 「前回そのような戦い方ができたという背景にはメンタル面での入り方というのが、すれにふさわしい入り方ができたと思いますので、その部分に関しても全く同じように準備はできてると思いますし、そういう風にスタートできたらいいと思う。技術的な部分・戦術的な部分は各試合毎全く変わってきますので そこはそこで今日の試合に向けて準備してありますので また入り方というところではメンタルの部分をしっかりやってもらいたいと思う」

鳥栖 金監督(フィッカデンティ監督時代のヘッドコーチ)
 Q.鳥栖を良く知るフィッカデンティ監督、対名古屋
「知っているといっても昨年までの話。全く別のチーム。そこに対してのストレスは一つもない。名古屋に対しての対策というよりは自分たちが何ができるかにフォーカスを当てている」
スポンサーリンク

【試合展開】(前半)

 ●(名古屋) ●(鳥栖)


(前半開始)

1分 クエンカ選手 ファーストシュート
1分 ジョー選手からの展開で相手ゴールライン近くまで侵入
お互いロングボールでゴール前への放り込みから試合に入る
3分 小野選手FK から 一気にロングフィードで前線前田に
中盤でのボールの奪いあいが続く。どちらかと言えば名古屋が引いて守っている感じ
6分 自陣ゴール前から左サイド和泉選手がカウンター。中央米本選手ミドルシュート。相手DFブロック
7分 左サイドCK 和泉選手が今日はキッカーのようです。ショートコーナーで変化加えてます
9分 守備からカウンター 和泉・アーリア選手と攻め込むが前線のパスミスが目立つ
9分 右サイド 前田選手が遠目からゴール前へ放り込む。和泉選手走りこむも届かず
10分 左サイド原選手。個人技で和泉選手を剥がしエリア内に侵入。和泉選手がたまらずファールでPKの判定。エリア内で執拗になりすぎた接触。他選手のカバー、エリアを考えて欲しかった
イエローカード 和泉選手 累積4枚目 次節出場停止
13分 金崎選手PK ゴール左にはずす。ランゲラック選手も同サイドに反応したところ。救われた! 和泉選手気にするな! これからです!(今シーズンPKはずされたの初めてのような・・・運はある!)
15分 自陣ブロックの外で鳥栖がパスを回す時間帯が続く
名古屋攻撃時には 前線でのパスミスが目立つ。こんなパス下手だった?
鳥栖のプレス、セカンドボールへの速さが名古屋を上回っている
18分 自陣ゴール近くでの攻防から、米本選手からゴール前のスペースのジョー選手へのパス。競り勝つがコントロールできず、あせったシュートは威力なし。トラップで足元に入れすぎる場面今シーズン多いような気がします
19分 相手カウンター 吉田選手が全力で戻り阻止 ナイスディフェンス。守備への意識は高いです
21分 センターライン付近から鳥栖のパス回しが続く。自陣でブロックを作り守備
21分 最後列ボール奪取からカウンター。宮原選手が高い位置で受けドリブルで相手ゴール近くまで駆け上がる。ジョー選手へのラストパスはカットされる
守備が第一優先。中盤プレスはあまりなく、ゴール前をがっちり堅め、最終ラインではDF中心に強く守備が出来ている。完全な守備的なところから、ロングフィードでカウンターの形。 後ろへの重心がかかりすぎている感じがする。 
27分 左サイド 吉田選手からゴール前のジョー選手にドンピシャクロス。ヘッドでコースを狙うシュートも勢いなくゴール左に逸れる

ジョー選手の守備は皆無、前線でも仕掛ける動きは少なく、決定力もない、プレーに責任感を感じられない。「ストライカーは無駄な動きをしない」とか言える状況ではない。がんばってはいるのだろうが・・・

相手は前線からしっかり守備に来ています
31分 ようやく相手陣内でのプレーが続く。前田選手の再三のドリブルの仕掛けから、エリアわずか外でFK獲得 良い位置でチャンスです
33分 キッカー前田選手 巻いてマウス左下を狙ったシュートは惜しくも枠を捉えられず
監督からの指示があったようで、アーリア選手が一人で相手DF・ボランチにプレスをかけるも、ジョー選手は連動せず効果が出ない
37分 カウンターから左サイド前田選手が得意のカットインからシュート。相手DFに当る
38分 右サイドのCKもキッカーは和泉選手です 今日は左右和泉選手のようですね
43分 ネット選手が積極的に左サイド深くに攻めあがりCK獲得。よく実況・解説者は「名古屋は高さがあります」っていつも言いますが相変らずCKからはノーチャンス
44分 鳥栖の守りも堅く、相手陣内ではしっかりブロックをつくられゴール前に攻め入ることができない
AT 1分

(前半終了)

================

(前半まとめ)

ドローで前半終了。 
神戸戦同様、相手チーム(鳥栖)がボールを保持し、名古屋がガッチリ引いて守りをかためる時間が多かった。 センターライン辺りから自由にパスをまわさせて ゴール前に深く侵入を図ったときにボール奪取。最終ラインからのカウンターという戦い方い終始する戦い方でした。

守備面では変わらずゴール前や深い位置では両センターバック中心に体を張った集中した守備はできており、相手カウンターについても早い戻り、両センターバックのカバーで危ない場面は作らせなかった。
そういった中で一つ、左サイド個人技でかわされ和泉選手がPKをとられる場面もあったが、PK失敗に救われて何とか無失点で前半を終えることができた。ただ最後のほうはアーリア選手が早めにプレスをかける動きを見せるが、他選手の連動なく効果がみられず重心が後ろになりすぎている感がした。

後半ではようやく相手陣内でボールを保持し攻撃機会を伺う場面も増えてきたが、鳥栖の守備も堅くブロックを崩すことはできない。パスの正確性・緩急もなく得点の期待は薄かった。
まるで同じようなチームの戦い。鏡を見ているようでした。

その中でやはり気になるのはジョー選手。守備もしない、攻撃時には得点に近づいた場面が2回ほどあったが決めきれず。ゴール前で相手を振り切る、相手を動かす動きもなく。攻守においてFWとしての物足りなさを感じた。ポストプレーだけでは怖さはない。前田選手の速いカウンターにもスピードなく追いつけない状況。他チームの外国人FWと比べてもどうしても見劣りしてしまう。

右サイドの前田選手の仕掛けに比べると 和泉選手の前への仕掛けがあまり見られず(吉田選手との連携は見られるが)攻撃に迫力はない。もっとゴール前でも積極的に仕掛ける動きをもっと見たい
前半はほぼ互角でしょう。 正直面白いゲームではないですね。。

(スタッツ)
シュート6-2 枠内4-1
支配率、51%-49%
パス 284-245
ファール 7-4
※自陣でボールを回させていた時間が長く、ボール支配率の互角は少し意外な数値。
ボランチから後ろの守備のかたさが被シュートの少なさに表れてれています

走行距離  米本 和泉 アーリア ネット 小野 原川 前田 松岡 豊田 クエンカ
※前線(ジョー選手以外)が多いと言うことは自陣深い位置から攻撃への距離の長さなのでしょう。

スポンサーリンク

【試合展開】(後半)

●(名古屋) ●(鳥栖)

両チーム選手交替なし さぁ点を獲ろう!
(後半開始)

46分 丸山選手からゴール前に飛び出したジョー選手へ。パスの質は高いがヘッドでのトラップはGKへ
48分 ジョー選手が頭で落として、走りこんだ和泉選手のトラップが大きくジョー選手には届かず
49分 右サイドから前田選手のフリーキック。DFとGKの間に質の高いボール。ファーサイドののジョー選手が飛び込むも僅かに届かず
鳥栖の攻撃がサイドを使っての攻撃など守備陣結構振られてきています
54分 鳥栖CKからゴール前の豊田選手シュート。わずかクロスバーの上。中谷選手もしっかりついていたが危ない場面でした
鳥栖の前への速さや迫力が増してきた
56分 前半同様 鳥栖のペースでボールが回る時間帯が続く
56分 ようやくボール奪取から攻撃へ転ずるも最後の所でボールが収まらず、シュートの場面は作れず
前田・和泉選手 右左サイドチェンジしてプレーしています
58分 米本選手から前線ジョー選手へのロングボールの狙いが多く見られます
60分 鳥栖 速い縦パスからフリック、ゴール前に飛び出した原川選手が決定機を作る。何とかランゲラック選手が体をはってセーブ
61分 アーリア選手(OUT) → 赤崎選手(IN) 「やっぱり絶対ジョー選手は残すんですね」
64分 ネット選手(OUT) → シミッチ選手(OUT) 「連続で?」
65分 鳥栖 サイドからクロスから豊田選手の競り合いですり抜けたボールがゴール前に。ランゲラック選手がはじき出し、こぼれ球もなんとかクリア
67分 前田選手(OUT) → シャビエル選手(IN) 「3人交替早くない?」「前田選手90分は厳しいのか?」
「名古屋は終始ロングボール中心の攻め。以前の早いパスワーク、パスの緩急、ビルドアップは完全に影を潜めた」
71分 米本選手からジョー選手への速い縦パスは惜しくもオフサイド 
73分 ジョー選手が左に流れてのボールキープから和泉選手が中切り込みシュート。DFブロック
「コーナーキックはニアに絶対に入り込まない、後ろから走りこまない 共通の狙いは無いのか?」
77分 吉田選手負傷? 筋肉がはがれたというジェスチャーをしている 
77分 イエローカード シミッチ選手が豊田選手との競り合いで後方からの競り合いがファールの判定 。「なんと和泉選手に続いてシミッチ選手も次節出場禁止?」
吉田選手ピッチに戻るが走れず前線に残す形に。和泉選手が左サイドバック、SHに赤崎選手を配置
「結果論だが、早い交替が結果悪い方向へ」
79分 センターライン付近のFKからロングボール2本で金崎選手にヘディングシュートを打たれる。ランゲラック選手が好セーブ。速い攻撃でゴールに向かってきます
81分 実質1人少ない状況の中で、鳥栖が長短のパスでゴール前に攻め立ててくる
「こういう場面では余計一人で打開できるFWが欲しいと思ってしまう」
85分 ゴール正面 ボックスわずか外でジョー選手が倒され絶好の位置でFKを得る 
87分 FKキッカーはシャビエル選手。壁を越えたボールは落ちきらずクロスバーの上に
名古屋は残り時間 守りに集中で勝ち点1狙いしかないでしょう
89分 ジョー・赤崎選手2人でカウンター。ゴール前のシャビエル選手は相手DFに囲まれシュート打てず
91分 左CK シャビエル選手からジョー選手にあうもヒットできず

(後半終了)
吉田選手 ホイッスルとともに倒れこむ。よくがんばった。負傷の状態が非常に気になります

※金崎・豊田選手 古巣名古屋サポーター席へ挨拶(予想外、この2人に古巣という意識があったのが何気に嬉しいですね) 

(後半まとめ)

これが残留争いをしている2チームの試合なのでしょう。
守備を主としたゲーム 攻撃においてお互いにアイデアは乏しいといわざるを得ないゲームで、今シーズンでも最も面白くない試合ではなかったのではないでしょうか? どうしても負けられないゲームとしては仕方がないのかもしれませんが。。。

数少ない攻撃から得点の臭いもする場面もありどうなるのかという後半の入りに見えましたが、その後は前半同様 鳥栖がペースを握り名古屋が後ろで引いて守る試合展開で多くの時間は経過していきました。
その中でも前半から改善されることなく前線からの守備は弱く、最終ラインで耐えるという形に終始したという感じです。バランスは圧倒的に後ろにあったような状況は変わらずです。

一方でどうしても勝ちたいという気持ちを前面に出してきた、鳥栖の勢いは特に攻撃でより縦に速く、サイドも使いながら迫力を増してきていました。名古屋の守備陣も序所にスピードやスペースへの対応にも追われる場面も増え危ない場面も前半より多くつくられたという感じです。

攻撃はよりロングボールからの展開一辺倒で、決定機はつくれず。これまでの攻撃サッカーの片鱗も見えなくなっておりチャンスさえも作れない状況は非常に残念に感じました。

選手交替も後半30分までに一気に3枚替え(何かタイミングや交替選手不自然な感じはしていました)
ジョー選手に変えて運動量やゴールへの意識・スピードで赤崎選手を投入でもいいと思うのだが・・・
その後に吉田選手が筋肉系?の負傷 なんとかピッチにもどるもプレーできずに結果として一気に行った選手交替が裏目になってしまった。

その後は実質10名での戦いの中で鳥栖の猛攻を浴びなんとか我慢をして失点を防いだという形。数少ない攻撃も相変らずCK・FKの質が低く 引き分けにするのが精一杯の試合になってしまったという感じです。

つまらない試合であったが、選手達も絶対に負けてはいけないという強い気持ちをもって闘ったはずです。全力で失点を防いだ、最低限の勝ち点1を拾った選手達をよくがんばったと讃えるるべきだろうとは思います。 

ただ来年もこんなサッカーだったらと思うと正直ゾッとしますが。。。
兎に角 早く残留をきめないと、、、ですね


(ゲームスタッツ 90分)

支配率:50%(前半から-1ポイント)、シュート:8本(前半から+2) 枠内4本
被シュート:6本(前半から+4本) 枠内3本
パス数:514ー452、  パス成功率:(81%-79%)
ファウル:11-10
CK:8-4

走行距離:
106.1km(名)ー106.1km(鳥)
 米本 和泉 原川 金崎 豊田 三丸 クエンカ 松岡 吉田 高橋
※前半にくらべ名古屋の選手が大幅にへりました。守備一辺倒の後半の影響でしょうか?そういった意味では後半さらに鳥栖は勝ちを目指してギアを上げて名古屋を上回ってきたと言えるのでしょう。

スプリント:111(名)ー134(神)
 三丸 前田 豊田 アーリア 松岡 金崎 ジョー 原川 宮原 吉田
※珍しくジョーがスプリント回数13回えて入ってきました。少し意外です 

※スタッツでもほぼ同レベル。ほぼ同じチームの戦いになったことがわかります。
今チームを取り巻く環境から仕方がないのですが名古屋の特徴がなくなってしまったのは何とも寂しいです。

スポンサーリンク

試合を終えて

インタビュー

和泉選手
Q.残留をかけた戦い 球際もきびしかったのでは? 振り返って
「こういう試合になるのは試合前から覚悟していましたし、そこでしっかり勝手勝ち点3をしっかりとりたかった。なかなか本当に苦しい試合でしたがしっかり勝ち点1積み上げたことは次に繋がると思うので又切り替えてやっていきたいと思います」
Q.和泉選手のプレー 攻守ともに運動量が多かった中で今日の試合自身の反省と振り返り
「まずはPKを与えてしまった部分があるのでそこはミッチ含めて、相手がはずしてくたということもありますし、尚更チームに貢献したいという気持ちがありました。得点という形でチームを助けれれば一番でしたが、そこだけじゃないと思うのでしっかり攻守において自分のやれることをしっかりやろうと気持ちを切り替えました」
Q.イエローカードのシーン 次節に出られないということはどのように感じているか?
「そこはチームメートもいますし、チーム全員で闘っているので自分はいないですが、終わったわけではない、最終節もありますし、次はしっかり応援という形になりますが、またその次しっかり出れるように準備して、自分は自分なりに2試合後に向けてしっかり気持ちはつくらいとと感じます」
Q.コーナーキックを蹴っていた どのような狙い?
「単純にキッカーが自分しかいないというか、そこは示されていたので。中々良い質で蹴れなかったですし、ショートコーナーからの崩しという部分ももっとやれたと思うので、個人としてもっと技術を上げていかないとなと感じています」
Q.吉田選手が怪我をしたときに監督から呼ばれていた どのような声がけがあったか?
「フォーメーションだったり人の配置という部分を改めて指示はされましたけど、どういう状況であろうと10人になったとしてもチームが最後まで、勝ちもそうですし、今日に関してはしっかり勝ち点1でもしっかり拾うという部分はチームとして終盤に豊クンが怪我した後もチームとして共有の意識をもってやれていたので、そこはどんな状況であってもしっかりチーム一つになって闘えてるなと感じます

※何だこのインタビュー なぜ和泉選手なのか? 長いし無理やりな感じがしますよね。和泉選手に何を話させたいのか?だったら丸山キャプテンにすればよかったのに?

マッシモ監督
Q.速く激しい試合展開でした 振り返って
「この時期になってくると元々の力の加減がどうとかっていうところも、現在チーム状態がどうっていうところも、逆にある意味 各試合毎に影響ないと思っていますが、兎に角今日は鳥栖はしっかり走るチームですし、闘ってくるチームですので、展開の速いゲームになるということは予想通りでした。その中でお互いにいいところもあってお互いに自分達が振りかってよくないと思うシーンがあった試合かなあと。その中で勝ち点というところにどちらのチームもこだわってやったのでお互い分ける形になりましたけど、こちらもゼロではなくしっかり1とったというところでは順位からみてもすごい大事だと思います」
Q.湘南戦が引き分けとなった。これで残留を決めることができませんでした。

「我々が残り試合で全く勝てなかったらという意味での計算だと思いますので、そんなことなく我々は勝ち点を上げていけると思いますで、それをやりきった時にやっと安心したと言えますけども、そこに対して不安があるということもないので次もしっかり闘うだけです」
Q.この試合振り返って後半20分でFW3枚のカードをきりました どのような考えだったのか?
「3人フレッシュな選手を入れてこの試合ものしたかった。勝ち点1では満足できないという気持ちでスタートしたので、それで攻撃的にこちらが試合を決めに行くと3人一気に投入したのですが、その後怪我人がでてトラブルがありました。その中で一人出なかったですけども、ほとんど10人で闘っている状況だったので、苦しくなったところをしっかり選手が耐えて最後までやりきってくれたのかなと。そういうトラブルがあったのですが、気持ちのところできれなかったところが今日は大事だと思います

Q.残り2試合どのように闘っていくか?
「今日は試合終わったばっかりなので、まず次の試合はまた明日以降にスイッチいれてやりたいと思います」




(お願い)
・「勝利」「勝ち点」 今はこれだけ
・気持ちとハードワーク
 

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました