【試合レポート】2019.8.30 FC東京戦 1-2で敗戦    「またか」これって前回対戦の再放送か? チームは本当に進化しているの?

試合レポート
こりもです

Jリーグ第25節 FC東京戦    1-2 敗戦   
 
うーん。また同じような内容で負けてしまって何とも言葉が出ないのが正直な感想です。
このままで良いのでしょうか? 今日も完売の瑞穂です。そんな舞台でのゲームにしてはかなり物足りないものでした。 正直見ていても「勝てる」気が川崎に勝利してから感じることができないです。

出場停止・怪我で主力が出れなく完全形ではないにしても、これまでの課題が修正されない。なにも変わっていないことが非常に気になります。「技術」だけでは、不足している「スピード」「走力」「球際」の部分は全く補いきれていません。 もちろんそれも含めての「技術」なのでしょうが・・・

多くの選手がチームを離れた今、在籍している選手(試合に出て勝てないストレス)(試合に全く絡めない選手の迷い)などを考えると、チームもバラバラにならないか いらぬ心配もしてしまいます。

とは言っても、グランパスから離れることは出来ませんので、何とか前向きに捉えて応援を続けるしかないですね。

今節も振り返っても前節と同じ感想になってしまいますが、今回も試合の雑感をまとめます。 
スポンサーリンク

FC東京戦 苦手な相手に勝てば、何かが変わっていくはずだ!

試合前

ここ数試合 何とか引き分けに持ち込んだ松本戦、完敗したマリノス戦を考えると中々ポジティブにはなれないところに、宮原選手の出場停止、吉田選手の故障と両サイドバックの離脱と何とも良いイメージができない状況で向かえたFC東京戦。 また相性も悪いチームで首位のチームであることも上乗せされ何とも複雑な気持ちです

ただ本職左サイドでの太田選手のクロスやFK、CKからの得点パターンが生まれるのでは?
レンタル加入した山田選手、伊藤選手のプレーが見ることができるのか?
丸山選手、中谷選手とともに台頭してきた藤井選手で強力守備陣が形成されるのか?

など楽しみにしながら観戦をします。 結果はもちろん将来に繋がる変化が見られるとうれしいのですが。。

今日も完売・満員のホーム瑞穂でのゲーム。必ず勝ってくれると、何か変化が見れることを信じて今日もDAZN前で応援します!
そろそろ試合開始です。本当に頼むよ!グランパス!

観戦中の雑感をまとめてみます

 

 

試合前情報

(スタメン)「StartingEleven」
フォーメーション 4-4-2
(FW)シャビエル選手、ジョー選手、アーリア選手
(中盤)左:太田選手 右:成瀬選手
 ボランチ:シミッチ選手 ネット選手 
(DF):中谷選手 丸山選手 藤井選手
(GK) ランゲラック選手

(ベンチ)
赤崎 前田 山田 杉森 伊藤 千葉  武田

スタメンで前節との違いは 前田、和泉、吉田、宮原と サイドの選手が全て変わっている形になっています。かわりに アーリア選手、成瀬選手、太田選手、藤井選手が起用されています。
成瀬選手楽しみですね。どんなプレーを見せてくれるのか思いっきりチャレンジして欲しい。チャンスをものにして欲しいところです。
監督からアーリア選手の評価、信頼は高いんですね。
システムは3バックを採用。 藤井選手がその一角に入ってDFの強度はどうなるのかも期待したい。

ベンチは前節スタメンから前田選手がベンチスタート。
夏にレンタル加入した山田選手、伊藤選手と若手が入ってきています。 個人的にはこの2人のプレーが見て見たいところです。

和泉選手が急な発熱、吉田選手の怪我、宮原選手の出場停止と 主力3選手が不在ともなると厳しい状況なのですが、若手がチャンスを生かしてくれり展開になってくれるとさらに今後の楽しみが増えていきますし、大いに期待したい。

(注目点)
ジョー選手の得点(いい加減お願いします!)
太田選手からの得点パターン(セットプレー)
苦手の相手に対して「技術」で対抗できるか
藤井選手を加えた3バックの強度
古巣対決(太田選手 移籍後初の対決)

(スタジアム)
パロマ瑞穂スタジアム
観客数:20,188人(前節に続き2万人超えは凄いです)
天候:晴 (27.0℃)
審判:木村博之

(相手要注意選手)
永井選手(名古屋戦ではゴールを決めてきます。桁外れのスピードは脅威でしかない)
ディエゴオリベイラ選手(一人で打開できる能力と決定力)
森重選手(ジョー選手とのマッチアップ)
橋本選手(中盤での攻防)

【試合前監督コメント】

風間監督
Q.成瀬選手が初スタメン どのようなポイントが評価されての起用か?
 「ここのところトレーニング長い間 ものすごく積極的。しかもその中ですごくいいプレーをみせてましたので、そこのところ。きょうは和泉が急遽発熱ということで急遽になったのですが、その中でも一番我々に力を見せてくれている選手を思い切ってつかいました」
Q.首位FC東京との戦い どのような印象をもっているか?
 「非常に良いチームですし前線に早い選手がいて攻撃の形もすごくはっきりしている。ですから我々もしっかり自分達でボールを持ってできるだけカウンターを起こさせないで戦いたいと思います」
 
長谷川監督 (対名古屋コメント)
Q.相性のいい名古屋との対戦、 名古屋にはどのような印象が?
 「非常に攻撃的なチームだと思っています」
スポンサーリンク

【試合展開】(前半)

 ●(名古屋) ●(東京)


(前半)

前節のことを考えると立ち上がり注意です
ゴール前、前線へと 裏をねらうようなパスではないですが、いつもより長いボールが目立ちます。
2分 永井選手にパス一発でカウンターの危機も、ボールを回させ時間をつくらせ難なく対応
3分 ディエゴオリベイラ選手がスルスルとゴール前にドリブル。 こぼれ球を高萩選手がミドルシュート4分 FKをクイックスタートするもシミッチ選手の不用意なパスで相手に渡り危ない場面
5分 前線でのディエゴオリベイラ選手の個人技(切返し)に思わず丸山選手がファール
お互い中盤でボールの奪い合いの展開が続く
FC東京 予想通りプレスが強い。特に中盤では対選手、ボールに厳しくあたってくる
10分 グランパスのパスが繋がらないことで、相手陣内深くに攻むことができず
11分 グランパスも中盤でプレスを強め 相手陣内で攻撃を続けるが、打開策はなくゴールに近づけない
14分 ネット選手が相手ペナ前で細かいパスをカットされ、一気にカウンターをくらう。永井選手のスピードを生かしたカウンター。中谷選手が全力でもどりゴール前で何とかブロック
15分 自陣から左サイドをシャビエル選手がドリブルで速い攻撃。アーリア選手がファールで止められる
17分 ボックス手前ゴールほぼ正面。良い位置からのFK(キッカーはシャビエル) シャビエル選手が直接狙ったボールはゴールマウス上部を枠を捉えるがGKのパンチングではじかれる
相手のクリアや長いパスを拾い始めた。相手陣内でのゲームができはじめてきます
20分 シミッチ選手から長目の楔パスをジョー選手にあてるが、狙われパスカットの場面多い。少し無理がある
20分 成瀬選手が猛ダッシュで相手DF・GKにプレッシャーをかける
アーリア選手の気持ちが見えるプレー。球際・フィジカルで闘えている印象
お互い攻守の切り替え早い展開
22分 中谷選手から前線のジョー選手へロングパス。ヘッドで競り勝ちシャビエル・太田選手と繋がるが最後のクロスは精度を欠く
相手カウンター(左サイド)の芽を藤井もしっかり摘んでいる
3バックの組み合わせは良いように見えます
26分 成瀬選手の右サイド深くに侵入したところで簡単にボールロスト。一気にカウンターを狙われ、東選手からディエゴオリベイラ選手に。スピードでゴール前に抜け出されたところを藤井選手がスライディング。 ボールに行っていますが、相手の足にかかりPKの判定。 ディエゴ選手の上手さに負けた感じです

 失点  ディエゴオリベイラ選手
27分 PK ランゲラック選手が正面のボールを一度足で弾くが、オリベイラ選手の前にこぼれそのまま蹴りこまれる

32分 シミッチ選手のパスミスが目立つ。前線への無理な縦パスのミスは怖い
33分 一発裏を狙うロングパス。左サイドを永井選手が背後を狙う動きでゴール前に侵入。連続攻撃で 立て続けに室屋選手にも裏をつかれるなど、狙いが明確になってきた感じがします
35分 ネット選手からゴール前のジョー選手に絶妙なパスが渡る。 反転してループ気味にコントロールシュートを放つが、ゴール枠をとらえられず。決定機
37分 ボックス角でジョー選手が受けて反転しシュート。相手DFにブロックされる
38分 丸山選手 イエローカード Dオリベイラ選手へのロングパス対応でヘッドで競った際に、背中にひざが入ってしまう
今日はネット選手が守備面でもがんばっているような
41分 グランパス陣内でゆっくりパスをまわされ、真ん中からゴール前に侵入されるも藤井選手が対応
42分 センターライン付近ででボール奪取。アーリア選手からジョー選手への一本のパス。全く意図が合わず。 アーリア選手のチャンス時のパス精度が気になる
シミッチ選手の判断スピード、パスミスが目に付く。調子をおとしているのか、今日はネットのほうが攻守において目立っている
46分 センターラインで奪いショートカウンターを狙う。アーリア選手のパスミスでチャンスにならず

(前半終了)

================

(前半まとめ)

立ち上がりの失点を心配したが、3バックそれぞれがカウンターへの対応や球際でもひっかりとひきしめカウンターにも慌てずしっかり対応できていた。

攻撃では相手陣内で試合を進める時間も多く見られるも、前のところ(アーリア選手・シャビエル選手・ジョー選手)では中々スペースもなく当りも強い為自由を与えられるところはなかった。中盤の攻防が目立つ展開。

ボランチでは攻守において今日はネット選手の良いプレーがみられた。ミスもあったが守備面でも積極的にボール奪取にあたりこぼれ球へ体を投げ出すなど闘えている印象。一方シミッチ選手は判断スピードが遅く、パスミスが目立つ。無理な縦パスはことごとく通らず有効なものはなかった

成瀬選手・太田選手の両サイドは成瀬選手は運動量多くボールの局面に顔をだしアーリアとの連携での突破を試みるが、前をみてプレーする場面はあまり見られず。もう少しチャレンジするプレーが見たかった。
左サイドの太田選手は気持ちのこもったプレーも見られるが、クロスタイミングが早く、単調なプレーに見えた。真ん中のジョー選手に合わず決定機にはならず。 もう少し深くまでの侵入するなど変化がほしい。

シャビエル選手はプレーの軽さが気になる。 前線のプレスも弱くすぐに諦める場面が目立つ。最前線でのプレッシャーにはとても勝てない為、ラストパスやセカンドボールを常に狙って欲しいところ。中盤から前線へともっと自由な動きが見られるともっと前線が活性化するのではないか

前回対戦に比べると高い位置でのボール奪取、セカンドボールへのチャレンジも見られ丸山選手、中谷選手を始め闘う姿勢をみせてくれた。

失点シーンは相手ゴールラインまで攻め込みながら あっさりととられカウンター。スピードで藤井選手も対応するが、Dオリベイラ選手の個人技にやられてしまった。ペースをつかめていただけに先制点は非常に痛かった。これまでと同じ失点パターンにも非常に残念

シュート3-3  枠内2-2
支配率、62%-38%
パス 401-213
ファール 7-7

走行距離:成瀬選手、高萩選手、アーリア選手、橋本選手、シミッチ選手シャビエル選手、室屋選手、 オジェソク選手、大森選手、 太田選手

※走行距離では五分といったところでしょうか。ただ前線選手のスプリントは明確にFC東京が優れている

スポンサーリンク

【試合展開】(後半)

風間監督 ハーフタイム指示
・立ち上がりもう一度集中しよう
・カウンターをおこさせないでしっかりしとめる
・シュートを打とう

長谷川監督
・ボール保持者にしっかりプレッシャをかけること
・自信をもってボールを動かし追加点を狙いにいくこと

 ●(名古屋) ●(東京)

(名古屋)成瀬選手(OUT)→前田選手(IN)
(東京) 大森選手(OUT)→三田選手(IN)

45分 藤井選手からシャビエル選手への速い縦パスが通るが、惜しくもファールで止められる
46分 太田選手のFK。ファーサイドのジョー選手に合わせるがヒットせず
47分 ショートカウンターで永井選手が抜け出す。中に切り込むもシュートブロック
47分 右サイド 東選手からゴール前永井選手にクロス。抜け出す動きはうまい。フリーにさせてしまう

 失点  高萩選手
ランゲラック選手のゴールキックをセンターサークル付近でジョー選手が競り負け、スルーパス一本で永井選手がペナ内の深い位置へ侵入。中央に折り返され、後ろから走りこんだ高萩選手がシュート。一度はランゲラック選手がはじくも再度高萩選手の前にごぼれたところを連続シュート

ペースは東京に。東京の攻撃はゴール前までしっかり運んできている。名古屋のプレスが弱く自由に動かれる場面が増えてきた
52分 攻撃時、ボランチの位置でパスを回すも相手のプレスが強く、苦し紛れに前線に浮き球。簡単にカットされる展開
53分 アーリア選手(OUT) → 赤崎選手(IN)  後半アーリア選手はボールに絡めずほとんど消えてしまっていた。 赤崎選手のゴールに向かう強さとシュート力に期待したい
4バックに変更か。 太田選手 丸山選手 中谷選手 藤井選手
54分 またもロングカウンター。パス一本で永井選手が背後をつき藤井選手も対応にあたるがスピードで振り切られ、中央にに折り返されDオリベイラ選手のシュートを浴びる。ピンチ
自由に前線にパスを送られる。前線のスピード、パスの精度、明確な狙い に策がない状態
名古屋は足元へのパスばかりで、全員が待ってパスを待つところを狙われて簡単にインターセプトされるDオリベイラ・永井選手と ジョー選手・シャビエル選手での比較では優劣は明確(残念ですが・・)
シャビエル選手は前線では勝てない。前線にはりついた状況ではテクニックも生かせず、スピード・フィジカルでは厳しい。もう少し下がる、サイドに流れる前線でのリンクマンになってほしい
57分 真ん中でジョー選手が頭で落とし赤崎選手、左サイドの太田選手とつなぐがクロスは大きくそれる
60分 ジョー選手が倒されるもボールキープ。ネット選手・赤崎選手・太田選手・シミッチ選手とつなぎ ニアに詰めたネット選手がヘディングシュート。惜しくも枠を外れる 
61分 前田選手が右サイドでドリブル。真ん中のジョー選手にうまくパスを送るも、ボールを止められず
62分 ボックス付近 細かいパスを自由にまわされ 真ん中を抜け出した三田選手にシュートを打たれる。 ランゲラック選手が足にあてて弾く。中盤両ボランチの守備が弱さが目立ってきた
このプレーでランゲラック選手が右足をいためる 
66分 ランゲラック選手(OUT) → 武田選手(IN)
67分 相手ゴールライン付近から前線へのロングフィード。Dオリベイラ選手の個人技で中谷選手が対応するも右サイドを突破される。 折り返しは武田選手がはじいて対応
68分 相手の攻撃がゴール前まで侵入していきている
69分 太田選手から早いタイミングで斜めのクロス。ジョー選手がフリーで受けるも オフサイド
71分 中谷選手のセンターラインでのインターセプト。ジョー選手、太田選手とつなぎクロス。ゴール前シャビエル選手届かず、こぼれ球をジョー選手がオーバーヘッドでゴールを狙うも、ヒットせず
74分 永井選手を狙った裏へのパス 武田が前に飛び出しカット 
76分 東京のほうが良いパスワーク。ボックス前でディエゴを中心に自由にワンタッチで回される。DFラインの前にスペースができてきた
76分 赤崎選手イエローカード。前線でボール奪取を狙いスライディング 
78分 前線へのロングボール。武田選手が前目にポジショニングをして対応
79分 シミッチ選手 左サイドの背後スペースを狙うパス。全く合わず。パスの受け手がいないのか?シミッチ選手に余裕がないのか? 
81分 両ボランチの脇・間を狙われて 一本のパスでゴール前に
名古屋の攻撃時のアイデア乏しい感じは否めない

 ゴール  前田選手
シミッチ選手からペナを横断するような横パス。前田選手が受けて中に切り込みボックスわずか手前から シュート。GKの手をくぐりぬけてゴールネットに吸い込まれる。シンプル且つ思い切ったシュートが必要なことがわかる場面

シミッチ選手のスピード不足はこの頃非常に目立つ。すんなり振り切られる場面多すぎる
86分 前田選手がドリブルで侵入を試みるがボックス手前でボールロスト
86分 一気に真ん中のDオリベイラに。うまいボールタッチで一瞬ではがされ、たまらずファール
中谷選手 イエローカード
ネット選手・シミッチ選手はもう動けないか?
88分 右サイド 前田選手からクロス。ジョー選手にあわせるも競り合いの中ヒットせず。ひっぱられたりと厳しい状況も多いが、動きと強さで何とか打破して欲しい

AT 6分

90分 シミッチ選手からのゴール前への浮き球。深い位置で赤崎選手がヘッドで折り返すがシュート打てず
90分 太田選手 右CK。シミッチ選手がヘッドで後ろにそらしたところにジョー選手が足を伸ばしすが、わずかに届かずゴール上に
91分 シャビエル選手からジョー選手へ楔のパス。ポストプレーから太田選手が受けるもファールで倒される
93分 前線のナサンホ選手に渡りキープされ基点を作られ時間も使われる
95分 ゴール前に放り込むも ジョー選手がファールをとられる。こんな場面が多すぎる 審判の問題か?ジョー選手の問題? ファールとられず、少しの接触でファールをとられる
ただ止まってのプレーが多くユニをつかまれたり、ホールドされる状況になっているような気がする

(試合終了)

(後半まとめ)

支配率:61%(前半からー1p)、シュート:10本(前半から+7本) 枠内3本
被シュート:10本(前半から+7本) 枠内7本
パス数:718ー395、  パス成功率:(85%-77%)
ファウル:13-17
CK:3-1
走行距離:106.4km(名)ー106.4km(東)
スプリント:116(名)ー147(東)

※後半立ち上がり早々の失点。 相手のプレスが強くなることが判っていながら同じプレーの繰り返し。スピードやパスの長短など工夫も見られず、自陣からのビルドアップもできな状況に。いつも通りです

前半よりFC東京の背後をつく狙いは徹底され、両フォワードの武器(スピード)をしっかり使われ、序如に疲労もあわせ対応に遅れがでてくる。 またボランチの運動量も落ちることで、中盤からのスルーパスやDFラインの前のスペースを使われことごとくピンチに。相手の攻撃がことごとくゴール前で展開される。

前線から(ジョー・シャビエル)の守備は甘く、自由に質の高いロングボールを蹴られ中盤でのスペース、前線での背後のボールを使い分けられ振り回される場面が増える

得点シーンではやはりシンプルなパスから積極的なシュートが生んだものだった。

期待の太田選手のクロスも精度を欠いたように見えるが、中のターゲットがジョーのみではしっかり守られる

技術で本当に勝てるのか 相手のほうが強さ・走力に加えて「止める蹴る」の部分でも優れていたように感じた

スポンサーリンク

試合を終えて

インタビュー

風間監督
Q.先制点を決められたが 最後までゴールに向かうシーンが見られた 振り返って
「前半非常にいい形ですすんでいたが、PKの一点が残念だった。後半も自分達がギアを入れ替えるところでの失点はもったいなかった。しかしその後もその前もですがチャンスが充分あった。仕留めるか仕留めないか そこのところはしっかり皆で追求していきたいと思う」
Q.ボールを持つ場面が多くあった どういうプランでこのゲームに望んだか?
「選手が怪我・退場で中々全部がそろわない。その仲でも多少苦手なポジションはあると思うんですがそこのところをしっかり皆が理解しながらよくやってくれたと思います。ですけども最後のところでもう少し前半なんかは崩せたかなと思いますので それはまた今日新しく出た選手達もこれから課題として我々と一緒に取り組んでいきたいと思います」
Q.成瀬選手出場 少し表情が堅いようにも見られたが?
「すごくよくやったと思います前半。長いけがから戻ってきてこの中 前半良くもったと思います」
Q.次節に向けて
「やはり最後の仕留めるところ それからもっともっとチャンスができるようにしっかりやっていきたいと思います」

※いつもと変わらないコメント。 果たして何かが変わるのか? もっと時間が必要なのか? 同じ内容のコメントが長い間続いてしまっていますね。


試合後まとめ

※瑞穂で2万を超えるファミリーが詰め掛けた試合でこの結果はなんとも情けないですね。

足元の技術は非常に重要、個々の技術の向上も必須ですが、試合の組み立て、状況に合わせたチームとしての約束事(攻撃・守備ともに)、各選手の役割の明確化、走力、連携、セットプレー、スペースの利用など試合に勝つための策が見えないのが正直なところです。 

これからこのチームはいつまでに、どういった進化をしていくのか? この夏に多くの選手の流出が見られましたが このままだと選手の自信喪失、気持ちの変化まで心配してしまいます。

内容について 、、、 雑感です(あえて前節とあまり内容は変えていませんが)

守備面

攻撃に多くの人数を掛けたところからのカウンター。それも相手前線のスピードのある選手のプレーには非常に悩まされる。 ゴール前では丸山選手が中心となり体を張ったブロックが見られ耐える場面も見られるが、、スピード勝負では敵わず必死の対応が見られるもかなり体力も奪われたのではないでしょうか。 

今日の大量失点を考えると全く評価ができない結果となっていますが、チーム全体として完全にバランスを失ってしまったことが大きな要因ではないでしょうか。 攻撃時にリスク管理ができていなく、多くの選手が攻撃参加している中で簡単にボールを失い後方の選手に負担が集中してしまう場面も多く、ことごとくビッグチャンスを作られてしまう。これまでと何ら変わらない場面が今日も続いた。

両ボランチはスピードで剥がされる、DFとの間のスペースを狙われる、強く当れない、デュエルで勝てない、運動量で負ける、等 気になるところが多くありました。相手がボランチの脇のスペースをついてくることは判っていましたが対応できず。守備面での弱さをどうしても感じてる。ネット選手の守備には限界を感じる。シミッチ一人で危険なところを消すのはかなり厳しい。 相手に余裕をもって質の高いスルーパス、ミドルシュート、後方からの抜け出しを許す状況になっている

前線からの守備も概ね弱く、相手の正確なロングフィードやパス回しを可能にしてしまっている。相手との距離を詰める、連携してパスコースを消すなどの動きはジョー選手・シャビエル選手では難しいのではないか。 

攻撃面

FW起用のシャビエル選手についても 役割がはっきりしない状況が続いているような気がします。フィニッシャーではなく、つなぎ役でもなく、ラストパスを狙うわけでもなく、前線での為も作れない。前線からの守備(プレス)も弱い。役割をはっきりさせてほしいところ。
 
FC東京のFW陣のスピード・決定力・走力に対して、ジョー選手の強さ、シャビエル選手の巧さでは攻撃力の弱さ、物足りなさを感じてしまうのは否めません。 そろそろ前線の組み合わせ(起用)にも変化が必要な気がします。 

ボランチもネット選手の意外性のあるパスも前半には何度か見られますがそれも続かず、簡単なパスミスやボールロストもかなり目立ち、相手のカウンターの基点になることも多く見られる。
特に米本選手の怪我からのシミッチ選手の攻守にわたる低調ぶりは明白で本当に大丈夫だろうか?

選手起用

3名の主力が使えない状況の下ではありますが、アーリア選手と監督の評価の偏りも感じざるを得ないです。
どんな役割を求めての起用なのでしょうか? 同じことの繰り返しのような気がしますが、良くなるのでしょうか。

であれば、新しい戦力をどんどん試してして欲しいというのは当然のこと。夏に出場機会を求めてチームを離れていった選手もおり、成瀬選手が初スタメンと新しい戦力えの期待もあったスタメンではありますが、若手選手の起用(新戦力の台頭)もまだまだ足りない状況です。

ここまで点が獲れない状況においてFWの選手なのか、戦術なのか、はっきりして欲しい。 これからも同じ布陣で良くなっていくのでしょうか? そうであれば我慢はできますが、変わる気配を感じることはできないんですよね

選手交替についても 変化をつけられる相馬選手、ボランチの小林選手、得点能力のあるマテウス選手、金井選手もチームを去っていった中、それに代わる案はあるのでしょうか? 無いのであれば、本人の意思で移籍をしたことはわかりますが、「勝てる」チームつくりができているのか、疑問がでてしまいます。
 


(お願い)
・セットプレー(CK)からの得点パターンを!
・攻守において連携(約束事)を
・技術に加え気持ちやハードワークを
・状況に合わせた戦術を
 
 

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました