【試合レポート】2019.8.18 松本山雅戦 1-1でドロー   またも相手の狙いに見事にはまる 何とか拾った勝ち点1

試合レポート
こりもです

Jリーグ第23節 松本山雅戦    1-1 ドロー   
連勝を期待していた中 悔しいドローという結果。 ただこれまでの追いつかれてのドローではなく追いついてのドローですので、助かったというのが正直なところです

戦前からしっかり守って、一発を狙うチームに対してどれだけできるのか? 非常に楽しみでもあり、不安でもあった一戦でした。 前回対戦時には強いプレスとカウンターで完全に封じ込まれて負けたこともあり嫌な予感をしていたのは間違いないです

今日の1戦は前回対戦と同じ光景で「何もかわらないんだ」という内容になってしまったのは、正直 残念というのが感想です。ただ最後の最後に勝ち点1を掴み取った(4試合負けなし)ことはよかったと思いましょう。これからのマリノス、FC東京に向かう中で負けと引き分けでは大きく違いますからね。 

今回も試合の雑感をまとめます。 
スポンサーリンク

松本戦 苦手なタイプのチームであることは間違いない

試合前

お盆休みになり、仕事やら家のことやら忙しい一週間の最後の日。 前節川崎戦の久しぶりの勝利で、希望もあり、タイプの違うチームに対して結果を残せるのか?不安もあり複雑なんですが、今日も勝利で上位浮上のきっかけを掴みたいところです。

また出場機会を求めて移籍していった選手達も昨日の試合では活躍していましたし、ここでグランパスが負ける訳にはいきませんよね。
ジョー選手のトレーニングもゴールを狙うものになってきていますし、久しぶりにエースのゴールで勝利を期待します。
 
また暑い中オアシスでのパブリックビューイングもありますが、今日もDAZNにて試合観戦です。
そろそろ試合開始。

改めてDAZNでの観戦中の雑感をまとめてみます

 

試合前情報

(スタメン)「StartingEleven」
フォーメーション 4-4-2
(FW)シャビエル選手、ジョー選手
(中盤)左:和泉選手 右:前田選手
 ボランチ:シミッチ選手 ネット選手 
(DF):吉田選手 中谷選手 藤井選手 宮原選手
(GK) ランゲラック選手

(ベンチ)
赤崎 杉森 アーリア 榎本 太田 千葉  武田

スタメンは前節と全く同じ布陣です。前線も積極的にいけていましたし今日も期待しましょう。また藤井選手がここに来て積極起用されています。しっかり試合に入れていますし堂々としたプレーを見せてくれていますので、さらに経験をつんで逞しくなって欲しいところです。
前節川崎戦で怪我が気になった宮原選手もしっかりスタメンで出場のようです。

ベンチにはこれまで名前を連ねていた小林選手、相馬選手、金井選手がいなくなりましたので(うーん寂しいですが)、替わりに赤崎選手、榎本選手が名を連ねています。山田選手の初お目見えを期待してましたがまだのようですね。ただネット選手が運動量がおちた際のバックアップがいないんですよね。 アーリア選手でしょうか。ベンチに入れない伊藤選手にも期待しているのですが。
後半交替選手としては 太田選手のセットプレーが欲しいところ。あと久しぶりの赤崎選手の登場でしょうか。

(注目点)
トンネルを抜けてからの連勝
アウェーでの連続未勝利を止められるか
ジョー選手の得点
暑さの中で運動量・スプリントに長けた松本に対してどう戦うのか
選手起用(交替選手)
松本3人、名古屋1人の古巣対決

(スタジアム)
サンプロ アルウィン
観客数:18,331人
天候:晴 (27.2℃)
審判:西村雄一

(相手要注意選手)
水本選手(経験と前線へのフィード)
田中選手 高橋選手 永井選手(古巣)※田中選手は前回対戦でもかなりはりきっていました
パウリーニョ選手(中盤で潰し役と長距離弾)

松田選手の追悼試合でチーム全体が力を発揮してきそうです

【試合前監督コメント】

風間監督
Q.川崎戦 11試合ぶりの勝利をあげた。勢いを維持するためにも今日勝ち点3が必要となります。連勝に向けて選手に求めるプレー。どんなプレーでしょう?
 「自分達が攻めるというチームですから、攻めることをやめないこと。これが一番だと思います」
Q.前回対戦で敗れている松本 印象は?
 「粘り強いチーム。チームがひとつになっている、非常にハードワークをするチームだと思っているます」
Q.松本に対して選手達にどんな対策を落とし込んできた?
 「今言った通りです」
 
反町監督 (対名古屋コメント)
 「強いチームとやるという訳ですから、粘り強くやるというのを前提に、我々らしさを出さなければならない」
スポンサーリンク

【試合展開】(前半)

 ●(名古屋) ●(松本)

森保監督観戦 試合

(前半)
試合の入りから松本は前から強く当ってきています
2分 松本のプレスが強くパスが繋がらず、ビルドアップできない状況が続く
3分 永井選手が楔で受ける動き。藤井選手がファールで止めるも永井選手への縦パス注意です 
4分 吉田選手のビルドアップのパスを自陣でパスカットされ、そのままゴール正面の阪野選手へ。抑えた良いシュートを打たれるもランゲラック選手が何とかはじき出す
※中途半端なプレーは危ない。すぐピンチに直結しています。
※今のところ嫌な感じがプンプンします
7分 阪野選手がボックスの前で振り向きシュート。ランゲラック選手正面でキャッチ
7分 自陣ゴール前 藤井選手の足元からボールを奪われまたもピンチに
※完全に狙われています。はっきりしたプレーが欲しい
9分 ゆっくりしたパス交換から シャビエル選手がジョー選手へ。こぼれ球を前田選手がシュート 相手GKが片手ではじきだす。惜しいシーン
11分 パスを回すが ボランチと前線の距離遠いため前線にパスが入れられず
11分 深い位置でジョー選手にボールが渡る。折り返しは相手DFにブロックされる
左CK キッカーはシャビエル選手 中谷選手が折り返すもはじきだされる。こぼれ球を連続攻撃
14分 DFラインとボランチの間にどんどん楔を入れられる
15分 セルジーニョ選手 遠目からのFK
17分 ビルドアップ時に厳しいプレッシャーをかけられボールロスト。サイドにふられて中央の田中選手・永井選手に渡りネットを揺らされるもオフサイド。 危ない場面です
相手陣内でのフリーキックを機に相手ゴール前に押し込むが、ゴール前の大渋滞の中でスペースはみつからない状況
21分 中谷選手がセンターライン近くで積極的にプレスに行ったところをフリックされ一気にゴール前まで運ばれる。宮原選手が何とか対応。いちいちピンチになる
23分 松本の狙いは明確で速い縦パスからカウンターを狙われるも藤井がファールにはなるが身体をはってカウンターは阻止できている
24分 ゴール前へロングボールを放り込まれる。一発で決められる可能性は充分にある
前田選手がプレーに絡めていない
25分 またもセンターライン付近でシミッチ選手が狙われボールロスト
前回対戦同様 肉弾戦の様相
もっと前線で受ける動きが欲しい。もしくは動いてボールを受けて欲しいところ
27分 久しぶりに右サイドで前田選手が仕掛ける

29分 飲水タイム

球際でことごとく負けてる。一気に距離を詰められ身体を当てられています。判断スピードをあげてかわしてほしい
33分 距離のあるところからセルジーニョ選手のロングシュート。枠をはずすが意外性あり怖い場面
松本に押される時間が続く。前回対戦と同じような展開
34分 ビルドアップ。ネット選手からシミッチ選手へのパスを狙われ、右サイドに振られ、クロスをフリーでで打たれるもわずかに枠をはずす。助かった場面です。
ショートカウンターの嵐です
5分 パウリーニョ選手も積極的にミドルシュートを放つ
こぼれ球への反応も松本が勝っており、全く拾えない
ボランチからのパスを徹底的に狙われ前線へのパスを封じられる
37分 セットプレーでゴール前にシンプルに放り込まれる 
風間監督 「下がらないように」という指示
これだけセカンドボール取られる、パスカットされるとどうしても下がってしまう
松本の時間が長く続いている 我慢するしかないでしょう
グランパスに速い攻撃がないので 多くの松本の選手がグランパス陣内でプレスをかけまくっている
40分 宮原選手が右サイド ドリブルで深くまで切り込みクロス 
松本の多くの選手が最前線から守備に当たり、ボールをつながれても 速い攻撃が無い為 全員が戻ってがっちりブロックを形成。守りやすそうに見えます
45分 ゴール前に簡単にスルーパスを通され危ない場面 
46分 右サイドから前田選手がゴール正面の混戦にドリブルで切り込みシュート。完全に個人技です
47分 初めて前線に速い攻撃(ロングパス) 惜しくも前田選手に通らず

(前半終了)

(前半まとめ)

終止相手の前線からの かなり強いプレスに技術では対応できない状況が続く。
松本としては グランパスがボールを保持しても速い攻撃がないことがわかっているため全員でその走力を生かしゴール前をしっかりと固めスペースを与えてくれない。その為ゴール前深く入り込めない シュートも打てない状態。

前線ではジョー選手、シャビエル選手も競り合い(強い当り)に勝てずボールキープできない。
攻撃ではボランチがDFラインに吸収され 前線との距離も遠く 縦パスも入れれず最後尾でパスを回すなかで強いプレスを受けショートカウンターを受けまくる。

非常に残念な内容の前半でした。前の松本戦と全く同じ戦いになっています。
決められても仕方の無い場面がかなり多くあった中で、本当に失点がなくてよかったです。

スペースを使わない、足元でボールをつなぐグランパスに対してしっかり人に対して当っていく松本にとっては狙い通りでやりやすいように見えます。後半何か変えないとマズイです

(数値)
シュート数は3本(松本8本)、支配率(65%
パス数356本(松本162本)ファール 7-9

走行距離・スプリント上位はほぼ松本の選手が名を連ね、シュート本数から見ても完全に松本のゲームになっています。支配率・パス数は全く参考にならない内容です

スポンサーリンク

【試合展開】(後半)

風間監督 ハーフタイム指示
・ボールを失わない
・シンプルにプレーする
・もっと自信を持つ

反町監督 ハーフタイム指示
・隙をつくらないように 逆に隙をつくることはできる
・守備はプレスを連続してやること
・前の3人の距離を大事にフィニッシュで終わろう


(両チーム共にメンバーそのままで後半開始)

46分 後半から積極的に左サイド吉田選手が速い攻撃を仕掛ける。惜しくも中央で和泉選手がロスト
46分 立て続けに左サイド 和泉選手がドリブルで速い攻撃
左CK シャビエル選手からニアの藤井選手を狙うも合わず。こぼれ球を吉田選手がミドルシュート
48分 少しずつパスのリズムができたような気がします
49分 右サイド 前田選手からクロス。ジョー選手の頭上を越え後ろから和泉選手が走りこむが惜しくもあわせられず
50分 吉田選手が中央のジョー選手目がけクロス。ジョー選手が相手を倒す
攻撃が早くなってきた感じがします
51分 センターライン近くで前田選手がプレスに会いボールロスト。一気にゴール前に。松本の選手一気に前線に人数をかけてきます
52分 シミッチ選手がフリックで剥がされ左サイドから中央の藤田選手にクロス。シュートを打たれる
54分 ネットが強烈なミドル ギリギリセーブにあう
田中選手 張り切っています
57分 相手陣内でのプレスが機能してきました。高い位置でボール奪取ができはじめてきました
最後はジョー選手のヒールでのシュート
57分 グランパスの前掛かりの状況を突いてロングカウンター。 永井選手が飛び出しランゲラック選手と1対1で決定機。ランゲラック選手が前に詰めて何とかセーブ
60分 中盤でボールを奪ってジョー選手のミドルシュート。GK正面
61分 ネット選手の体をはった守備がファールになり ボックス少し外でFKを与える。ゴールマウス上にはずれる
65分 前線シャビエル選手のルーレットから ボックス付近でジョー選手・和泉選手・シャビエル選手で崩し最後はシャビエル選手がシュート。GK正面でキャッチされる
66分 右サイド ペナ外からセルジーニョ選手が積極ミドル
相手のプレスも徐々にゆるくなってきている
相手陣内でボールが保持できるようになってきました

73分 飲水タイム

76分 相手陣内でのプレーが続くが、突破口(決定機)がみつけられず
77分 左CKを直接GKキャッチ。カウンターのピンチ。吉田選手がファールでカウンターを止めるも、シャビエル選手のコーナーキック本当に注意してほしい

 失点  永井選手
80分 センターライン付近 セルジーニョ選手からDFライン ギリギリをついた永井選手が抜け出し ゴール左隅に流し込まれる

81分 前田選手(OUT) → 赤崎選手(IN)
全く攻撃のアイデアがないように見える。最後尾→サイドでパスを回している状況が続く
最前線でのシャビエル選手。下がってボールを受けるなど動きをみせているが、最前線の選手としては球際・フィジカル弱すぎるような気がします
84分 再び松本に流れが変わりペースを握られる。グランパスの選手も一歩が出せない状況になってきた攻撃時 パスの緩急もなく意外性(ギャップ)が作れない、相手も休めている状況に
87分 藤井選手(OUT) → アーリア選手(IN)
90分 シミッチ選手(OUT) → 太田選手(IN)

AT4分

 ゴール  赤崎選手
91分 ネット選手がセンターライン後ろからGKの前に落とすロングパス。走りこんだ赤崎選手が相手GKより一瞬早くヘッドでボールにふれゴールに押し込む
結局ゴールってこういいうことなんですよね。。。

(後半終了)

(後半まとめ)

支配率:66%(前半から+1p)、シュート:9本(前半から+6本) 枠内7本
被シュート:14本(前半から+6本) 枠内8本
パス数:776ー313、  パス成功率:(86%-67%)
ファウル:16-14
CK:6-2
走行距離:103.6km(名)ー109.9km(松)
スプリント:86(名)ー122(松)

※前半のマズイ状況からは 後半に入って早々速い攻撃を見せるなど変化は見られました。少しずつパスのリズムもよくなりスピード感も増してきたような気がしました。 その為相手陣内でのゴールに迫る場面も増えてきた。 徐々に松本の運動量も落ちてきたように見え、ボールを保持する場面も多くなる。

そんな中 松本が狙い続けていた裏へのパスが通るようになり永井選手にGKと1対1になる場面を作られるなど前掛かりになった隙をしっかり狙われる場面も多くはないが作られる。嫌な予感は当り、一瞬の隙を疲れて永井選手に先制をゆるす。これまで何度同じような場面を見せられているのか?

その後も攻撃的な選手を続々投入し状況を変えようとするも パスのリズムも遅く、緩急の変化もない状態で、相手もゴール前はしっかりスペースを消していることもあり、全く突破口はみつけられない時間が続く。アディショナルタイムに入り諦めかけたところ、後方からのパス一本で赤崎選手が点取り屋らしい一発を決め 何とか敗戦だけは免れる。

後半はある程度ボール保持をし松本陣内でゲームを進められてきたが決定機は松本の方が多かったような気がします
スポンサーリンク

試合を終えて

インタビュー

風間監督
Q.90分間を振り返って?
「いい時間帯 良くない時間帯両方ありました。ですけども最後まで選手達はゴールを目指してやってくれたと思います」
Q.出入りの激しいゲーム ハーフタイムに「自信を持て」というコメントを選手達におくりました。これにはどんな意図があった?
「いつも通りやるということ。それはなにかというと、あいてのプレッシャーを、しっかり自分達が出してもう一度もらいなおす、それから周りの選手も全員もらうというところ。そうすればちゃんと自分達がボールを持てるはずだということを言いました」
Q.一点を失ってから攻撃的な選手を投入しました。それが実って追いついた?
「本のミスはありましたが、常に選手は攻撃をしっかりゴールを獲るというところにフォーカスしてくれますので、途中から出た選手が力になるというのはチームにとって良いことだと思います」
Q.ポイント1か0 大きな意味がありました?
「思ったようにいかなかったゲームでもしっかりポイントをとっていく。すごく大事だと思います」
Q.次節マリノス戦に向けて
「未だ今は考えていません」
 
反町監督
狙い通りできたが、意外なことにパワープレーでやられてしまった

赤崎選手
Q.ゴールシーンを振り返って
「ジョーがつぶれてくれるのはわかっていましたし、越えて来たら必ず決めようという気持ちで、相手のキーパーが出てくるのも判っていましたけど、先に触ろうと思って。気持ちで押し込めてよかったです」
Q.途中交替。ベンチからはどんな思いでゲームを見ていたか?
「非常に山雅さんが素晴らしかったと思いますし、ホームでも苦しめられたので 同じようにならないように全員が必死に闘った結果だと思います」
Q.前節勝利 ここで負けると流れが・・というところ。何とかくい止めたのでは?
「アウェーですがこれだけ多くのサポーターが来てくれて、後押ししてくれましたし、特に今日は名古屋でパブリックビューイングも行われていて そういう声援が力になったと思います」
Q.時節に向けては?
「マリノスも良いサッカーをしていますし、僕たちよりも上にいるので しっかりそういう相手に勝ってひとつでも上にいけるようにしたいです」

 


試合後まとめ

※まずは「負けなくてよかった」という試合だったのではないでしょうか。 言葉は悪いですが「全然面白くない」試合だったというのが正直な感想です。 松本の狙いは前回対戦やこの頃の状態から考えると簡単に想像できたはずです。 そういった戦いを挑んでくるチームに対して相変わらず同じ展開の試合を続けてしまうことに厳しさを感じます。 最後にスペースを狙ったロングパスに飛び込んでゴールを奪ったことは何とも皮肉に感じたりもしました。 まだまだ勝てる技術レベルにはないのでしょうか? 技術がこういった相手も凌駕する時がくることを期待するしかないですね。

内容について 感じることが多くなかなか整理がつきませんが、、、 雑感です

守備面

相手の狙いであるカウンターには両センターバック共に意識をしてカバーリングできていたように感じます。またカウンター阻止として相手の楔に身体を当てて時間を遅らすなどの動きも見えましたし、両SBもスピードを生かしロングカウンターへの対応はできており、DFラインは最低限、何とか踏ん張っていたのではないでしょうか。

もちろん失点をしてしまいましたのでラインコントロールや、スペース(裏)を使われる場面もありまだまだ課題は多い状況なのでしょうが。。。

藤井選手も多少ミスもありながら、落ち着いたプレーを継続して見せてくれています。ただ感じたのは藤井選手が真ん中に陣取り、中谷選手が動かされすぎなように感じました。DFリーダーとして最後方 真ん中から全体をコントロールして欲しいのですが。。

両ボランチはスピードで剥がされる、DFとの間のスペースを狙われる、強く当れない、デュエルで勝てない、運動量で負ける、等 気になるところが多くありました。相手がボランチの脇のスペースをついてくることは判っていましたが対応できず。守備面での弱さをどうしても感じてしまいます。やはり米本選手タイプの潰し屋が欲しいところです。

前線からの守備は 特に前半は全く機能せず、その為に後方から質の高いフィードを許す場面も多かった。 後半は徐々に連動が生まれボール奪取もできる場面があったが、ボールに対してのプレスも松本と比べても全く足りない状況だった

攻撃面

この試合では攻撃の良い形をみることができなかったのは非常に残念
・しっかり引いて守る・強くプレッシャーをかける チームに対してはやはり決定機をつくることができなかったという印象

スペースを使わないいまの攻撃ではスピードもあがらず、どうしても単調になってしまいパスは狙われ、足元強く当られると正確なボールコントロールはできずミスが多くなる状況でビルドアップもできな状況が多く見られた

ここ数試合見る事ができてきた攻撃のバリエーション(パスの長短、緩急の変化、ドリブルでの仕掛け、クロス、ミドルレンジのシュート)も影を潜め 縦パスも入らず 最後尾でパスを回しサイドに振って、またバックパス、またサイドに入れて中央に侵入する際に入り込むスペースもなく、しっかり囲まれボールロストという良くない状況に追い込まれてしまっていました。

ジョー選手はこれまでよりはシュートに対する意識は見られるようになってきたことは評価できるが、しっかり固められた中央で相手をかわす、競り合いに勝つことは簡単ではなく 後ろ向きなプレーが目立つ。
シャビエル選手には前線の選手として仕掛けが少なく、スピード、強さの無さには物足りなさを感じてしまう。前節のような意外性のあるプレーを期待したのだが。

その中で前田選手は個人技で積極的に仕掛けゴールに向かう姿勢は目立つ存在だった

選手起用

交替
81分 前田選手(OUT) → 赤崎選手(IN) 
 「失点直後 ゴールに直結する選手を投入?」

87分 藤井選手(OUT) → アーリア選手(IN)
 「残り時間少ない前線で拠点をつくることが狙いか?」

90分 シミッチ選手(OUT) → 太田選手(IN)
 「残り数プレー。パワープレーでその正確なクロス、セットプレーで一発狙い?」



(お願い)
・セットプレー(CK)からの得点パターンを!
・攻守において連携(約束事)を
・技術に加え気持ちやハードワークを
・状況に合わせた戦術を
 
 

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました