◆Jリーグ第23節 松本戦直前 「データで見る 松本戦展望」

ニュースまとめ・レビュー
こりもです

お盆最後の日のグランパス 対 松本山雅戦 近づいてきました。

ようやく前節で長いトンネルから抜け出した我がグランパスがこれから浮上できるのか注目の試合です。また堅守速攻のチーム相手にどういったゲームを展開するのかも注目点。松本も残留という大きなモチベーションがあるチームですし、前回対戦時の「ガムシャラさ」を見せられると簡単な相手ではありませんよね。

また17日のリーグ戦ではグランパスから移籍した選手が大いに活躍をしてくれました。小林選手・マテウス選手は早速先発でその存在を示し、相馬選手・金井選手についてはチームを勝利に導くゴールと何気にグランパスデーだったような気がします。 だからこそ松本戦はどうしても勝って、今いる選手の価値を存分にみせて欲しいと思っています。

いつものように松本戦に向けた展望などについてまとめます。
 

23節 松本山雅戦 試合情報(公式)

2019年 J1リーグ 23節   松本山雅戦
8月18日(日)/18:00キックオフ @サンプロ アルウィン
◆試合情報

パブリックビューイング情報
「鯱の大祭典」街なかイベント 8/18(日)松本山雅FC戦 オアシス21で DAZN presents パブリックビューイング開催!

今シーズン データ比較 

※今シーズンのデータから見るチーム比較
 名古屋グランパス松本山雅
順位
9位(勝点30)
17位(勝点19)
戦績
8勝6分8敗
34得点・29失点
4勝7分11敗
12得点・27失点
通算対戦
(リーグ戦)
3勝1分1敗
1勝1分3敗
得点/試合
1.54点
0.55点
得点時間帯前半17 後半17前半6 後半6
失点/試合
1.31点(クリーンシート7)
1.22点(クリーンシート5)
失点時間帯
前半11 後半18
前半8 後半19
守備
デュエル成功率51.7%
空中戦成功率53.3%
デュエル成功率48.8%
空中戦成功率50.7%
パス
1試合パス数625本
パス成功率85.2%
1試合パス数328本
パス成功率71.7%
攻撃
シュート数238本
(1試合平均 10.8本)
枠内シュート109本
(1試合平均 4.9本)

決定率(得点/シュート数)14.2%
シュート数181本
(1試合平均 8.2本)
枠内シュート69本
(1試合平均 3.1本)

決定率(得点/シュート数)6.6%
走行距離
平均
111.664km(リーグ12位
113.580km(リーグ6位)
平均ポゼッション
61.0%
38.0%
スプリント
平均
158回(リーグ13
174回(リーグ4位)
故障者

青木、渡邉、成瀬、米本、丸山

エドゥアルド、服部、岩上
出場停止
※データからみるとやはり順位通りの結果となっています。守備においては失点数など大きな違いはありませんが、攻撃においては得点数、決定率、シュート本数どれを見てもグランパスが圧倒している数値になっています。 松本の攻撃面での不調さが見て取れることから、前回対戦のように“攻撃”の名古屋に対し、“守備”の松本という構図になることが予想される

スコアの動きについて得点については共に前後半 同数で特徴は無いが、失点について両者とも後半の失点が目立つデータとなっています。特に松本は前半の倍の数値になっていますので、失点に関して言えばグランパスがどれだけ前半カウンターをケアし我慢できるかがカギとなりそうです。

また走行距離やスプリントについては、松本の方が優位に立っています。ただ特にスプリントについてはチームを牽引していた前田大然選手が抜けたところで全くわからない状況です。
とは言っても堅守からのロングカウンターは充分に注意しなければいけない相手です

名古屋・松本 試合前注目データ

名古屋・松本 戦力事情

主力の負傷など
(グランパス)
米本・丸山選手と守備主力が負傷欠場
(山雅)
エドゥアルド、服部、岩上選手

主な移籍(2019シーズン)
(グランパス)
in:太田選手、深堀選手(レンタル復帰)、山田選手
out:秋山選手、櫛引選手、金井選手、小林選手、相馬選手、マテウス選手、菅原選手
(山雅)
in:山本真希選手、水本選手、阪野選手、高木選手
out:榎本選手、當間選手、山本大貴選手、レアンドロ ペレイラ選手、那須川選手、前田大然選手、塚川選手、宮地選手

※グランパスの夏の退団(レンタル含む)が多いと感じていましたが、松本も前田選手という看板選手に加え多くの選手が退団をしています。ただ守備面で経験豊富な実力者も補強して堅守に磨きをかけるか?

グランパスは小林選手の退団で運動量が落ちるネット選手のフォローに誰が回るのか? また相馬選手の代わりとなるアタッカーはだれが?

名古屋・松本 戦績

・リーグ直近5試合 名古屋3勝:松本1勝 1分
●2019/05  @豊田スタ  0-1
○2017/08  @豊田スタ  5-2  (J2)   
○2017/03  @松本   2-1  (J2)
○2015/08  @松本    1-0 
△2015/03  @豊田スタ  3-3 


・リーグ戦アウェー(松本)対戦成績
名古屋 2勝 0分 0敗  

※これまでの勝敗(リーグ戦)をみれば嫌な印象はないですが、前回対戦のホームでのウノゼロの悪いイメージがのこっています。
アウェー(松本アルウィン)では2戦2勝とアウェーであることはあまり気にしなくてもよいのでは。ただグランパスもアウェー戦 10戦未勝利と微妙な感じですが。 

2019年シーズン 前回対戦
【試合レポート】2019.5.26松本山雅戦 0-1で敗戦

名古屋・松本 チームデータ

松本は残留を、名古屋は上位浮上を目指し、勝点をが欲しい状況

J1での対戦成績は通算3試合で互いに1勝ずつを挙げて互角(1分)

チーム主力元所属のプレーヤーとして 松本には田中 隼磨、永井 龍、高橋 諒が グランパスには前田尚輝選手が所属

グランパスの今シーズンのドリブル数は404回、ドリブル成功数が213回とリーグ最多。に対して山雅は、相手にドリブル突破を許した回数が今シーズンリーグワースト189回

山雅が6月以降のホーム戦で挙げた4得点は全て試合時間後半に決めたものに対してグランパスがアウェーで喫した直近9失点のうち、7点は後半に決められたもの

名古屋グランパス

(GOOD)
前田直輝は現在3試合連続得点中。この間、7本のシュートで6本の枠内シュートを記録

(NO GOOD)
アウェーで現在10試合連続未勝利(5分5敗)
昇格チームとの対戦で現在7試合連続未勝利(4分3敗)

松本山雅

(GOOD)
名古屋は、現在J1に在籍しているチームの中で、神戸に次いで2番目に1試合平均得点の多い相手

(NO GOOD)
ホームで現在、クラブ史上ワーストとなる7試合連続未勝利(3分4敗)
今シーズン「オリジナル10」のクラブとの9試合でわずか1勝(2分6敗)※この1勝が前回対戦のグランパス

(参考記事)松本山雅FCvs名古屋グランパス 第23節(サンスポ)

【J試合情報】松本山雅FCvs名古屋グランパス 第23節
 ・松本対名古屋の通算3試合では、互いに1勝ずつを挙げて互角の成績(1分)。松本にとって名古屋は、現在J1に在籍しているチームの中で、神戸に次いで2番目に1試合平均得点の多い相手(神戸戦:1.67得点、名古屋戦・湘南戦:1.33得点)。

スポンサーリンク

松本戦前 記事 一覧 

【J1展望】松本×名古屋|川崎撃破で勢いに乗る名古屋!松本との前回対戦は0-1で負けたが… | サッカーダイジェストWeb
J 1リーグ23 節松本山雅FC -名古屋グランパス ...
お探しのページが見つかりませんでした。| 中日新聞
中日新聞の総合ニュースサイト。東海地方・中部地方のニュースと生活情報を中心に、様々な地域情報を提供します。
【松本 vs 名古屋】この暑い夏も、セルジーニョは『平常心』にこだわる
この夏は例年以上に厳しい暑さで、体調を崩している方も多いことだろう。松本市も例外ではなく、今節が行われる18日の予想最高気温は35℃となっている。くわえて…
【松本vs名古屋】プレビュー: 勝利によって明確化する“強い名古屋”の本質。それは松本で次なる加速を始める。
■明治安田生命J1リーグ第23節8月18日(日)松本vs名古屋(18:00KICK OFF/サンアル)----------最高の形で勝ち方を思い出したならば、次にすべきことは決まっている。勝って、勝ち続けることを思い出すことだ。10試合の未勝利期間で悔しさだけでなく経験も蓄えたチームは王者からの勝点3というきっかけを得
【赤鯱短信】その男、華麗にして質実剛健。シャビエルのプレー“スタイル”に、再びの注目を。
今はとにかくゲームに、勝利に集中したいんだ。そう言わんばかりに、ここ数ヵ月のシャビエルからはややもすれば素っ気ない答えばかりが返ってきていた。シャビエル自身のことを聞いてみても、答えはどちらかというとチームに関することばかり。7月13日のC大阪戦ではベンチ外になるなど、状態がそれほど良くないことはプレーを見ていても明ら

 


※「inside grampus」「赤鯱新報」は一部を除き会員記事です。(無料記事のみ(ひとこと)を書いています) 興味深い記事がほぼ毎日アップされますので 会員登録してチェックして下さいね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました