【試合レポート】2019.8.4 浦和レッズ戦 2-2でドロー またか・・・ 勝ちきれない トンネルはまだ続く

試合レポート
こりもです

Jリーグ第21節 浦和レッズ戦    2-2 ドロー   また最後の最後で勝ちが逃げてしまいました。

また前回の試合を見ているようで、本当に同じようなことが起こるシーズンです。アディショナルタイムにクロスからヘッドで同点。 前節はガンバ復帰の宇佐美選手、今節は欧州から復帰の関根選手。
頭 混乱してきます。

その中でも前半は非常におもしろい、「強いグランパス」を見せてくれたのですが、勝ちきれなかったのは前節に続き 負けたような後味が悪い試合になってしまいました

今回も試合の雑感をまとめます。 
スポンサーリンク

浦和戦 2週間のハードトレーニングでチームは進化したのか

試合前

前節のガンバ戦は現地参戦 目の前でアディショナルタイムに宇佐美弾をくらってしまい なんと9戦勝ちなしとなってしましました。
ただ久しぶりの先制点、複数失点 太田選手のキックの精度、藤井選手の可能性と見るべきところは多くあった試合だと思っています。

が、やはり結果ですよね。 前節も試合後は体勢の記事も出てきましたし、面白くても勝てないチームではそろそろ厳しいです。 ゴールという楽しさもこの頃なくなってきましたし・・・
今日の浦和戦はジョーのハットトリックなどこの頃は良い印象もありますので、暑い中ですが、しっかり走りきって勝ちをもぎとって欲しいです。 

改めてDAZNで見返してみての雑感をまとめてみます

試合前情報

(スタメン)「StartingEleven」
フォーメーション 3-4-3
(FW)シャビエル選手、ジョー選手、前田選手
(中盤)左:吉田選手 右:和泉選手
 ボランチ:シミッチ選手 ネット選手 
(DF)CB:太田選手 中谷選手 宮原選手
(GK) ランゲラック選手

(ベンチ)
赤崎 相馬 アーリア 小林 藤井 金井  武田

前線はジョー選手を含めシャビエル・前田選手の3人のアタッカー
ジョー選手の試合前コメントであった前田、シャビエル選手との連携に変化が見られるのか?

3バックの布陣でなんと前節 藤井選手から 宮原選手が一角に。藤井選手の連続起用期待したのですが、これまでの形に戻した布陣です。

今節も中盤のサイドに吉田選手、和泉選手で 守備時には5バック気味になるのでしょう。
ボランチ米本選手・丸山選手の不在は痛いですが、3バックで結果が出せるのか?

ベンチはスタメンとの入れ替えのみでメンバー変わらずです。

途中交替予想は 何も無ければ 相馬選手は間違いないでしょう。他 藤井選手・赤崎選手に期待したい。

(注目点)
3バックの熟成は?
浦和キラー 「8月男」ジョー選手のゴール
太田選手(セットプレー)からの得点
浦和一色のアウェーで 未勝利記録をストップできるか?
暑さでの運動量はどうなるのか? 浦和は中2日です

(スタジアム)
埼玉スタジアム
観客数:37,238人
天候:晴 (30.7℃)
審判:家本政明

(相手要注意選手)
興梠選手(得点した場合は不敗) 
関根選手・武藤選手(2列目からのスピードある飛び出し)
槙野(DFリーダー)

【試合前監督コメント】

風間監督
Q.この2週間監督が強調したことは?
 「自分達の攻めるということ。技術を大事にすること。自分達でどうリズムを良い状態で常に保つかということをやってきた」
Q.対戦相手 浦和に対してはどういう印象?
 「ものすごく勢いがある。個々の力もある強いチームだと思う」
Q.暑さが予想される90分 どこが大切になるか?
 「技術を大事にして出来るだけ自分達の、 ボールを動かすことで 自分達の体力を温存したい」
 
大槻監督 (対名古屋コメント)
Q.名古屋の印象
 「良い指導者がいて良い選手がたくさんいる良いチームだと思っている」
スポンサーリンク

【試合展開】(前半)

 ●(名古屋) ●(浦和)

(前半)

1分 CKから太田選手がファーサイドに精度の高いキック(バリエーションあります)

 ゴール  和泉選手
2分 CKがファー流れたところを前田選手がゴールライン際まで切り込み、早いクロスにゴール前の和泉選手がダイレクトで合わせる

両チーム共にボールに早いプレス
3分 速くボールをゴール前に運んで前田選手がシュート
テンポ良くボールをつなげている。 速い攻撃が見られる
5分 攻守の切り替えも速いです 
シャビエル選手が左・中央・右と自由に動いている印象。動き良し
ネット選手の特徴でしょうが、テンポ(スピード)にのり遅れてる感じがする
8分 後方から武藤選手へロングボール。ランゲラック選手が前にでて対応するもハンブルして危かしい
シミッチ選手が自陣深い位置でボールロスト。一気にシュートまで持っていかれる
浦和も前えの勢いあります。注意です
10分 左サイド深くからシャビエル選手のクロス。 惜しくもジョー選手に合わずGKキャッチされる
10分 凄い勢いで太田選手が左サイドを駆け上がる。深い位置でファールを受ける
11分 太田選手のフリーキック。ファーのネット選手にあわせ、粘ってシュートまでもっていく
右CK 今度はニアに合わせるも こぼれ球からカウンター狙われる 
12分 カウンターくらうも、しっかりもどり対応。ペナ外から武藤選手がシュート
15分 3バックの脇の裏を狙われるも、何とかシュートブロック 中盤でスピードで負ける場面も見られる(シミッチ選手・ネット選手)
シミッチ選手がはがされると一気にピンチに。 ネット選手のカバーリングが欲しいところ
16分 中盤での圧力が増している。 攻撃の形が作れない
浦和がボールを保持し、シュートの形までしっかりもっていく状況をつくる
両ボランチからのパスが狙われている
19分 中盤でファブリシオ選手にシミッチ選手が振り切られて、ファーの橋岡選手にクロスを合わせられ決定機をつくられる。危なくサイドネットに
浦和のハイプレスで グラのビルドアップを阻止
23分 前線へのパスをシャビエル選手が上手く反転してドリブル。ペナ前で倒されたように見えるがノーファール

 ゴール  前田選手
24分 ジョー選手からオフサイド ギリギリで飛び出したシャビエル選手に絶好のパス。しっかり溜めをつくって、和泉・ジョー・前田とゴール前に詰める中、ファーの前田に合わせダイレクトシュート

27分 パス回しでボールを支配するが 無理な縦パスを奪われる場面が見られる。注意したい
31分 ジョー・シミッチ・シャビエル・吉田とパスを左で回して、最後はペナ外正面から和泉選手のシュート
32分 ゆっくりパスを回す中 右サイドの前田選手が反転し一気にゴール前までドリブル。クロスは相手にブロックされるが、意表をついたプレー
34分 CKのこぼれ球をシミッチ・シャビエル選手から → ゴール前のジョー選手に。GKと1対1でシュートを放つも、西川選手にセーブされる。決定機。きめないといけない場面です
35分 CKからのこぼれ球をネット選手がシュート
37分 左サイドでネット選手・吉田選手が剥がされて、ゴール前の興梠選手へ。わずかにマウスをはずすが 危ない場面。 変わらずクロスから決定機を作られる
38分 ジョー選手が前線でポストプレー。シャビエル選手が真ん中でコントロールし 後ろからシミッチ・和泉選手がペナに侵入。良い形でチャンスをつくる
ジョー選手 これまでよりポストプレー・パス・反応良し
CKからのこぼれ球もしっかりボール奪取。前田選手のクロスはゴールラインを割る
41分 前田選手ドリブルでカウンター攻撃を仕掛ける 
42分 浦和のカウンター返し 宮原がしっかりカバー。 非常に速い展開
サイドも吉田・和泉両選手がしっかり戻りサイドの裏をケア
45分 右サイドのパス交換からネット選手がゴール前にスルスル抜け出しチャンスを作る 

 失点  興梠選手
47分 ペナ前で吉田選手が不用意なプレーでボールロスト。左からシンプルにクロスをあげられ、ファーの興梠選手がにフリーでヘッド。 相手のゴールは簡単に見えてしまいます。
武藤選手のゴール近くでの一瞬の速さはやっぱい要注意です

(前半終了)

(前半まとめ)

ゲームの入りからリズム良く速い攻撃を仕掛ける。
ジョー選手のポストプレー・パスの精度があがっているように思える。その為 縦パスが効いている。その回りをシャビエル選手と前田選手が上手く狙っている場面も見られよい形が作れている
前半途中からは両ボランチを狙われ攻撃の形を作れない場面もあったが、裏への速い攻撃もあり、リズムを取りもどすこともできた。
太田選手のFK・CKからはバリエーションも多く何か起こる可能性を感じる。
守備面ではシミッチが動いたあとのスペースが気になる。
最後の失点はもったいない 相変わらず クロスを上げられると決定的なピンチになる
後半はネット選手・シミッチ選手へのプレスからのパスミスが狙われそう

(数値)
シュート数は8本(浦和8本)、支配率(47%
パス数307本(浦和336本)ファール 2-7

前節に続き支配率が50%以下 早い展開が出来ている証拠なのか?
に加えパス数でも下回っている(珍しい)
スプリントでこれまで守備陣が多く名を連ねる場合も多かったが、前線の選手が多いのは良い。 
(前田・吉田・シャビエル・太田・和泉)

スポンサーリンク

【試合展開】(後半)


風間監督 ハーフタイム指示
・ロングボールの対応をはっきりするように
・出して受ける リズムよくボールを動かしていこう
・後半もう一度勝って行こう

選手交替なし

浦和がゆっくりパスを回しペースをつかんでいこうという展開
47分 ペナ外から武藤選手シュート。 ブロックはつくれている
47分 オープンな展開で共に速い攻撃でゴール前に
49分 左サイド遠い位置から太田のFK。ゴール前中谷選手が競ってこぼれ球をシュート
51分 左サイドからの攻撃をうけ、その後も両サイドから連続攻撃を受け続ける。強烈なシュートを打たれるもなんとかランゲラック選手がセーブ
ビルドアップも相手の激しいプレスにあいミスが目立つ
レッズの時間が続く
54分 柴戸選手から興梠選手を狙った裏のスペースに絶好のパス。オフサイド
55分 吉田選手 → 相馬選手 そのままの位置に相馬選手が入る(左サイド)
56分 和泉選手が右サイドからドリブルで真ん中に切り込みゴール前のジョー選手にパス。反転してのシュートはGKにキャッチされる。シュートで終わることは大切
58分 また浦和のリズムに。 ハーフコートゲームをされる
高い位置からボールを取りにいけない。5バックでのブロックをしいている為、ビルドアップも難しい
61分 ネット選手のパスミスが目立ち始めた 
62分 槙野選手からゴール前に曖昧なクロス。ランゲラック選手が何とかはじき出す
65分 ネット・ジョー選手でようやく前線でボールキープできるが、サイドチェンジのボールをまたもパスカットされカウンターを受ける
66分 ネット選手からゴール左シャビエル選手にスルーパス。ジョー選手に折り返すがシュートブロックにあう。こぼれ球を相馬選手が強烈なミドルシュートを放つが大きく上にそれる
またもレッズの時間がつづく
70分 宮原選手 → アーリア選手
和泉選手が3バックの一角へ アーリア選手が前線へ 前田が一枚降りて サイドハーフの位置に
動かないネット選手と動くシミッチ選手が重なってしまう場面があり気になるところ
73分 ファブリシオ選手が真ん中に侵入し、シュート。DFとボランチの間のスペースを自由に動かれている
75分 防戦一方な展開
真ん中・サイドと使われチャンスをつくられる。 何とか5バックで引いての対応
77分 ネットのプレーが軽くなってきた 運動量と、パスミスがひどい。シミッチ選手への負担も気になる
78分 前田選手 → 金井選手
そのまま右のポジションに金井選手が入る
79分 相馬選手が左から攻め上がり 遠めからシュート
浦和のプレスが激しい 
82分 パスをつないで左サイド相馬選手へ カットインからシュート
83分 ネット選手の遠目からのコントロールシュート。 枠をとらえられず
88分 相手陣内で時間をかけてゆっくり回し アーリア選手がシュート
前線でアーリア選手がボールロスト。シュートを打つのかキープをするのか中途半端なプレー。役割を考えて欲しい

AT4分
ネット選手を中心に相手ゴール前に攻め込むが、シュートも打たず、キープもせず中途半端な攻撃でネット選手が不用意にボールロスト。一気に攻撃を受けるが、攻めあがった前線の選手も戻れない状況へ

 失点  関根選手
92分 前線でネット選手が倒れていた所 選手達が給水に。浦和の選手が素早くスローインから 山中選手が精度の高いクロス。ゴール前の関根選手がヘッドで流し込む

不用意・集中を切らした場面は悔やまれる
94分 最後まで猛攻撃を受ける

(後半終了)

(後半まとめ)

支配率:43%(前半から-4p)、シュート:19本(前半から+11本) 枠内14本
被シュート:18本(前半から+10本) 枠内11本
パス数:535ー707、  パス成功率:(81%-86%)
ファウル:7-11
CK:8-4
走行距離:106.8km(名)ー108.6km(浦)  スプリント:135(名)ー128(浦和)

※前半もそうでしたが、スタッツを見ると 支配率が半分以下パス数も相手より少なく、パス成功率も浦和のほうが上というデータ。前節と同じくこれまでにない数値比較になります。グランパスがしていたサッカー(パスをつないでボールを支配し攻め込む)を浦和にされたようなデータです。

後半は完全に浦和にゲームをコントロールされ、ワンサイドゲームで耐える時間が多い状況になる。運動量や攻守の切り替え、ボールへの反応、プレスで完全に浦和に支配された展開だった

選手交替でも流れを変えることができず、耐え切れずにアディショナルタイムで痛恨の同点弾を浴びる。内容は悪くても割り切って引いて守り勝ちきってほしかったが、最後に中途半端なプレーから自分達のミスでこのような結果を招いてしまった。

暑さからなのか、1点差に追いつかれたプレッシャーからなのか、ミスは増え、運動量は落ち、浦和の勢いを止めることはできなかった。

スポンサーリンク

試合を終えて

インタビュー

風間監督
Q.良い入りの試合 90分振り返って?
「勝負のところでは2つ。一つは前半たくさんあった3点目を決めれなかったこと。最後の残りの時間をしっかり自分達でコントロールできなかったこと。そこのところは反省しなければいけない」
Q.2得点のシーンは良いところが出たシーン。 そこのところへの評価は?
「崩すところの目はだいぶできてきたと思います。ですがまだまだ本当であればチャンスがありましたし、それからもう少し正確にやればいいところもあったと思う。ただどんどん進んでいくしかないので、全体としては選手はようやっていると思います」
Q.後の部分の課題。 次に向けてどう取り組んでいくか?
「そこはそれほど取り組むところではない。一つ二つのプレーなのでそこは選手が自覚してくれると思う」

※選手のところはもちろんですが、ゲームの閉じ方や後半の状況に併せた対応が必要だったような気がします。ベンチワークや指示で何とかできたところもあったようにも感じます。


試合後まとめ

※前節のガンバ同様 試合開始早々に先制点。加えて追加点も速い段階で奪え完全にペースをつかんだように思えたが、前半の最後にミスからの失点が響いてしまったのでしょうか。
相手はしっかりと前半の状況から修正をかけてきて、完全に受ける形になってしまったのは残念。技術が足りないといってしまえばそれまでですが、勝ちを落とさない策はあったのではないでしょうか。

守備面

またも複数失点。 勝てる試合を最後の最後で追いつかれるという「脆さ」をみせてしまった。

前半は裏のケアもしながら3バックでしっかり守れており、サイドも戻りをはやくして対応できていたが、不用意なミスからの失点が悔やまれる。

後半は相手のハイプレスに合い、決定機を多くつくられていたが、割り切って5バックでブロックを組んで何とかしのいでいたが、前線・ボランチとの連携やバランスも悪くなり、ペナ近くでスペースを自由に使われギリギリのクリアが精一杯の状況が続く。 最後の失点はチーム全体としてリスク管理が出来ない、ゲームの運び方がはっきりしない中での失点となるが、集中が切れてしまった感もあり非常に残念であった。

ボランチのシミッチ、ネット選手はシミッチ選手は終止運動量多くピッチ内を走り回ったが、プレスにいった場合などネット選手のカバーがないことでことごとくピンチに。 ネット選手の運動量やスプリント、プレスを考えるとシミッチ選手への負担がかなり大きかったように思う。 守備のことを考えるとやはりシミッチ・米本のボランチコンビのほうが期待できる。最後の失点のシーンも含めネット選手の守備おいての責任の大きさは否定できない。(もちろん一人の責任ではないが。。)

前線からの守備は前半は効いていたが、後半は全くといって良いほど圧をかけることもできず、自由にボールを回され、奪取することはできなかった。 チームのバランスがくずれたのか、疲れから運動量が落ちたのか、共通認識(連携)がなかったのか。。

攻撃面

久しぶりの複数得点。早い時間での先制点・追加については非常によかった。

前節同様です。前半はこれまでのゆっくりセンターラインからパスをつないで、相手のつくったブロックに飛び込んでいってシュートが打てないといった形からはかわり、速いリズムでゲームをつくりゴールを奪った。
・縦への速いパスや展開(ジョー選手のポストプレーの安定感)
・サイドから早いタイミングでシンプルなクロス
・シャビエル・前田選手の積極的なドリブルと裏への抜け出し
・太田選手の精度の高いFK・CKからの2次攻撃
・ジョー選手の復調
・ショートパスだけでなくミドル・ロングレンジのパスなどバリエーションが増えた

など、ゴールの可能性を充分に感じさせる攻撃を見せてくれました。その中でやはり残念(欲を言えば)、もっと点が取れる状況であったことでしょう。 ジョー選手の不発はさすがに気になるところです。

今節もFK(CK)は太田選手の質の高いボールからゴールのチャンスを生むものが多かった。バリエーションも多く、これまでのようにGKに直接キャッチされることも少なく、ジョー・シミッチ以外をターゲットにすることで、こぼれ球からの2次攻撃の可能性も見える。得点に繋がるのは時間の問題でしょう。

ボランチからの展開ではプレスのゆるい前半は有効な縦パスやサイドチェンジ、ネット選手からも”らしい”意外性のあるパスや攻撃参加も見られたが、プレスが強くなるとミスも増え、機能しなくなってしまった。

選手起用

丸山選手・米本選手の負傷は痛いことは引き続き結果をみると痛感するところ。スタメンは3バックで予想通りのものになった。

後半の交替については 相馬選手の投入は流れをかえる為、攻撃の形を作れない場面でのもので理解はできる。金井選手も残り時間の守備を考え、足を気にしていた前田選手にそのままのポジションで替えたことも想定内。

ただ3バックの宮原選手に替えてアーリア選手の前線への投入は何がしたかったのか? 前線でのキープなのか、追加点なのか、前線からの守備なのか 結果として効果的なものではなかった。 それより明らかにに疲れがみえミスが多くなった、運動量が落ちていたネット選手の位置への対応がほしかったところ。 アーリア選手をボランチに。小林選手との交替。前節結果をだした藤井選手の起用など 選択はいくつかあったかと思うのだが。。 個人的には残念に感じるところでした 



(お願い)
・セットプレー(CK)からの得点パターンを!
・攻守において連携(約束事)を
・技術に加え気持ちやハードワークを
・状況に合わせた戦術を
 
 

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました