◆Jリーグ第21節 浦和戦直前 「データで見る 浦和戦展望」

ニュースまとめ・レビュー
こりもです

浦和戦楽しみです。直近の浦和戦はジョー選手が活躍していて何となく分が良い感じがしていますが、データをみるとこれまでほぼ5分なんですね。暑さと、お互いホームでの勝率が高いので、少し心配・・・

共に今シーズンは強いのか?弱いのか? よくわからない状況にあると思います。中位同士の戦いになりますので、下位落ちるのか、もう一度上位に浮上するのか共に重要な試合になります。

いつものように浦和戦に向けた展望などについてまとめます。
 

21節 浦和レッズ戦 試合情報(公式)

2019年 J1リーグ 21節 浦和レッズ戦
8月4日(日)/19:00キックオフ @埼玉スタジアム
◆試合情報

パブリックビューイング情報
「鯱の大祭典」街なかイベント/アウェイ浦和レッズ戦パブリックビューイング@MOVIX三好

今シーズン データ比較 

※今シーズンのデータから見るチーム比較
 名古屋グランパス浦和レッズ
順位
10位(勝点26)
9位(勝点28)
戦績
7勝5分8敗
29得点・27失点
8勝4分8敗
19得点・26失点
通算対戦
(リーグ戦)
16勝5分16敗
16勝5分16敗
得点/試合
1.45点
0.95点
得点時間帯前半13 後半16前半8 後半11
失点/試合
1.35点(クリーンシート6)
1.40点(クリーンシート6)
失点時間帯
前半10 後半17
前半9 後半17
守備
デュエル成功率52.1%
空中戦成功率54.0%
デュエル成功率49.6%
空中戦成功率52.8%
パス
1試合パス数639本
パス成功率85.3%
1試合パス数477本
パス成功率81.6%
攻撃
シュート数219本
(1試合平均 10.9本)
枠内シュート99本
(1試合平均 4.9本)

決定率(得点/シュート数)13.2%
シュート数160本
(1試合平均 8.0本)
枠内シュート62本
(1試合平均 3.1本)

決定率(得点/シュート数)12%
走行距離
平均
112.156km(リーグ11位
110.266km(リーグ15位)
平均ポゼッション
63.0%
49.0%
スプリント
平均
160回(リーグ13
152回(リーグ17位)
故障者

青木、渡邉、成瀬、米本、丸山

出場停止
※データからみると攻撃では 得点数やシュート数等見るとグランパスが優位でしょうか。逆に浦和は攻撃に苦しんでそうな数値です。

浦和のスコアの動き(得点・失点共に)後半に集中しているのがわかります。後半バタバタする前に 先制点で名古屋のペースにしたいところ。

また走行距離やスプリントについても、名古屋よりも低い数値。この数値で名古屋が上回ることはあまりないのですが、暑い中ですが相手を上回るハードワークに期待したい。

名古屋・浦和 試合前注目データ

名古屋・浦和 戦力事情

主力の負傷など
(グランパス)
米本・丸山選手と主力が負傷欠場
(レッズ)
マウリシオ選手と柏木選手は別メニュー

主な移籍(2019シーズン)
(グランパス)
in:太田選手、深堀選手(レンタル復帰)
out:秋山選手、櫛引選手
(レッズ)
in:関根選手
out:アンドリューナバウト選手、山田選手、茂木選手

名古屋・浦和 戦績

・リーグ直近7試合 名古屋3勝:浦和4勝 0分
○2019/05  @豊田スタ  2-0
○2018/08  @豊田スタ  4-1    
●2018/07  @埼玉スタ  1-3
●2016/08  @豊田スタ  0-2 
●2016/04  @埼玉スタ  1-4 
○2015/07  @パロ瑞穂  2-1
●2015/04  @埼玉スタ  1-2

・リーグ戦アウェー(埼玉スタジアム)対戦成績
名古屋 5勝 3分 10敗  

※これまでの勝敗(リーグ戦)をみれば得意・不得意はなさそうです。
アウェー・ホームでの勝率もほぼ同数。共にホームでの勝率は高い。 


・全試合 通算対戦成績(通算55試合)
名古屋 29勝 5分 21敗

名古屋・浦和 対戦データ

9位・10位と中位同士の戦い。現在両者の勝点差は「2」
これまで通算55試合の結果 名古屋が8試合勝ち越し
浦和からみると名古屋が総失点と1試合平均失点が最も多い相手(総失点97、1.76失点/1試合)
埼玉スタジアムで名古屋は直近8試合で1勝のみ。全試合で失点している(2.3失点/1試合)

名古屋グランパス

(GOOD)
浦和戦で挙げた直近の得点全てにジョー選手が関与(4ゴール1アシスト)
 +ジョー選手にとって最も多く得点に関わっているのは浦和戦(4ゴール2アシスト)
シュート数が今季リーグ最多

(NO GOOD)
リーグ戦で現在9戦未勝利
現在 アウェイで9試合連続未勝利(5敗4分) 2016年に続きクラブワースト記録

浦和レッズ

(GOOD)
ホーム戦で現在、3試合連続負けなし(2勝1分)+複数失点なし(0.7失点/1試合)
今季リーグで3番目に多い被枠内シュート数
今シーズン 興梠選手が得点を決めたJ1の試合では不敗。8戦負けなし(7戦1分)

(NO GOOD)
アウェイで、リードを奪った状況からの敗戦数(逆転負け)が今季リーグワーストタイ
中3日の過密日程
今季はポゼッション型のチームに相性が悪い

(参考記事)浦和レッズvs名古屋グランパス 第21節(サンスポ)

【J試合情報】浦和レッズvs名古屋グランパス 第21節
 ・浦和対名古屋の通算55試合では、浦和が21勝5分29敗と負け越している。浦和にとって名古屋は、総失点と1試合平均失点が最も多い相手(計97失点、1試合平均1.76失点)。

スポンサーリンク

浦和戦前 記事 一覧 

【J1展望】浦和×名古屋|中3日で臨む大槻レッズと9戦未勝利の風間グランパス… 逆境を撥ね返すのは? | サッカーダイジェストWeb
J 1リーグ21 節浦和レッズ-名古屋グランパ...
お探しのページが見つかりませんでした。| 中日新聞
中日新聞の総合ニュースサイト。東海地方・中部地方のニュースと生活情報を中心に、様々な地域情報を提供します。
猛暑をしのぐ大型テントに水遊び広場も…浦和が名古屋戦で「レッズサマーフェスタ」開催 | ゲキサカ
 浦和レッズは4日のJ1名古屋戦(19時、埼玉)で「レッズサマーフェスタ」を開催する。大人から子供まで楽しめるイベントが盛り沢山。猛暑の中でも快適な空間を提供するさまざまな施策を実施する。 当日は「浦和レ...
【浦和vs名古屋】プレビュー:アプローチの角度を増やして見据えるトンネルの先。荒療治も血肉に変え、名古屋は再起の時を迎えるか。
■明治安田生命J1リーグ第21節8月4日(日)浦和vs名古屋(19:00KICK OFF/埼玉)----------変化し続け、進化を止めないチームは今、これまでとは少し様相の異なる変貌を遂げようとしている。不調の際にはフォーメーションを変え、フィジカルコンディションの改善に現状打破の鍵を求める部分は平常運転。位置取り
【赤鯱短信】1年前と変わらぬ決意。夏+ネットに漂う、名古屋の勝利の予感。
時期は少しずれるのだが、暑くなってきた時期の猛練習とエドゥアルド ネットの組み合わせには、どこか吉兆のようなものを感じている。8連敗を含む13戦未勝利のまま逃げ込んだリーグ中断期間にチームはネットたち新加入選手を迎え入れ、過酷にも思えたフィジカル改善メニューをこなして夏の快進撃につなげていった。ジョーや前田直輝、金井貢

 


※「inside grampus」「赤鯱新報」は一部を除き会員記事です。(無料記事のみ(ひとこと)を書いています) 興味深い記事がほぼ毎日アップされますので 会員登録してチェックして下さいね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました