【試合レポート】2019.7.20ガンバ 大阪戦 2-2でドロー 勝ち切れない悔しさと同時に、少しの光が見えた試合

試合レポート
こりもです

Jリーグ第20節 G大阪戦  2-2 ドロー   勝てた試合でした。

今節は久しぶりの現地参戦。スタジアムも満員の凄い雰囲気の中無茶苦茶楽しかったのですが、 最後の最後で失点。。。ドローなのですが負けたような雰囲気の中 帰宅でした。

勝てなかったことで賛否両論(批判のほうが多いのでしょうが)あると思いますが、ピッチ近くで見ていても、選手達はしっかり闘っていたように思います。 またプレースピード(前への推進力)もこれまでの試合よりは良かったように感じました。

太田選手や藤井選手も手応えがあり、9戦勝ち無しで褒められた結果ではないですが、これからの可能性は感じることができるゲームだったと私は思いました。 たださすがにそろそろ「勝ち」はいりますよね!

今回も試合の雑感をまとめます。 
スポンサーリンク

G大阪戦 現実(連敗)と理想のハザマでどう修正できるのか  

試合前

久しぶりの豊スタ。 スタグルもしっかり楽しみながら、グッズも買いながら、ビールも飲んでテンションあげあげでキックオフを待つ

これまでの対戦データでも同じようなスタッツのG大阪ですが、これまで3-2で3連勝していますので、なんとなく「勝てる」イメージを持ちながら、現地観戦の為ワクワクが上回っていますが、ただ米本・丸山のセンターラインの不在は非常に不安でもあり、、

改めてDAZNで見返してみての雑感をまとめてみます

◆【試合レポート】2019年 G大阪戦! 「攻守一体」の進化

試合前情報

(スタメン)「StartingEleven」
フォーメーション 3-4-3
(FW)和泉選手、ジョー選手、前田選手
(中盤)左:吉田選手 右:宮原選手
 ボランチ:シミッチ選手 ネット選手 
(DF)CB:太田選手 中谷選手 藤井選手
(GK) ランゲラック選手

(ベンチ)
赤崎 相馬 シャビエル 小林 アーリア 金井  武田

前線はジョーの1TOPの形でしょうか。サイドアタッカーで和泉・前田選手が入ります

3バックの布陣でなんと藤井選手が起用。選手紹介で千葉・櫛引じゃなく?これには正直ビックリでした。 また早速の太田選手の起用。楽しみですが得意のサイドではなく、3バックの一角に。もったいないような気もしますが、CK、FKで期待しましょう。

その為中盤のサイドに吉田選手、宮原選手で 守備時には5バック気味になるのでしょう。
ボランチ米本選手の替わりは気になりましたがそのままネット選手でしたね。

ベンチは前節と大きく変わらず、シャビエル選手が2試合ぶりにベンチ入り。 櫛引選手→金井選手 

途中交替予想は 何も無ければ 赤崎・相馬・GX選手でしょう

(注目点)
兎に角 得点が取れるのか 勝てるのか
丸山・米本負傷 ボランチも含めた守備(DFライン)
ブラジルボランチコンビの連携や役割
新加入太田からジョー選手へのピンポイントクロス
超満員のホーム・記念ユニ不敗神話を

(スタジアム)
豊田スタジアム
観客数:42,975人
天候:曇 (27.6℃)
審判:荒木友輔

(相手要注意選手)
宇佐美 (復帰一戦目)
アデミウソン(得点源)
福田(前節の活躍)
遠藤(後方からの正確なパス)

【試合前監督コメント】

風間監督
Q.太田、藤井 新戦力 どんなところに期待?
 「チームの中でどのくらいできるか。ずっとトレーニングの中でよかったので、2人をスタートで使った。新しい力と融合を期待している」
Q.チームとして勝てない試合が続いている。チームの雰囲気はどうでしょうか?
 「かわりはないです」
 
宮本監督 (対名古屋コメント)
Q.名古屋の印象
 「個人技に特徴のある選手、攻撃的な選手が多いのでしっかりとした守備が必要になる」
スポンサーリンク

【試合展開】(前半)

 ●(名古屋) ●(G大阪)

(前半)

1分 福田選手に左サイドの突破を見せられる。裏への速さは注意です
積極的に前からはプレスをかけず まだ様子見?

 ゴール  前田選手
3分 相手陣内高い位置でネット選手がインターセプト。 ジョー選手とワンツーでゴール前に抜け出し。ゴール正面でフリーに待ち構えた前田選手がゴールに流し込む。
ボールを奪ってからの速い攻撃。ゴールに向かったネット選手のプレーはよかった。7試合連続先制されていたらしく久しぶりの先制です

注目の藤井選手は落ち着いて試合に入っている様子
6分 ジョー選手が真ん中で上下に動きボールに絡む動き(いつものアーリア選手の動き)

 失点  アデミウソン選手
7分 遠藤選手の後方からのロングパスがペナ付近微妙なところに。ランゲラック選手も飛び出すが、アデミウソン選手に交わされ、DF陣がボールマウスを固めるがニアに蹴り込まれる
オフサイドギリギリを狙われた。

11分 太田選手 右CK GKにはじかれるもボールの軌道はいいです
12分 大きなサイドチェンジで右サイドに振られるが 藤井選手がしっかり対応
13分 ゴール前ではいつもより パスアンドゴーの動き、少し長めの前へのパスが見られる
13分 またも前線の裏に抜け出したアデミウソン選手へ。 DF3人でなんとか対応 
15分 一本のパスが前線倉田選手へ。時間を使わせて難なく対応
17分 ロングパスで右サイドの裏でアデミウソン選手が受ける。これも藤井選手がしっかり対応
18分 左サイド 吉田選手が高い位置を保持、クロスを入れるが、真ん中のターゲット ジョー選手だけでは少ない
19分 左サイド深くに太田選手が侵入。 グラでの初クロス。逆サイドの宮原が折り返すが惜しくも見方に合わず
20分 ガンバの速いカウンター。左を福田選手に攻め入られるが吉田選手もしっかり戻って対応
22分  相手ゴール前のパスカットから 宇佐美・アデミウソン選手2人でゴール前まで運ばれ、宇佐美の強いシュート。ランゲラック選手が横っ飛びナイスセーブ
相手コーナーキックから前田選手のドリブルで速いカウンターからパスを回しチャンスの場面
24分 真ん中でシミッチ・和泉選手がパスをつなぎゴール前のジョーに浮き球。惜しくもジョーのヘッドは勢いなくGKキャッチ
32分 藤井選手 アデミウソン選手から落ちついてボール奪取
32分 シミッチ選手からDFライン裏に走り込んだ吉田選手へ。折り返しがジョー選手渡りペナ少し左からシュート。好機 またも速い攻撃がみられた
ガンバの裏狙いもオフサイドにかけている
35分 シミッチ選手が自由に動きゴール前のチャンスを増やす。あとはペナ内でのラストパスの精度。 積極的なシュートも欲しいところ。
37分 ガンバの攻撃にも守備陣はしっかりブロックをつくって対応できているが、遠藤選手のスルーパスには注意が必要
38分 自陣から前線ジョー選手に当てたボールが相手に渡り危ない場面。宮原選手がスライディングで対応
40分 DFライン背後を狙われるも藤井選手がカバーリングでしっかり対応できている
40分 シミッチ選手が前線にあて、折り返しを前向きで受けペナに侵入。惜しくもシュートブロックにあう。 スピードと縦へのゴールに向かった走りが相手DFのギャップを生む

 ゴール  宮原選手
43分 左サイド和泉選手からジョー選手へシンプルにクロスを入れる。ジョー選手が触らずに後ろに流し、ゴール前に詰めた宮原が流し込む
ゴール前に宮原選手がいる形は多くなってきました。今期3点目。 やはり早いタイミングでのクロスやパスはチャンスになりやすい。

(前半終了)

(前半まとめ)

いい試合の入りでした。何より速い時間で先制できたのはよかった。 これまでの試合に比べると前への意識、速さは感じる攻撃がみられた。
裏のスペースへの対応、ビルドアップもミス無く 藤井選手が落ち着いて試合に対応できている。
あとはラストパスの精度と積極的なシュート(特に前田・和泉選手)
裏を疲れる場面もあったが、概ね守備時の早い戻りが出来ている。
ランゲラック選手の飛び出しからの失点は得点後すぐのタイミングであることを含め悔やまれる。

(数値)
シュート数は6本(大阪3本)、支配率(49%
パス数では相手の1.3倍ファール 3-6

珍しく支配率が50%以下 早い展開が出来ている証拠なのか?
走行距離は上位10人に6名  スプリントは7名 いつもと逆のデータです。

スポンサーリンク

【試合展開】(後半)


風間監督 ハーフタイム指示
・ラインの上げ下げをそろえる
・クロスを入れる場所 入り方
・セルフジャッジはしない プレーを続けよう

選手交替なし

45分 自陣守備からセンターライン手前のジョー選手へ。上手く反転しドリブルでペナ付近まで上がる。
併走した前田選手が相手DFに隠れてしまい横にパスを送るも相手にひっかかる。こぼれ球をネット選手がシュートを放つも大きく上にそれる。ジョー選手のシュートでもよかった
48分 相手陣内で前田選手がパスカットし、そのまま持ち込み右足シュート。 惜しくもセーブされる
49分 ガンバもボールをつないで中央の隙を狙っている。しっかりブロックはできている
52分 和泉選手から左サイドのスペースへ。前田選手が走り込むがGKが前にでて処理される
53分 縦パス一本で右サイド前線宇佐美選手にわたり、ゴール前の矢島選手に上手いパス
56分 和泉がしつこくチェイス 相手のミスを誘うプレーが見られる
★お互いしっかり守って 早いパスワークの攻撃を見せる
60分 前田選手(OUT)→ シャビエル選手(IN)
61分 シミッチ選手から吉田選手。左から真ん中のシャビエル選手へのパスは繋がらず。早い攻撃です
62分 ネット選手から左のスペースへ。走り込んだ和泉選手が競り勝ち、切り込んでシュート。惜しい!
64分 太田選手が左サイド駆け上がりクロス。シャビエル選手ヒットせず。クロスの精度高いです
67分 ガンバも細かいパスワークでゴール前に攻め込んでくるがDF陣がしっかり守れています
68分 食野選手のドリブル。細かいところに入ってくるので要注意です
69分 ガンバの時間が続く
71分 左サイドからペナ内の福田選手に渡りシュートを打たれる。プレスに行かず間を通された形
72分 選手がしっかり動いてパスを受けれている。速いビルドアップができている
73分 ジョー選手(OUT)→長谷川選手(IN)
76分 アーリア選手からのシンプルなクロス。ゴール前の宮原選手に合うがヘッドに力なくGKキャッチ
77分 食野選手が裏を狙っています。
78分 吉田選手 積極的なドリブル突破からのクロス
82分 吉田選手から中央フリーのシミッチ選手に。正面のシャビエル選手へのパスを選択。ペナ外からでもシュートのタイミング。
83分 自陣でアーリア選手がパスカット。そのまま左サイドにドリブルで攻め上がり時間作る
86分 食野選手 宇佐美選手からのパスを受けペナ内でドリブルからシュート。なんとかブロック
ガンバが前掛かりになってきています 
87分 和泉選手(OUT)→相馬選手(IN)
88分 相馬選手が早速深くまで縦に仕掛ける
AT5分

 失点  宇佐美選手
91分 小野瀬選手からファーにクロス 宮原選手も競るがヘッドで決められる。
真横から見ていたが、一瞬ランゲラック選手が出る動きをするが戻る。パンチングすると思ったが?

92分 太田選手 フリーキック アーリア選手ヘッドで合わせるも惜しくもヒットせず
94分 中谷選手のオーバーラップからチャンスメイク。ペナ近くで吉田選手がファールをもらう
95分 相馬選手 太田選手がボールの前に。太田選手がGKの逆をついた良いシュート。枠にいくがGKのナイスセーブにあう。惜しい!

(後半終了)

(後半まとめ)

支配率:46%(前半から-3p)、シュート:13本(前半から+7本) 枠内9本
被シュート:9本(前半から+6本) 枠内7本
パス数:631ー651、  パス成功率:(89%-91%)
ファウル:5-12
CK:1-4
走行距離:110.3km(名)ー109.6km(G大)  スプリント:134(名)ー114(G大阪)

※前半もそうでしたが、スタッツを見ると 支配率が半分以下パス数も相手より少なく、パス成功率もガンバのほうが上というデータ。加えて走行距離、スプリントはグランパスのほうが多い状況。 これまでの試合とは全く逆のデータで、ビックリです。 

後ろからゆっくり回しながらのサッカーではなく、前線に速い攻撃が多くなった影響ではないでしょうか。また走行距離やスプリントは決して多くはありませんが、しっかり闘えていた結果だと見てもよいのでは?

後半もパスを回す相手との戦いで選手交替などを機に流れが変わり面白い展開が見られた。後半ではジョー選手の前線でのキープ、パスミスが目立ってきたが、前半と変わらずパスの距離・スピードに変化をもたせ、ゴールに向かっての走り込みあり、チャンスは作れた。シュートを打つタイミングをワンテンポ速めて欲しい場面がありました。

ネット選手・シミッチ選手も前節よりは役割もはっきりし、最後まで色んなところに顔をだしバランスもとれていた。
 
ハードワークで球際も闘えていた。守備面でもしっかりと闘えていたが ランゲラック選手とDFとの連携の問題なのか、最後の一発が悔やまれる。

スポンサーリンク

試合を終えて

インタビュー

風間監督
Q.悔しいゲームとなった。感想は?
「最後はもったいなかったが、トータルとしてチームが一つとなってしっかり闘えたというのは良かった」
Q.今日の試合の課題は?
「課題はいつもある。細かいところ。ここで一個一個言うものでもなく まだまだ完璧は先にあるので、まだまだこれから伸びていく。それから若い選手、新しい選手もその中に入ってくれたことは大きな収穫だった」

※まさにもったいない結果でしたが、プレーについては新戦力も含めてある程度手応えがあったのでしょう。久しぶりに表情もゆるい感じでのインタビューでした。 ただ結果が・・・


試合後まとめ

※久しぶりの先制点。複数得点と私的には可能性を感じるゲームだったのですが、皆さんはどうだったでしょうか? 監督コメントにもあるように太田選手のキックの精度や藤井選手のプレーの質を確認できたこともありますし、ゴールへの意識も感じることができて、ここ数試合に感じた先の見えない感じとは少し違った試合だったのではないでしょうか? ただ結果の世界ですから、残念ではあるのですが。

守備面

またも複数失点。 勝てる試合を最後の最後で追いつかれるという「脆さ」をみせてしまった。

またもハイラインを狙われてDFの裏を狙われるが、これまでと比べると何とか対応ができていた感があった。前半失点シーンではもろに 裏を狙われ抜け出されてのものではありましたが、藤井選手のカバーリングのスピードがあったのか、完全に裏を取られる場面は減っていたと感じる。
ただGKとDFラインとの連携、ランゲラックとDFのポジショニングでスペースをどうケアするのかは課題が残る。(相手東口選手の裏のボールに対しての飛び出しや位置取りは上手かったです)

後半の失点シーンではペナ付近でフリーでクロスを上げさせたのがまずもったいない所。ポジションであれば相馬選手にあたってほしかった所。 また真横から見てもランゲラック選手が出る動きを一瞬していたので、宮原選手・宇佐美選手の競り合いと高さもなかったので、そのままパンチングではじきだしてほしかった。もちろん出るタイミングは難しいのでしょうが、前後の判断や動きに不得意さが見える?

スターティングの3バックでは、前節同様 DF3人とサイドハーフが下りてきて5バックの形でしっかり戻ってブロックを作った上で我慢をして割り切った感じの守備に見えた。 太田選手も特徴を生かせるポジションではないにしても、その経験で危ないところのケアはできており、 特に藤井選手がゴール前でも落ち着いてボールを奪い、カウンター時にも相手スピードに負けずにしっかりカバーリングできていた。

ボランチのシミッチ、ネット選手も前節に比べると運動量多く、米本選手のようなアタックは少ないが、危険な場面にも顔を出していた。 後半はペナ近くで相手選手へのプレスが弱くなった感じもあったが、DFとも連携したポジショニングも見られた

前線からの守備では和泉選手が積極的にアタックしており、前田選手も守備は得意ではないでしょうが、相手のミスを誘う場面も見られた。

攻撃面

久しぶりの複数得点。加えて先制点については非常によかったと思います。

これまでのゆっくりセンターラインからパスをつないで、相手のつくったブロックに飛び込んでいってシュートが打てないといった形からはかわったのではないでしょうか。
・縦への速いパスや展開
・パスを出してゴールに向かってワンツーを受ける(先制点のネット選手)形
・サイドから早いタイミングでシンプルなクロス(2点面)
・太田選手の精度の高いFK・CK
・ジョーの反転からのドリブル
・ショートパスだけでなくミドル・ロングレンジのパスなどバリエーションが増えた
・積極的に動いてパスを受ける
・シミッチ選手とネット選手もバランスよく前線へのパス・ゴール前へ侵入

など、これまとの違いは見れたのでないでしょうか。(贔屓目すぎですか?) 相手ゴール前までの展開は速くなったと感じましたし、ゴールへの意識は改善されたような気がします。それがゲームスタッツの支配率やパス数にも表れたような気がします。相手のチームのタイプもあるかと思いますが、これまでとの変化があったことは評価はできるのではないでしょうか。

あとは決定力。力の弱いシュート。GKの正面のシュートが多い。 スペースにない所でのシュートが多く窮屈さが影響しているのか。 強いシュート、コントロールシュートが打てる余裕が欲しいところ。
また未だシュートの選択のタイミングが一つ遅いように感じる。シュート・パスと確率が同じような場面でもパスを狙う場面が多いように思える。 その為にスペースを消されて強いシュートが打てない要因になっているのではないか。

FK(CK)は太田選手の加入で可能性は感じる。 CKでもしっかりゴール正面にも正確に落とせるのと、ニアの選手にも合わせられる精度の高さを垣間見えた。 また最後のFKもしっかりと枠をとらえ今後の得点源としての可能性を感じた。 

あとはやっぱりジョー選手の得点待ちです。ポストプレーでの貢献はわかるが、ゴールゲッターとしての怖さを見せて欲しいところ。 他チームの前線と比べても得点というところでは見劣りしてしまうのは残念

選手起用

丸山選手・米本選手の負傷は痛い。特に守備面への不安はのこっていたが、何と千葉選手でもなく、櫛引選手でもなく藤井選手が起用されました。 かなりビックリしましたが3バックの一角として堂々としたプレーは想像以上。ビルドアップや相手のプレスにも冷静に対応できており、スピードのあるカバーリングでも存在感を見せた。 監督コメントでは「練習で良いものをみせている」からの起用だったようですが、今後に向けて大きな収穫になりました。

太田選手の移籍後初出場は3バック。 本来のサイドではないのはもったいなく感じるが、経験を元に落ち着いてプレーはできていた。時折見せるオーバーラップからのクロスやプレースキックはしっかりと相手に当てることができ、精度の高さが見られた。
これまで足りなかったシンプルな早い攻撃や セットプレーからの得点も期待できる。
丸山選手が戻った場合のサイドの起用は吉田・宮原選手と興味のあるところ



(お願い)
・セットプレー(CK)からの得点パターンを!
・攻守において連携(約束事)を
・技術に加え気持ちやハードワークを
・状況に合わせた戦術を
 
 

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました