◆神戸戦後のコメント・レビュー 風間監督「自分達で相手を崩して、自分達で崩れた」

試合レビュー
こりもです

神戸戦のある意味興奮冷めやらず。先日の観戦時雑感にも書きましたが複雑な心境です。もちろん前向きにグランパスを応援することは間違いないのですが、これまでの期待(ワクワク)より不安(ドキドキ)が大きくなってきたような気がします。
そういった中でFC東京の太田選手の獲得(オファー)に関するニュースがでてきたり、もしかして在籍選手の放出もあるんではないかという面でものキドキではあるのですが。
 
これからのグランパスはどうなっていくのか? 本当に進化し力がついていっているのか? また天皇杯もあり多くの試合が残っていますので、移籍情報も含めて注目していきたです。


17節 神戸戦の試合後コメント記事を中心に、ピックアップします
明治安田生命J1リーグ第17節 神戸戦後 監督会見
(INSIDE GRAMPUS)

※今回の風間監督のコメントからは5失点のネガティブなものよりは、「流れは悪くなかった」というように得点シーンへの評価をしている印象です。またシミッチ選手のCB起用(ミス)についてもポジションではないと、我々が感じたものとは少し違う感覚なのでしょうか。 個々の能力やプレーがサッカーの基本となる考え方はやはりぶれません。本職のCBを、という意見は的外れなのでしょう。

得点について「完全に崩した」旨のコメントですが、確かに一点目の和泉選手のゴールはネット選手からの縦パスから時間が止まったような展開で綺麗にきまりましたね。ただ2点目、3点目は積極的にゴールを狙った結果 相手のミスや、相手DFにさわって生まれたものです。 偶然性の高いゴールは目指すサッカーにおいては意味がないのでしょうが、勝負に勝つためにそれもサッカーという気がするのですが。。。(目線が低いですかね)

この監督のコメントを「上昇の兆し」と捉え 監督の見る高いレベルのサッカーの完成を待ちましょう。

(一部抜粋)
<総括>
 
ゲームの流れとしては悪くなかった。最初に失点しましたが、その後はしっかり、自分たちが相手を崩して、点を取った。そこまでは良かった。肝心なところ、自分たちの優位な位置にいながら、自分たちで崩れてしまった。一人ずつがもう一度、自覚しながらしっかりやっていってもらいたいと思った試合。

Q.DFラインに和泉選手またCBにシミッチ選手の起用についてとその評価は?
 
いつも言う通り、個人の評価はしません。彼を後ろに置くことでゲームを優位に進めたいということがありました。ただ実際、少しミスをしてしまいました。あれはポジションという話ではないので、しっかりまたやってくれると思います。和泉に関してはサイドから攻めるための起用でしたが、うちのサイドバックの定義は違うものですし、自分たちがそういうところでしっかり押し切るという意味で必要でした。そういう意味で、和泉はしっかりやってくれた
 
Q.得点が取れない試合が続く中での3得点 今後につながる?
 
点を取った形は、すごくきれいに、自分たちがリードして相手を動かしながら、しっかりと崩せた。ここを突けばこうなるということを選手が忠実にやり、しかもフリーで相手から外れてくれた。これはやり続けるべきこと、いつでもできるようにしておくべきこと。ですけど、ゲームの中で自分たちがいつも言っている「水を漏らさない」というゲームコントロールを選手一人ひとりが自覚を持ってやっていけば、今日のゴールというものも、もっともっと意味のあるものになっていくのではないか

神戸戦後 選手コメント 

ネット選手「相手の努力が勝った」

 
明治安田生命J1リーグ第17節 神戸戦後 選手コメント①
(INSIDE GRAMPUS) ネット、相馬選手
(一部公開:ネット選手)

勝ち点を持ち帰ることができた試合だった
とチャンスが多くつくれた試合に対しては手応えを感じているようですが、だからこそ「残念な結果」という気持ちを語っています
ただ名古屋と相手との違いとして「決めるべきところでしっかりと決めてきた」というところ。しっかりと自分達のやり方を共有し徹底したことに対して「相手の努力が勝った」と素直に負けを認めているようです。

トップ下であり、ボランチでもある
というイメージで「いつも通りしっかりと守備をして攻撃へ移る」ことを意識したプレーだったとのこと。そういった中で攻撃については「サイドを攻めるより、中央からチャンスを作れる」と中央での崩しにこだわったところについて言及。それにより単調、上手くいかなったことに対して「自分たちが最善を尽くした結果」だといっています
 
非常に悔しい
この試合での5失点についてはボランチとしてかなり悔しいことで、「全員で」何とかしていく必要性があると言っています。
 
故障から復帰したネット選手がようやくJリーグに戻ってきてくれました。ネット選手の能力や特徴は川崎や昨年のプレーからわかってはいましたので、その独特なリズムでのボールキープや一瞬のひらめき、決定的な縦パスは健在でした。ただまだ体が重たそうにみえ、コンディションや昨年から変わったチームへのフィットはまだこれからというところでしょうか。 ただこれまでも歩く場面も多く見られたので、そういうものなのかなぁとも思いますが。。
先ほど書いた攻撃面はらしいプレーが見られましたが、もう少し守備面での貢献が見れないと失点は止められないような気がしたのも事実です

和泉選手「サッカーの根本をもう一度見直す」

明治安田生命J1リーグ第17節 神戸戦後 選手コメント②
(INSIDE GRMPUS) 和泉・前田・米本選手
(一部公開:和泉選手)

満足できる試合ではありませんでした
今シーズンは全ての試合で吉田選手が入っていた左サイドバックでのプレーについて、攻撃面ではこれまでど変わることは無かったかと思いますが、「守備では隣がジョアン(シミッチ)で、お互いにいつもと違う位置での出場」と守備面ではシミッチ選手と共に不慣れなところは否めなかったはずです。「練習からお互いに声を掛けながらやろうと」していたにも関わらず5失点とかなり悔しい結果となってしまいました。

集中しきれていなかったと感じています
大量失点について 失点シーンを「PKは審判が判断するところです。(宮原)和也のところは仕方がないと思います。2回目はジョアンのミスからだった」と改善課題として振り返り、また相手の攻撃に対しては「相手のロングボールへの対応と、競った後のセカンドボールへの意識が少し足りなかった」選手が変わった難しい状況ではあったとしながらも「しっかり声を掛け合ってやらないといけなかった」と全体としての対応ができなかった守備面での反省を語っています。

ウェリントン選手を狙って徹底してロングボールを多様する相手に対して「セカンドボールだったり、2列目から上がってくる選手だったりを拾わないといけませんでした。戻る時は戻らないといけません」と攻撃重視のスタイルの中でも「やるべきことはやらないと」「距離感も含めて、例えば行かないなら行かないでコンパクトにするなりの対応が必要だった」「試合を通して修正できなかったというか、うまくできなかった部分」と具体的にと失点の原因について言及をしています。 
 
自分の良さはどんどん前に行く部分
守備面については反省のコメントが多かったですが攻撃については前半から手応えがあったようで「相手の守備は中を締めていたので、外は空いていました。そこをうまく使っていければ、中も空いてくる」「前半から攻撃の部分では、点を取れていなかったですけど、悪くなかった」という状況だったようです。また複数得点ができたことや、後ろの選手が前に絡んで得点を取れている点については 攻撃がよくなってきてきていて「全員が狙っているので、もっと攻撃は良くなっていくと思います」と自信を深めている様子。
 
「自分たちがやることと相手がやっていることをしっかり見極めて相手を見たプレーも大事になる」
「一人ひとりが判断するところも、チームとして合わせていくところも重要」
今後以上のところも重要になると言い、監督の「自分達のサッカー」「相手は関係ない」という所とは違うところもありますが、自分達がプレーをして感じるところなのでしょう。

根本を見つめ直す
調子を落としているリーグ戦で勝てていないチーム状況については サッカーの根本としての、「自分たちが得点を取って、相手に得点を奪わせない」という部分をもう一度見直し、どのようにして「自分たちが得点するチャンスを作って相手に得点させないように守る」のかチームとしても個人としても見つめ直す必要があるとコメントしています。
「やることは決まっているので準備をする」「苦しい中でもチームが良くなっていくために、一人ひとりが前向きにやっていきたいと思います」と上昇に向けての決意を語ってくれています
 
グランパスの苦しい時からクラブと共に成長してきた和泉選手です。ゴールという結果もそうですし、プレーからは安定間や逞しさを感じます。またコメントでもこれまでの経験や実績からくる自信というものも感じることもできます。しっかりと課題や改善点、逆によくなっているところも具体的に見えているようですので、中心選手としてチームに良い影響を与える存在になって欲しいですね。 風間塾も3年目。一番の理解者であることに加え 現実の状況を見据えたプレーでチームを牽引していって欲しいです。

他 選手コメント

【前田選手】
「攻めきれてないがために速攻を受けることになった」
 
【中谷選手】
「後ろがしっかり耐えたかった」
 
【ネット選手】
「誰かが、と指を指すのではなく、今は全体として良くならなければいけない時です」

相手監督・選手コメントから振り返る神戸戦 

対名古屋

神戸 トルステン・フィンク監督 コメント
「ファンタスティックな試合だった」
「行ったり来たりの展開で、我々が点を取り、相手も点を取ったが、最後は勝利できて嬉しい」
「両チームともに素晴らしい攻撃を見せ、私たちも諦めない気持ちを出せた試合でした」
「このチームには何人もリーダーがいるので、彼らがファイティングスピリットを見せてくれた」
「センタリングを上げさせないように早くプレスすること、また今日の試合に関してはジョーという素晴らしいストライカーがいて、縦パスがピンポイントに入ってきた」
「守備ではいくつかのミスがあったと思いますが、最終的に相手より得点を多く取れば勝点3は私たちのものになるので、そこが今日のポイント」

ビジャ選手
「本当にクレイジーな展開の試合でした。両チームのディフェンス陣よりフォワード陣の方がいい働きができた試合だったと思います。最終的には我々の方が決定力を発揮できたことが、勝ち切れた要因だと思います」

イニエスタ選手
「本当に難しい試合で相手も素晴らしかったけど、チームとして大きな努力をして、ホームのファンの前で良い試合をしたいという気持ちがあったから、本当に満足している」

山口選手
「少なくとも1‐0で守り切るチームではないので、その分打ち合いにはなったかもしれないです」
「1点目は真ん中を使われていい感じに崩されてしまいましたが、2点目3点目は防げたと思いますし、すごくもったいなかった」

小川選手
「相手もすごいクオリティーが高くて、終盤に差し掛かる時間帯で、ああやって失点してしまって自分たちを追い詰めてしまったのですが、そこからのクオリティーはチームとしての成長を見せられた」
「守備のところで相手がバイタルを使ってくるので、ボールに行くなら思い切って行って、サイドにも当たって行けと指示がありました」
「最初は裏を狙おうとしていたのですが、相手の選手が結構食いついて来ているように見えたので、ゴール前へのトラップではがせるなと思って、前に蹴りだしたら滑ってくれた」

※攻め合いの試合展開で「勝ちきった」というところでしょうか。グランパスの攻撃力を理解下上で戦い方をチームで徹底したことが勝敗を決めたのではないでしょうか。またビジャ選手のコメントにある「決定力」ですね。ただ守備への反省点も出てきていますので、裏を返せば苦しめたと考えてもいいのでしょうか?

 
スポンサーリンク

神戸戦後 レビュー記事

はでな試合展開と スターの活躍で神戸賞賛の記事がならびましたが、今回は仕方ないでしょう

 

 


※「inside grampus」「赤鯱新報」は一部を除き会員記事です。(無料記事のみ(ひとこと)を書いています) 興味深い記事がほぼ毎日アップされますので 会員登録してチェックして下さいね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました