【試合レポート】2019.6.30 ヴィッセル神戸戦 3つのゴール5つの失点 上昇の兆しか?崩壊の始まりか?

試合レポート
こりもです

Jリーグ第17節 ヴィッセル神戸戦  3-5 LOSE   J1の順位も8位と下がりました。
ファミリーの皆さんどうでしたでか? スタメンを見たときからムズムズしていましたが、何と言う試合だったのでしょう。久しぶりにDAZNを見ながら大声を出し、パソコンを投げ出しそうになってしまいました。何がどうとか良くわかりません。 試合前のコメントではやるべきことは最後の段階「仕留めること」だといっていたはずですが、ここまでチームが変わってしまうと何がなんだかっていう感じでした。
こんな感じは私だけでしょうか? 基本的には前向きに応援をするタイプなのですが、選手起用、審判の判定など 今日は全く整理が付かない感じです。乱文になりましたらお許し下さい
 
今回も試合の雑感をまとめます。 
スポンサーリンク

神戸戦 リーグ前半最後の試合 勝利で流れを変えれるか 

試合前

この頃は気分が曇りがちな試合が続いています。このところずっと「決めきる」というのが課題として続いていますが、”そろそろ”という期待を持って試合を待つしかないですね。
順位もとうとう7位 中位が見えてきています。昨年のようなジェットコースターのようにならないよう、ここで巻き返しのきっかけがほしいところですね。

その中でも前田選手が元気になってきています。相馬選手も代表で自信を深めて勢いがあるでしょう。ゴールと勝利でチームの雰囲気を一転させて欲しいです。補強の話もでてきていますが、こういった状況で新たなヒーローが出てきてくれるのがチームとして一番いいのですが。。
兎に角 グランパスの試合は楽しみでしかないです。 もう少しでキックオフ 今日も楽しみましょう

◆風間監督 神戸戦前インタビュー「ゴールに結びつける作業」、選手コメント

そろそろ試合開始。楽しみます。

試合前情報

(スタメン)「StartingEleven」
フォーメーション 4-4-2
(2トップ)ジョー選手、アーリア選手
(中盤)左:前田選手 右:シャビエル選手
  ボランチ:米本選手 ネット選手
(DF)左:和泉選手 CBシミッチ選手、中谷選手、右:宮原選手
(GK) ランゲラック選手

(ベンチ)
杉森 吉田 金井 小林 相馬 千葉 武田

※前回から大幅な変更が入っています。
変更は前線に前田選手が入りました。ゴールの臭いが今一番するのは前田選手ですからやっとスタメン復帰という感じですが、シャビエル選手と左右どうバランスをとるのでしょうか。またこの頃のシャビエル選手の調子が少し気になります。 左がシャビエル、右に前田というポジションでしょうか

またなんとこれまでフル出場の吉田選手がはずれ 左サイドには和泉選手。和泉選手が出来ることはわかっては居ますが、吉田選手は前節でも途中交替の雰囲気もありましたし、少しコンディションは良くないのでしょうか。心配です。
丸山選手がルヴァンで腰を痛めたようで変わりにDF登録としてシミッチ選手、ボランチにネット選手が入っています。櫛引選手や千葉選手ではなくシミッチ選手とは意外です。経験ってありました?
ネット選手・シミッチ選手・米本選手の共存はどんな感じでしょう。見てみないとわからないですね。

ベンチの変更点は 赤崎選手→杉森選手(これは日替わりみたいくなっています) 櫛引選手 → 千葉選手  丸山選手 → 金井選手といったところでしょうか。 かなり選手を変えてきています。
どう化学反応を起こすのか楽しみですが、丸山選手(キャプテン)の不在ははたして大丈夫なんでしょうか?

(注目点)
丸山不在のDFライン
アウェーで勝利(全然勝ててません)
複数得点はできるのか
新しい布陣(ブラジルカルテット)

(スタジアム)
ノエビアスタジアム神戸
観客数:22,123人
天候:晴 (25.9℃)
審判:山本雄大(気になる)

(相手要注意選手)
ビジャ選手
イニエスタ選手
古橋選手
ウェリントン選手

【試合前監督コメント】

風間監督
Q.勝ちが無い中で選手達に何を強調したか?
 「全体としては悪くない。最後の仕留めるところ、特に最初の大きいチャンスが何度もきている。そこをしっかり決めたい」
Q.ネット選手に期待するところは?
 「後ろからのビルドアップ。リズムをつくれるのでそこを期待している」
Q.神戸に対しての印象は
 「質の高い選手がたくさんいる。ただいつも言っているとおり自分達がどれだけできるか、そこで全てがきまる。そこのところを集中したい」
スポンサーリンク

【試合展開】(前半)

 ●(名古屋) ●(神戸)

(前半)

右サイドにシャビエル選手 左サイドは前田選手のようです
1分 ビルドアップ時にひっかけられ古橋選手にミドルを打たれる。 
2分 オフサイドになるが、イニエスタ選手からのビジャ選手のラストパスは怖い(要注意) 
4分 ジョー選手の遠目から強烈左足シュート。惜しくもセーブされる

それぞれ中盤での主導権争いがすづく その中で両者遠めからシュートを放つ

6分 ジョー選手のポストプレーからアーリア選手が遠目からシュート。 ちから無くGK正面。
8分 背後のボールでビジャ選手を狙われるがわずかにオフサイド
9分 和泉選手、アーリア選手、前田選手とトライアングルで綺麗にパスを通し前田選手がゴール? 惜しくもオフサイドの判定。オンサイドでは? 微妙なところです
ウェリントン選手の前線での高さと強さは注意です。シミッチ選手では厳しい?
ダンクレー選手からビジャ選手狙いで長いボールが出始めています。ビジャ選手の反応も良いです
12分 独特なリズムでスルスルとネット選手が上がっていきジョー選手へ。 惜しくもシュートは相手にブロックされる
13分 サイド攻撃から左、右サイドと振られイニエスタ選手がスルーパス。クロスにビジャ選手シュート。何とかブロックできる。イニエスタ選手が違いを見せる
かなり前からプレスを掛けられる シミッチ選手もビルドアップ時にパス先を探す場面も
17分 シャビエル選手、前田選手サイド交替
センターライン付近でもかなり厳しくプレッシャーを受ける
18分 山口選手から速い縦パスがボール前に。 オフサイドではあるが危ないシーン
19分 またも速い縦パスからサイドに展開されて速いクロス。ギリギリクリア
21分 強いあたりでプレースピードが上がらない
22分 右サイドから左サイドに展開。 米本選手からジョー選手にクロスを上げ、落としたところを前田選手がゴールを狙うが、相手に当たる
23分 前田選手 得意のプレー。右サイドから中央にカットイン。左足でシュートをうつもこれも相手に当たりマウスを外れる
25分 ネット選手から前田選手に前線への長いパス。収まればチャンスの場面

 失点 ビジャ選手
ビジャ選手にサイドと中谷選手の間を抜かれ カバーに入ったシミッチ選手と1対1に。ゴール前でフェイントを入れられシミッチ選手がバランスを崩したところを、浮き球でコントロールシュート。相手を褒めるべきか、みごとなゴールを決められる

神戸のプレスが速く強く、そのプレッシャーに勝てていない
持ち味でもあるがネット選手のスピード感が気になる
ペナの近くまで運んでも中々シュートが打てない状況が続く
37分 ネット選手から浮き球で前田選手へ。前田選手が深くまでえぐってクロス。ボールがマイナス気味に入りジョー選手触れず。逆サイドまで流れるが触れば一点の場面。
ジョー選手の反応(ワンタッチゴール)も今シーズンはあまり見られず気になるところ
グランパスの押している時間。 1点ほしい展開・時間帯
40分 イニエスタ選手からビジャ選手へスルーパス。 通らずも危ないシーン
43分 GKからのロングボールをウェリントン選手が競り勝ち シミッチ選手と中谷の間でビジャ選手に拾われ決定機をつくられる。ゴール左に外れる。

(前半終了)

(前半まとめ)

0-1 ビハインドで前半終了。
またもや先取点を与えての試合展開となってしまいました。
前半の入りから ジョー選手のポストが効いていると早い展開ができチャンスを作ることができていたが、今日も中々決めきれない状況。

相手のプレスが厳しく速くなると、パスの出し先を探しスピードダウンする場面も多く見られる。
ネット選手のリズムとパスセンスは光るところもあるが、中盤でのスピード、運動量が気にになる(良く見られるプレーの間で歩いてしまう場面が多い)
効果的な縦パスが入っても大事なときにもたつく場面も。ボールがきてから足元もたつくシーンが特にゴール近くでは見られることからも、ゴールではなくパスを受ける、出すと意識が高すぎるように思える。

前半の点差はストライカーの違いを見せつけられた。ビジャ選手のスプリント、ウェリントン選手の強さに加え 常にゴールを狙っている姿勢がこの点差に表れた。そういった意味ではジョー選手の相方としてゴールへの意識の高い前田選手が最適では。。

シミッチ選手の失点シーンはビジャをほめるべきか。本職ではないシミッチ選手を中谷がDFリーダーとしてしっかりとフォローしてほしい所です。

展開としてはまた名古屋対策にはまっている。堅い守備 → 真ん中をしっかり固める → カウンター(
ビジャ、イニエスタと高い精度でのカウンター) に対して個人の技術で本当に打開できるのか?

(数値)
シュート数は9本(神戸5本)、支配率(59%
パス数では相手のほぼ倍ファール 7-4
スポンサーリンク

【試合展開】(後半)

選手交替なしで後半開始

左サイドにシャビエル選手 右サイドに前田選手の布陣
47分 こう着状態 共に中盤でのボールの取りあいが続く
シャビエル選手のボールロストが気になる。プレスを掛けられるとフィジカル弱さでボールを失う。
49分 ペナ前で米本選手がパス先を探しているところを後ろからビジャ選手にボールを奪取され、一気にゴール前まで攻められる。判断スピードが遅すぎる。 何が原因なのか?
ゴール前までパスをつないで近づいても、相手が固めた真ん中に放り込んで、ブロックされカウンターをくらう場面が続く。待ち構えているところに放り込む為 決定機にならず、反撃のリスクも高い
55分 左サイドからアーリア選手の攻め上がり。真ん中のジョー選手に渡るもまたファールでブロックされる。
ペナ少し外からFK キッカーはシャビエル選手。壁にあたりまたカウンターのきっかけに
またもイニエスタ選手からビジャ選手へ質の高いロングパス。危ない状況をつくられる

 ゴール  和泉選手
58分 ネット選手からゴール前のジョー選手に絶妙な縦パスが入る。キープをし左にいた和泉選手にパス。ニアサイド狭い所にに左足で流し込む。きれいに崩せたゴール

 失点   イニエスタ選手
62分 右サイドからゴール前のビジャ選手めがけてシンプルにクロスを上げられランゲラック選手がパンチング。そのボールが真正面 ペナ外でイニエスタ選手に拾われ見事なミドルを決められる

63分 またゴール前に一本パスを通される。ランゲラック選手が前に出てクリアするも、ランゲラック選手のDFとのスペースへの反応は以前から気になるところ
64分 前田選手(OUT)→相馬選手(IN) シャビエル選手じゃないのか?

 ゴール  宮原選手
66分 早速 相馬選手が左サイドを攻め上がり、ペナ前の米本選手とパス交換からのシュート。相手DFとGKのミスでボールがこぼれゴール前につめていた宮原選手が見逃さず押し込む。シュートを打てば何かが起こるという典型です

67分 米本選手がイニエスタ選手に寄せるがそのテクニックでボール奪えず、そのイニエスタ選手からゴール前にスルーパスが通る。宮原選手が体を入れて対応したように見えたがPKの判定。少し納得できない判定。これでPKとられたらDFは何も出来ない

 失点  イニエスタ選手
69分 イニエスタ選手にPKをなんなく決められる

70分 アーリア選手(OUT) → 吉田選手(OUT)
74分 相馬選手がドリブルで中に切れ込み強烈なミドルシュートを放つもキーパーの好セーブに阻まれる

 ゴール  中谷選手
76分 相馬選手がのドリブルで仕掛けシュート(クロス) 相手に当たったこぼれ球をジョー選手が頭で落としゴール前につめていた中谷選手が頭で押し込む。クロスバーにあたりながらもわずかにゴールラインを越える
 
78分 シミッチ選手がが最終ラインで持ちすぎウェリントン選手にプレスをかけられビジャ選手に渡る。この決定機にランゲラック選手が前にでて防ごうとするも足をかけたということでPKの判定

 失点  ビジャ選手
79分 落ち着いてPKをビジャ選手に決められる

ここまで相手ストライカーに決められるとジョー選手もいい加減決めて欲しいと思い出しますね
83分 和泉選手(OUT) → 金井選手(IN)  相馬選手が右サイドに回る
84分 左サイド吉田選手から 右サイドの相馬選手に渡り、ゴール前のジョー選手にパスをつなぐが相手を背負いポストプレーからのパスはミスに終わる

 失点  小川選手
86分 センターライン左サイドの西選手からのパスをシミッチ選手が滑ってかわされ一気にドリブルで運ばれ、中谷選手もしっかりついて対応するが、ニアに強烈なシュートを浴びゴールに突き刺さる。もう訳がわからない状況

89分 ゴール前の混戦から金井選手が強烈シュートを放つも、GKの好セーブにあう
AT 5分
ネット選手からジョー選手にいいパスが入るもコントロールできずCKへ。 シャビエル選手のコーナーキックは全く可能性を感じない。もういい加減何か対策を講じて欲しい。
シャビエル選手のプレーが全く通用していないように感じる。厳しいのではないか
相馬選手が一人で仕掛けている状況

(試合終了)

(後半まとめ)

支配率:60%(前半から+1p)、シュート:22本(前半から+13本) 枠内16本
被シュート:9本(前半から+4本) 枠内9本
パス数:668ー322、  パス成功率:(87%-78%)
ファウル:11-19
走行距離:104.7km(名)ー107.1km(神)  スプリント:132(名)ー141(神)

※このスコアの通り、もう訳のわからない展開になってしまいました。得点ができたことはプラスですが、審判の謎判定もありましたが、本当にJ2時代に戻ったような試合展開でした。完全に名古屋対策をされ全く同じ展開でピンチを招きその流れを変えられることはできなかった。プレースピードも上がらず、判断の遅さからボールを奪われる場面もあり、またペナの中でのアイデアも無く奪われてカウンターの繰り返しとなる。 相馬選手が入ってからはその積極性でゴールを生むこともできたが、監督の言う完全に崩してというよりは 偶然性から生まれたゴールであったかと思います。
振り返ろうにも何がどうだという前に整理できない。このまま崩れていくのか、再び立て直すのか正直見えない状況ですね。
スポンサーリンク

試合を終えて

インタビュー

風間監督
Q.激しい試合展開。振り返って
「全体的には悪くなかった。失点の部分のミスは悔やまれる」
Q.先制され3点追いついたところは評価できる?
「ペナの中を完全に崩しきりましたのでそういうところはすごくよかった」
Q.リーグ戦の前半が終了 後半に向けての意気込み
「仕留めること、水を漏らさないことが全てだと思います」
 

試合後まとめ

※ここまで乱れた試合展開だと「雑感」といっても難しいですね。3得点にも関わらずどうしてもネガティブな内容になってしまいます。

守備面

DFラインはいつも通り高いラインを保ちシミッチ選手・和泉選手を加えたより攻撃重視での布陣で挑む形となったが、結果として相手能力の高い選手に対応することはできなかった。やはり急造のDFラインではカバーリングやラインコントロール等 連携も含め難しく、表面上はシミッチ選手のミスとしてとらえられるかと思いますが、大量失点はボランチも含めた後ろ全体の問題ではないでしょうか。また前線でのボールの取られ方やプレスの掛け方も含めるとチーム全体が招いた結果としか言いようがありません。
ビジャ選手・ウェリントン選手と優れたスピードや決定力、強さをもった相手に対して、またイニエスタ選手のような優れたパスの出してに対しては個人で勝つことは出来ず、尚更チーム全体での共通の守備戦術が欲しかった。

攻撃面

ジョー選手のコンディションもあがってきており攻撃の中心にはなったが、どのチームもジョー選手へのマークの徹底は最重要事項として当たってきています。そういった場面でもポストプレーで溜めを作り、パスの基点としても動けています。ただそういった状況によりフィニッシャーとしての役割は難しくそれに変わる選手が最前線では必要になっている。 アーリア選手はトップ下で前目での中継点として効果的ではあるが、得点源ではない。またシャビエル選手のプレーについても物足りなさを感じる状況は続いています。「仕留める」という大きな課題の中 ゴールへの意欲を見せるのは前田選手と途中交替ではいった相馬選手だけではなかったでしょうか。
またボランチに入ったネット選手については 時折見せる縦パスには得点の可能性を感じさせるものはあり、さすがのプレーも見られましたが、試合中にも波が見られるのも今節ではみられました。

あくまで中央を崩しきってのゴールをつきつめていく風間サッカーですが、相手は割り切って完全に中央を固めての対応ですからやり易いはずです。状況に応じてのスピードやスペース(場所)をつかった攻撃がないと現実的には得点・勝利というのは難しいような気がします。

選手起用

まず シミッチ選手のCBは最終ラインからのビルドアップ・組み立てを重視しての起用だとは思いますが結果的に急造では難しかった。ラインコントロールやカバーリング、GKや他DF陣との連携を考えると本職の千葉・櫛引選手ではダメだったのか疑問が残るところです。

明らかに調子を落としているシャビエル選手の起用は?が残る。前線での変化やつなぎでそのテクニックを期待してのことでしょうが、ボールキープ、パス、ドリブル、シュートと以前のパフォーマンスが見れない試合が続いている中、前田選手に加え相馬選手のスタメン起用は難しいのか?

ネット選手のテクニック(リズムやパスセンス)は光るものはあるがコンディションやこれまでのチームの
動きに早くもマッチできるほどになっているのか?
 
選手交替についても前田選手を早々に交代させた場面については 相馬選手で違いを出すためにもアーリア選手ではなかったか? またネット選手の運動量やコンディションを考慮し、DFの安定を考えればベンチの千葉選手投入という選択はなかったのか?

ポジションに関係なく個人技術(テクニック)を重視したセンス起用でこれからどこまで通用するのか、やはりこのやり方だと補強ありきなのか?
丸山選手の故障で大きくスタメンも変わったが、控えの選手達のモチベーションも気になるところ。

(お願い)
・セットプレー(CK)からの得点パターンを!
・前線の組み合わせと、控え選手の底上げ
 
 

 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました