◆風間監督 神戸戦前インタビュー「ゴールに結びつける作業」、選手コメント

試合プレビュー
こりもです

過密日程でのリーグ戦。選手は厳しいでしょう。リーグ戦・ルヴァンとあまりスタメンも変えてはいませんので、ルヴァンで負傷?した丸山選手を始め選手のコンディションが気になりますね。どういった選手起用でいくのでしょうか。また中々調子が上がらない中での連戦も心配です。頭の整理も難しいでしょうから、今回選手たちのコメントになるように、実戦で「勝利」することが一番の特効薬になるのでしょう。
大切な一戦です(このごろ毎回言っていますが。。) 昨年もしっかりダブル食らわされましたので、絶対リベンジです。

監督・選手のコメント、神戸戦の注目データなどまとめます。

スポンサーリンク

風間監督神戸戦前 「ゴールに結びつける作業をするだけ」

我々がどうしても思ってしまう「同じ攻撃。一辺倒な攻撃」と言う点についてスバット聞いてくれている興味深いインタビューになっています。

その中で、「得点」について熱く?語ってくれています。風間監督の中では「全ては上手く行っている。他チームを上回っている」としながらもあとは「得点だけ」ということになっているのでしょう。コメントでもこれまでより選手や技術について細かく語ってくれています。またこれまでのチームの成長ややってきたことに間違いは無いということなのでしょう。印象的な言葉として「そういう段階」という言葉を使っています。

また一見「一辺倒」に見える攻撃についても「目の錯覚」と言い切っています。ボールを追ってみていること、点を決めることができていない状況がそうさせていると。「更にうまく早くなっている」状況をわからせてくれる為に「点に結びつける作業」をするだけなんだということです。監督と見えているところは違うと思いますが、是非我々にもわかるような「得点」期待しています。

(一部抜粋)

Q.連戦の中で、チームの状態は?

最大を尽くしている。悪い感じはしない。

Q.選手起用はコンディションを考慮して?

もちろんです。逆にこういう時がチャンスというか、いろいろなトライをしていく時期だ。楽しみでもあります。

Q.丸山選手の状態は?

そこまでひどくはないと思います。あとは彼次第。無理をさせるつもりはない。

Q.選手達が力を出し切れて居ないこの頃の試合結果?

俺たちは数字を気にしないチームだけど、実際に数字が出ている。あとはなにかと言うと得点するかどうかです。チャンスを作りながら、自分たちを苦しめているだけ。このチームは「1本決めればいい」というチームではありません。しっかり決めなくてはいけない。技術がブレてしまうこともある中で、もちろん狙い続けるんだけども、練習の中でどれだけ得点の重みを感じられるか、その中で平然とシュートを打てるか、そういう時期に来ている。どことやってもほとんどの数字で上回ることができてしまう。シュートもそうで、ただ打っているわけではなく、決定機もある。そういう中で決めていかないといけません。個人の質を上げていくためには、練習の中でのプレッシャーも大事になってきます。3本しかチャンスがないのであれば……まあ試合で3本もあれば十分なんだけどね。練習の中でしっかり決められるように、磨いていかないといけません。それが一番大きなポイント。

Q.「練習ではやれているのに」と思うことは?

結局、試合では同じようなシチュエーションが起こる。そこで思ったように打てていない。「この高さには打つな」と言ったところに打ってしまう。そういうことがすごく多い。自分たちが1本に重みを感じながら打つこと、それがすごく大事なことです。1点を取れるかどうかで、相手のダメージは大きく変わってきますから。決めるところを決めてしまえば、成長も変わってきます。先を打開するのは1本のシュート、1本の最後のパスでしかありません。そこまでは来ていると思います。そこのチャンスがどれだけあるか。必ず相手よりもあるし、そのチャンスも先にあるわけですから、そこでしっかりと決めること。まずは一つの壁を破って90分をやらなくてはいけない。そうなっていないわけではなくて、なっているわけだから。あとはなにをするかということです。そこをやってもらえばいいだけです。個人の質ということになるわけですから、全員でアプローチをしながら、明確にやっていかなくてはいけません。

Q.勝利で雰囲気も変わる?

もちろんそうなんだけど、90分の戦い方はほとんど思ったようにできている。ただ、得点に関しては思ったようにできていない。そこ以外はいい。そういう状況にあった選手がなかなかいなくて、常に俺たちは初めての状況に挑んでいるわけです。慌てることはないですけど、そこを改善していかなければもったいないですよね。この前だって、本当は楽にできました。その前もそう。俺たちが強がって言っているわけではないですよね。決める人というのがどれだけ重要か。「全員がストライカー」と言えば、ストライカーの技術をつけなければいけない。そこが直面しているところであり、みんなで改善しようとしているところです。簡単ではないと思いますけど、慌てる必要もないと思っています。できないことではないですから、普通にやってもらいたい。

監督の気が弱いところが選手に移っているのかな?(笑)

Q.チームがその段階に来たからこそ出てきた課題?

そうですね。今まではシュート数が少なかったけど、多くなってきた。相手にも決定機はあるけど、ペナ(ルティーエリア)の中ではほとんど打っていない。俺たちはそこまでしっかりと運べている。キーパーに入るということはコースがあるということ。ということは、自分たちのミスでしかない。そういうところです。現象を捉えるのはすごく難しいようで簡単です。シュートを思ったところに蹴れているかどうか。そこが一番大きなところ。

Q.もっと自由に攻撃してもいいのでは? 同じところを突いているのでは?

それは目の錯覚。なにを見ているかですよ。ボールを追いかけているから、そういうふうに見える。例えば清水戦の(ガブリエル)シャビ(エル)が外したところなんて、ほかのチームでは絶対に見られないような速さでしたよね。ああいうのに皆さんが慣れてしまったというか、そういうふうに見ているだけで、実際には見えていないと思います。だからいいんですよ。皆さんが見れることに「ああ、そうだね」と思ったら、俺が終わる時だから(笑)。そのぐらい変化しているということですけど、それは1点を入れてみて初めて気づくわけです。皆さんに気づかせるためには俺たちが体現しなくてはいけない。「惜しい」ではわからないんです。入ったとしたら、「なにが起こったんだ」って家に帰ってまた見るじゃないですか。そういう意味では、チームの速さもうまさも増している。ただ、皆さんがわかるように表現するためにはゴールに結びつけなければいけない。そこの段階には来ている。

Q.7月はキャンプは実施せず、トヨスポで練習?

それは先の話。選手を見ながら、いろいろなことをやりながら(決める)。最初から予定が組めるわけではないので。まあすごく空いていれば別ですけど、そこまで空いているわけではないので。それに、これだけ環境もそろっているから問題はありません。大事なことはできることをよりできるように、できないことをできるようにということ2つの技術を徹底的に突き詰めていく必要があります。「同じようなことをやっているように見えている」というのは点を取っていないからです。取っていれば、皆さんの見方も変わると思います。そこからは皆さんがもう一度見直さなければいけなくなります。彼らはそういうものを持っているわけだから、もったいないですよね。それをグラウンドの中で見せる。お客さんたちが喜んで帰らないといけないわけだから、ゴールに結びつける作業をするだけです。数字を見れば、シュートを打っているし、決定機も作っている。自分たちは入れていないことについて見つめなければいけない。ゴールまではいっているわけですから。そこで取り続ければ、また違った速さと形が生まれてくる。そこだけだと思います。

 

(参考記事)
明治安田生命J1リーグ第17節 神戸戦 前々日監督会見 (INSIDE GRAMPUS)

インサイド・グランパス
「INSIDE GRAMPUS (インサイド・グランパス)」は、名古屋グランパス自らの手で、クラブのINSIDEからチームや選手、クラブの情報を、ファン・サポーターの皆さんへ届けます。

 


スポンサーリンク

神戸戦前選手コメント

宮原選手:勝つことが自信になる

コンディションについて

過密日程に加え、厳しいトレーニングありコンディション調整は非常に重要になってきます。またこの時期の気候の問題もあり、「しんどいとは思いますけど、変なミスをして自分たちを苦しめないようにしたい」と厳しい状況としながら、勝ち点3と優位に試合を進められるよう点を決める重要性を語っています

得点できない状況について

「それが難しいところでもあるんですけど」と言いながらも、監督や他の選手同様「チャンスは作れているので、あとは決めるだけです」とやっていることは正しく課題は明確にしているようです。
そういった中でもこの頃の積極的な攻撃参加については「ペナにタイミング良く入れていることもある。あとは合わせていくだけ」とまた自身が点を取ることで「また成長できる」と自ら積極的に点を取りに行く姿勢を見せてくれています。だからこそ他の選手からもボールがでてくる状況にもなっているのでしょう。「自分も要求していて、それを見てくれているのは大きいと」他選手との連動についても手応えがでてきているようです。出来れば自分で積極的に打開していくプレーが見れるとさらに幅が広がると思うのですが。

神戸戦に向けて

やはりビジャやイニエスタなどの個人能力の高い選手を有するチームですので、「チームとして闘って、そこで上回れればいい。勝ちたい」とのコメント。またそのビジャ選手に対しては「縦にも中にもいける選手なので、フリーでボールを持たせないことが大事になる。相手にしっかりと寄せていきたい」と得意な守備面での貢献も期待したいです。

「勝てない状況が続いていますけど、勝つことが自信になると思うので、勝ち点3を取れるようにやっていきたい」と勝ててない状況を打破するためにもしっかり勝つことが必要だと語っています


(参考記事)6/28(金)トレーニング後コメント (INSIDE GRAMPUS)

インサイド・グランパス
「INSIDE GRAMPUS (インサイド・グランパス)」は、名古屋グランパス自らの手で、クラブのINSIDEからチームや選手、クラブの情報を、ファン・サポーターの皆さんへ届けます。

(会員限定)宮原・アーリア・前田選手 (一部公開:宮原選手より)


ジョー選手:1つの勝利でチームは変わる

怪我をしたノエビアスタジアムでの一戦。 ジョー選手の故障からグランパスの攻撃陣の課題やジョー選手の存在の大きさが明らかになった訳ですが、復帰から2戦で序如にコンディションも上げてきています。前節では前線で体を張ったボールキープや相手DFとの競り合い、見方とのパス交換においても状態が良くなってきているのは見てわかりました。

ただやはりチームの勝利とFWとしてゴールという結果がジョー選手には求められます。
そんなジョー選手がこの神戸戦に向けて「今の状態は100%に近い。1つの勝利でチームの雰囲気は変わるし、全ての選手が自信を取り戻せる。流れも変わる」と自信の調子の良さと やはり勝利の重要性についてコメントをしています。「自信を失った時こそシンプルに。怖がると成長しない」と先日の選手同士の「青空ミーティング」でも他選手に訴えるなど 副キャプテンとしてチームの柱(中心)としての存在は大きい。 ジョー選手の完全復活と「夏の覚醒」を待っています!

◆6戦ぶり白星へジョー100% 勝利1つで雰囲気変わる(中スポ)

お探しのページが見つかりませんでした。| 中日新聞Web
中日新聞の総合ニュースサイト。東海地方・中部地方のニュースと生活情報を中心に、様々な地域情報を提供します。

 


他 神戸戦に向けたコメント

ジョー選手「大切なのは冷静になること、そして自信を失わないこと」「シンプルにプレーすべきだと思います」

マテウス選手「狙えるところからは狙っていきたい」

中谷選手「いろいろな状況はありますけど、後ろはまずしっかりゼロで抑えたい」

ランゲラック選手「良い勝利がパチン、と切り替えるスイッチになってくれれば」

スポンサーリンク

名古屋・神戸 試合前注目データ

名古屋・神戸戦績データ

・リーグ直近6試合 名古屋2勝:神戸4勝
●2018/11  @豊スタ    名古屋 1 – 2 神戸 
●2018/ 4 @ノエスタ 名古屋 0 – 4 神戸
●2016/10  @ノエスタ 名古屋 0 – 3 神戸
●2016/ 5   @豊スタ    名古屋 0 – 1 神戸
○2015/ 9 @パロ瑞穂 名古屋 2 – 0 神戸
○2015/ 4 @ノエスタ 名古屋 1 – 0 神戸

・通算対戦成績(通算38試合)
名古屋 20勝 3分 15敗

名古屋・神戸 データ比較

(ドリブル)
名古屋:ドリブル回数が今季リーグ最多(297回)
神戸 :ドリブル成功数がリーグ最多(161回)、ドリブル成功率もリーグベスト(60.5%)

名古屋グランパス

(NO GOOD)
風間監督、神戸戦で現在3連敗中。
また対神戸戦では通算10試合全てで失点。わずか2勝(3分5敗、1試合平均2失点)。

(NO GOOD)
アウェイ戦で現在7試合連続未勝利(4分3敗)
アウェー9試合のうち無得点 試合は1試合のみ(第4節FC東京戦、0-1)。

ヴィッセル神戸

 ( GOOD)
神戸は名古屋戦で現在4連勝中。この4試合でわずか1失点しか喫していない。
それ以前は11連敗を喫していた。

 ( GOOD)
ビジャ選手は今シーズンリーグ2位タイの7得点。出場した直近4試合で3得点。
枠内シュート数は今季リーグ最多タイ(24本)

(NO GOOD) (GOOD)
神戸は現在4試合連続無敗(2勝2分)これ以前には7連敗。

(参考記事)ヴィッセル神戸vs名古屋グランパス 第17節(サンスポ)

【J試合情報】ヴィッセル神戸vs名古屋グランパス 第17節
 ・神戸対名古屋の通算38試合では、神戸が15勝3分20敗と負け越している。しかし、神戸にとって名古屋は、G大阪に次いで2番目に総獲得勝ち点が多い相手(対G大阪:50、名古屋:48)。

 


※「inside grampus」「赤鯱新報」は一部を除き会員記事です。(無料記事のみ(ひとこと)を書いています) 興味深い記事がほぼ毎日アップされますので 会員登録してチェックして下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました