【試合レポート】2019.6.22清水エスパルス戦 成長痛なのか?深刻な得点力不足と 攻守のバランス崩壊

試合レポート
こりもです

Jリーグ第16節 清水エスパルス戦  1-2 負け
まずいですね。久しぶりに信じられず、混乱してしまうような試合でした。もちろんこれからも大いに期待をし応援を続けますが、大丈夫なのでしょうか。完全にバランスを崩していっているような気がします。できれば成長痛と考えたいところですが。これまでのように単純に補強という状況ではないような気がしますので、今いる選手達でどう立て直していくのか信じて待つのみです。

今回も試合の雑感をまとめます。 
スポンサーリンク

清水戦 再び波に乗るきっかけに 

試合前

今日はチケットを用意して参戦予定でしたが、なんと直前に出張が入り泣く泣く断念。実は出張から帰ってきたばかりでこの試合を楽しみにしていただけに非常に残念。会社の後輩にチケットをゆずりDAZN観戦となりました。。 先週の大分戦からの水曜日のルヴァンと結果は上向きつつあります。 水曜日に赤崎選手・マテウス選手が決め他選手のパフォーマンスもよかったようでかなり期待しています。また相馬選手も自信をつけて戻ってきたと思いますので、スタメンから選手交替と前後半通じて楽しみですね。兎に角 得点シーンを多く見てみたいの一心です。

相手は清水、不調から監督交替で序如に復調してきています。以前のDAZNプレビューショーで「相手の弱点をつく」といっていましたので、多分DFの背後を狙ってくると思います。北川選手やドウグラス選手めがけて一発を狙ってくるでしょう。パス元を米本選手、パス先は両CBがしっかり抑えてくれるでしょう。

そろそろ試合開始。楽しみます。


試合前情報

(スタメン)「StartingEleven」
フォーメーション 4-4-2
(2トップ)ジョー選手、アーリア選手
(中盤)左:マテウス選手 右:シャビエル選手
  ボランチ:米本選手 シミッチ選手
(DF)左:吉田選手 CB丸山選手、丸山選手、右:宮原選手
(GK) ランゲラック選手

(ベンチ)
赤崎・前田和泉相馬小林・櫛引・武田

※前回からの変更は左サイド和泉選手に代わりマテウス選手。やはりルヴァンカップでのゴールという結果はインパクトあります。結果を出すとシンプルに起用されますね。確かに今一番ゴールの臭いがするのはマテウス選手ですよね。アーリア選手、シャビエル選手とともに 如何に流動的に動いてかきまわしてくれることを期待します。
ベンチは相馬選手が戻ってきました。また千葉選手に替わって櫛引選手。千葉選手の状態ルヴァンでも少し不安定?な印象もありましたので少し気になります。ネット選手はまだです。
交替は 赤崎選手・前田選手・相馬選手でしょうか 

(注目点)
FW(ジョーVS ドウグラス)
ホームでの強さ復活
4試合ぶりのクリーンシート
浦和戦以来の複数得点
ジョー選手のコンディション

(スタジアム)
パロマ瑞穂スタジアム
観客数:19,501人
天候:晴 (26.1℃)

(相手要注意選手)
ドウグラス選手(好調)
北川選手
ヘナト選手(中盤のポイント)
西澤選手・エウシーニョ選手(サイドの攻防)

【試合前監督コメント】

風間監督
Q.マテウス先発起用 ルヴァンでも活躍がありました。どんなプレーを期待?
 「チームの中にすごく溶け込んでいる。彼のスピードはすごく武器になるそこのところを期待しています」
Q.ジョー選手が復帰後2試合目 コンディションは?
 「もちろんどんどんよくなっている。それだけではなくてチーム全体がすごく今流れていますので、いいサッカーをしたい」
 
篠田監督(対名古屋)
 「技術が高い。ボールに行くことと、はがされないこと、背後とられないことに注意してやっていきたい」
スポンサーリンク

【試合展開】(前半)

 ●(名古屋) ●(大分)

(前半)

ゲームの入りは中盤での主導権争い
1分 シミッチ選手の縦パスからジョーが形をつくるもブロック。
2分 最終ラインの中谷選手からシャビエル選手にスルーパス。ペナわずか外でファールで止められる。
FKキッカーは マテウス選手。 壁に当たる。
清水の攻撃に入ったときは速いです。今日はこれを狙ってくるか?
5分 左サイドのドウグラス選手へパス一本。シンプルにクロスを入れ金子選手がヘッド。決定的な場面。ゴールマウスをはずし助かる
7分 相手陣内でパスをつなぐ 今日も左サイドを中心に攻めて行くようだ
ジョー選手にボールがしっかり収まります
10分 右サイド 西澤選手に深い位置まで進入される。スピードがあるので要注意
11分 シミッチ選手からマテウス選手へ 長いパスで背後狙い
13分 シャビエル選手が左サイドまで流れてプレー。自由に動けています

◆風間監督:裏に抜けるシーンに拍手

15分 アーリア選手は前節より降りてきてボールを受けつなぐ意識が見られる
16分 シミッチ選手からジョー選手がフリック。惜しくもアーリア選手に届かず
ゴール前でジョー選手からトリッキーなヒールパス。ゴール前シャビエル選手に渡らず
17分 ジョー選手も降りてきたりとかなり流動的にパスを受ける。パスのリズムも良し。選手の出入りが多く相手に隙も。パスミスだけは注意
19分 後方からのビルドアップも落ち着きあり。相手のプレスもパスでかわす
左サイド吉田選手にパス一本。ジョー選手も連動しゴール前にパス。
21分 丸山選手から鋭い縦パスが入り、ジョー選手が左足でシュート。勢いなくGK正面でキャッチ
シミッチ選手・米本選手も安定しパスの供給、ボール奪取ができている
22分 ジョー選手が動きまわり前線の基点に。吉田選手からのクロスは惜しくも宮原選手のわずか上。届かず惜しいシーン
23分 アーリア選手が競ったこぼれ球を後ろから後方から走ってきて奪取。宮原選手の積極性が見られます
25分 守備に回るもしっかり戻り、ブロックもつくれています
今日のFKのキッカーは全てマテウス選手のようです
27分 ビルドアップ中のいくつかミスからボールロスト。ゴール正面からシュートを打たれるがランゲラック選手が好セーブ
29分 シミッチ選手 シンプルにゴール前に放り込むも相手GK難なくキャッチ
ジョー選手・アーリア選手が前後のバランスをとっており、前線で動きがつくれている
全員がパスをもらいにくる
32分 ジョー選手振り向きざまにシュート → CK。去年のような動きです
マテウス選手がショートコーナーを選択。そこからクロスの新しいパターン
35分 左サイド マテウス選手・吉田選手・シミッチ選手・アーリア選手でこまかくパスを繋ぎチャンスを狙う
36分 マテウスCK
シャビエル選手とマテウス選手で右左のポジションチェンジが見られます
ボールロスト後の攻撃もさせていない 大丈夫
アーリア選手 中盤での攻防からヒールパスで相手をはがし、すばやく前線へ。あとは最後のところの精度のみ
44分 中谷選手からジョー選手に鋭い縦パス 
ボールロストから左サイド エウシーニョ選手→ドウグラス選手 丸山選手がファールで止めるもやはり怖さはあります

(前半終了)

(前半まとめ)

個人的には非常に良い前半に見れました。ほぼグランパスのゲーム。前節から前線の動きが大きく変わった様に感じます。まずはジョー選手がかなり自由に動いています。そのことで相手の守備を動かし隙をつくっています。また競り合いにも迫力あり、ポストプレーでもボールを収め繋ぎのパスも安定感があります。アーリア選手との前後でバランスをとり関係も良い感じです。
マテウス選手も吉田でしっかりパス交換できています。あえて言うと前節よりも動きはでてきていますがシャビエル選手が目立たない感じでしょうか。
ただゴール前ペナの中までは攻め込めるがどうしても窮屈なところを攻めているところもありどうしてもシュートが少ない感じがする。

米本・シミッチ両ボランチも含め後ろも急がずに落ち着いてプレーできており、ランゲラック選手の好セーブも見られたが、決定機も作られており前掛かりな状態でもリスク管理はしっかりとしてほしい。

(数値)
シュート数は4本(清水4本)、枠内シュート4本(清水1本)支配率(65%
パス数では相手の2.8倍ファール 7-4
プレーエリアもかなり高く中谷・丸山両選手がセンターライン付近を保っている。サイドでは左サイドが多い。

スポンサーリンク

【試合展開】(後半)

(ハーフタイム風間監督コメント)
「ロングボールの処理をはっきりしよう。ボールを失わないこと。しっかりと見る。動かして見る。見逃すな。

選手交替なしで後半開始

47分 相手のロングボールを前線北川選手がワンタッチ。するするとゴール前に近づくもランゲラック選手が飛び出しクリア。少し怖い展開
48分 左サイド マテウス選手・アーリア選手・ジョー選手とワンタッチで綺麗につなぎ ゴール前のフリーのシャビエル選手へ。フリーで受けGKと1対1になるもゴールマウス上にはずす。決定機
マテウス選手も前線からしつこい守備をしてくれています
49分 ゴール前に走り込んだ松原選手にスルーパスが通る。ランゲラック選手が体を張ってシュートブロック。かなり危ない場面。決定機でした
51分 ジョー選手の放ったシュートが相手選手ハンドで止められたように見えるが プレーは続行
アーリア選手がいい位置で縦パスを受ける動きをみせる。また前線で体をはって競り合いをしている
55分 前半同様、全員が動いてパスを受けに動いている
60分 右サイドからのクロスを北川選手がドンピシャヘッド。ランゲラック選手がスーパーセーブでなんとかはじき出す。
62分 アーリア選手(OUT) → 前田選手(IN)
63分 前田選手 中に切り込んで得意の形で遠めからシュート 

 失点 ドウグラス選手 
67分 エウシーニョ選手からスルーパス。ヘナト選手がボールを受けゴール前にクロス。ドウグラス選手が後方から走りこんでスライディングで流し込む。サイドとCBの間がぽっかり空いてしまう。オフサイドにかけたいところだった

69分 DFとGKの間にシンプルに放り込まれ 竹内選手にループシュートを放たれる。ゴールから外れるが悪い流れ。CBがスピードで負ける。ボランチ(シミッチ選手)の位置での潰しも効かない。
70分 マテウス選手(OUT) → 和泉選手(IN)
71分 米本がもらったファールから ペナ左手前からのFK 
72分 またロングカウンターをくらい一気にゴール前まで進入される。何とか米本選手が戻り対応
75分 吉田選手・和泉選手からゴール前のジョー選手・シャビエル選手  ゴール前の混戦から前田選手がシュートを放つも マウスを大きくはずす
75分 シャビエル選手(OUT) → 赤崎選手(IN)
78分 ヘナト選手のヘディングシュート。 DFラインがバタバタしてしまっている
79分 中谷選手 相手ロングボールの競り合いに勝てずまた正面からシュートで決定機。何とかランゲラック選手がセーブ

完全に流れが清水になっている。追加点の臭いがします

中谷選手がドウグラス選手にスピードで負けまくっている またもやカウンターから北川選手のシュートを浴びる
85分 パスをつないで攻めるもゴール前までは進入できず、シュートも打てない
86分 ゴール前でジョー選手がポストプレー。落としたボールを赤崎選手が角度のない所からシュート。GKに正面でセーブされる
87分 前田選手の左CKからシミッチ選手がヘディング。ヒットせず大きく上に逸らす
89分 丸山選手からのロングボールをジョー選手がヘッドで落とし和泉選手が繋ぎ 吉田選手がシュー

AT5分
 ゴール  前田選手 
90分 ジョー選手が競って流れたボールを拾いドリブルでゴール正面に切り込んで左足でゴール左に決める。相手に触れるが勢いはそのままに少しコースが変わりゴールに吸い込まれる

 失点 西澤選手 
94分 1失点目と同じ同じ形。 左サイドからCBとサイドの間にスルーパスを通され(シミッチ選手の位置か)クロス。詰めてきた西澤選手にあわせられ流し込まれる。信じられないの一言です

(試合終了)

(後半まとめ)

支配率:63%(前半から変わらず)、シュート:12本(前半から+8本) 枠内8本
被シュート:12本(前半から+8本) 枠内7本
パス数:875ー424、  パス成功率:(82%-62%)
ファウル:15-16
走行距離:109.7km(名)ー109.6km(清)  スプリント:151(名)ー 148(清)

※後半の入りは前半同様 流動的に動きリズムよくパスを繋ぎシャビエル選手の決定機もつくるなど期待できる展開でしたが、相手の選手交替で変化をつけたことで、一気に清水のペースに変わる。その中で少ない決定機をしっかりと決め切れられ先取点をとられる。その後もペースを戻せず守備では完全に受身になりDFラインが崩れていく。 また攻撃面では選手交代で和泉選手がボールキープとパス回し、前田選手がドリブルでの仕掛け、赤崎選手でフィニッシュを目的として動くも一度崩れたバランスは最後まで修正できず。前田選手が一矢報いるも、相手の速い攻撃にDFは崩され同じミスで最後の最後に失点と 後味の悪さを残してしまった。
スポンサーリンク

試合を終えて

インタビュー

風間監督
Q.後半前田選手で追いついて 相手に決め切れられた試合 振り返り
「珍しく、今シーズン初めて 個々のパフォーマンスが悪い試合になってしまった。次またありますのでしっかり見つめてやっていきた」
Q.前半は内容ではしっかり上回っていた。その中で後半とられた先制点 このあたりはどうですか?
「今日前半からものすごく判断が遅かった。ボールの動かしも遅かった。どうしたのかなと思うぐらいの試合でした。そこをしっかりやっていきた」
Q.うまくいっていないと感じて 選手交代も早かった?
「チームとして盛り返せればよかった 中2日もあるのかも知れないが思ったようには動かなかった」
Q.次の試合に向けての修正点?
「今言った通り」
 
※さぞかし、内面では怒りがこみ上げているのでしょう。ここまで完全否定のコメントも珍しいです。

試合後まとめ

まさに衝撃的な試合展開。 直近3節同様 混乱する試合内容でした。前半はこれまと違いが見られしっかりと攻め込めましたが、無失点。この時点で何か嫌な予感がしたのは確かでしたが、ジョー選手の活発な動きから後半は得点もと思っていたところで、失点。 同点にするもその直後に失点とかなり厳しい展開です。

これまでの試合同様ボールを保持し攻め込んでいるのに点が取れないという状況はかなり厳しいです。ただの得点力不足では済まされない状況です。また守備面においても「シュートで終わる」「決めきることができない」ことで、少ないピンチを高い確率で決定機にされてしまっていることからもわかりますが、かなりリスクが大きくなってしまっています。全員が攻めの意識とその時間が多すぎることで切り替えが難しくなっているのではないでしょうか。必要以上にバタバタしているように見えます。簡単に攻めと守りのバランスが崩れていく状況は非常に危険です。

また、相手が状況ややり方を変えた時にそれに対応できないことが今節も響いた。攻め続けることで自分達のリズムが単調になってしまうのか、少しの変化にも対応できなくなってしまうのは個人の判断や能力に任せていることが要因ではないでしょうか。もちろん自分達で判断をしプレーを変える能力を監督は望んでいるのでしょうが、ピッチ内で修正できる術が欲しいところ。

守備面

またも失点をしてしまう。ランゲラック選手のセーブで何点防いだかという試合でした。攻撃から一気にカウンターをくらう展開は簡単に予想できており、前半はしっかりと守れたものの、しっかりと決定機は作られていましたし、後半相手の選手が変わってからは完全に受身になり、一対一の場面をつくられ、そこでもことごとく負けてしまい徹底的な場面を多く作られてしまう。 両サイドバックはかなり高く位置取りしボランチも攻撃に向いている場面でのカウンターでは、ボランチ・両サイドバックも戻ることができず、能力の高い(スピード)選手にCB個人では対応できない場面が多く見られる。

攻めへの意識や単調な試合展開から一発で変化を加えられた場合の切り替えが難しくなっているように思える。また後半になると、プレスも甘くなりパスの出所を抑えられないこともあり、攻めや、度重なるカウンターへの対応でボランチも疲れてしまっているのではないかと思える場面も多いような気がします。
兎に角ここまで簡単に決定機をつくられるとGKのセーブだけでは失点は抑えられない

攻撃面

ジョー選手の復調の兆しは感じることができる。自由に動いてパスをうけに回り、相手の守備陣を乱すことができており、ボールもしっかり収めパスの正確性もあがり、ボールロストをしない状態になってきました。それにあわせ全員が流動的に動き可能性を感じる前半。 

ただここまで得点がとれないのはかなり重症のように感じてきました。これまではジョー選手の不調であったりと改善されるだろうと考えられてきたところも正直難しくなってきている。

①スペースのない所で勝負をすることでシュートチャンスがない、あっても窮屈な体制からで精度が低い
②ゴールに向かって前向きでペナに進入すること(スルーパス系)が少なく、相手ブロック前でしかパスを回せない
③ゴール前でパスの選択が多い
④相手がブロックを築く前に攻めきるチャンスにスピードダウンをしてしまう
⑤ワンタッチパス、ワンタッチーシュートの選択が少ない
⑥セットプレーから得点の可能性を感じない

などなど 改善されるのでしょうか。それとも今のスタイルのまま、ペナをどれだけ固められても崩せるようになるのでしょうか。偶然性に頼るプレーは確かに賛成はしませんが、ここまで意外性やアイデアが見られないと相手も守りやすいと思われます。「決めきる」「ゴール前の質」と言われることはこのままで変えることができるのか少し心配になる状況です。

選手起用

スタメンで好調のマテウス選手を起用し、得点力に期待したのでしょうが、その部分でも結果には繋がらず。ただ運動量やスプリント、他選手との連携ではこれまでより可能性を感じはじめている。
それより気になるのはシャビエル選手の状態です。これまえスピードダウンやボールロスト、決定機を逃すなど攻撃陣を停滞させているのは否めない。今では共に後半からの投入に効果があるのはわかるが、相馬選手や前田選手でのキックオフが見てみたいところ。

途中交替ではここ数試合で見られているように前田選手の投入からようやく得点のにおいがしてきます。赤崎選手は得点を期待されての投入でしょうが、出場時間も短く、相手に守備固められスペースのない状況ではその能力はいかせないことが多い。

ここまで結果が出ていない状況ではジョー選手は軸として前線の組み合わせを試して欲しいと思ってしまいますが。。

(お願い)
・セットプレー(CK)からの得点パターンを!
・前線の組み合わせと、控え選手の底上げ
 
 


【公式】ハイライト:名古屋グランパスvs清水エスパルス 明治安田生命J1リーグ 第16節 2019/6/22

 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました