【試合レポート】2019.6.1ベガルタ仙台戦 技術では結果が出せず。完敗です

試合レポート
こりもです

Jリーグ第14節 ベガルタ仙台戦 1-3 負け
 
前節の試合展開、下位チームに勝てない、アウェーで勝てない、ジョー選手の不在など 試合前のデータも含め何となく悪い予感がありましたが、残念ながらそのとおりに。代表ウィーク前の最後の試合でしたので、気持ちよく中断期間に入りたかったのですが。。。連敗です。
しっかり研究してきた相手の戦い方や必死さ(気持ち)に技術が勝っていないということでしょうか。「多くのゴールが見られる面白いサッカー」が見れないこの頃。 今後、これまで勝ててきた形が崩れたとき、相手が変わった時にどう戦っていくのかが問われることになってきました。
幸い中断期間が入りますので、この2試合からしっかり修正をしてくれることを期待します。
 
チームとしてはまだまだ発展途上中。まだまだ1/3を終えただけ。諦めずに応援しましょう!
スポンサーリンク

仙台戦 苦手?アウェー・下位チームを克服できるか

試合前

天気の良い中 第14節 ベガルタ仙台戦です。
もちろん我がグランパス勝利への期待は大きく、自信もありますが、今節と同じ戦い方で来る可能性は高く、なんとも前節の特に前半のサッカーが気になって仕方がありません。 またこれまでの得点力・決定力も気になります。チャンスでもゴールが決まる空気を感じなくなっているのが正直なところです。 ただジョー選手が離脱していることで攻撃的な選手達が何か感じ取ってくれ、チャンスだと捉え今節で結果を出してくれることを期待するのみです。
さあもうすぐキックオフです。信じて応援しましょう
 

試合前情報

(スタメン)「StartingEleven」
フォーメーション 4-4-2
(2トップ)マテウス選手、アーリア選手
(中盤)左:和泉選手 右:前田選手
  ボランチ:米本選手 シミッチ選手
(DF)左:吉田選手 CB丸山選手、丸山選手、右:宮原選手
(GK) ランゲラック選手

(ベンチ)
榎本シャビエル赤崎金井・小林・千葉・武田

※前節との変更は 前線赤崎選手替わりマテウス選手。さらにシャビエル選手に替わって前田選手のスタメン起用です。前節の前田選手のプレーに可能性を感じているのでしょう。ジョー選手が居ない場合のアーリア選手のFW起用はどうでしょうか。前線での溜めや空中戦の部分で戦ってくれることを期待します。
前節スタメンからシャビエル・赤崎選手がベンチスタート。また相馬選手にかわり金井選手入り。榎本選手も前節に引き続きベンチに入っています。
交替はシャビエル選手・赤崎選手といったところでしょうか。前節は榎本選手も出ています

(注目点)
ホームに強い、守ってくる相手を崩せるか
不調アウェー戦を克服できるか
決定力(より多くの得点シーン)
ジョー選手 離脱の影響と替わりの選手の活躍(マテウス選手)
マテウス選手のゴラッソ

(スタジアム)
ユアテックスタジアム
観客数:12,853人

(相手要注意選手)
CB シマオマテ選手(守備建て直し)
MF 松下選手、道渕選手
FW  長沢選手

【試合前監督コメント】

風間監督
Q.仕留めきるという部分。前節の試合で出てきた課題について
 「もっとチャンスをつくること。ペナルティの中に入って自分達の武器を冷静に出すことを意識してきた」
Q.勝敗を分けるポイント
 「自分達で自分達の100%を出す。そこが一番大きなポイント」
Q.先発マテウス選手に期待すること
 「自分達のスピードの中でもプレイができるようになってきた。このところに期待している」
 
スポンサーリンク

【試合展開】(前半)

 ●(GOOD) ●(NG)

(前半)

2分 相手陣内に押し込み前線マテウス選手へスルーパス 深くから折り返すも見方に合わず。
前線でマテウス選手のスピードを使う意図を感じます
3分 左サイド吉田選手のクロス。セカンドボールをシミッチ選手がヘッド。
4分 宮原選手も高い位置からの積極的なインターセプトが見られます

失点 吉尾選手
5分 まさか。左サイドからシュート性のボールをゴール正面の長沢選手が落として中谷選手をブロックをした状態で後ろから走り込んだ吉尾選手が右足を振り切る。大事な場所で長沢選手に負けてしまった感じです。

前線プレスが厳しくアーリア選手にボールが収まらず
8分 高い位置で宮原選手がロングパスを受けたところをから、前田選手が得意な位置からシュート。 惜しくもゴール右へ逸れるが、ゴールへの意識は高そうだ。
10分 アーリア選手への縦パスを奪われ 早いカウンターをくらう。シンプルにゴール前に運ばれ、危ないシーン。アーリア選手は狙われている感。
11分 左サイドマテウス選手が攻め込み、奪われたボールをすばやく吉田選手が回収し連続攻撃を試みるもチャンスにはならず。
12分 マテウス選手への縦パスを潰されロングカウンター 
13分 ゴール正面の長沢選手にフリーで繋げられるも なんとかシュートを打たせず。 
15分  右サイド 高い位置の前田選手へロングボール。 前田選手カットインしてパス。クリアされる。
16分 マテウス選手スピードを生かし深い位置に攻め込むがシマオマテ選手のプレスは強く勝てない。
18分 前田選手 ゴールライン際でゴールに接近してラストパス。しっかりヒットせず。
名古屋は前節同様、サイドの裏を狙うロングボールが目立つ。
21分 センターラインでアーリア選手がボールを失い一発でゴール前の長沢へ。もたつく間になんとかクリアするもいい位置にボールを受けられている
22分 中盤でのボール争い 球際で負けてそのまま攻められる。またもゴール前のスペースにパスをおくられ危ない場面。
23分 前田選手が球際粘り、こぼれ球をマテウス選手がドリブルで前線へ運ぶもファールで止められる。
相手陣内 中盤ゴール正面からのFK。 キッカーは前田選手。ゴール前のシミッチ選手に合わせるがクリアされる
26分 シミッチ選手 積極的にミドルシュート。相手DFにブロックされる。

ゴール マテウス選手
27分 左サイドの吉田選手からクロス。流れたボールを前田選手がマイナスのパス。 PA前から左足一閃 ポストにあたりゴール内にすいこまれる。ゴラッソ!

28分 中盤で激しくプレスをかけグランパスのペースで押し込み始める
29分 ボールを奪われるも相手PA付近で丸山選手がボール奪取したところから左サイドマテウスが切り込みクロス。
ボールへの反応・パスのスピードあがってきました。
33分 長沢選手への一発のロングパスは脅威。注意が必要。 
スローインから右サイド松下選手に3人がはがされゴール前にパスを入れられる。なんとかクリア。
34分 吉田から右前田中央に切り込んでシュート わずかにゴールマウス上へ。
マテウス 相手のバックパスをGK前まで全速でプレスに
37分 ミッチ選手からのアバウトなロングフィード。相手ゴール近くでマテウス選手が競りCK獲得
(キッカー前田)
球際厳しいですが何とかかわせるにようになってきている。
40分 ゴール前にマテウス選手が得意なドルブルで侵入。アーリア選手とのワンツーで突破を試みるが ボールが流れる。
CK左サイドは 和泉選手
43分 前田選手がPA内で縦に突破 →CKへ
46分 センターラインでボール奪取。 右サイド宮原選手がシンプルにクロスを入れるもGKが直接キャッチ。

(前半終了)

(前半まとめ)

1-1 同点で前半終了。
 
試合の入りから前節松本戦同様 相手陣内でボールを動かしペースをつかもうとするところをワンチャンスで失点。その後相手が勢い付いてプレス・球際強くこられる展開に。
まさに松本戦と同じ展開。 攻撃はサイド裏へロングボールで狙うも前線の選手とは合わない。
前田選手・マテウス選手がドリブルで前線に変化を与えられた時にチャンスはでき、その2人のコンビで得点。その後はプレイスピードも上がり 積極的な守備、前線の流動的な動きが出てきて押し込む試合展開に。前節よりはゴールに接近する場面多くなってきた。
 
守備面では相手がロングパスを多様し米本選手、シミッチ選手を飛ばされるので、ゴール前のスペースで1トップ長沢選手との競り合いが少し危なっかしい感じがする。また相手ロングカウンターから一気にボールに寄せてくる走力には気をつけたいところです。
 
ペースをこっちに引き寄せよい形で後半へ
 
(数値)
シュート数は5本(仙台2本)、支配率(61%)パス数では相手のほぼ倍
オフサイドは1本(仙台0本)ファール 5-4
走行距離、スプリント:上位10名はほぼ同じ割合
スポンサーリンク

【試合展開】(後半)

(ハーフタイム風間監督コメント)
「よく追いついた ロングボールでの対応チャレンジ亜ン度カバーをしっかりと。丁寧なプレーでしっかりしとめよう」

選手交替なしで後半開始

47分 右サイド 前田選手から ゴール前にクロス。和泉選手が相手背後からゴール前にと良い動きで決定機を作る。フリーでのヘッドへゴール惜しくもゴール左にはずれる
48分 シマオマテ選手のロングボールから左サイドをえぐられ深い位置からクロス。なんとかクリアするも危ない場面
50分 ボールを持ちパス先を探す間に仙台選手に囲まれボールを失い、またカウンタを受ける。
シミッチ選手のプレス(ボール奪取)があまり見られず
52分 左、右と長いボールで振られサイドからの攻撃を許す。
その後のCKでシマオマテ選手にヘッドを打たれるが、ゴール上に逸れる。
54分 PA真ん中のスペースに縦パスを入れられ するするとゴー前まで侵入される。ランゲラック選手が飛び出し好セーブで何とか防ぐ
55分 シミッチ選手 積極的にロングシュートを放つ
長沢選手へのロングパスを有効・徹底的に使われる。 そこからの落としがほぼピンチに繋がる。
56分 右サイドから前田選手が早い攻撃 左→右と振りシミッチ選手から和泉選手。ヘッドで折り返すが直接相手GKへ
長沢選手の前線からの守備が効いている。 丸山選手もパス先を迷うとすぐに狙われる。
59分 和泉選手(OUT)→シャビエル(IN) そのままの位置でプレー
60分 吉田選手イエローカード。 前線深い位置でのボール奪取チャレンジするもファールの判定。
62分 止める蹴る早く パス交換のリズムがでてきた
前田選手からのパスで米本選手がゴール脇深く入るが相手DFにブロックされる
CKのキッカーがシャビエル選手に替わる。 直接GKキャッチされる。
66分 前田選手が自陣でもたつきボールロスト。すぐにゴール前に展開されるが、ランゲラック選手が出ることでクリア。
66分 前田選手が右サイドから切り込んで 得意な位置からシュート。 ゴールマウスをとらえられず。
72分 両者激しく球際で競り合う
ゴール前での攻防でこぼれ球をマテウス豪快なシュート。相手GKのナイスセーブにあう

失点 長沢選手
73分 ゴール正面パスブロックのぼれ球をPA外からシュートを打たれ、ランゲラック選手が反応してなんとか弾くが、長沢選手に詰められ失点。

74分 前田選手(OUT)→ 榎本選手(IN) マテウス選手が右サイドに入る
相手陣内に押し込む場面も多いが、最後のところのアイデアが。。。
79分 榎本選手がゴール前で仕掛けてシュートを打つが相手DFにブロックされる
80分 米本選手(OUT)→ 赤崎(IN)
相手陣内でのプレーは続く
CKを得るも シャビエル選手のボールはまたもGK直接キャッチ。ここからカウンターのピンチを招く場面はこれまでも多い。と思っていたら・・・


失点 長沢選手
82分 GKから前線にロングフィード。DFで難なく対応はできランゲラック選手にバックパス。そこから吉田選手に向けたパスを長沢選手に読まれゴール前でパスカットされ決められる。

84分 ゴール正面でのFK獲得。 キッカーはマテウス選手。壁にブロックされる。
89分 またも中央から楔を起点に攻められシュートを打たれる。
長沢選手に勝てない。しっかりボールキープをされ展開される。 その後のカバーも考えてほしい。

AT4分
可能性は感じない・・・


(試合終了)

(後半まとめ)

支配率:61%(前半から変わらず)、シュート:11本(前半から+8本) 枠内5本
被シュート:10本(前半から+8本) 枠内5本
パス数:715ー355、  パス成功率:(85%-66%)
ファウル:12-9
走行距離:110.2km(名)ー111.8km(仙)  スプリント:162(名)ー171(仙)

※良い流れ出後半に入ることを期待したが、相手の固い守備と前線への徹底したロングフィードにて中々リズムをつかめない後半の入りとなる。仙台の選手の守備時の激しさや徹底した前線でのポストプレーは一気に流れを変えるものでした。そういった状況で得点のチャンスが生まれても決めきれない中で失点。 その後はリズムをつかみ相手陣内に押し込むがシャビエル選手のコーナーキックからカウンター。ランゲラック選手のミスではあるが、またも失点。 リズムをつかみ始めると失点というかなり厳しいゲームの流れとなる。攻撃的な3人(シャビエル、赤崎、榎本)を投入するも決定機をつくることはできなかった。
相手のチームとしての一体感・気持ちが勝った試合でした。
スポンサーリンク

試合を終えて

インタビュー

風間監督
Q.勝敗を分けたものは
「リズムのいい時にに自分達のミスを出してしまった」
Q.マテウスのゴールで切り替えられたが、上回れなかったところは?
「試合ですから先に失点をしてしまえば苦しくなるいうこ」
Q.中断期間 どういったところを高めていくか
「全てです」
 

試合後まとめ

松本戦に続き、調子の上がらないチームとの戦い。 悪い予感があたってします。前半失点からの流れは前節のそれを再現しているようでした。前田選手・マテウス選手のプレーでギャップをつくりチャンスをつくり得点に繋げるが、あくまで個人技でのゴール。チームとして攻撃パターンが少なくゴール前を崩してと形はまたも見られなかった。仙台はフィジカルと徹底した狙いでゲームを進めてくる。その気持ちは必死でかなりの圧力を感じるものでした。
グランパスも技術でそれに対抗するも、ゴール前の固い守備を崩すこともできず、中途半端な攻撃からのカウンターに危ない場面を重ねる。攻撃回数はグランパスのほうが圧倒的に多いが、決定機は仙台の方が多かった印象。そしてしっかりと決めることができたのが仙台。それこそがこのゲームの全てだったような気がします。
「決めきるところ」と言えばそうだが、得点力不足は深刻。押し込みながら(つなぎながら)相手を崩すというところには未だ程遠いと感じる。

守備面

3失点と非常に悔しい結果。相手の徹底したロングカウンターで中盤での米本選手・シミッチ選手の良さは消され、最終ラインでの勝負が続く。両CBも個人の能力で何とか防ぐも、長沢選手の強さに勝つことができなかった。 またそういった状況でロングボールの出し手への前線からのプレスは効かず、サイドバック・ボランチも戻ることができず、相手選手の攻め上がりのカバーに間に合わない場面が多く見られ 連携した守備を見る事ができなかった。
そういった中で生まれた一瞬のスキから「仕留められた」失点ではなかったのではないだろうか。
押し込んでいる場面でDFラインを高く保ち、高い位置からのボール奪取も見られたが、ロングカウンター1発で流れを変えられる脆さが見られた。
3点目のランゲラック選手のミスもGKとして許されたものではないが、DF全体の焦りから生まれたものでもあると感じました。

攻撃面

前節に続きジョー選手不在の状況でどういった攻撃の形が見えるのかが注目でした。そういった中で違いを見せたのはマテウス選手のスピードと決定力、前田選手のスピードとテクニックでした。あくまで2人個の力からのチャンスでした。前半からまた相手の裏を狙うパスも多く全く受けてと合わない状況もあり、縦パスはアーリア選手が狙われボールロスト。パスワークでボックス内への侵入をうかがうも、シュートへの意識を感じたのは前途のマテウス・前田2選手のみでした。

やはりジョー選手のように中央でゴールを狙い続けるプレーヤーが必要です。多くの選手がボックス内やその近くに集まってくるも、あくまでパスを回すための攻め上がり。 ボックス内にシュートを放つために前向きので入ってくるプレーヤーがいないことが残念です。カウンター防止の意味でもしっかりシュートで終わるという意識での攻撃が欲しいところです。

前線の溜めという部分でもジョーをいうターゲットをなくした状況は非常に厳しく、アーリア選手も集中するプレスの中では正確なプレーはさせてもらえず、高い位置で基点を作ることは難しかった。それによりシミッチ選手の有効な縦パスも出せず、いつもより吉田選手・宮原選手の高い位置への攻めの機会も減り、個人での仕掛けでの攻撃になり厚みは感じることができなかった。
もちろんDF陣の攻撃参加も影を潜めることに。(カウンターへの怖さもありますが。。)
 
そろそろ改善して欲しいところとしてセットプレーの質。 得点の可能性は全く感じないことに加え、簡単に相手カウンターに繋がげてしまうようでは目も当てられません。得点の為にも失点を防ぐ為にも キッカーやゴール前での競り合い、等に手をつけて欲しいです。

選手起用

スタメンにマテウス・前田の2選手は前線でのスピードと個人技で怖さをもたらすことはでき、効果的でした。 ただジョー選手の居ない場合のアーリア選手には前線での空中戦、ゴールへの意識、ポストプレー、前線からのプレスと多くのものが求められるが、結果として効果的なプレーは見られず。とは言っても替わりになるタイプのFWもいないのが現状です。
点取り屋の赤崎選手の使い方を全員で徹底してゴールを狙うほうが可能性としてはあったのではないだろうかとも思ってしまいます。それでは監督が目指すサッカーではないのでしょうが・・
予想通り シャビエル選手・赤崎選手・榎本選手の後半からの投入だが、前田選手をおろしたことで個人技での突破が無くなっただけで、ゲームに変化を与えることはできなかった。

 

(お願い)
・セットプレー(CK)からの得点パターンを!
・前線の組み合わせと、控え選手の底上げ
ゴールを目指した攻撃を
 



【公式】ハイライト:ベガルタ仙台vs名古屋グランパス 明治安田生命J1リーグ 第14節 2019/6/1

 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました